「退行の夢」〜ベタ焼きのなかの母
同時プリントがまだ一般的でないころは、まずベタ焼きを焼いてもらってから、
どのコマをプリントするか検討したようだ。引き伸ばしをする機会はさらに少なかったと思われる
d0123571_23113295.jpg
コマ送りの穴も写っている。ロバート・フランクみたく、かっこいい(ネオパンSSだけど……)
by masashiw2 | 2008-11-27 23:27 | 退行の夢 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/8983467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uturohimoyou at 2008-11-28 07:22 x
おはようございます。
ネオパンSSいいですね。モノクロはほとんどネオパンを使っていました。
わたしも結婚して7年間 富雄に暮らしていました。なつかしいです。
Commented by masashiw2 at 2008-11-28 08:48
父親の会社が富雄の里山を削りだして珪砂を採っていたのでした。
釉薬やガラス原料として商っていたようです。
削っている現場はちょっとした広場になっていて、
よく連れて行かれては走り回った記憶があります。
今は住宅地かなにかになっているのでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 煮込みを食べに森下・山利喜へ ... 天気がいいので江戸城址へ 20... >>