カテゴリ:峠道( 449 )
日原街道を行く その3 2011年11月5日
集落の入り口には気の効いた桜の樹があって、来訪者を迎えている。
稲村岩の偉容も眼に入ってきた。古い石垣にかためられた砦のような集落に入っていく

d0123571_2340059.jpg








d0123571_23401570.jpg








d0123571_23403741.jpg








d0123571_2341542.jpg








d0123571_23412578.jpg








d0123571_23414528.jpg

2011年11月7日
かかえている案件のほとんどの納品を終え、色校を戻しながら、後処理などをこなす。
しかし、このあと、ぱったりと急に仕事がなくなってしまうというのも、寂しいものがある……

by masashiw2 | 2011-11-07 23:44 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
日原街道を行く その2 2011年11月5日
街道は落葉のにおいに満ちていた。しっとりとした、それでいてさわやかな落葉のじゅうたんのにおい。
山の切れ目から奥多摩工業の日原の採掘場があらわれた。トロッコの発着場もある。
ネット地図の航空写真でこのあたりを見てみると、石灰石の露天掘りが行われていることがわかるだろう。
若干登り勾配(帰路は一漕ぎ、35km/hで通過)の長いトンネルを抜けると日原も間近。
隠れ里に入る前に、旧道の入り口をちょっと覗く。日原川の上流は錦秋間近の広葉樹林、しかし下流は鉱山下の大ザレだった

d0123571_22101410.jpg








d0123571_2210427.jpg








d0123571_2211248.jpg








d0123571_23525391.jpg








d0123571_22114270.jpg








d0123571_22121985.jpg








d0123571_2214692.jpg

by masashiw2 | 2011-11-06 22:17 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
日原街道を行く 2011年11月5日
以前お届けした、日原(にっぱら)川から氷川逍遥。久々のポタリング再開はこの続きから。
学生のころ、雲取山から日原の集落に降りてきたことがあって、隠れ里のようなところだなという印象を抱き続けてきた。
今回は奥多摩から自転車でこの集落の再訪を果たした。紅葉の山中をトロッコ軌道や採掘場を見ながら進む……

d0123571_2346401.jpg








d0123571_23465124.jpg









d0123571_234711100.jpg









d0123571_23473347.jpg









d0123571_23475092.jpg








d0123571_23481171.jpg

明日に続きます。撮りたての東京西奥の秋です

by masashiw2 | 2011-11-05 23:50 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
都道193号線・鄙びポタ-8 2011年1月9日
やはりひと山越さねば青梅線には出ることができないらしい。喘登のご褒美は山中の造林地の馬の背に残された檜一列。
軍畑は戦国時代の古戦場があるそうな。ここから青梅はすぐ。明るいうちにたどりつくことができた

d0123571_011776.jpg








d0123571_014474.jpg








d0123571_02824.jpg








d0123571_022951.jpg








d0123571_025857.jpg








d0123571_032857.jpg

旧街道鄙びポタ、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2011-01-17 00:05 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
都道193号線・鄙びポタ-7 2011年1月9日
岩蔵温泉はいずれまた。まだ明るいので、素直に青梅に行く前に、小曾木街道を東進してみる。
いっとき飯能市に入るが、すぐに青梅市。そして都道193号線[下畑・軍畑線]に入る。
青梅市成木はのんびりしたところで、暮れに環状彷徨したあたりなのだが、いったいどのあたりでどう迷ったのかとか、
迷った暗い夜道のなかでぼーっと見えた妙なものは何かとか、リベンジするつもりでしつこく見ながら漕ぐ。
廃車はお昼だから見えた、いわばご褒美……

d0123571_045027.jpg








d0123571_05819.jpg








d0123571_054516.jpg








d0123571_06138.jpg








d0123571_064483.jpg








d0123571_071294.jpg

by masashiw2 | 2011-01-16 00:12 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
岩蔵街道・鄙びポタ-6 2011年1月9日
岩蔵温泉は、掘れば出てくるそこらへんのモール泉とは、まったく出自が違うらしいので気にはなっていた。
鉱泉なので、あたりにもうもうと湯気が立ちこめているわけではない。湯宿が集う温泉郷としては東京に唯一という。
この日は残念ながら湯に入るのが目的ではなかった。自転車から降りて、あたりを概観し、ゆっくり記憶にとどめて歩く。
湯に入る機会も近いうちにあるかもしれない。もし叶うなら、お湯でほてったからだをFlat Houseの縁側でさましてみたい……

