カテゴリ:峠道( 423 )
裏ヤビツ、飽きずに今年7回目 2017年9月24日
八ヶ岳から降りてきて、実は左足指の調子が悪かった(軟骨が減っていて)。
ちょうど仕事が立て込んで、ケアが後手になったせいもありまして。今は良くなって違和感も忘れてしまっているが、
一時はランニング総距離100km/月のノルマが今月は果たせないか、
連続24ヶ月で頓挫かと、がっかりしていた。その後、チマチマと稼ぎ直し、なんとかノルマ完済に漕ぎ着けそう。

おかげさまで仕事が絶えず、忙しさが続いている。9月の道楽は八ヶ岳登山がハイライトだったなと。
自転車漕ぎは脚が鈍らぬように裏ヤビツ程度。飽きもせず今年すでに7度目。
宮ヶ瀬ダム左岸、70km/hでダウンヒル後に食べるオギノパンの美味しさがそうさせるのか、
はたまた帰路、蔵元・久保田酒造で求める限定相模灘がそうさせるのか。
今回から尾根幹からの帰路、乞田に出て聖蹟の小山商店に寄ってみた。魅惑のオプションがまた増えた

d0123571_22441797.jpg


d0123571_22443269.jpg


d0123571_22445382.jpg
県道70号から宮ヶ瀬湖。水没していた林道が干上がったまま




マップをクリックでルートラボに飛びます。
是政〜尾根幹〜町田街道〜新小倉橋〜旧道〜長竹〜鳥屋〜宮ヶ瀬湖畔園地〜ヤビツ峠〜
宮ヶ瀬ダム左岸〜オギノパン[休憩]〜新小倉橋〜川尻〜町田街道〜尾根幹〜
鎌倉街道〜行幸橋・小山商店[買い物]〜関戸橋〜是政

小山商店は初見参。噂には聞いていたが、日本酒のワンダーランドっぷりに驚く。
インカムをつけた店員さんが忙しく行き来する酒屋なんて初めて。ディレクトリ覚えるのがたいへんそう。
王禄無濾過本生、花垣ひやおろし生詰の四合瓶2本を購入、背負って帰る

[ルートラボ]距離137.2km、獲得標高1599m

by masashiw2 | 2017-09-25 22:50 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
久しぶりに八ヶ岳見参-4 2017年8月13日
あとはもう降りるだけ。蓼科の別荘地を抜けるまで漕ぐ必要なし

d0123571_2211746.jpg
ドライブ客は多かったが、登山客はあまり見当たらなかった──ような。@麦草ヒュッテ


d0123571_2221559.jpg
あとは降りるだけ。一応エアロポジションとってみたり・・・


d0123571_222557.jpg
次第に晴れてきた


d0123571_2231684.jpg
15分も降りると、峠で羽織ったウインブレが暑くなってきた。脱いだら脱いだで、チリチリと焼かれる


d0123571_2233985.jpg
@茅野市湖東、エコーライン。入道雲のもと、暑い空気の中を行く。それでもお山は見えません


d0123571_224010.jpg
@富士見高原。最後の最後に天狗岩がチラリと。ニクい見せ方。一時間後、ホリデー快速・ビューやまなし車上の人となる

南八ヶ岳に最初に訪れたのは1983年10月。本沢温泉で一泊、翌日硫黄岳から赤岳を踏み、清里に降りた。
その後、四季を問わず親しむ。調べると、このエリア最後の登山は1990年12月のジョーゴ沢。
最近は自転車で周辺(赤い橋、黄色い橋、麦草峠、大河原峠、霧ヶ峰)を漕いだりして、焼け木杭に火がついてしまったかも?
舗装路も一通り漕いだので、今一度、赤岳にも登っておきたい気持ちが・・・

久しぶりに八ヶ岳見参──ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-08-17 22:10 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
久しぶりに八ヶ岳見参-3 2017年8月13日
まぁ、せっかくなのでドカンとアリバイ写真。麦草峠着午後1時半
d0123571_20501448.jpg
d0123571_205028100.jpg


Google Earthで見る今回のルート。東(下)の上空からの八ヶ岳連峰。右が北、主峰・赤岳は左上。
青いラインがルート(R480〜R299)、緑の南北縦走路のやや手前が麦草峠。クリックで拡大します
d0123571_20471615.jpg

