<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
夏の成木へ-2 2013年6月29日

d0123571_2324016.jpg




d0123571_23242394.jpg




d0123571_23245569.jpg




d0123571_2326074.jpg




d0123571_23261782.jpg

2013年6月30日
起きると背筋と尻が痛い。鍛えたりないのかなぁ。ストレッチしながら仕事。週明け納品分もなんとかメドが立った。
今日で6月も終わり。7月は前半飛ばして、後半ちょっと休んで遠出したい


by masashiw2 | 2013-06-30 23:27 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
夏の成木へ 2013年6月29日
今日は早朝から青梅・成木へ。
小平〜東大和〜桜街道〜青梅旧道〜瑞穂〜岩蔵〜バーディ坂〜上成木〜成木林道常磐線終点〜
林道常磐線に入る。若者にどんどん抜かれながら喘登。少しは楽に登れるようになったか、あまり自信がない。
杉林、成木川が清々しく心洗われる。沢伝いはこころなしか涼しい。渓流釣りのかたをよく見かけた。奥の深そうな趣味なんだろうな。

d0123571_2319796.jpg




d0123571_231921100.jpg




d0123571_23193454.jpg




d0123571_23194579.jpg




d0123571_23195741.jpg




d0123571_232084.jpg

上成木〜松ノ木トンネル〜榎峠〜軍畑〜吉野街道〜梅ヶ谷峠〜二ツ塚峠〜リハビリ病院〜小作〜青梅街道〜瑞穂〜青梅旧道〜往路で帰着
二ツ塚峠からは素直に北に降りて、多摩川は調布橋を渡って青梅市外に入り、青梅街道に入るのがスムースだったと反省。
昼から仕事、日曜も仕事。6月の自転車漕ぎは本日で終了


by masashiw2 | 2013-06-29 23:21 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
季節は山開き
Shiori-touge, Uonuma, Niigata June 6, 2012 
枝折峠、懐かしいな。昨年6月、工事中だったので早朝にこっそり登ってきた時のアウトテイク

d0123571_21504586.jpg








d0123571_2151066.jpg
峠直下から越後駒ヶ岳

魚沼市観光協会のホームページによると、国道352号線の駒の湯入口〜枝折峠〜銀山平の区間の通行規制が明日夕方から解除されるとのこと。
そして30日(日曜)は越後駒ヶ岳、荒沢岳、平ヶ岳の山開き。ワタクシなんと、平ヶ岳には二回登頂(沢登り)したことがあるのです。


2013年6月27日
昼から尾根幹漕ぎ。是政〜川崎街道〜連光寺〜尾根幹〜ベビーザらス町田店〜小山田周回〜
日大三高〜聾学校入口〜ショパン坂〜恵泉女子〜尾根幹〜是政。
週末は雨がちの予報。今日明日と曇りがちの予報なので、蒸し暑いなりに漕ぎやすいかと思ったが、真夏の日ざし。
林間の多摩湖と違って陽を遮るものがない尾根幹、キツイです。で、また日に焼けてしまった


by masashiw2 | 2013-06-27 21:57 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
慌ただしく日が過ぎていく今日この頃
Horinouchi, Uonuma, Niigata June 7, 2012

d0123571_22172625.jpg
初夏恒例だった魚沼旅行。今年はまだメドが立たず。
実は別件の大判の写真集の編集がいよいよ大詰め。詳細は落ち着き始めたらご報告します。

2013年6月26日
「エロエロ草紙」関連エントリ(今月アクセス数563件)が、
「海女の習俗」関連エントリ(今月アクセス数504件)のアクセスを抜きました。恐るべし、「エロエロ草紙」。
トップになった「エロエロ草紙」エントリの★★★More★★★に原書の表紙画像を追加しておきました。ご参考まで


by masashiw2 | 2013-06-26 22:20 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
休みかたが上手くない
Sekimae, Musashino, June 3, 2010 

d0123571_22144964.jpg

2013年6月22日
土曜の朝、小平〜武蔵大和〜山口下ダム〜山口城址〜狭山湖ダム〜多摩湖周回〜武蔵大和〜
立川羽衣町〜青柳〜聖蹟桜ヶ丘〜いろは坂往復〜聖蹟桜ヶ丘〜連光寺坂〜是政。天気がすぐれなかったので尾根幹に出ず、早く戻る。
あとは仕事。このところ、あまり漕ぎに出ることができていない。夕食後、日付が変わってもダラダラ仕事。


