鶴・松 終了、小菅から帰る 2017年6月24日
お気に入りの場所はやはり立ち去り難し。ま、腹も減ってきたので道の駅こすげに降りるか。
次は少し涼しくなってから・・・

d0123571_2255913.jpg
11:33@松姫峠大月側最終ヘアピン手前



d0123571_2262183.jpg
11:40@松姫峠大月側最終ヘアピンワッフル、また来ます



d0123571_2264013.jpg
11:42@松姫峠大月側最終ヘアピンから小金沢連嶺(メリハリなく同定しづらい)



d0123571_2265847.jpg
11:50@松姫峠の同定盤、ご参考まで。この絵もわかりにくいかと



d0123571_2271755.jpg
12:00、小菅側へ下る。第2ヘアピン手前。待ってろ、チャーちゃんまんじゅう



d0123571_2273650.jpg
12:20@道の駅こすげ、大福はお土産。食べ終わって自転車にまたがるとサドルがチンチンになっていた



d0123571_228557.jpg
12:50、小菅を離れ、東京都に入る。あとはオートパイロット(って、柳沢峠の帰り、尻が痛くて中退でしたが)。
上野原から鶴〜松、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-06-29 22:09 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/24665183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Nishi-Ogikubo, ... そしておなじみの鶴・松へ 20... >>