松原湖で自販機休憩。蒸し暑いが、あまり喉は乾いていない。
大福1個が簡単に胃の腑に収まり、ついでにもう1個も押し込んでおく。これから距離17km、比高1000mを稼ぐ。
松原湖駅からR480で登ってきている。このR480終了点がレストハウスふるさと(標高1700mくらい)で、
麦草峠はそこからR299で1時間かからないくらいかと

d0123571_2048441.jpg
ストレートに長いルートは単調で眠くなる。これではいかんと適宜ダンシングして自らに鞭を打つ


d0123571_20482279.jpg
R480終了点。ここからメルヘン街道・R299


d0123571_20485964.jpg
レストハウスふるさとは建て替えるみたい。これでは晴れていても浅間山は見えない


d0123571_20492123.jpg
標高1800m。ここからがまだ少し。たまに10%あったりでまだまだしごかれる。この後に最初の写真へ続く

小雨にも降られましたが、諏訪側は雨雲なしのはず。あとは降りるだけ、つづく

by masashiw2 | 2017-08-16 20:54 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
柳沢峠に溜飲を下げにいく-3 2017年8月6日
2年前の秋にほとんど同じコースを漕いでいる。10月中旬のサイクリング適期。
ちょうど心臓の手術から3ヶ月ほど経って、発作の心配がなかった頃。
その時とタイムを比較してみると、今回の方がやや速い。暑さで調子が出ないとはいいながら、
今回のほうがパフォーマンスがいいわけで、やはり体重が軽くなったことが大きいかと

d0123571_23201046.jpg
今回のシンメトリックなコースプロフィール。ときどきトゲみたいに出てるのがトンネル通過部分。
ちょうど帰路の一之瀬高橋トンネルを示している(地図上の丸と、プロフィールの縦ケイ)。
トゲの部分は、トンネルの上の山越えとして誤測して高度が跳ね上がっている。その分、獲得標高が少なくなるはず



d0123571_23211636.jpg
花魁淵分岐から一之瀬高橋トンネルへ。ワッフルもやはり撮っておく


d0123571_2321379.jpg
d0123571_23215117.jpg
丹波山村に入って、かたなばトンネルも開通間近。かなりの部分が旧道・廃道化することだなあ


d0123571_2322271.jpg
奥多摩町に入って、峰谷橋の手前、箒目モルタル激坂をちょっと寄り道


d0123571_23234256.jpg
馬頭館という温泉旅館がありまして。いつの日かゆっくりお邪魔してみたい


d0123571_2324794.jpg
小高くなっているあたりから峰谷橋。右に行けば小河内ダム、左に行けば峰と奥


青梅市街でとうとう土砂降りに捕まる。実は今回のカメラはケータイ。
ポケットの中で水没しては困るのでチャック付きのビニール袋にしまいこんで雨の様子は撮影せず。
雨雲は真北に進むようなので、雨の中を我慢して東進、小作あたりからまったくのドライ。
シャワーの中を漕いで、トンネルの中で汚れていたフレームもキレイになっていた。
帰宅して体重計測、BMIは21.8843。かろうじて肥満度マイナス。

柳沢峠に溜飲を下げにいく──ご高覧有り難うございました。
今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-08-09 23:33 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
柳沢峠に溜飲を下げにいく-2 2017年8月6日
d0123571_23191175.jpg
クリックで拡大します。1:旧青梅街道から青梅街道に合流  2:古里コンビニ前  3:奥多摩湖・小河内ダム
4:奥多摩湖・深山橋  5:花魁淵  6:柳沢峠  帰路、多摩川南岸道路(愛宕トンネル〜城山トンネル)で古里へ


さて、往路をそのまま戻る。
峠直下のループ橋からドンと見えるはずの笠取山方面は見えず。不穏な雲、雨がざっと降りそうな予感。
あとは下るだけ、できれば雨に降られずに帰りたい。
峠で大福をすべてたいらげて空になったポケットに、「はまやらわ」でわらび餅。看板猫はご不在

d0123571_23205058.jpg
d0123571_2321725.jpg





d0123571_23212437.jpg
そしていつもの“彼”にもご挨拶、赤いビロードのぬいぐるみに見えないか


d0123571_2322329.jpg
「川釣り 料金表 一人釣り 三〇〇〇円 午前六時 午後五時」って書いてある。いろんなものが風化していく


d0123571_23222467.jpg
藤尾橋。やっぱり撮っておく


d0123571_23225032.jpg
一之瀬高橋トンネル(西口)、この辺りがやはり最も険しい




d0123571_23231694.jpg
d0123571_23342340.jpg
花魁淵方面、風が重たい。つづく

by masashiw2 | 2017-08-08 23:27 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
柳沢峠に溜飲を下げにいく 2017年8月6日
先週末もぶすぶすとくすぶっていた。例の台風で何週か潰れている。面白くない。
八ヶ岳あたりに漕ぎに行きたいのだが、好天を得ることができないと、せっかくの輪行もつまらない。
柳沢峠自走でガッツリ漕いでおくか。お金もかからないし。遠望を楽しむコースでもないので雨に降られても腐らなくて済む。
土曜日、仕事をあらかた固めておいて、日曜日夜明けから出かける。
シンプルに往路復路同じにして、シンメトリックなコースプロフィールを描いてみようかと──

