カテゴリ:峠道( 378 )
そして青梅へ 2010年11月3日
勝手知ったる青梅駅前に近づいてきた。一本裏に入ったり、また街道に戻ったり。
奥多摩から長きにわたってご高覧有り難うございました。最後に宣伝——
好例の青梅宿アート・フェスティバルは、いよいよ来週末。今年は第20回、「これでいいのだ!! 青梅宿 in 青梅シェー」。
11月20日(土)〜21日(日)、関東ちんどん大会などイベント盛りだくさん!

d0123571_0113075.jpg








d0123571_0115565.jpg








d0123571_0133196.jpg








d0123571_0135778.jpg








d0123571_0142993.jpg








d0123571_0145233.jpg


★★★さらば奥多摩、セメント工場 reprise★★★
by masashiw2 | 2010-11-13 00:16 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
石神前、日向和田、宮之下……ちんまりした駅が続く 2010年11月3日
このあたりの対岸は吉野梅郷。青梅街道沿いよりもひらけている。時間があったなら梅郷の集落の小路にも分け入ってみたかった。
もう青梅市街、前回膝痛で中退したあたりまでやってきた。フィナーレとして大多摩酒造あたりの景色も押さえたい

d0123571_0213252.jpg








d0123571_0214875.jpg








d0123571_022969.jpg








d0123571_0223233.jpg








d0123571_0225097.jpg








d0123571_0231738.jpg

by masashiw2 | 2010-11-12 00:24 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
青梅街道・立ちはだかる侘び“錆”景 2010年11月3日
ずっと、お土産が買える道の駅のようなお店はないかしらと思っていたのだが、ついぞ見当たらず……。
奥多摩駅前できのこを買っておけばよかったと後悔しきり。
鳩の巣駅前、釜めしにはいまふたつ食指動かず、もう少し走る。道中、侘び“錆”景多く、なかなか先に進めず。
古里駅前、コンビニでおにぎり買ってやっと一本立てる

d0123571_120097.jpg








d0123571_1201699.jpg








d0123571_1203817.jpg








d0123571_120583.jpg








d0123571_1212733.jpg








d0123571_1214747.jpg

by masashiw2 | 2010-11-10 01:23 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
鳩の巣渓谷、昼なお暗く 2010年11月3日
青梅街道は多摩川の峡谷の左崖をトラバースしていくかのような道。
並走する青梅線も、トンネルを抜ければデリケートなモルタル橋を渡ったりで、立地は厳しいものがある。
昔は“lime”な貨車がゴトゴトと走っていたような気がするが、石灰石輸送は1998年で終了しているらしい。
現在走っているのは中央線と同じ車両で、中央線沿線に住むものとしてはせっかく多摩の奥に来たのに新鮮みはさほどない

d0123571_023899.jpg








d0123571_024961.jpg








d0123571_031359.jpg








d0123571_033259.jpg








d0123571_035551.jpg








d0123571_042052.jpg

by masashiw2 | 2010-11-09 00:05 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
さらば氷川、青梅街道を下る 2010年11月3日
氷川はいつまでも居たくなるまったりムードだが、陽のあるうちに青梅に着きたい。先を急ぐ。
青梅街道に入ってぺダルひと漕ぎ、かなりのスピードが出る。カメラにおさめるべき景観を見逃さないように、注意しながら進む。
こちらが下るのと同じくらいの速度で登ってくる対向の自転車の勢いに驚く。こういうサイクリストはいったいどういう人種なのだろうか

d0123571_0301817.jpg








d0123571_031499.jpg








d0123571_0312431.jpg








d0123571_0315337.jpg








d0123571_0321330.jpg








d0123571_0323451.jpg

by masashiw2 | 2010-11-08 00:34 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
日原川から氷川逍遥 2010年11月3日
先週の台風の影響か多摩川本流は青く濁っていた。支流・日原川はさらに石灰が溶け出しているのかグレーに濁っていた。
河原近くに降りると、冷たい空気が川伝いに降りてくるようで昼だというのに肌寒く、たまらず段丘を上がって氷川の集落に入る。
段丘の斜面の集落を上がったり降りたり、山里の空気を堪能する

d0123571_034448.jpg








d0123571_035980.jpg








d0123571_042534.jpg








d0123571_045493.jpg








d0123571_051625.jpg








d0123571_053937.jpg

by masashiw2 | 2010-11-06 00:08 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
“lime town”奥多摩を行く 2010年11月3日
青梅線からはきだされた観光客のかたがたは、紅葉の名所に向かう西東京バスに吸い込まれていった。
きのこ売りのおばちゃんの長閑な売り文句を聞きながら、「よっこいしょーいち……」と何度もひとりごちて輪行を解除する。
やがてあたりに人もいなくなり、セメント工場の地鳴りだけがしていた。で、その地鳴りのほうに行ってみる

d0123571_051769.jpg








d0123571_053929.jpg








d0123571_06210.jpg








d0123571_06249.jpg








d0123571_064546.jpg

鉱石を細かくして、ローストしていく巨大な装置なのだろうか。
4×5が操れるなら、グリッドで構図をじっくり考えて撮ってみたいのは、このような巨大構築物。
もう少し奥に行くと無人のトロッコがV字溪に見え隠れするという。露天の採掘場も含めてまたの機会に是非訪れたい。
明日は氷川の長閑な街道クルーズを……

by masashiw2 | 2010-11-05 00:16 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
奥多摩から降りていく 2010年11月3日
足の調子は今ふたつなのだが、天気もいいので、またぞろ自転車で出かける。
先週の続き、青梅から青梅街道をさかのぼるのは大変そうだが、だったら終点の奥多摩から降りてくればいいという軟弱な考え。
青梅線終着・地鳴りのする“lime town”奥多摩に昼に到着。やっぱり遠いなぁ。時間もあるので、ちょっこし日原街道に入ってみる……
明日へ続きます

d0123571_0131139.jpg








d0123571_0135632.jpg

by masashiw2 | 2010-11-04 00:20 | 峠道 | Trackback | Comments(2)