カテゴリ:峠道( 422 )
大弛峠~柳沢峠へ再トライ-2 2017年6月10日
高所なので、ニーウォーマー(脛から上のウォーマー)を使ってみた。ジジ臭い装備だが、なかなか快適。
時々、山の上から吹き下ろす風が冷たく、ニーウォーマーで腿から膝下までをカバーしていると
立ち漕ぎの時も膝まわりがポカポカして気持ちがいい。季節を問わず定番装備になりそうだ
(もう少しシニアになると腹巻きも必要になってくるかも)。

なんとか10時台には峠にたどり着く。前回は路面着雪で好調を阻まれたが、今回は好条件。
問題なく前回を上回るタイムで登ることができた。
ま、もう少し早くてもよかったのだが、柳沢峠も控えているのであまり無理はせず

d0123571_224132100.jpg
@大弛峠。ちょっと尻が痛くなってきた。立ち漕ぎ多めなのに尻痛とは。坐骨がダイレクトに痛い


d0123571_2242252.jpg
ダートの川上村側も駐車スペース満員盛況。山梨側も推して知るべし、駐車場峠恐るべし




d0123571_22425488.jpg

d0123571_22431887.jpg
下り、ちょっと写真も撮っていきます。大弛峠ならではの遠近感




d0123571_22434534.jpg
金峰山方面ですかね、厚い胸板のお山って感じです


d0123571_22443425.jpg
白いカンバの木が以前から気になって・・・。私だけのお気に入り


d0123571_2247932.jpg
鳳凰三山~甲斐駒ヶ岳がごく淡く、ほとんどわかんない


d0123571_22473762.jpg
柳平も正午に通過、琴川ダム「ム」地点やや下の水場にあるトチの巨木。ハルゼミの大合唱を耳に刻んで。つづく

by masashiw2 | 2017-06-12 22:53 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
大弛峠~柳沢峠へ再トライ 2017年6月10日
抗不整脈剤をやめてから(血液抗凝固剤のみ服用)、運動の際、若干調子がいい気がする。
心電図をとると波形のひとつひとつがおそらくは良くないのかもしれないが、とりたてて具合の悪さは感じない。
抗不整脈剤を服用していた時と比べると、アクセルがすぐ効き、疲労回復も早い印象。
以前は調子が悪くなると、レスポンス・回復が鈍くなって、底が抜けたようになってしまったものだが。

飲んでいたクスリには、正常脈に戻す本来の作用の他に、脈が出過ぎないように何かしら抑制をするような作用も
あったのかもしれない。そういったものから自由になっている──と思うと、気分的にも楽になる。

カラダも軽くなっているので、本格的に梅雨になる前(梅雨入りはしてしまったが)に、
大きなルートを漕いでおきたい。昨年の晩秋、大弛峠から家まで漕ぐことを果たせなかった。
力試しにリベンジ、ハルゼミの大合唱を聞きながら標高2365mから自宅を目指す

d0123571_2120940.jpg
まずは2365mまで登らねば。@クリスタルライン入口。ここに来るまでの牧丘の果樹園台地が夏は意外と核心部だったりする


d0123571_212401.jpg
おなじみ「こ」の看板。ここから琴川ダムまで8km。〜と・か・わ・ダ・ム、一文字ずつ数えていきます


d0123571_21252425.jpg
眼前の登るべき林道。左の岬状突端が「ム」のポイント、そこからは緩くなる。標高1400m手前、ハルゼミはすでに賑やか


d0123571_21262293.jpg
初夏の琴川ダム


d0123571_21265814.jpg
@柳平、分校だった場所。ハルゼミの大合唱がしみ入る


d0123571_2127343.jpg
[中略]という感じで、大弛峠まであと3kmポイント。残りは2km、1.5km、1km、0.5kmという親切な刻みになっていいる


d0123571_21284621.jpg
湿気が多いのか、遠くの山々はみな霞んでいた。寒いくらいの高原の空気





マップをクリックでルートラボに飛びます。

中央線普通・初電を乗り継いで、塩山(0621着)まで輪行
塩山~国道140号~牧丘トンネル~牧丘線~柳平~大弛峠~
往路を中牧神社まで、フルーツラインで国道411号へ~裂石~柳沢峠~
はまやらわ[わらび餅購入]~丹波山~奥多摩湖~
奥多摩駅~輪行(1810青梅行)って、うちまでの自走は時間切れで諦めたのでした・・・
距離120.1km、獲得標高3625m(下り3699m)
大弛峠~柳沢峠、少しつづきます

