カテゴリ:峠道( 448 )
久々のロングライド・南相木ダムへ~川上村まで 2017年11月4日
みずがき湖から少し登って小尾あたり。以前、みずがき自然公園から降りて清里に抜けようとして、
このあたりで迷ったことがある。林道・高須線の入り口がわかりづらかったのだ

d0123571_23281435.jpg
ましか・くしし、なんじゃそら。ヨコ組3行、熊猪鹿か。出没するのか、食えるのか


d0123571_23283864.jpg
やっぱり食えるほうか、なんて言ってると、ひょっこり瑞牆山が。ジビエな食べ物は森のラーメン屋さんで出してもらえるかも


d0123571_2329697.jpg
この作り物の鹿さんも見覚えアリ


d0123571_23293756.jpg
みずがき自然公園からの瑞牆山も圧倒的でいいけれど、ここ黒森からの瑞牆山もあたりを睥睨する秀峰という趣き


d0123571_23301846.jpg
ズームアップしてトリミング。また登りたくなってきた


d0123571_23311786.jpg
@信州峠。特に「信州峠」と記されたものはないのだが、切り通しの上に碑があった。ウインブレ着てダウンヒル


d0123571_2332885.jpg
川上村へ降りる。振り返ると、レタス畑の先にヤスリ岩が屹立していた。高速ダウンヒルを期待していたが、
巨大トラクター行き交う農道は土くれが路面に張り付いてオソロシ。ゆっくり降りて川上村。つづく

by masashiw2 | 2017-11-07 23:36 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
久々のロングライド・南相木ダムへ〜みずがき湖まで 2017年11月4日
家を出る前からウインブレを着ていて、そのまま着っぱなしでR141を漕ぎ出した。
韮崎高校を過ぎてから、ネックウォーマーとアームウォーマーを追加。寒い。
中央道潜ったところでハッピードリンクショップ(自販機)があったので、100円水で(粉末vaam)ドリンクを作る。
明野の集落をのんびりと漕ぎ出す。調子は今ひとつ

d0123571_23441671.jpg
サイクリストのオアシス(?)、ハッピードリンクショップ


d0123571_23443532.jpg
旧明野村は、お世話になったかたが隠居されていて、どこかでばったりお会いできそうな感じ・・・


d0123571_2345347.jpg
甲斐駒ヶ岳、懐かしい黒戸尾根


d0123571_23452278.jpg
八ヶ岳は御隠れになったまま。編笠岳の下の方だけ見えている


d0123571_23454355.jpg
ラジウムライン、比志の手前でウインブレを脱ぐ。少し調子が出てきた


d0123571_2346424.jpg
@比志。このあたりから勾配が増してくる


d0123571_23465794.jpg
みずがき湖・塩川ダムで一服


d0123571_23481115.jpg
銭湯のペンキ絵のようなみずがき湖。トーンカーブのレッドチャンネル、少し盛っておきます
次回、信州峠から川上村へ。つづく

by masashiw2 | 2017-11-06 23:50 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
久々のロングライド・南相木ダムへ 2017年11月4日
好天の周期が週末にやってきた。何週間ぶりだろうか。
思い切って、明媚な高原漕ぎに出かけても良かったが、気圧の谷の通過が気になり、
いまひとつ踏み切れず、南相木ダムという渋め(?)の目的地設定で出かける。

ちょうど3年前、信濃川上から馬越峠経由で南相木村に入ったことがあって、その時は北相木〜ぶどう峠から上野村へ抜けた。
今回も小海線を利用してもいいのだが、小淵沢からの乗り換えとなると時間も遅くなるし、運賃もかかる。
韮崎から地道に漕いで行ってもいいじゃないの、と試してみる。南相木ダム目的なら距離的に妥当かと。

ダムには特にこだわりはないのだが、電源開発路は道がいいのでついついあちこちのダムを巡り漕ぐことになる。
国内最高所のダムとして「甲信越スポーツサイクリング・コースガイド」にも紹介されている。

