そしておなじみの鶴・松へ 2017年6月24日
西原で自販機休憩後、あとはただただ登りと向き合うばかりで、淡々と漕いで行く。
いつ来ても鶴峠はしごかれますね。アリバイ撮影後、惜しげもなく稼いだ高度を降りていく。タイヤ痕がすごいな。
で、松姫峠。旧道に入る小永田からハルゼミの合唱のシャワー。
R139旧道小菅側はいつもタイムを取っているのだが、好調と思うわりにそれほどのタイムでもなかった。
サドルの座り心地が良かったのであまり立ち漕ぎを入れなかったからか。
早くも今年3回目の松姫峠

d0123571_2314407.jpg
09:25@西原小学校前。自販機休憩



d0123571_23145686.jpg
09:30@同、靴を脱いで足裏を乾かす。この先は休みどころなし



d0123571_23151849.jpg
10:15@鶴峠。撮り方に変化つけられず



d0123571_2316632.jpg
11:30@松姫峠。ゲートを越えてちょっと大月側にお邪魔する



d0123571_23165138.jpg
11:33@松姫峠大月側最終ヘアピン手前、ハルゼミの合唱が極まって・・・



d0123571_23171472.jpg
11:33@同、例によって拡大



d0123571_23174078.jpg
11:39@松姫峠大月側最終ヘアピンワッフル前



d0123571_2318614.jpg
11:39@同、引き込まれそうになるが、すんでのところでとどまって。つづく

by masashiw2 | 2017-06-28 23:21 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/24653703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鶴・松 終了、小菅から帰る 2... 林道腰掛線で鶴・松へ 2017... >>