<   2016年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧
本年もご高覧有り難うございました 2016年12月31日
大晦日は、片付けもろもろ、そのあと、走り納めか、漕ぎ納めか迷ったが、後片付けが楽な走り納めに。
玉川上水を上流に5km遡って戻ってくる定番コース。
今日は晴れて風もなく汗ばむほどの陽気。正月もこの好天が続くといいかと。
調子は良くも悪くもなく、いつもの10kmというところ。スローペースで疲れの残らないかたちでシメ。
今月これで134.73km。2015年9月からランニング距離100km/月を目標としてきたが、連続16か月達成できている。
このところ発作もなく、無難に過ごすことができている。引き続き、このペースを守っていきたい

d0123571_21214355.jpg
昨年7月に手術。その後、8月はおとなしくして、翌9月から少しずつ距離を伸ばしていった

本年もご高覧有り難うございました。一夜明けましたら、初日の出などご覧いただきたいと思っています。
それでは皆様、良いお年をお迎えください

by masashiw2 | 2016-12-31 21:34 | ご覧のみなさまへ | Trackback | Comments(0)
相模川河岸段丘・四合瓶背負って漕ぐ 2016年12月25日
愛川町田代の酒蔵というのは、「残草(ざるそう)蓬莱」というお酒を醸している大矢孝(おおやたか)酒造。
若手の当主や杜氏のかたが工夫を重ねて、今や注目の若手蔵。
先月、吉祥寺の「吟の杜」という日本酒飲み屋で「残草蓬莱・純米生原酒」に出会い、以来、気になっていた。
聞きなれない「ざるそう」とは地名のようで、「ん」が「る」に訛ったとか、どうやらそんなところらしい。
大きなケヤキが2本立っていて、これが「ふるさとの木・残草の大ケヤキ」とのこと。
この日は輪行旅に使っているトレイルラン用のザックを輪行装備抜きの空身にしてここまで漕いできた。
ロードバイク最大積載量=四合瓶1本、さてどれを持ち帰るか。
思慮逡巡の末、産地でないと手に入りにくそうな「しぼり立て・黒」をゲット

d0123571_21162664.jpg
ここか、大矢孝酒造。渋いなぁ


d0123571_21164843.jpg
大ケヤキが目印。なんとなくいい匂い(吟醸香)がするような


d0123571_21171087.jpg
蔵の写真は、この根元あたりがよく掲載されている。酒蔵はこの右手


d0123571_21172942.jpg
酒蔵の入口の購買コーナー。お酒好きのかたへ、クリックで拡大します。手書きポップご覧ください


d0123571_21175148.jpg
この倉庫、いいよね。醸してるな〜


d0123571_2118947.jpg
県道54号、半原(はんばら)の集落。中津川を渡って国道412号に入ると、河岸段丘の登り。
「オギノパン、オギノパン」と念じながら、ひたすら漕ぐ。坂の上にはカレーパンと揚げパンが待っている

d0123571_21183155.jpg
県道510号の「相模灘」久保田酒造は次の機会に。小倉橋・相模川を渡って橋本へ

四合瓶背負って河岸段丘をアップダウン。それにしても酒瓶一本のための峠越え、すごいモチベーション(笑)。
半原越〜酒蔵、ご高覧有り難うございました(ルートラボはこちら

by masashiw2 | 2016-12-29 21:22 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
半原越・ひと山越えて酒蔵へ 2016年12月25日
ひとの気配のないところから、反対側の里に下りてきた。
愛川町、おそらくは来たことのない街。というのは、以前、道に迷って、意識しないうちに通過した可能性もあるから。
相模川の支流・中津川の河岸段丘の田代という集落を目指す。そこに気になる酒蔵があって・・・

d0123571_2375939.jpg
気持ちの準備のないところに、お歳暮に1kgと言われても


d0123571_2384891.jpg
猪鹿鳥など、山に棲むの命のやりとりがあったことがしのばれる


d0123571_239796.jpg
山ビル注意の看板もアリ。忌避剤も分けてもらえるというのはかなりいるのだろうか


d0123571_23112980.jpg
中津川を渡るあたりがこの日最も海抜が低かったあたりかと


d0123571_23115212.jpg
ネズミーランドキャラでお出迎え。バス停の“しんせつ”な地図に導かれて、田代の酒蔵へ


d0123571_23121651.jpg
着きました、酒蔵に。551は関係ナシ


d0123571_23123571.jpg
@大矢孝(おおやたか)酒造。ロードバイク最大積載量=四合瓶1本分けていただきます。つづく

by masashiw2 | 2016-12-28 23:14 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
半原越・なんか、なんかな・・・ 2016年12月25日
リッチランドって、法論堂(おろんど)鉱泉のことのようで。先に進むとペットの収容所があったり。
なんか、なんかな、人の暮らしのある部分とそうでない部分のグラデーションが、
馴染みのある奥武蔵や檜原村、奥多摩あたりとは少し違う気がする

