カテゴリ:峠道( 455 )
今年最初の名栗漕ぎ-2 2018年1月20日
山伏峠の先の法面工事で行き止まりと事前に聞いていたので、いつもより手前、
後先のこと余計に考えず気楽に漕ぐ。結果、いいタイムで登れた

d0123571_22325120.jpg
ちょっとした勾配が気にならないというのは調子がいいということ


d0123571_22331817.jpg
刈場坂峠まで楽に行けそうな調子だが今日はここまで。来た道を戻る


d0123571_22334356.jpg
伊豆ヶ岳方面を見ながらダウンヒル


d0123571_22343698.jpg
クルマやオートバイが少ないととても快適


d0123571_22362660.jpg
かの“オヤジ登山の会”で、この名郷鉱山の頂上に出たことがありまして


d0123571_22371285.jpg
湖面が見たくなって、名栗湖にやってきた。昨年の有間峠以来。つづく

by masashiw2 | 2018-01-22 22:46 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
今年最初の名栗漕ぎ 2018年1月20日
週明けから南岸低気圧による降雪が予想されている。大陸で猛威をふるった寒気も降りてくるらしい。
降雪がなく気分良く漕ぐことができるのもこの週末までか。仕事もあるので土曜にサクッと山伏~名栗湖まで。

朝7時出発、この日も新車と旧車の違いを確かめたいので、慣れ親しんだいつもの道。
「貼る懐炉」を多めにつけて最耐寒仕様。心拍数は上がりすぎないものの、とりわけ良好という感じでもない。
相変わらず加速してからがしんどい・・・、ま、それでも巡航速度が上がっているみたいでそれなりに楽しい。

新車ではフロントの歯数を増やした(50/34→52/36)ので、踏めないと楽しくない。痙攣もコリゴリ。
ジョギング時にスクワット系の筋トレも織り交ぜ、腿の真芯を働けせるように意識したり、
日々それなりな工夫を加えたことが奏効しだしている──と思いたい。

心拍に関しては、冬場は調子を上げすぎるとなんとなくコワイので、
自転車漕ぎにあっては120bpm前後を推移するあたりで無理をしないでおく。
しかし、ジョギングにあってはもっと頻脈で走っていることが多い(というか120bpm固定で走ると遅すぎてつまんない)。
心拍数の割にペースが上がらない。長い距離を6分台前半/kmで快走──という状態には程遠い。
もう少しマシにならないかとは思っているのだが、春までガマンでせうか・・・

d0123571_16251970.jpg
有間ダム堤体すぐ左岸上流のトイレから。有間峠(右のギャップ)から雲に隠れる日向沢ノ頭への尾根は霧氷?




マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~新小平~東大和~瑞穂~岩蔵街道~山王峠~名栗JA(休憩)~山伏峠~
名郷~名栗~名栗湖一周~小沢峠~成木~富岡~岩蔵街道~瑞穂~新青梅街道~小川~
府中街道~新小平~一橋学園~小平桜橋~五日市街道
[ルートラボ]距離118.3km、獲得標高989m

山伏は曇天、名栗湖から晴れ間。湖面に心和む。久しぶりに帰路は成木。
帰ってきてから前回(昨年暮れ)の区間タイムを比較すると、登りのタイムもかなり縮んでいてニッコリ。
次回、冬の名栗の景観を少々、つづく

d0123571_16264367.jpg
オマケ:帰路、東大和の街中、奇妙な3枚貼り、なにをいまさら、脱力す

by masashiw2 | 2018-01-21 16:34 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
初ライド、100km越えてめくるめく痙攣 2018年1月7日
新車といっても、タイヤ、ホイール、サドルは旧車の使い回し。単純にフレームの違いで印象がかなり変わるものだ。
──とかなんとか、インプレごっこな気分も、痙攣が出始めて吹き飛んでしまう。
ヤビツ峠までは大きな痙攣が出ないよう、そろそろと漕いでなんとかごまかす。
菜の花台まで降りれば富士が見えるかもしれなかったが、登り返しで痙攣が出そうな危惧がかなりあったので、
峠にタッチで降りる。ダウンヒルはあまり問題なかった。登り以上にガシガシ、速い。
久保田酒造でお酒を買ったりして気分転換、小倉橋あたりまでなんとかごまかしごまかし・・・

しかし、距離100kmを越えてから、ドッと堰を切ったように襲ってきた。
町田街道の普通の街中を運転中、突如右内腿が痛み、次の瞬間、左内腿に転移。もはや漕げず、
呼吸できないくらい悶絶。かろうじて路側に停めて、肩で呼吸する。真冬に脂汗。

