<   2012年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ムサシノサイクルセンター修理部有馬 2012年6月28日武蔵野市境3丁目

d0123571_2336679.jpg








d0123571_23362142.jpg








d0123571_23364171.jpg








d0123571_23365838.jpg








d0123571_23364665.jpg








d0123571_23373680.jpg

2012年6月30日
月がかわると、おカミ[厚労省]は生レバを庶民から取り上げるという。
一方で、治療の難しい部位の抗ガン新薬は国内での開発[文科省・経産省]・認可[厚労省]が困難だという。
海外で認可されている抗ガン剤が、国内で認可されずに治療法がかぎられたり、
高額な治療費に苦しんでいる人もいるという(今夜のNHK特集より)


by masashiw2 | 2012-06-30 23:43 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
梅雨の中休みというか…… 2012年6月28日
梅雨前線はどこに行ってしまったのだろう。もっとも、このままあっさり梅雨明けというわけにはいかないだろうが……。
一日雨降りみたいだから、みっちり仕事しようかと思うのだけれども、
予想に反して、いい天気だったりすると、好天がもったいなく感じる。明日土曜は好天のようだ

d0123571_23334879.jpg








d0123571_2334277.jpg








d0123571_23342367.jpg








d0123571_23344253.jpg








d0123571_2335215.jpg








d0123571_23352366.jpg


by masashiw2 | 2012-06-29 23:35 | 拾遺 | Trackback | Comments(2)
上水沿いの工事が完成して 2012年6月28日
武蔵境浄水場南側、玉川上水沿いの道路整備が終了してすこし経つ。
年度末予算消化の工事かと思いきや、先月までかかっていた一連の道路修復工事である。
もともと自転車の往来に難がある。西進の際、左側通行がしにくい。よって逆走してくる自転車が多く、東進する自転車にとってはコワい道。
せっかく工事をするからには、自転車専用コースでもこしらえるのかと期待したが、結果はそのようなものではなかった……

d0123571_23522460.jpg
もちろん工事後の写真。左が武蔵境浄水所。自動車は一方通行、西進のみ。自転車で西進する場合、この自動車の脇をすり抜けねばならない。
この植え込みを自転車レーンにすればよかったのに……



d0123571_23522495.jpg
もともとは玉川上水側(南側)の歩道の下に、排水管を埋設するのが主目的の工事のようだ。
しかし、このあいだの大雨の時には雨水がオーバーフローしていた。想定外の降水量だったか?



d0123571_2353226.jpg
不思議なのは、浄水所側(北側・この写真では右側)の道の端。
ちょっと高低差のあった縁石を、騒音と粉塵をまき散らしながらエンジンカッターで切って低くした。
歩道になるのかと思いきや、ドウダンツツジが等間隔にうわっている。歩くな! ということらしい



d0123571_23541535.jpg
こういったわけのわからない旧来の構造物はそのまま。注意喚起の黄色/黒のステッカーを貼って、これでおしまい


by masashiw2 | 2012-06-28 23:56 | 拾遺 | Trackback | Comments(2)
なぜか本が集まってくる──SFマガジン編 2012年6月26日
本が好き! ──と、最近は以前ほど素直に言えないようなところがあって(読んでいるのは本になる前のゲラと、
自転車雑誌・地図ばかり)。しかしながら、かつては古書店通いですえたにおいにまみれたこの身、
マンションの古紙置き場から「溶かさないで〜!」という悲痛な声を聞き、すんでのところをピック・アップ。
私が生まれる前(雨だれ耳だれ)からのSFマガジン。床にひろげてみると70年以降もそろっています

d0123571_22582548.jpg








d0123571_22584162.jpg








d0123571_2259110.jpg

もし、ご入用のかた、鍵コメでメルアドお知らせいただければ、ご連絡申し上げます


by masashiw2 | 2012-06-26 23:01 | かわうその祭 | Trackback | Comments(4)
で、今年もアゲハ 2012年6月25日
夏至も過ぎ、もう25日ということで、月日はめまぐるしく過ぎていく。あとは日が短くなるばかり、か……

d0123571_2327243.jpg








d0123571_23271769.jpg








d0123571_23273489.jpg

今年は「ルー」というハーブで育てている。すでにさなぎがひとつ、蛹化段階にあるものが3つほど


by masashiw2 | 2012-06-25 23:33 | 小さきものたち | Trackback | Comments(6)
武蔵境、空き地が多くなった-2 2012年6月3日
銭湯「元の湯」も更地に。チェーン展開のふぐ料理屋もいつの間にかなくなっていた。
丸亀製麺オープンでこの周辺もかわっていくとは思うが……