2013年6月23日
早朝4時前からサッカー観戦。終わったらちょっと休もうかと思ったが、気分が腐って眠れず。またダラダラ仕事。

おかげさまで、この数日、「海女の習俗」と「エロエロ草紙」へのアクセスがうなぎ上り。
「エロエロ草紙」にあっては、facebookで「いいね!」が25。
こんな現象は今までなかったこと。惜しむらくは、他のページ、例えば「Recomended」くらい、
ついでに見ていってくださってもいいものを、と思いきやその先にはいたらない模様。
どうも即時的な欲求でページをご覧になるかたが多いことは、残念といえば残念。

リアル書籍は書店に出たばかりの大事な時期。
あまり中身を公開して、差し障りがあってはイケナイので、続きは時期をみて、またご紹介したく……


by masashiw2 | 2013-06-23 22:21 | 拾遺 | Trackback | Comments(2)
手前味噌・ギミック扉から本文へ「エロエロ草紙」
本文の途中に別丁で入るギミック扉。覗き扉がページ中央に切ってあり、その部分をめくると、色っぽい女性が見えるという、
なんとも小エロな趣向を再現した。80年前の読者はこれに興奮し、検閲官はけしからんと激怒したのだろう

d0123571_2303691.jpg








d0123571_231016.jpg
エロ爺に捧ぐ……








d0123571_2311874.jpg








d0123571_232533.jpg








d0123571_231887.jpg
本文は、複数の仕様を組み合わせた贅沢な造本。
用紙は、上質紙(1色;赤茶 or 黒茶)と、アート紙(緑1色があったり、3色があったり)。復刻版ではこれらをカラー印刷で再現。
小刻みに用紙や刷色を変え、凝った造りをしている。国会図書館のモノクロPDFの印象が強かったせいか、
原書の丁寧に彩色された図版のひとつひとつが艶やかに息づいて見えて驚いた。
本文組も何種類ものフォーマットがあり、往時の活版組版を味わうことができる。タイポグラフィーの資料的価値も高いのではないかと!
「エロエロ草紙」、続く……


by masashiw2 | 2013-06-21 23:04 | かわうその祭 | Trackback | Comments(0)
手前味噌・今に甦る昭和5年の小エロワールド「エロエロ草紙」
最近の装幀の仕事から──。

酒井 潔 著「エロエロ草紙」【完全カラー復刻版】

B5正寸 / 80ページ / 並製
定価:2500円+税 ISBN978-4-7791-1905-7 C0095 2013年06月20日発売 彩流社

d0123571_2257282.jpg



80年前の昭和5年に発行を企図されながら、発禁処分になった幻のエログロ・アンソロジー、
モノクロであるにもかかわらず、デジタル化資料アクセス数第一位の“国会図書館の至宝”「エロエロ草紙」。
複写機材一式をかついで国会図書館におもむいたのは4月19日の午後だった。
あらかじめモノクロPDFで内容を確認していたが、一冊しか存在しないと言われる現物は予想に反して鮮やかな色をしていた。
各ページをの印象を記憶に刻みながら、黙々と複写した。
復刻版の制作は、複写した画像の編集がメインとなる。発禁で日の目を見ることの出来なかった珍書を何とか鮮やかに甦らせたい。



d0123571_22342647.jpg
表紙はおそらくは金インクを使用していたのだろう、真鍮の金属粉が酸化して、全体に黒ずんだ印象だった。
書店の平台でその存在を主張するには、シミや折れを目立たなくしたり、いますこしお化粧直しが必要と考えた。
画像編集はPhotoshop。タイトルは右端が欠けていたので、描き起こして、鮮やかに。タイトル部分だけでも多数の調整レイヤーを使っている



d0123571_2257476.jpg
帯を外したところ。それにしても奇怪な判じ絵。北斎、国芳、アルチンボルドの中東版???





