カテゴリ:峠道( 422 )
田植前、雛鶴峠~道志みち-5 2017年5月14日
道坂トンネルを越えて、道志村。畦ヶ丸や檜洞丸などの東丹沢の山々が見えるはずだが霧の中。
1000mを越える標高だからハルゼミの鳴き声を期待していたが、まだ早かったか。
それでも耳をすますとフクロウの声が聞こえるので損をした気分ではない。
ラチェット音を出さぬようペダルを軽く回しながらR413へ降りる。降りたところで正午の村内放送

d0123571_1136450.jpg




d0123571_11361842.jpg
オイデ、オイデ──と。道坂トンネル道志側西に雰囲気のある林道起点。この道も地図にないかも


d0123571_11374761.jpg
トンネル脇には白い鳥居と祠があり、古道の雰囲気アリ。ドリフト族をも見守っていらっしゃる


d0123571_113889.jpg
ホウ、ホウ、ホウ・・・とフクロウ、さえずりとは言わないか


d0123571_11383210.jpg
R413、もうすぐ相模原市緑区

相模原市緑区に入ったあたりで疲れてしまった。青野原のコンビニで大休止。
田植えが終われば爽やかなハルゼミの季節になろうかと。
雛鶴峠~道志みち、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-05-20 11:43 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
田植前、雛鶴峠~道志みち-4 2017年5月14日
都留に向かう道から分かれてR24(山梨県道都留道志線)へ。標高にしておおよそ500m上がれば道坂トンネル。
田舎道から次第に山あいの道に。曇天のせいか、クルマやオートバイは少ない

d0123571_2132588.jpg
景色は見えないものの、静かな峠漕ぎを楽しむ。なんとなくR299志賀坂峠神流町側みたい


d0123571_21322694.jpg
道坂トンネル都留側右手の林道入口。地図にない林道?


d0123571_21325946.jpg
トンネルはおおよそ新雛鶴トンネルに規模の似たもの。路側は狭いのですばやく抜けたい


d0123571_21333758.jpg
トンネル内ウェット注意


d0123571_2134097.jpg
道志村へ。それにしてもタイヤ痕が激しいなぁ。つづく

by masashiw2 | 2017-05-18 21:35 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
田植前、雛鶴峠~道志みち-3 2017年5月14日
田園地帯、田植えにはチト早いが、すでに田んぼには水が張られ、トノサマカエルがにぎやかに鳴いている。
戸沢の小さな山越えはそれなりの勾配。青梅のバーディ坂みたいな。乗り越してまた別の山里へ。
初見の道、都留の裏道も楽しい

d0123571_2219251.jpg
R711(戸沢谷村線)に入る。今頃だと桐の花もキレイなんですね


d0123571_22195719.jpg
新緑の頃というのに赤いカエデ


d0123571_22201558.jpg



d0123571_22203049.jpg



d0123571_22204549.jpg
で、R139都留バイパスの裏道などなど


d0123571_22211068.jpg
都留へはこちら、加冶屋坂トンネル。味のあるレリーフ。道坂、道志へは手前を左折。つづく

by masashiw2 | 2017-05-17 22:23 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
田植前、雛鶴峠~道志みち-2 2017年5月14日
R35(山梨・神奈川県道35号=四日市場上野原線)は、のどかで漕ぎごたえのあるいいルート。
立ち漕ぎをまじえて進んでいくうち、カラダもいい感じになってきた。
新雛鶴トンネルを越え、猿橋や大月、河口湖、山中湖……、どこへ行こうか。今回は未踏の道坂トンネルへ

d0123571_215158100.jpg
新雛鶴トンネルを越えて都留市。トンネルのすぐ下の沢からはアカガエルの声


d0123571_21523818.jpg
路面はドライ、かなりスピードが出てしまうが、人家が増えてきたのでやや減速


d0123571_2153396.jpg
猿橋に出て松姫~奥多摩周遊とつなげば、→200kmで↑3000m越え。さすがにそこまではナシ


d0123571_2154758.jpg
カキツバタに導かれ、戸沢越え。まっすぐ行けば富士急の禾生(かせい)駅まで一気のダウンヒルだが、
手前の戸沢で小さな山越えをして一本南のR711(戸沢谷村線)に。都留バイパスの長いトンネルを回避したい