ストレッチしたり、アミノ酸パウダーを摂ったりして少し休む。しかしいつくるかわからない痙攣。
次は尾根幹に入ってトイザらスの手前で襲われて、思わず大きな声を出しちゃったんです。
その後もそんなことが2回ほど。こんなにしつこいのは初めて・・・

d0123571_22443611.jpg



d0123571_22445297.jpg



d0123571_22451886.jpg
d0123571_22453151.jpg



d0123571_22455423.jpg



d0123571_22461198.jpg
@久保田酒造。おりがらみの新酒を狙っていたのだが一升瓶のみ、四合瓶売り切れ。目の前にしながら泣く泣く諦めた。
で、1月限定の新酒・相模灘 特別本醸造(アル添)美山錦 槽場詰め 無濾過生(四合瓶)を購入。
この夜、帰宅後さっそく開栓。穏やかでクセなく、いい感じ。内腿まで沁みわたり、癒してくれた。

自転車に漕がされてオーバーロード= 痙攣。スクワット中心に鍛え直さねば。
初ライド、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2018-01-10 22:52 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
初ライド、痙攣出てきた 2018年1月7日
初めて試す貼る懐炉。早朝の冷気の中、ほとんど効果なし。つま先がかろうじて効いているが、手指は感覚がない。
脈は悪くないが、低温と着膨れで尾根幹はたいしてはかどらない。
町田街道を西進しているうちにやっと温まってきた。
しかし、宮ヶ瀬へ向かって高度を徐々にあげると、また体温を奪われていく。

タイム的には12月と比べるとそれなりに速い。R70に入ってから、ツギハギの隘路の緩い登り。
舗装が悪く今まで避けてきたところもトラクションが効いてガシガシいける。尻も痛くならない。かなり速い。

秦野市境を越えて勾配が増す。立ち漕ぎで稼げば速いはずだが・・・。
ちょっと痙攣が出てきた。まだ軽いものの左右の内腿を駆け巡る。ギアを軽くするしかない。
宮ヶ瀬園地で甘草芍薬湯を飲んでおいたのだが(夏場、これを飲んでおけばまず発症しなかった)。

前回、前々回の試走でポジション的な不具合は特になかった。ハンドル周りはピッタリで気持ちがいいくらい。
痙攣が出るということは自転車が要求するアルバイトに乗り手が応えきれないということもあろうかと──

d0123571_22533781.jpg



d0123571_22182746.jpg
d0123571_22184516.jpg



d0123571_2219629.jpg



d0123571_22192456.jpg
通りすがりの、私ではない人


d0123571_22203510.jpg
私には過ぎたアルミの馬なのか? つづく

by masashiw2 | 2018-01-09 22:25 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
わりと満を持して初ライド 2018年1月7日
この年越しは、大晦日に新政・エクリュ2016を、元旦には春霞・赤ラベル──と、
NEXT5系微発泡を夫婦で四合瓶1本/日ずつあけた。
明けて2日、カラダがダルい思いつつ仕事始め。やっぱり肝機能が落ちているなぁ。
休肝日を設けて、連チャンを避けないと回復しない。ウェイトも減らないので2、3、4日と休肝したことは前回申し上げた。

5日にもろもろ納品を片付け、気分も楽になって、菊鷹新酒おりがらみ「菊花雪」を少々。
6日はよく休んで、ジョグで調整、体調も元に戻る手応えを感じながら休肝。

だもんで、7日の初ライドは、わりと満を持してのぞんだ格好。
年末に2回ほど50km程度のライドを済ませた新車で、距離120〜30kmを越えた慣らしライドをしたかった。
勝手知ったる道で旧車と比較をしたい。ということで昨年5回ほど通った裏ヤビツへ

d0123571_2301839.jpg



d0123571_2303758.jpg
通りすがりの、私ではない人


d0123571_231644.jpg



d0123571_2312815.jpg



d0123571_2315027.jpg

しかしこの日も寒かった。貼る懐炉を靴に入れたり、袖口に忍ばせたりして午前7時に出発。
調子が良ければヤビツを越えて名古木まで降りて登り返してもOK、と考えていたが・・・




マップをクリックでルートラボに飛びます。

是政~連光寺坂~尾根幹~町田街道~R413~R48~新小倉橋~旧道~長竹~鳥屋~宮ヶ瀬湖畔園地~
ヤビツ峠~往路と同じ~久保田酒造~往路と同じ~是政
[ルートラボ]距離132.1km、獲得標高1395m 

実は、今までにない、しつこい痙攣が出まして。あえなくヤビツにタッチで降りてきました。
で、なんとなく宮ヶ瀬湖左岸の長いトンネルも降りる気がしなかった(濡れているとイヤ)ので、オギノパンもパス。
久保田酒造は新酒が欲しかったのでちゃんと寄ってきました。