by masashiw2 | 2017-06-11 21:39 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
もう初夏・裏ヤビツで久保田酒造-4 2017年5月27日
今年の夏は例年よりも暑さが厳しいらしい。例年夏場は全然漕ぐ気がしなくて、いかんなぁとは思っている。
やっぱり晴れているのにもったいないし。今年はこの沢沿いの涼しい道を多用して暑さ慣らしをしようかと。
釣り師のかたの邪魔にならない範囲で、川床にもおりてみたい

d0123571_23412464.jpg



d0123571_23414111.jpg





d0123571_23415938.jpg

d0123571_23421538.jpg





d0123571_23423939.jpg



d0123571_2343124.jpg



d0123571_23432219.jpg
トイレ休憩@宮ヶ瀬園地。奈良公園みたいなお土産ショップ

宮ヶ瀬ダム左岸からオギノパンへマッハで下降、揚げパン3種頬張る。食べ過ぎか。
久保田酒造にて「相模灘・純米吟醸・山田錦・槽場詰め(4月限定酒)」&「相模灘・特別純米・おりがらみ(5月限定酒)」
以上、四合瓶2本購入。「ゼヒゼヒうちの近所にも置いてほしいですね」と希望を申し上げて背負って帰った。

もう初夏・裏ヤビツ、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-06-01 23:52 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
もう初夏・裏ヤビツで久保田酒造-3 2017年5月27日
沢床に近い疎林を覗くと、落ち葉の積もった地肌に陽が差し込んで微妙な陰影をつけている。
植林地だってきれいに下刈りされていて、斜面にミツマタなどが上品(?)に植わっていてホッとする。
ズボラに伸びている藤すらもアクセントになっている

d0123571_2244194.jpg



d0123571_22444263.jpg



d0123571_22451049.jpg



d0123571_22452778.jpg



d0123571_2245504.jpg



d0123571_2246897.jpg



d0123571_2246247.jpg
秦野市境を越えて清川村に戻ると、造林地が多くなって森の表情が乏しくなってしまう。
立ち止まることもせずに、スピードを上げて下る。つづく

by masashiw2 | 2017-05-31 22:47 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
もう初夏・裏ヤビツで久保田酒造-2 2017年5月27日
10時前にヤビツ峠着。景色のよいところまで向こう側に降りてみる。
遠く平塚あたりが見えているのだろうか。近所の半原越から相模湾が見えてびっくりしたことがあるが、
この日はそれほどの空気の澄み方ではなかったようだ。

来た道を戻って往路をダウンヒル。道すがら、今、美しいのはミズキの花だろう。
小滝がなだらかに連続するような形状で咲き誇っている。
花がなくなると何の植物かわからなくなってしまうのだが・・・

d0123571_2336822.jpg



d0123571_23362517.jpg
戻ってきてアリバイ撮影


d0123571_233646100.jpg
往路を下ります




d0123571_23374840.jpg

d0123571_2338252.jpg





d0123571_23382793.jpg



d0123571_23384695.jpg



d0123571_2339067.jpg
いい道。舗装もいいので飛ばすのも楽しいが、ちょっと立ち止まると林の中から涼風。つづく

by masashiw2 | 2017-05-30 23:41 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
もう初夏・裏ヤビツで久保田酒造 2017年5月27日
春先から毎週コンスタントにロングライドを続けている。
先のエントリで申し上げた通り、心電図をとってみたら、細動が出ているという結果が出たのだが、
自転車漕ぎをしている時、苦しくなるような自覚症状はない。

仕事が混んでいるが、天気がいいので、時間を作って出かけておきたい。
この時期、有間峠を漕ぎに行きたかったが、名栗側の規制が法面工事で解けていない。
さて、どこへ行くか。気温高めみたいなので沢沿い・日陰で涼しい裏ヤビツかな。チャチャっと済ませようかと。
今回から抗不整脈剤の服用なし。心臓の調子はいかに・・・

