汗ばむ立夏・七重峠越え-5 2017年5月5日
刈場坂峠までグリーンライン、正丸峠、山伏峠につないで名栗から帰る。
いつもは登路に使う刈場坂線、降りるのは今回が初めて。あまりにあっという間で驚いた。
正丸峠のユルい登りもあっという間に終わればよかったのだが、こちらはそうもいかず。午後1時に山伏峠着、ここで最後の羊羹。
名郷で「チェーンカッター持ってませんか?」と、自転車乗りに呼び止められる。
山中でお気の毒、リアメカがまるっと脱落していた。カッターをたまたま持っていたので貸してあげたり。
さらに降りて、赤沢の野菜漆喰壁のレストラン「ぽれぽれ」、開店した模様

d0123571_18243435.jpg
正丸峠手前。確かイタリアンレストランもあったはず、ってなくなってたような……


d0123571_1827308.jpg
山伏峠名栗側、一番上のおうち


d0123571_1828176.jpg
一番スピードの出るあたり。今回サイコン不調で記録なし


d0123571_1828245.jpg
@赤沢。口の中は黒く塗ってある──と今回初めて気がついた


d0123571_18303141.jpg



d0123571_18305838.jpg
ランチメニュー平日11時から14時。以下、サラダ・ドリンク(コーヒー等)付き
チキン南蛮自家製タルタルソース添え¥1350、彩り野菜と骨付きチキンのスープカレー¥1100、
海老しんじょと筍の和風オムライス¥1250、ぽれぽれカレー¥1100、などなど

七重峠越え、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-05-10 18:33 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/24164012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by スジ太郎 at 2017-05-11 17:08 x
新しいレストランは隠れ家的な古民家レストランにしたいんでしょうね、きっと。そこより少し上流側のヤナギモトコーヒーはまだやってるのでしょうか。小金井のはらっぱ祭りに通じる怪しさ満載のコーヒー店でしたが、川っぺりにあってよい雰囲気でした。
Commented by masashiw2 at 2017-05-11 20:54 x
実は、名栗に行く時は、財布に余裕のない時が多いのでなかなか珈琲店に立ち寄るようなことがなく。
コンビニのおにぎりと自販機休憩だけ、公共交通すら使わないで安上がりに済ませる道楽。
いろいろとコーヒー屋さんや食べ物屋さんがあるみたいですね。今度チェックしてみます。
そういう余裕も持つようにシフトできればいいのですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Kichjoji-Honcho... 汗ばむ立夏・七重峠越え-4 2... >>