次回、冬の宮ヶ瀬の景観をもう少々、つづく

by masashiw2 | 2018-01-08 23:07 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
名栗路、また花の季節に 2017年12月10日
この冬はラニーニャ現象とやらで、厳しい寒さになるとの長期予報。まいったなぁ。
血の巡りが悪いので、このところ、寒さが身にしみる。

血圧が低いので、朝はエンジンがなかなかかからない。寝ぼけ気味に起き出して朝食──
キヌアなどの雑穀を軽く煮てヨーグルトに混ぜ、さらにオートミールを混ぜる。
これを時間をかけて咀嚼しているうちにやっとエンジンがかかる──といった日常。

睡眠が十分でないままに、夜が開ける前から漕ぎ出すような運動はそもそもかなり無理がある。
考えるまでもないが心臓にもよくないかと。
冬は気温が上がりだしてから布団から出て、近場をゆるりと運動する程度がよろしかろうと

d0123571_21363650.jpg
@原市場名栗線、桜の名所・コア山。次回は花の時期、和菓子を用意してゆっくりしたい


d0123571_21374870.jpg
紅葉も落ちきって観音様方面も冬景色へ


d0123571_2138744.jpg
@原市場名栗線最高所付近から飯能方面


d0123571_21383425.jpg
@原市場名栗線最高所付近から阿寺〜顔振峠(左)方面


d0123571_21385858.jpg
山桜も気がつかないで通り過ぎてしまいそう


d0123571_21393563.jpg
囲いができる前は良い展望が望めたのだが。いつも補給食を口にするところ


d0123571_2140142.jpg
@田中製材所、ここまでくればサル軍団も来れまいと


d0123571_21403049.jpg
@田中製材所、樹皮剥きマシーン。勝手に「回天」と呼ばせていただいている。
今年は遠乗りはこれでおしまい。師走の名栗路ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら



12月8日(金)夜からの Amazon cyber monday、ぼんやりページを見ていたら、
以前からマークしていた心拍計ウォッチ Garmin vivosmart HR がタイムセールに出ていた。

従来型の乳バンドタイプの心拍センサーは、ズレたり蒸れたりで、なんともうっとおしかった。
特に冬場、一旦ズレると厚着の上から位置を調整するのがナンギで、電極も接触不良。
このところ、この乳バンドは疎んぜられて心拍データをとらずに運動していた。

リスト装着タイプの心拍センサーなら、どうやらこういったうっとおしさが軽減される模様。
このタイプの心拍計のプライスが落ちていくのを待っていたので早速発注。
これを機にキチンと心拍データをチェックしながら運動しようかと。

9日(土)に即、納品してもらったので、その日のうちに井之頭ジョグで試用。
今回のサイクリングでも、無事、快適にデータがとれた。モンダイは私の脈。

やっぱり良くない。おしなべて頻拍。運動がキツくなると脈が飛んでるみたいでかえって脈が減る。
これって、センサーで捉えきれない細動が出ているのかと。ま、乳バンド式でもそんなデータでしたが。
心拍数を気にしすぎると、運動がつまらなくなるのだが、ある程度意識しないといかんなぁと。
脈が上がり過ぎたら下がるまで休むなどして、無理のない範囲で運動を進めていきたい

by masashiw2 | 2017-12-15 22:07 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
ひんやりと、名栗路 2017年12月10日
げんきプラザから引き返して、時計はまだ9時台。なんとも宙ぶらりん。
冬の休日の朝は、やはりぬくぬくと布団の中で過ごすのがいいかも、とぼんやり思いながら名栗へ下る。
登ってくるロードが多くなってきた。気温が上がってくるこの時間から登るほうが楽しそう

d0123571_22351450.jpg
山伏峠から植林地を抜けてやっと日向に出るところ


d0123571_2236483.jpg
後ろ、伊豆ヶ岳なんですね。勾配が強くて景観を楽しむ余裕がないあたり


d0123571_22362813.jpg
最後の集落でも日陰に雪


d0123571_22365244.jpg
名郷鉱山に出でし月かも


d0123571_22371510.jpg
@名郷


d0123571_22373312.jpg
@名郷


d0123571_22375144.jpg
@名栗。寒空に凛としていらっしゃいます

ちと腹を空かせに、原市場名栗線経由で帰ってみることにいたします。お猿さんたち、いませんように、つづく

by masashiw2 | 2017-12-13 22:39 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
楽観が過ぎたかな──と、中退 2017年12月10日
この時期、空気が澄んで遠景も美しいと思うのだが、それなりに高いところに出なければ話にならない。
名栗JAで休憩をとったが、凍えたまま。名郷を越えてクルクル回すうちになんとか温まってきた