d0123571_22204390.jpg
宮ヶ瀬園地でトイレ休憩。尾根幹でウォームアップしてきたので快調


d0123571_22211754.jpg
宮ヶ瀬湖、なんだか空気が湿っぽくて重い


d0123571_22213847.jpg
まだまだ緩い。法面がきれいになったところ


d0123571_22215554.jpg
工事箇所はだんだん少なくなってきたかと。この日は休工中


d0123571_22222597.jpg
今日は調子がいいぞ──! もう直ぐ秦野市境


d0123571_22223867.jpg
自分から気まぐれというのはいかがなものか。この上、チト勾配が急。ここだけインナー使います


初夏の裏ヤビツ、少しつづきます。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

是政〜連光寺坂〜尾根幹〜橋本〜R413〜川尻〜新小倉橋〜津久井広域道路〜長竹〜鳥屋〜宮ヶ瀬湖畔園地〜
ヤビツ峠〜宮ヶ瀬園地〜宮ヶ瀬ダム左岸〜オギノパン〜久保田酒造〜小倉橋〜川尻〜
橋本〜鑓中〜多摩ニュータウン通り〜関戸橋〜府中〜小金井街道

距離131.4km、獲得標高1554m。オギノパンで揚げパン食い過ぎ、帰路ずっと胸焼け

by masashiw2 | 2017-05-29 22:44 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
飽きずに奥多摩ライド-4 2017年5月21日
R139旧道、小菅側の起点・小永田へ来た道を戻る。お猿さんがたくさん。
往路、林の中でなんとなくガサガサ音がしていたのは彼らだったようだ。

松姫トンネルは楽チン。勾配があってほとんど漕がずに深城湖へ。逆コースは苦しかろう。
新しいトンネルのわりに路側は狭い。センターラインは音の出るやつが
埋めてある(ランブルストリップス)タイプ

d0123571_2219568.jpg
@小永田


d0123571_22192934.jpg
@小永田、新道から。鶴峠へはこの谷を100m下って、そこから200m登り返す


d0123571_2219485.jpg
松姫トンネルは全長3kmほど。途中から3%の勾配(大月側)


d0123571_2220857.jpg
松姫トンネルを終えて、お隣・旧道の奈良倉トンネル。鹿さんのレリーフに一瞥。封鎖区間はここから


d0123571_22204065.jpg
だいぶ前に統廃合で終わってしまったらしい小学校


d0123571_22211548.jpg
葛野川沿いは急峻な地形が多く、治山も大変そう。崩落した箇所を対岸から補修している


d0123571_22214217.jpg
帰路は岩殿山近辺のアップダウンを避けてR505で猿橋へ


d0123571_2222516.jpg
砂漠・R20から岩殿山。ここがR139出合い(R139は都留へ)

深城ダムの事務所、ジュース自販機がなくなっていた。けっこう憩える場所だけになぜ?
しようがないので下ってしまう。しかし、R20に近づくと、炎暑・・・。
上野原まで漕げるだろうか。桂川の河岸段丘のアップダウンはこたえるよな。
相模湖畔だって帰路は意外と登り基調だし、最後、千木良からの標高差200mの登りもダルくて辛そう。
とかなんとかで、うちまで自走しようという気力はしぼんでしまった。大月から輪行、武蔵境まで直通。
飽きずに奥多摩ライド、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-05-25 22:25 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
飽きずに奥多摩ライド-3 2017年5月21日
GW(4月30日)にも訪れている松姫峠。オートバイの爆音に苛まれ続けた奥多摩周遊道路からやってくると、
このR139旧道の静けさがとても有り難く感じる。
いつも旧道入口からタイムを取っている。今回は少し時間がかかってしまった。
不調の左足先をかばったせいか、フォームのバランスが悪かったのかも。右前腿が少し吊りそうな雰囲気。

峠に到着、この日は富士山は見えなかった。人の眼もないので、ゲートをくぐって、
封鎖されている峠の大月側、最終ヘアピンのワッフルまで降りてみる

d0123571_2214239.jpg
ゲート@松姫峠


d0123571_22143359.jpg
松姫峠南壁ワッフル


d0123571_22144625.jpg
これ、やっぱり奥多摩随一の景観かも


d0123571_2215979.jpg
アオバトの声が風に乗って届いた


d0123571_22154744.jpg
最終ヘアピン




d0123571_2216188.jpg

d0123571_22163435.jpg





d0123571_22165077.jpg
さすがに落ち葉やゴミは多いのかもしれないが、取り去ってしまえばそんなに悪くない道かも


d0123571_22171237.jpg
小枝が差してあっただけの穴には頑丈な錠前が。封鎖はもはや容易に解けないのか。つづく

by masashiw2 | 2017-05-24 22:24 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
飽きずに奥多摩ライド-2 2017年5月21日
奥多摩周遊道路を終えて、R139へ。足に痛みはない。小菅に行ってまんじゅう食いながら行く先を考える。
小菅村は、なんとなく行き止まりの村という感じで、個人的に和んでしまう。
今川峠や松姫トンネルもあるから、決して行き止まりではないのだが、
丹波山村のように街道沿いではなく、多摩川源流域の奥の奥というエリア。