d0123571_2347356.jpg
人里から離脱して、さて、林道登り開始。やんちゃな落書きが多い


d0123571_23485641.jpg
相模湾、平塚の方角かと。今年初めて(?)海を見た。予想外で得した気分


d0123571_23491691.jpg
ここが半原越、標高488m。休んでいるとロードバイクの往来それなりにアリ


d0123571_2350340.jpg
やたら雑木が多い峠。登山道のジャンクションになっている


d0123571_23502298.jpg
愛川町側に降りる。途中、モルタルの急勾配箇所あり


d0123571_23504120.jpg
舗装の変わり目から、休みどころがなくなる。逆コースは清川村側より厳しいだろう


d0123571_23513124.jpg
これはちょっとドキッとした・・・。陶器を焼いているみたいだが、なんでまた力士像???


d0123571_23515012.jpg
林道区間終わり。つづく

by masashiw2 | 2016-12-27 23:56 | Trackback | Comments(0)
半原越・法論堂と書いて「おろんど」と読む 2016年12月25日
今年もいよいよ残すところわずか。9月頃のビミョーな天候を思えば、その後はそこそこ漕げている。
有終の美を求めて(あまり意味ないか)、先週に続き、宮ヶ瀬方面へ。
愛川町の大矢孝(おおやたか)酒造という酒蔵めぐりをからめて、「半原越(はんばらごえ)」という海抜488mの峠へ

d0123571_23183774.jpg
@長竹三叉路。県道513号から国道412号に入る。このあたりから田舎道


d0123571_23185414.jpg
宮ヶ瀬湖やまびこ大橋から南東方向。人造湖にしてはいい景観。左の道(県道64号)に入っていく


d0123571_23191175.jpg
道64号から対岸の山々。山座同定できず


d0123571_23194557.jpg
清川村中心部へ。実はこのあたりに入るのが初めてなもので。意外と人が住んでいる


d0123571_23202284.jpg
前日にジョギングしすぎて調子が上がらない。細い道に入って急に勾配が増し、慌てる


d0123571_23204391.jpg
法論堂と書いて「おろんど」と読むらしい。修験道と関係があるような・・・


d0123571_23212755.jpg
半原越はリッチランドを目印にするとわかりやすい。何がリッチなのかよくわからないけれど





マップをクリックでルートラボに飛びます。

是政〜川崎街道蓮光寺坂〜尾根幹〜橋本〜国道413号〜相模原日赤〜県道513号〜長竹〜鳥屋〜
宮ヶ瀬湖畔園地〜やまびこ大橋〜リッチランド〜半原越〜
田代・大矢孝酒造〜県道54号~国道412号〜オギノパン〜県道510号〜久保沢〜国道413号〜橋本〜
鑓中〜多摩ニュータウン通り〜関戸橋〜中河原〜府中〜小金井街道
距離113km、獲得標高1381m
少し続きます

by masashiw2 | 2016-12-26 23:23 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
なんとなく裏ヤビツ-3 2016年12月18日
宮ヶ瀬湖から登ってくる自転車はほとんど秦野側に降りてしまうのだろうか。
正午近く、宮ヶ瀬湖方面に向かう自転車はほとんどなかった。
宮ヶ瀬湖畔園地の横を通ると、屋台の出てるあたりから、ソースの焦げるような匂いがして、
腹が減っていることを急に思い出す。鳥屋のコンビニでコロッケなど食べて家路につく

d0123571_23371749.jpg
川面を見ていると、凍りつきそうで。夏には川床に降りて足を浸けたりしたものだが


d0123571_23375795.jpg
再び幅員の狭い道へ。法面工事箇所もあったが、幸運にも休工中だった


d0123571_23382344.jpg
秦野市境あたりからだったか、丹沢の山が大きく見えている。あまり馴染みがないのでよくわからない


d0123571_23384494.jpg
欄干にもたれて、太陽エネルギーを吸収する。瀬音ばかりが響いている


d0123571_2339086.jpg
往路では、道に霜が降って真っ白だった。復路では呑気な田舎道。裏ヤビツ、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-12-21 23:39 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
なんとなく裏ヤビツ-2 2016年12月18日
賑やだったキャンプ地は冬季閉鎖中でシンとしている。夏なら陽の射さない林道は避暑にちょうどよかったものだが。
調子が徐々に出てきて歩が進むようになり、秦野市の市境を越えて、だいたい25分かからない感じか。
最後は緩くなって飛ばすうち、11時過ぎに陽だまりの峠に着いた