d0123571_22361255.jpg
オビを含めてカバーまわりの制作はIllustrator。筑紫ゴシックと筑紫オールド明朝の混植で活版見出しの味を醸す。
タイトルはベジェの描き文字。ラフ効果を入れて仕上げた




d0123571_22394371.jpg
本文デザインはInDesign。ご覧の通り、カラーページがたんまり。
本文も鮮やかとはいえ、ベコベコのシミシミ。糸かがり製本ももはや限界。撮影した画像データは一律のカーブで何とかなるものではなく、
それぞれに細かい手を加えないといけないシロモノ。Photoshopを駆使して、水平・垂直を整え、シミを抜き、レタッチ。
ようやくデジタル・リマスターって感じになってきたのは5月半ばを過ぎた頃




d0123571_22422474.jpg
これが小エロなギミック扉。次回から、本文をご紹介しませう!!

↓原書の表紙画像を追加しました。この画像を上記のように修正していったわけです


★★★More〜原書表紙★★★
by masashiw2 | 2013-06-18 22:49 | かわうその祭 | Trackback | Comments(4)
石器時代から焼き鳥屋だった
Kichijoji, Musashino, June 29, 2009 
昨年建て替えのため取り壊された今は懐かしい「いせや公園店」。
火を使った調理場の遺跡が出て話題に。一万五千年前から動物の肉を焼いていたらしい

d0123571_22525426.jpg

2013年6月17日
撮影の立会で、さる博物館の資料倉庫に終日籠る。資料庫は半端ない規模で、銀行の金庫のような二重扉を通って出入りする。空調も一定のはず。
想像もしたことのない世界に足を踏み入れた印象。撮影の内容はいずれまたご紹介したく……

先般ご紹介した「復刻版「エロエロ草紙」」の見本出来。いい感じに出来上がっている。先週のタモリ倶楽部で国会図書館WEBアーカイブの
モノクロ版が紹介されたが、残念ながらカラー復刻版が出版される件は紹介されなかった。
しかし、これからである。聞くところによると、すでに復刻版出版に関して週刊誌などの取材の予定があるらしい。
拙ブログでも、明日以降、写真で内容のご紹介をしていきたいと思います


by masashiw2 | 2013-06-17 22:54 | 拾遺 | Trackback | Comments(2)
Place M 「近江風土記 祈りの風景」展 2013年6月14日
大津のfunazusigokkoさんこと加藤國子さんの個展に行ってみた。作家ご本人、すぐわかった。
で、こんな新宿の著名画廊でって、まずスゴイなぁ。
作品はブローニー・広角で撮り、ネガスキャンしてご自分で出力、ピシッと調子が統一されていて、そのまま写真原稿になるシロモノ。
引いては風通しのいい印象を愉しみ、寄っては細かい暮らしのディテールを愉しみ…… 
その場にいらした、さる写真家のかたは「撮影者の気配を消している」と評していましたっけ

d0123571_22563438.jpg








d0123571_22564797.jpg
会期はあとこの土日を残すのみ。是非是非!


by masashiw2 | 2013-06-14 22:59 | 拾遺 | Trackback | Comments(4)
今日も雨 2013年6月13日
三鷹で夕食。まだまだ店も始まったばかり、6時前に、ひとりで店に入ってきたオジサン、日銀総裁にそっくり。
近くの席でちゃちゃっとメシ喰ってたけど、気がついたらいなかった。車待たせていて日本橋本店に帰っちまったか?

d0123571_23423530.jpg








d0123571_23424931.jpg








d0123571_2343698.jpg








d0123571_23431914.jpg








d0123571_23433234.jpg

先般お伝えした、当方制作の復刻版「エロエロ草紙」
金曜深夜に放送予定のお馴染みの「タモリ倶楽部」にて、この「エロエロ草紙」をはじめ、
昭和初期のエログロ雑誌の周辺をイロイロと紹介するという。
今回の復刻の件が番組で紹介されるかどうかはビミョーだが、はたして昭和エログロブームが起こるかどうか!? 動向を注視したい


by masashiw2 | 2013-06-14 00:23 | Trackback | Comments(4)