d0123571_21545443.jpg
戸沢越えの最高点=標高560mくらい。ここから標高100mくらい下って、道坂トンネルのR24に入る。つづく

by masashiw2 | 2017-05-16 21:58 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
田植前、雛鶴峠~道志みち 2017年5月14日
先週末は天気が今ふたつ。土曜日は終日雨で片付けなど。不要になった資料など断捨離してスッキリ。
日曜日、どの程度、天気が回復するか。昼間には晴れ間も出るかもしれない。
金曜日の肝機能検査、γ-GTPが良くないからといって、おうちでじっとしていても何も始まらない。
一日しっかり漕いで全身の血を肝細胞のすみずみまでめぐらせ、リフレッシュしたい。
月曜日からは心機能の検査で24時間心電計をつけるので、無理がかかる勾配のある坂は避けておきたい。
雛鶴峠(上野原市)から道坂トンネル(都留市)を抜けて道志みち(道志村)で帰ってくるコースで新緑の中を漕ぐ。
気温が上がらなければ、稼ぎやすいかもしれない。6時前に出発、小金井街道からR20〜日野バイパス。
高尾山口からはまだ道は乾いておらず、大垂水峠まで濡れた路側をじっと我慢で漕ぐ。
千木良小学校へもウェット。タイヤが減っているのでスピードを出さずゆっくり降りる

d0123571_20544833.jpg
時々、道が谷筋に近くなると、カジカガエルの鳴き声がする。そういう季節になった


d0123571_20552011.jpg
Aは秋山のA


d0123571_20554617.jpg



d0123571_20561923.jpg
こちらは定点観測


d0123571_20565214.jpg



d0123571_20572335.jpg
@雛鶴神社。姫さま、少しご無沙汰していました。おトイレ借ります

雛鶴峠~道志みちライド、少しつづきます。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~小金井街道~R20~日野バイパス~大垂水峠~勝瀬橋~R35~秋山~雛鶴峠~
戸沢~R711~鶴峠バイパス裏道~R24~道坂トンネル~R413~道志~三ヶ木~
橋本~鑓中~多摩ニュータウン~関戸橋~中河原~府中~小金井街道~農工大通り
距離158.8km、獲得標高2036m

by masashiw2 | 2017-05-15 21:04 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
汗ばむ立夏・七重峠越え-5 2017年5月5日
刈場坂峠までグリーンライン、正丸峠、山伏峠につないで名栗から帰る。
いつもは登路に使う刈場坂線、降りるのは今回が初めて。あまりにあっという間で驚いた。
正丸峠のユルい登りもあっという間に終わればよかったのだが、こちらはそうもいかず。午後1時に山伏峠着、ここで最後の羊羹。
名郷で「チェーンカッター持ってませんか?」と、自転車乗りに呼び止められる。
山中でお気の毒、リアメカがまるっと脱落していた。カッターをたまたま持っていたので貸してあげたり。
さらに降りて、赤沢の野菜漆喰壁のレストラン「ぽれぽれ」、開店した模様

d0123571_18243435.jpg
正丸峠手前。確かイタリアンレストランもあったはず、ってなくなってたような……


d0123571_1827308.jpg
山伏峠名栗側、一番上のおうち


d0123571_1828176.jpg
一番スピードの出るあたり。今回サイコン不調で記録なし


d0123571_1828245.jpg
@赤沢。口の中は黒く塗ってある──と今回初めて気がついた


d0123571_18303141.jpg



d0123571_18305838.jpg
ランチメニュー平日11時から14時。以下、サラダ・ドリンク(コーヒー等)付き
チキン南蛮自家製タルタルソース添え¥1350、彩り野菜と骨付きチキンのスープカレー¥1100、
海老しんじょと筍の和風オムライス¥1250、ぽれぽれカレー¥1100、などなど

七重峠越え、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-05-10 18:33 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
汗ばむ立夏・七重峠越え-4 2017年5月5日
午前11時に七重峠着。暑い。木陰で羊羹を食べる。美味し。
登山道でもあるので、ハイカーの人もやってくる。車を止めて登山に出かける人もいる。自転車も降りていった。
まだ陽も高いし、もうひと漕ぎ・定峰峠に上がって、グリーンラインを漕ぐ