韮崎から漕ぎ出すと、南アルプス方面には晴れ間も見え、八ヶ岳方面も早晩晴れてくるのではと期待を抱いた。
増富方面に入ると遠望もきかなくなり、黒森の瑞牆山までおあずけ、我慢で高度を稼ぐ。
しかしだんだん曇ってきた。瑞牆山は遠望できるものの、上空はかなり暗い。やはり普段の行いがかなり悪いのか

d0123571_1710334.jpg
d0123571_17104910.jpg
@黒森。信州峠に向かう登り口から瑞牆山がよく見える


d0123571_17114090.jpg
@南相木ダム堤体と下流のうずまき公園





マップをクリックでルートラボに飛びます。

韮崎駅~R141駒井~R23明野~ラジウムライン〜みずがき湖~黒森~信州峠~
川上~馬越峠~三川〜南相木ダム~犬ころの滝〜小沢志なの入トンネル~R141市場坂~野辺山~
美し森~八ヶ岳高原ライン~小淵沢駅(お土産:ふもとの弁当元気甲斐)
[ルートラボ]距離119.7km、獲得標高2819m

好天ではなかったけれど、それなりにコマが進みました。少し続きます

by masashiw2 | 2017-11-05 17:19 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
ポジション変えてあちこちいたむ・鶴〜松 2017年10月9日
5年ぶりに自転車を新調することにしたので、先週採寸を済ませた。
股下が83cm(身長比が48.9%)と、意外とあって、自分でも驚いた。
納車は来年早々とのことで、気長に待つとして、秋は旧車を心ゆくまで漕いでおこうかと。

採寸した数値を参考に、ハンドルやサドルの位置をいじってみた。早起きしてガッツリ目のコースへ。
薄暗い五日市街道をひたすら西へ、檜原村から甲武トンネルで鶴峠へ。

立ち漕ぎ多いめで鶴峠手前、左膝が痛み始めた。強く踏めない状態で松姫峠へ、
立ち漕ぎなし、軽いギアで進むが捗らない。峠手前で二の腕、腰、尻も痛くなる。結局、元のポジションに戻す。
一度痛くなるとなかなか痛みが引かず、あちこちに痙攣が出たりでナンギなことであった。
多少曇りがちだったが、気候もまずまずで気持ちよくサイクリングを楽しみたかったのだが・・・




ドングリの落ちる音しかしない道を登りつめると、ドングリの落ちる音もしなくなった





マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜拝島〜五日市〜檜原街道〜上川乗〜甲武トンネル〜鶴峠〜
小永田〜松姫峠〜ワッフルまで降りて動画撮影、峠に戻ってサドル調整、トイレなど〜
道の駅こすげ〜深山橋〜愛宕トンネル〜城山トンネル〜古里コンビニ休憩〜
青梅〜瑞穂〜青梅旧道〜芋窪街道〜砂川七番〜五日市街道
[ルートラボ]距離160.9km、獲得標高2363m

今日も筋肉痛に苛まれて。まるで初めてロードに乗った時みたいな。
最近、150km・↑2000m以上をサボっていて鈍っているのかも。少し気合いを入れねば

by masashiw2 | 2017-10-10 18:25 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
月が改まって、子の権現参り 10月1日
この週末、仕事が立て込んでいて遠乗りという気分にもならず。早朝から午前中漕ぎ、先週は裏ヤビツ。今週はどこへ。
考えが浮かばないと、さしあたり名栗方面か。健脚祈願に子の権現が100kmちょっとでちょうどいい。
家内安全の灯明奉納、自転車用お守りをいただく。天気がいいなぁ・・・

d0123571_22311421.jpg
Hazard Red & Cerulean Blue @子の権現(iPhone)




マップをクリックでルートラボに飛びます。
五日市街道〜小平〜東大和〜瑞穂〜岩蔵〜山王峠〜名栗〜県道395号〜天目指峠〜
子の権現〜中郷〜小瀬戸〜県道70号〜飯能〜瑞穂〜Y'sロード東大和店〜芋窪街道〜小平〜鈴木街道
実は新しい自転車を買おうと思って、情報収集中。だいたい決めた。
[ルートラボ]距離106km、獲得標高964m

午後からPhotoshop仕事。モノクロ写真集の画像処理。ダブルトーンをMK2版で作っているので、
眼が疲れてチラチラする。午前中、遠景で休めてきたのに。

この日は日本酒の日。
羽水(せんきん)〜花垣ひやおろし〜香取〜王禄を50ccづつ、いろんな味を節操なく・・・

by masashiw2 | 2017-10-02 22:48 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
裏ヤビツ、飽きずに今年7回目 2017年9月24日
八ヶ岳から降りてきて、実は左足指の調子が悪かった(軟骨が減っていて)。
ちょうど仕事が立て込んで、ケアが後手になったせいもありまして。今は良くなって違和感も忘れてしまっているが、
一時はランニング総距離100km/月のノルマが今月は果たせないか、
連続24ヶ月で頓挫かと、がっかりしていた。その後、チマチマと稼ぎ直し、なんとかノルマ完済に漕ぎ着けそう。