d0123571_22512241.jpg
このお家が見えたら、もう少しで青山荘という山荘があって、そこからさらにもう少しでヤビツ峠


d0123571_22514265.jpg
ヤビツ峠はワラワラと人がいて。タッチしてすぐ降りる。降りかけて宮ヶ瀬方向に見える山はなんだろうか


d0123571_2252749.jpg
高速林間ダウンヒル。夏も楽しいが、小春日和のこの日も楽しかった


d0123571_22523077.jpg
道はそれなりで注意が必要。コーナーでは薄氷も。つづく

by masashiw2 | 2016-12-20 22:53 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
なんとなく裏ヤビツ 2016年12月18日
昨日の日曜、冬型が緩んで気温が高くなるというので、出かけないともったいない。
陽が出て、明るくなるのを待って出かける。少し薄着だったので、手指冷たく、エンジンもなかなか暖まらない。
実を言うと、甲州街道に入った時点でも、行き先をまだ決めていなかった。
雛鶴か、道志か、なんてぼんやり考えているうちに、日野バイパスに入り損ねた。
で、戻りすぎて、結局、野猿街道に入ってしまう。たどっていけば橋本方面、じゃ、道志か宮ヶ瀬か。
最近、裏ヤビツ行ってなかったな。林道の染み出しが凍ってなければいいが・・・

d0123571_21305181.jpg
@宮ヶ瀬湖畔園地。LEDビッチシです


d0123571_21311523.jpg
以下、宮ヶ瀬湖、冬景。奥多摩や奥武蔵に劣らず、自宅から同じような距離で、かなり深い山懐


d0123571_21314682.jpg



d0123571_2132133.jpg



d0123571_21322353.jpg



d0123571_2132397.jpg
これなんか、宮ヶ瀬っぽい谷筋


d0123571_21325188.jpg





マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~小金井街道~甲州街道~日野バイパス入り損ねる~迷って府中四谷橋~野猿街道~
国道16号~国道413号~川尻~新小倉橋~津久井広域道路~長竹~鳥屋~宮ヶ瀬湖畔園地(休憩)~
ヤビツ峠~往路~新小倉橋~少し間違えて谷ヶ原浄水場~国道413号~橋本~鑓中~多摩ニュータウン通り~府中~小金井街道
距離133.5km、獲得標高1467m。冬場はこれくらいの距離が妥当かと。少し続きます

by masashiw2 | 2016-12-19 21:45 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
貸切峠を行く・林道和見棚頭線-5 2016年12月10日
南側のゲートを越してから、薄暗い植林地となり、いつしか林道も市営区間(市営林道棚頭(たながしら)線)。
やがて人家がポツラポツラと現れる。棚頭集落。キャンプ場もあったりもするがチト寂しいあたり。
中央道にドカンといきあたり、午後1時前に野田尻宿着

d0123571_1344953.jpg
@南側のゲート。林道和見棚頭線終了。冬季閉鎖中


d0123571_13443785.jpg
@棚頭。人家が出てくるあたり


d0123571_1344561.jpg
@棚頭。堀内のりこ衆議院議員はだいぶ若返った感アリ。Photoshopの恩恵だろうか


d0123571_13451747.jpg
@棚頭。キャンプ場があるあたりはマージナル感いっぱい


d0123571_13454243.jpg
@野田尻。基本的には、以前訪れた時と変わりがない


d0123571_13471236.jpg
@野田尻


d0123571_13474127.jpg
@野田尻


d0123571_13475853.jpg
野田尻宿東端でレトルトぜんざいを飲んで小休止、中央道側道に出てダウンヒルを楽しむが、
向かい風に押されて涙が止まらない。欲求不満のまま、上野原市街へ登り返し、あとは大垂水峠まで粛々と。暗くなる前に家に着く。
上野原にはまだまだ知らない部分も多々アリ。その一つに、棡原(ゆずりはら)と和見の中ほどに、
墓村(はかむら)という集落があるという。機会があれば訪れてみたい。
「貸切峠を行く・林道和見棚頭線(ルーラボはこちら)」、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-12-16 13:57 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
貸切峠を行く・林道和見棚頭線-4 2016年12月10日
緩い下り基調になって、鼻歌交じり。穏やかな晴天、しかしいったん風が吹くと、そこいらじゅうの落ち葉をかき集めて
林道に降らせてくる。うまく写真にできなかったが・・・。ふきだまりには砕石がチラホラで一応、注意する。
眺めの良いポイントがあって、小休止。気分的にはこちらの方が峠のおもむき。
秋山・道志の山並みの遠景を独り占め、貸切感も最高潮

d0123571_232605.jpg
電波塔がアクセント、登山道のある尾根


d0123571_2326211.jpg
このモルタル法面あたりからの景観が良かった


d0123571_23265714.jpg
フカフカの稜線は空を幾分か透かしている。徐々に冬木立ちへ


d0123571_23272313.jpg
秋山の山が見えて、その先の後列の山は道志の山かと。方角的には犬目宿から談合坂SAを見下ろす方角と同じだろう


d0123571_23273959.jpg
我がアルミの馬もこの景観に加えてみたく


d0123571_23281270.jpg
植林地の境界も紅葉して面白い


d0123571_2328461.jpg
もう少し降りると角度が変わって、四方津あたりの新興住宅地が見えているかと。次回、野田尻に降ります。つづく

by masashiw2 | 2016-12-14 23:33 | 峠道 | Trackback | Comments(0)