山笑う・奥多摩ライド-2 2017年4月30日
ソメイヨシノの頃の奥多摩はまだ冬枯れ、ちょっと遅れた今頃に来てこそ、
「山笑う」状態を見ることができるのかもしれない。

広葉樹林の中にまばらに咲いている桜の色は、見えているほどにはうまく撮れないのが口惜しい。
まず、緑がやっぱり違うなぁとつくづく思う。嘘くさくベタッと写ってしまうのだ。
渋いモスグリーンの中から細かく立ち上ってくるような真新しい緑でなければ。
フォトショで鮮度のスライダを単純にあげても出てくる色じゃない。

小菅の多摩源流祭りは5月4日。名物の鯉のぼりが山峡に泳いでいる。
R139を漕いで行くと真下から見え、小菅の湯・道の駅こすげに向かう道すがら真横に見える。
薫風の中を泳ぐさまを飽きることなく眺めてしまう

d0123571_22225498.jpg
定点観測(前回は昨年6月19日)。裏山の新緑も“微笑んで”います


d0123571_2224571.jpg



d0123571_22251229.jpg
玉川キャンプ村@小菅


d0123571_22254966.jpg



d0123571_2226129.jpg



d0123571_22262625.jpg



d0123571_22265429.jpg
次回は春の松姫峠へ




道の駅こすげ、正面奥の販売棟に入って、レジの少し右のほうにチャーちゃんまんじゅうコーナーあり。種類が多いので悩むはず。
まんじゅう3つ(ネギ味噌、高菜、よもぎ大福)を購入。大福は峠での楽しみに取っておいて、ネギ味噌、高菜を食べる
d0123571_22275867.jpg



d0123571_22281266.jpg
原始村入口(余沢)にある本来のお店では蒸したてをいただけますが、この日はご不在の模様

by masashiw2 | 2017-05-02 22:32 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/24142317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 山笑う・奥多摩ライド-3 20... 山笑う・奥多摩ライド-1 20... >>