おかげさまで仕事が絶えず、忙しさが続いている。9月の道楽は八ヶ岳登山がハイライトだったなと。
自転車漕ぎは脚が鈍らぬように裏ヤビツ程度。飽きもせず今年すでに7度目。
宮ヶ瀬ダム左岸、70km/hでダウンヒル後に食べるオギノパンの美味しさがそうさせるのか、
はたまた帰路、蔵元・久保田酒造で求める限定相模灘がそうさせるのか。
今回から尾根幹からの帰路、乞田に出て聖蹟の小山商店に寄ってみた。魅惑のオプションがまた増えた

d0123571_22441797.jpg


d0123571_22443269.jpg


d0123571_22445382.jpg
県道70号から宮ヶ瀬湖。水没していた林道が干上がったまま




マップをクリックでルートラボに飛びます。
是政〜尾根幹〜町田街道〜新小倉橋〜旧道〜長竹〜鳥屋〜宮ヶ瀬湖畔園地〜ヤビツ峠〜
宮ヶ瀬ダム左岸〜オギノパン[休憩]〜新小倉橋〜川尻〜町田街道〜尾根幹〜
鎌倉街道〜行幸橋・小山商店[買い物]〜関戸橋〜是政

小山商店は初見参。噂には聞いていたが、日本酒のワンダーランドっぷりに驚く。
インカムをつけた店員さんが忙しく行き来する酒屋なんて初めて。ディレクトリ覚えるのがたいへんそう。
王禄無濾過本生、花垣ひやおろし生詰の四合瓶2本を購入、背負って帰る

[ルートラボ]距離137.2km、獲得標高1599m

by masashiw2 | 2017-09-25 22:50 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
久しぶりに八ヶ岳見参-4 2017年8月13日
あとはもう降りるだけ。蓼科の別荘地を抜けるまで漕ぐ必要なし

d0123571_2211746.jpg
ドライブ客は多かったが、登山客はあまり見当たらなかった──ような。@麦草ヒュッテ


d0123571_2221559.jpg
あとは降りるだけ。一応エアロポジションとってみたり・・・


d0123571_222557.jpg
次第に晴れてきた


d0123571_2231684.jpg
15分も降りると、峠で羽織ったウインブレが暑くなってきた。脱いだら脱いだで、チリチリと焼かれる


d0123571_2233985.jpg
@茅野市湖東、エコーライン。入道雲のもと、暑い空気の中を行く。それでもお山は見えません


d0123571_224010.jpg
@富士見高原。最後の最後に天狗岩がチラリと。ニクい見せ方。一時間後、ホリデー快速・ビューやまなし車上の人となる

南八ヶ岳に最初に訪れたのは1983年10月。本沢温泉で一泊、翌日硫黄岳から赤岳を踏み、清里に降りた。
その後、四季を問わず親しむ。調べると、このエリア最後の登山は1990年12月のジョーゴ沢。
最近は自転車で周辺(赤い橋、黄色い橋、麦草峠、大河原峠、霧ヶ峰)を漕いだりして、焼け木杭に火がついてしまったかも?
舗装路も一通り漕いだので、今一度、赤岳にも登っておきたい気持ちが・・・

久しぶりに八ヶ岳見参──ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-08-17 22:10 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
久しぶりに八ヶ岳見参-3 2017年8月13日
まぁ、せっかくなのでドカンとアリバイ写真。麦草峠着午後1時半
d0123571_20501448.jpg
d0123571_205028100.jpg


Google Earthで見る今回のルート。東(下)の上空からの八ヶ岳連峰。右が北、主峰・赤岳は左上。
青いラインがルート(R480〜R299)、緑の南北縦走路のやや手前が麦草峠。クリックで拡大します
d0123571_20471615.jpg