d0123571_021427.jpg








d0123571_02322.jpg








d0123571_025913.jpg








d0123571_033155.jpg








d0123571_04440.jpg








d0123571_044261.jpg








d0123571_05480.jpg

何が起こるかわからないアジアカップ、なかなか勝ち抜くのが容易ではない。
あいも変わらぬ対戦国——ガチガチに守ってカウンター頼み、あるいは単調なロングボール攻撃。ラフプレーを連発し、痛がっては遅延する。
昨日のゲームも、オフサイドと思っても飛び込んできて勝手に倒れるヤカラと、それをPKと判定する審判を相手に闘わなくてはならなかった。
いったい、いつまでこういう国々と闘わなくてはならないのだろうか……

by masashiw2 | 2011-01-15 00:12 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
青梅街道から岩蔵街道・鄙びポタ-5 2011年1月9日
すっかり町役場界隈になごんでしまう。八高線を越えて青梅街道に別れを告げ、岩蔵街道に入る。
住宅が減って、畑、牧草地、運動公園など、大きく景観がかわってきた。
圏央道を越え、岩蔵温泉手前で気持ちいいダウンヒル、40km / h出る。このあたりから急に鄙びてくる。岩蔵温泉には初見参

d0123571_0174213.jpg








d0123571_0175562.jpg








d0123571_0181430.jpg








d0123571_0183465.jpg








d0123571_018545.jpg








d0123571_0191543.jpg

by masashiw2 | 2011-01-14 00:20 | 峠道 | Trackback | Comments(6)
青梅街道鄙びポタ-4 2011年1月9日
街道わきの自転車の看板にどうしても眼が行く。「松下電器輪栄」「マルキン自転車」「マルヨネ自転車」「山口ベニーサイクル」……
パナソニックは今でもあるけど、他は聞かないなぁ。死滅したブランドの看板はたてもの園に移築してほしくなる。
そんな街道を鮮やかなロードバイクが駆け抜けていく

d0123571_06125.jpg








d0123571_065172.jpg








d0123571_072197.jpg








d0123571_074487.jpg








d0123571_0883.jpg








d0123571_083078.jpg

by masashiw2 | 2011-01-13 00:10 | 峠道 | Trackback | Comments(11)
青梅街道鄙びポタ-3 2011年1月9日
北側は狭山湖の緩い丘陵地帯で雑木が繁っている。陽当たりのいい南斜面を呑気に進む。
古めのお店が並ぶ街道筋で、「ああ、ほんとにいい感じだな」と思ったのは「田中屋洋品店」が視界に入った時だった。
「鄙びポタ-2」のラストで紹介した壁画のお店である。日本画の心得のある人が描いたような不思議なタッチで、心和む。
「(有)ファッション・フォー・ライフ・タナカ 田中屋洋品店」は水曜定休、朝9時から夕方5時まで営業、
制服、制帽、防災頭巾、スクール水着などなど学校用品常時特価、エムエムスタンプ加盟店です

d0123571_0124814.jpg








d0123571_013891.jpg








d0123571_0133236.jpg








d0123571_014655.jpg








d0123571_0142463.jpg








d0123571_0145256.jpg

by masashiw2 | 2011-01-12 00:16 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
青梅街道鄙びポタ-2 2011年1月9日
青梅街道といえば荻窪や南阿佐ヶ谷の喧噪をすぐに連想するが、ここはもうかなり郊外。
この日は交通量も少なく、高い建物もないので空が高く、長閑な田舎道としか思えなかった

d0123571_0194023.jpg








d0123571_019581.jpg








d0123571_0201928.jpg








d0123571_020472.jpg








d0123571_0211357.jpg

by masashiw2 | 2011-01-11 00:22 | 峠道 | Trackback | Comments(6)