道の駅こすげでしばし憩う。
チャーちゃん(あんこ)まんじゅう、ヨモギまんじゅう、大福2個の軽4個を買う。
まんじゅう2個で昼食、満腹。残りの大福2個は先々のためにとっておく。
松姫峠往復くらいしないとカロリーとりすぎ。そのあと松姫トンネルで大月へ降りるか。
さらに調子が良くて大垂水峠でうちまで帰ると→180km、↑2500mで、足が不調の割には上出来かと。
峠漕ぎ再開、かなりの日射。日向を漕ぐとかなり辛そうだ

d0123571_21492423.jpg
@奥多摩周遊道路・月夜見第一駐車場。ここにも桐の花が


d0123571_21501789.jpg
雲がないからもっとすっきりとしてもいいのだが、遠くはぼんやりと霞んでしまっている


d0123571_21504720.jpg
R139、東京の最果て(最も西)、「庄の指(さす)」。「さす」ってのは焼畑のことらしい


d0123571_21511293.jpg
庄の指バス停のお向かいは定点観測地点


d0123571_21515879.jpg
釣りはたしなまないのだが、こういうところなら釣果はともかくぼんやり日がな釣り糸を垂れていたい


d0123571_21523340.jpg
道の駅の駐車場で昭和のクルマ発見。高校時代、学校の“番犬”の柔道教師がこんなクルマに乗っていた


★★★More 今回のまんじゅう★★★
by masashiw2 | 2017-05-23 21:58 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
飽きずに奥多摩ライド 2017年5月21日
先週から左足拇指球付近に違和感。ジョギングで地面を蹴る時にじんわり、鈍く痛む。右足はなんともない。
以前から時々痛んでいて、冷やしたり湿布したり、なだめたりすかしたりしている部位。
疲労が溜まっていたのだろうか、木曜朝から痛み始めた。
形成外科で見てもらったところ、親指の関節の軟骨が減っているらしい。ナンギなことである。

安静にしていろと言われるとそれはそれで辛い。日曜日、痛みも引いてきたので自転車漕ぎをしてみる。
つま先を締めあげず、トルクをかけないでクルクル回せば、そんなに痛まないだろう。エスケープできるよう輪行装備も持つ。

ユルく細長く漕ぐ感じで、五日市街道をひたすら真西へ。
今年最初の都民の森に午前9時過ぎ着。名物のお団子「三頭団子」も問題なく焼き上がっている時間。
1本確か300円じゃなかったか。いつの間にか50円も値上がりか、美味いけど

d0123571_22365627.jpg
人里(へんぼり)に入って、勾配が増してくる


d0123571_2237346.jpg
人里枝垂れ、今はもう立派な葉桜


d0123571_22375841.jpg
奥多摩周遊道路、ヘアピンの少し上から料金所跡。都民の森はずいぶん先(奥のモルタル法面のあたり)


d0123571_22382353.jpg
都民の森手前、桐の花が咲いている


d0123571_22385115.jpg
アリバイ写真@風張峠。他に撮りようのない峠であることだなぁ。クルマひっきりなしでコワイ


d0123571_22395566.jpg
御前山方面


d0123571_22401996.jpg
川苔山方面

飽きずに奥多摩ライド、少しつづきます。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜拝島〜睦橋通り〜武蔵五日市〜檜原街道〜奥多摩周遊道路〜都民の森〜風張峠〜三頭橋〜
R139〜道の駅こすげ〜小永田〜R139旧道松姫峠ピストン(ワッフルまで)〜小永田〜R139新道松姫トンネル〜
深城ダム〜猿橋〜R20〜大月〜輪行(大月発1521東京行き快速)
距離119.3km、獲得標高2181m

by masashiw2 | 2017-05-22 22:45 | 峠道 | Trackback | Comments(2)