d0123571_2373414.jpg
以下4枚、@名栗JA。カチカチのチョコバーを噛み砕きながら写真を数枚


d0123571_238170.jpg



d0123571_2381739.jpg



d0123571_2383339.jpg



d0123571_2385486.jpg
もうすぐ山伏峠。日陰に雪がついている


d0123571_2391679.jpg
@げんきプラザ。山をやっている頃から中退する意思決定は早いタイプ。
コケて腰や膝でも打ったらダメージは半年に及ぶ。臆病だが、来た道を戻る。雪景色はまたの機会に。つづく

by masashiw2 | 2017-12-12 23:14 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
今年の遠乗りはこれでおしまい 2017年12月10日
土曜は金曜日夕方から降った雨が凍っていそうなので、一日おいて日曜に漕ぐ。
もはや雨降りでなく雪だったということも聞いていたが(奥多摩周遊は本格的に着雪していた模様。
奥武蔵も日陰はうっすら白く氷結とか)・・・。

日中晴れれば気温も上がり、凍結も緩むだろうと楽観して、6時前に出発。
名栗方面へ、行けるところまで行ってみたい。晴れて道がよければGL(奥武蔵グリーンライン)へ。
今回も相当に着込んで防寒対策はしっかり。しかし気温は正月並みか?

毎年、初日の出を撮影しているが、午前7時過ぎの日の出を待ちながら寒さに耐えている。
ちょうどこの時間帯よりも早くからを走るわけで、風がなくとも、ある程度スピードを出すと凍えてしまう。
1時間経っても2時間経っても手指が温まらない。歯の根が合わない。口を覆っていて呼吸が浅い。
山王峠のダウンヒルで名栗入りした時は、肘から先が凍えて泣きかけだった



当日のGarminのログ。下は気温のグラフ。地図は山伏峠を下りて仁田山峠に向かったあたり
d0123571_23194961.jpg
右上の温度表示「-1.1℃」は、このライド平均の体感温度。
丸番号6:原市場名栗線入口、7:仁田山峠、8:山桜、9:竹寺分岐 左は名栗湖
下の気温の推移グラフ、「3:50:12」の地点は6〜7のあいだ、「コア山」の碑があるあたり(中の白い黒丸印)


以前、春の降雪で正丸峠入口手前で中退したことがあったが、さらにその手前の元気プラザ手前で中退とは。
元気プラザというのは名栗にある県の野外活動施設。正しくは「名栗げんきプラザ」。ルートラボは以下の通り



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道[1℃]〜新小平〜東大和〜瑞穂[-3℃]〜岩倉街道〜山王峠[-5℃]〜名栗[-4℃]~山伏峠[-1℃]〜
元気プラザ〜山伏峠〜名栗〜原市場名栗線〜仁田山峠〜中藤〜小瀬戸〜飯能〜仏子〜
入間〜R463〜所沢〜秋津・所沢街道〜田無
[ルートラボ]距離114.9km、獲得標高993m

次回、寒い写真などアップしていきたいと思います

by masashiw2 | 2017-12-11 23:23 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
宮ヶ瀬の紅葉と相模灘(湾)-4 2017年12月2日
観光放水が目玉の宮ヶ瀬ダム、レストランの「ダムカレー」も名物らしい。
ご飯でこしらえた堤体にウインナーが真横に刺さっていて、それを抜くと、
お皿半分に満たされたカレーが放流される── 一度食べてみなくてはと思いつつ、いまだ果たせず。
お昼時、どうしてもオギノパンに向かってしまうので。この日は空いていたので、外の売店ではなく、
お店に入ってぷりぷりエビカツサンド、おやき、カステラサンドなどを購入

d0123571_162050.jpg



d0123571_163592.jpg



d0123571_17126.jpg



d0123571_172135.jpg



d0123571_173695.jpg



d0123571_175175.jpg
@オギノパン。チバリヨー・新城幸也のサイン入りジャージ(非売品?)


d0123571_18119.jpg
@オギノパン。バイクラックで最新バイクのトレンドを観察


d0123571_185324.jpg
久保田酒造。相模灘美山錦60×6号【PROTOTYPE】を購入、四合瓶を背負って帰ります。
6号酵母の【PROTOTYPE】は吉祥寺「酛」でいただいて気になっていたお酒。
生酛っぽい濃醇さ・複雑さを感じさせながら、喉に収まる時にすっと蜜のような甘味を残す。いいですね。
6号【PROTOTYPE】というからには6号酵母で定番ラインをこしらえてゆくのかしら、気になるなぁ。
また、純米吟醸・雄町・無濾過も購入。こちらはまだ開栓しておらず楽しみにとってありまして・・・
相模原緑区の山の中の相模灘、新酒もぼちぼち出そうで近々にお邪魔したく。
「宮ヶ瀬の紅葉と相模灘(湾)」ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-12-09 01:13 | 峠道 | Trackback | Comments(0)