d0123571_2334325.jpg
日向和田・へそまん駐車場で一本立てる。このところ燃費悪し。ヘモグロビンA1cは正常値なので代謝が上がったものと思いたい。
いなげやの豆大福(5個入り)、三代目茂蔵の甘酒(小3袋)、井村屋のスポーツようかん(3本)を用意

d0123571_23351181.jpg
多摩川南岸道路に入りそびれて、スルーするはずだった奥多摩駅前


d0123571_23353255.jpg
熱海@奥多摩湖。なんだ、けっこう晴れている。大丈夫と思いたい


d0123571_23355597.jpg
丹波山キノコ売店から少し先、しばらく人家なし。3個目の大福を食べる。調子まずまずだが涼しくならない


d0123571_23361739.jpg
「こんにちは〜!」若者たちに爽やかにちぎられる。あんな軽やかなダンシング、できない・・・。峠まであと高度400m


d0123571_23364629.jpg
@柳沢峠。塩山側に夏雲湧く。まだ午前10時半、すでにかなりの上昇気流。スモーキングライダー皆無


d0123571_23371184.jpg
@峠の茶屋。暑い、標高1472mなんだけど。リアルゴールド補給して降りる

勾配 ave.7%もないのだが、冷涼でないので調子が落ちてきた。3回ほど続きます




マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平~東大和〜瑞穂〜青梅〜奥多摩湖〜丹波山〜柳沢峠〜
はまやらわ[わらび餅購入]〜道の駅たばやま[休憩]〜峰谷橋〜大麦代トンネル〜
多摩川南岸道路〜二俣尾711[トイレ]〜青梅市街[雨宿り]〜
瑞穂〜東大和〜小平〜鈴木街道〜五日市街道
距離177.4km、獲得標高2425m

by masashiw2 | 2017-08-07 23:44 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
梅雨はホントにあけたのか? 2017年7月23日
先週末、土曜は仕事の残りを片付けたりで、在宅。日曜は輪行で遠出をしようと考えていたが・・・。
せっかくの日曜は午後から雨とのこと。梅雨はあけたのではなかったのか?
輪行装備を用意していたが、急遽、近場漕ぎに変更。昼前から天候悪化したらすぐ戻れるようなところで脚を維持する。
いちおう早起き。まだ薄暗くヒグラシが鳴いている。五日市街道ひたすら西へ。
とりあえず都民の森から風張峠へ、周遊道路巡って、鶴〜上野原〜大垂水と流そうかと。
陽にさらされなかったので漕ぎやすかった。自分にしてはまぁまぁのペースか。
しかし、風張峠に着いた時点で小雨模様。そんでは風張林道で帰宅。
今回はいなげやで買った豆大福5個を補給食として持参。これけっこういいかも。甘いものガンガンいきます

d0123571_2343020.jpg
風張峠 another side。雨降りそうだし


d0123571_23442780.jpg
展望いいとこですが、ポツポツきてます



以下、藤倉バス停3連発
d0123571_23454587.jpg

d0123571_2346348.jpg

d0123571_23461775.jpg
この世界観がいいんだな

払沢の滝入り口のちとせ屋の豆乳ソフトクリームもうまかった。記事は一回きりです




マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~拝島~睦橋通り~檜原街道~都民の森~風張峠~風張林道~
倉掛~北秋川~檜原街道~睦橋通り~拝島~五日市街道
距離115.4km、獲得標高1310m

by masashiw2 | 2017-07-24 23:49 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
暑さ慣らし仕上げ・有間峠からGLへ――丸山林道から阿寺へ 2017年7月15日
寺坂の棚田に着いたのが11時。青々とした棚田に和む。
しかし、稲を撫でて暑い空気の塊がこちらに向かってくる。耳の後ろから汗が噴き出してくる。
1時間半くらいの我慢漕ぎで大野峠に着くはず。距離にして9km、勾配7%未満。
木陰の林地に入ると少しずつ涼しくなってきた。たどり着いた県民の森は都民の森と違って茶屋がない。
自販機がない。三頭団子もない。カレーパンもない(──と、前来た時もぼやいた)。
先を急いで刈場坂峠。軽トラの店が出てるが冷たい飲み物はあるのだろうか。
顔振峠まで行けば自販機があったはず。さらに先を急ぐ・・・