d0123571_21421893.jpg
七重峠から秩父高原牧場方面を望む


d0123571_21424186.jpg
@七重峠。これからこの萩殿線でR11・白石車庫バス停へ降りる


d0123571_2143611.jpg
途中、左の笠山線に入って白石集落へショートカット


d0123571_21434562.jpg
@定峰峠手前。茶店でコーラを飲む。白石峠には正午ごろ到着


d0123571_2144747.jpg
@刈場坂峠。穏やかなギター演奏に耳を傾ける人がいる一方で、クルマの空ぶかしをする人。人間社会はかくも難しい


d0123571_21443887.jpg
刈場坂線を降りて、正丸峠へ。こんなスポットもできましてね。詳しいことはよくわかりません。次回、名栗へ。つづく

by masashiw2 | 2017-05-09 21:46 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
汗ばむ立夏・七重峠越え-3 2017年5月5日
あらかた高度を稼いで、張り出した林道から眼下を望む。
遠く小川町のほうが見えている。その先は熊谷あたりだろうがさすがにそこまでは苦しいか。
飛行機雲が引かれていくが、飛行機の音はもう聞こえなかった


上を見て
d0123571_22403023.jpg


下を見て
d0123571_2241396.jpg


左から
d0123571_22502051.jpg


右へ
d0123571_22421726.jpg


さらに右奥、小川町方面
d0123571_22423829.jpg
実はかなりくたびれて、ここからさらに20分ほどかかってやっと七重峠。つづく

by masashiw2 | 2017-05-08 22:46 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
汗ばむ立夏・七重峠越え-2 2017年5月5日
当たり前の話だが、展望の良い峠というものは切り立っているから勾配がきつい。
腰越の集落を過ぎて馬頭観音、林道・栗山線に入るといきなり急勾配が始まる。
人家のあるあたりからも休みどころがない。庭先を飾る美しい花々を見る余裕もない

d0123571_11225016.jpg
ダムというか大きな堰堤、館川ダム


d0123571_11231799.jpg



d0123571_11234619.jpg
“ぬくもり”さんがここにも


d0123571_11241612.jpg
栗山線分岐の目印・馬頭観音


d0123571_11243659.jpg
おおでまりの里


d0123571_1125563.jpg
(左上の)ひょっとしてあの高み(拡大して下の写真)まで登るのか……、でなきゃ向こう側に越えられない


d0123571_11252720.jpg
この張り出した林道が比企郡を俯瞰できる展望台、七重峠はさらにこの左奥


d0123571_1126744.jpg
まこと美しい里山景、心和む


d0123571_11263664.jpg
福島家のマキ、小川町の天然記念物という樹齢200年以上の古木


d0123571_1128580.jpg
おいしい水場、なにげに熊出没注意、次回は大展望、つづく

by masashiw2 | 2017-05-08 11:31 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
汗ばむ立夏・七重峠越え-1 2017年5月5日
連休後半は奥武蔵に出没。吾野周辺のグリーンラインはおなじみすぎて新鮮味がないので、
趣向を変えて、ときがわ町の奥の方、未踏の七重峠を目指してみる。労苦に見合った展望の良い峠らしい。
未踏の林道4本[赤木七重線~林道・栗山線~萩殿線〜笠山線]をつないで七重峠を越えます。

出発しておおよそ1時間で16号を越えるのはどこに行くにもだいたい同じ。
入間川を渡り、高麗川、越生を通過、午前8時頃、ときがわ町都幾川中学校前を通過。
クラブ活動で登校する中学生たちは知らないオジさんにも挨拶をしてくれる。
県道172号で白石峠入口、ここまではいつもと同じで、入口から少し先、赤木七重線に入る

d0123571_161366.jpg
赤木七重線入口


d0123571_162273.jpg
人家もまばらにある林道


d0123571_1623675.jpg
労せず町境を越えてすでに小川町に入っている


d0123571_1625595.jpg
@腰越。樹林の開ける感じが吾野のユガテみたいな


d0123571_1631672.jpg



d0123571_163311.jpg
赤版が抜けちゃってます


d0123571_1635384.jpg
小さな祠もあったりでいい感じ。七重峠ライド、少しつづきます。





マップをクリックでルートラボに飛びます。

田無〜所沢街道〜R463〜農水橋〜高麗川〜R30〜ときがわ〜R172〜
白石入口〜林道・赤木七重線〜館川ダム〜林道・栗山線〜栗山集落〜七重峠〜R11〜
定峰峠〜奥武蔵GL〜白石峠〜大野峠〜刈場坂峠〜林道・刈場坂線〜正丸峠〜山伏峠〜
飯能〜入間〜R463〜所沢街道〜田無
距離147.3km、獲得標高1986m

by masashiw2 | 2017-05-06 16:08 | 峠道 | Trackback | Comments(0)