柳沢峠に溜飲を下げにいく-3 2017年8月6日
2年前の秋にほとんど同じコースを漕いでいる。10月中旬のサイクリング適期。
ちょうど心臓の手術から3ヶ月ほど経って、発作の心配がなかった頃。
その時とタイムを比較してみると、今回の方がやや速い。暑さで調子が出ないとはいいながら、
今回のほうがパフォーマンスがいいわけで、やはり体重が軽くなったことが大きいかと

d0123571_23201046.jpg
今回のシンメトリックなコースプロフィール。ときどきトゲみたいに出てるのがトンネル通過部分。
ちょうど帰路の一之瀬高橋トンネルを示している(地図上の丸と、プロフィールの縦ケイ)。
トゲの部分は、トンネルの上の山越えとして誤測して高度が跳ね上がっている。その分、獲得標高が少なくなるはず



d0123571_23211636.jpg
花魁淵分岐から一之瀬高橋トンネルへ。ワッフルもやはり撮っておく


d0123571_2321379.jpg
d0123571_23215117.jpg
丹波山村に入って、かたなばトンネルも開通間近。かなりの部分が旧道・廃道化することだなあ


d0123571_2322271.jpg
奥多摩町に入って、峰谷橋の手前、箒目モルタル激坂をちょっと寄り道


d0123571_23234256.jpg
馬頭館という温泉旅館がありまして。いつの日かゆっくりお邪魔してみたい


d0123571_2324794.jpg
小高くなっているあたりから峰谷橋。右に行けば小河内ダム、左に行けば峰と奥


青梅市街でとうとう土砂降りに捕まる。実は今回のカメラはケータイ。
ポケットの中で水没しては困るのでチャック付きのビニール袋にしまいこんで雨の様子は撮影せず。
雨雲は真北に進むようなので、雨の中を我慢して東進、小作あたりからまったくのドライ。
シャワーの中を漕いで、トンネルの中で汚れていたフレームもキレイになっていた。
帰宅して体重計測、BMIは21.8843。かろうじて肥満度マイナス。

柳沢峠に溜飲を下げにいく──ご高覧有り難うございました。
今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-08-09 23:33 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/25249877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「山の日」などと言うものだから 柳沢峠に溜飲を下げにいく-2 ... >>