d0123571_0492120.jpg
d0123571_0493996.jpg





d0123571_050026.jpg
12時半、大野峠通過、GL(グリーンライン)主稜線を行く


d0123571_0502284.jpg
12時40分、刈場坂峠通過


d0123571_0504288.jpg
涼しい木陰、快適! 時々ハルゼミ、まだ少し鳴いていた


d0123571_0512780.jpg
高山不動分岐、廃茶屋で陽を避ける。ドリンク飲みきる


d0123571_0522391.jpg
13時20分、八徳(やっとこ)分岐通過


d0123571_0524897.jpg
13時30分、平九郎茶屋@顔振峠。吾野鉱山(左)から武甲山まで

阿寺線でR299に下降、東吾野のファミマで大休止。
以下、自販機休憩のあらまし──

下名栗、有間ダム分岐手前の自販機にて、ライチソーダ350cc、あまり美味しくない。
半分なくなったVAAM溶液ボトルに名栗湖右岸の水場で沢水を足し、満タン(500cc)で有間峠へ。
秩父市街、コンビニに入りそびれて、寺坂手前の食堂の自販機にて、マンゴーソーダ350cc、
そしてミネラルウォーターも買い、空になっていたボトルに新しいVAAM溶液をこしらえる。
顔振峠平九郎茶屋の自販機、スプライト500cc。
東吾野のファミマで休憩。モンスターカオスエナジー350cc、モッチリたい焼きとかサンドウィッチとか。
藤沢手前自販機にてリアルゴールド190cc、南アルプス天然水朝摘みオレンジ500ccを空になっていたボトルへ。
所沢街道に入って三たびボトルは空に。東久留米下里の自販機にて、伊藤園炭酸水500cc飲んで余りはボトルへ。

──以上、果実系炭酸ジュース、リアルゴールドみたいなオッサン系栄養炭酸、疲れたらモンスターとかレッドブルとか。
家を出てから、都合3990cc飲んだことになる。それでも帰宅後体重を測ったら、前日より1.4kg減っていたから、
随分と水分の入れ替えをしたものである。
ま、暑さ慣らし仕上げ、なんとか完了か。しかしやっぱり真夏ライド、きついですね。
有間峠からGLへ、ご高覧有り難うございました。ルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-07-22 00:58 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
暑さ慣らし仕上げ・有間峠からGLへ――浦山あたりで和む 2017年7月15日
ここいらは「浦山の獅子舞」が有名みたいで。名栗や成木でも獅子舞のお祭りがありますね。
バス停のトイレに掲示板があって、ポスターが貼ってあった。
トンネルの造形になるからには、さぞ賑やかなお祭りなのかしらん。
和みながら浦山口に降りていく

d0123571_2326753.jpg



d0123571_23263456.jpg



d0123571_232655100.jpg



d0123571_23271358.jpg



d0123571_23273866.jpg



d0123571_23275896.jpg



d0123571_23281844.jpg



d0123571_23283485.jpg
ぼちぼち、ちゃんと歯磨きしないとね


d0123571_23285163.jpg
これから有間峠に向かっていく人たち。逆コースも悪くないな

まだ先は長いので、ここまで少しセーブしてきた。陽が高くなって日射が厳しいが、体調はまずます。
飯能方面への登り返し、予定通り秩父市街を通過して丸山林道でGL(グリーンライン)へ。つづく

by masashiw2 | 2017-07-20 23:31 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
暑さ慣らし仕上げ・有間峠からGLへ――浦山へダウンヒル 2017年7月15日
有間峠を越えて、秩父市。と言っても、旧浦山村(影森村)。広葉樹林の懐を駆け下りる。
手前とは異なる側に降りていく──これが峠漕ぎの醍醐味なんだろうと思う。さすがにハルゼミはもう聞き納めかと。
沢音がするあたりから谷底・渓谷の道となる

d0123571_22525996.jpg





d0123571_22532228.jpg
d0123571_22533721.jpg





d0123571_22545792.jpg



d0123571_22541322.jpg



d0123571_22552483.jpg



d0123571_2256465.jpg
林道から沢床をぼんやりと眺めていたら、小綬鶏(?)がナメを駆けて行った。つづく

by masashiw2 | 2017-07-19 22:58 | 峠道 | Trackback | Comments(0)