松原湖で自販機休憩。蒸し暑いが、あまり喉は乾いていない。
大福1個が簡単に胃の腑に収まり、ついでにもう1個も押し込んでおく。これから距離17km、比高1000mを稼ぐ。
松原湖駅からR480で登ってきている。このR480終了点がレストハウスふるさと(標高1700mくらい)で、
麦草峠はそこからR299で1時間かからないくらいかと

d0123571_2048441.jpg
ストレートに長いルートは単調で眠くなる。これではいかんと適宜ダンシングして自らに鞭を打つ


d0123571_20482279.jpg
R480終了点。ここからメルヘン街道・R299


d0123571_20485964.jpg
レストハウスふるさとは建て替えるみたい。これでは晴れていても浅間山は見えない


d0123571_20492123.jpg
標高1800m。ここからがまだ少し。たまに10%あったりでまだまだしごかれる。この後に最初の写真へ続く

小雨にも降られましたが、諏訪側は雨雲なしのはず。あとは降りるだけ、つづく

by masashiw2 | 2017-08-16 20:54 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
柳沢峠に溜飲を下げにいく-3 2017年8月6日
2年前の秋にほとんど同じコースを漕いでいる。10月中旬のサイクリング適期。
ちょうど心臓の手術から3ヶ月ほど経って、発作の心配がなかった頃。
その時とタイムを比較してみると、今回の方がやや速い。暑さで調子が出ないとはいいながら、
今回のほうがパフォーマンスがいいわけで、やはり体重が軽くなったことが大きいかと

d0123571_23201046.jpg
今回のシンメトリックなコースプロフィール。ときどきトゲみたいに出てるのがトンネル通過部分。
ちょうど帰路の一之瀬高橋トンネルを示している(地図上の丸と、プロフィールの縦ケイ)。
トゲの部分は、トンネルの上の山越えとして誤測して高度が跳ね上がっている。その分、獲得標高が少なくなるはず



d0123571_23211636.jpg
花魁淵分岐から一之瀬高橋トンネルへ。ワッフルもやはり撮っておく


d0123571_2321379.jpg
d0123571_23215117.jpg
丹波山村に入って、かたなばトンネルも開通間近。かなりの部分が旧道・廃道化することだなあ


d0123571_2322271.jpg
奥多摩町に入って、峰谷橋の手前、箒目モルタル激坂をちょっと寄り道


d0123571_23234256.jpg
馬頭館という温泉旅館がありまして。いつの日かゆっくりお邪魔してみたい


d0123571_2324794.jpg
小高くなっているあたりから峰谷橋。右に行けば小河内ダム、左に行けば峰と奥


青梅市街でとうとう土砂降りに捕まる。実は今回のカメラはケータイ。
ポケットの中で水没しては困るのでチャック付きのビニール袋にしまいこんで雨の様子は撮影せず。
雨雲は真北に進むようなので、雨の中を我慢して東進、小作あたりからまったくのドライ。
シャワーの中を漕いで、トンネルの中で汚れていたフレームもキレイになっていた。
帰宅して体重計測、BMIは21.8843。かろうじて肥満度マイナス。

柳沢峠に溜飲を下げにいく──ご高覧有り難うございました。
今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-08-09 23:33 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
柳沢峠に溜飲を下げにいく-2 2017年8月6日
d0123571_23191175.jpg
クリックで拡大します。1:旧青梅街道から青梅街道に合流  2:古里コンビニ前  3:奥多摩湖・小河内ダム
4:奥多摩湖・深山橋  5:花魁淵  6:柳沢峠  帰路、多摩川南岸道路(愛宕トンネル〜城山トンネル)で古里へ


さて、往路をそのまま戻る。
峠直下のループ橋からドンと見えるはずの笠取山方面は見えず。不穏な雲、雨がざっと降りそうな予感。
あとは下るだけ、できれば雨に降られずに帰りたい。
峠で大福をすべてたいらげて空になったポケットに、「はまやらわ」でわらび餅。看板猫はご不在

d0123571_23205058.jpg
d0123571_2321725.jpg





d0123571_23212437.jpg
そしていつもの“彼”にもご挨拶、赤いビロードのぬいぐるみに見えないか


d0123571_2322329.jpg
「川釣り 料金表 一人釣り 三〇〇〇円 午前六時 午後五時」って書いてある。いろんなものが風化していく


d0123571_23222467.jpg
藤尾橋。やっぱり撮っておく


d0123571_23225032.jpg
一之瀬高橋トンネル(西口)、この辺りがやはり最も険しい




d0123571_23231694.jpg
d0123571_23342340.jpg
花魁淵方面、風が重たい。つづく

by masashiw2 | 2017-08-08 23:27 | 峠道 | Trackback | Comments(0)