d0123571_23365460.jpg








d0123571_2337669.jpg








d0123571_23372969.jpg








d0123571_23375970.jpg








d0123571_2338994.jpg








d0123571_23383892.jpg

2012年6月24日
昨晩は都内某所で痛飲、終電で帰宅。日曜日朝から痛む頭で仕事。しかしはかどる。
夕食は丸亀製麺、ざるうどんが最近のお気に入り


by masashiw2 | 2012-06-24 23:42 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
武蔵境、空き地が多くなった 2012年6月3日
近隣ではこのところ、空き地が多くなったような気がする。「さかい中央市場・たいらや」は現在、更地。
新しいマーケットの建設はこれから。騒がしくなる前、しばし平穏……

d0123571_23265780.jpg
武蔵野プレイスって、蔵書は増えてるのかなぁ……。前庭の芝生を養生中







d0123571_23271145.jpg








d0123571_23272291.jpg








d0123571_23274817.jpg








d0123571_23295910.jpg
たいらやの空き地をぐるりとまわる途中の小路の先にも、小さな空き地を発見


by masashiw2 | 2012-06-22 23:32 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
多摩湖から西武園あたり-2 2012年6月1日
多摩湖を周回していても、「西武園ゆうえんち」のほうは、からっきし行ったことがない。
競輪場同様、ウィークデーは訪れる人もいない遊園地。昼時というのにレストランも無人

d0123571_23331843.jpg








d0123571_23332944.jpg








d0123571_23334779.jpg








d0123571_23351026.jpg








d0123571_2334162.jpg








d0123571_23354529.jpg

西武園あたり、ご高覧有り難うございました


by masashiw2 | 2012-06-21 23:36 | 拾遺 | Trackback | Comments(2)
多摩湖から西武園あたり-1 2012年6月1日
新潟行きの遠出で頓挫していた多摩湖周辺というか、西武所沢・山口、西武園競輪場あたり。
私は賭け事はからっきしわからないので、まるで他人事なのだが、ウイークデーのがらんとした西武園駅改札からの道すがら、
開催の日には射幸心に焦がれた人々がどっと列をなすのを想像すると、なんとなく及び腰になった

d0123571_23102081.jpg








d0123571_23103371.jpg








d0123571_23105814.jpg








d0123571_23111371.jpg








d0123571_23114975.jpg








d0123571_23114757.jpg

2012年6月20日
台風一過、清々しい青空を眺めようと、午前5時に目覚まし替わりのテレビをセット、上條アナの笑顔で目覚めたが、
油断して次に目覚めたのが8時前。やり残した仕事をバタバタ片付けるうちに昼前。レンズ雲が出ていたようだが、見損なう


by masashiw2 | 2012-06-20 23:15 | 拾遺 | Trackback | Comments(2)
梅雨前の青梅・小曾木から岩倉あたり 2012年6月2日
岩倉にもパン屋さん「石薪窯パン 麦 MUJI」があって、人気のパンはすでに売り切れ。人参ケーキを買う(美味し)。
岩倉街道を登って、ツツジで有名な塩船観音寺のほうに行ってみた。旬を過ぎれば見向きもされない緑のモコモコがあるばかり。
河辺駅に着いたら、大粒の雨が降り出した

d0123571_23291589.jpg








d0123571_23292883.jpg








d0123571_23295548.jpg








d0123571_23305736.jpg








d0123571_23312747.jpg








d0123571_2331344.jpg

梅雨前の青梅、ご高覧有り難うございました

2012年6月19日
看板のオジサンが気になっていた、花小金井の中華料理店「同心居(とんしんじゅ)」にランチに出かけた。
このオジサンの人形(高さ30cm)が店内に飾ってあった。店の人にこのオジサンの由来を聞いたところ、
このかたは薬屋さんで、左手に持っているのは薬袋。右手には何かを持っていたのだが、散逸してしまったらしい。
薬袋には「回春」の文字が見え、なにか元気になるようなお薬らしい。
なんとも愛嬌のある人形ということで、お店のキャラクターにしているとのこと。
落ち着いた雰囲気のなかで炒飯や塩葱麺など食す。上品で美味しかった


by masashiw2 | 2012-06-19 23:34 | ラビリントス | Trackback | Comments(2)