<   2017年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
多磨霊園に花見-2 2017年3月29日
立派なお墓が多い多磨霊園。少なからずある銅像に萌えてしまう。
どの像がどなたかというのはあまり問題ではなく、何かこう、生き生きとしていらっしゃる像が多い気がする。
日が暮れてしまってから、街灯などない真っ暗な霊園で、皆さんいかがお過ごしなのだろう

d0123571_23245050.jpg



d0123571_23252361.jpg



d0123571_23253765.jpg



d0123571_23255741.jpg



d0123571_23262596.jpg



d0123571_23265583.jpg



d0123571_23271336.jpg
明日につづきます

by masashiw2 | 2017-03-30 23:28 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
多磨霊園に花見-1 2017年3月29日
気温が上がりつつあったので、多磨霊園の枝垂れ桜を見に行ってみることに。
25日(土曜)に23区と24区の境界の枝垂れ並木が開花していることを確認済み。
武蔵境から多摩川線で多磨駅へ。駅前のパン屋さんで、桜はどこで咲いているの?──と聞かれる始末。
地元商店街の人も、枝垂れ並木のことは、あまり気にかけていないらしい

d0123571_22521797.jpg
うちの近所はまだこんな感じです


d0123571_22525471.jpg
@多摩川線多磨駅近辺


d0123571_2253875.jpg
@多摩川線多磨駅近辺


d0123571_2254084.jpg



d0123571_22542760.jpg



d0123571_2255625.jpg
目的地はココ。少しつづきます

by masashiw2 | 2017-03-29 22:57 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
今日も冷えて、午後から曇りのち雨
朝方、ウグイスが鳴いているのだが、まだ若くて満足にさえずることができない。
そのうち巣作りで気が立っているカラスなどに蹴散らされてどこかに行ってしまう。開花の進展は止まったまま。

昼から気温が上がると踏んで、小金井公園ジョグ。
公園に入ると、アルトサックスで「My Foolish Heart」を奏でているかたがいらした。ソプラノを吹いているかたと同じかな?
たてもの園前のソメイヨシノはまだまだ。苦手な沈丁花がいまだに臭っていて退散。

冷えるのはゴメンなので手袋をしていたが、途中で脱いだ。
しかし、途中から太陽が隠れてしまい、手袋をし直したが、結局冷え切って帰ってきた

d0123571_22593759.jpg
Shimo-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017 


d0123571_2259596.jpg
Shimo-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017 


d0123571_2302264.jpg
Shimo-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017 
20日の夜は、散歩の達人「三鷹・武蔵境・小金井」特集の表紙を飾った定食あさひさんで夕食。
いい雰囲気のお店。このガラス戸の趣味がウチと同じ
鯖焼き定食をいただく。この日は休肝日でお酒はいただかなかったが、惣譽(そうほまれ)などアリ。またお邪魔したい。
定食あさひさんと、最初の薬局さんは何の関連もありません

by masashiw2 | 2017-03-28 23:11 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
今日も氷雨で冷え切って・・・
この冬は寒くないばかりか、むしろ暖冬という。しかし、自分としてはずいぶんと寒かった印象がある。
というか、寒さに弱くなった。外気にあたると、冷え切った手足指がなかなか温まらなかった。
(頭を含めて)血のめぐりが悪い。歳か・・・

d0123571_23105358.jpg
Shimo-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017


d0123571_23111468.jpg
Shimo-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017


d0123571_23112846.jpg
Shimo-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017

午前中早い時間に、代謝を上げようと、大きな筋肉を駆動するスクワット系の筋トレをした。
しかし、気温が上がらず、また、じっとPCで作業していたせいか、奮闘空しく冷え切ってしまう。
日中、打ち合わせで都心へ。総武線から見える外堀通りの桜並木はまだまだ開花には至らないようだ。寒い。
夕方帰宅。やや窮屈めのスニーカーを履いていたせいで、足指先が霜焼けみたいに痛痒い。

ちょっと薪をくべねばと、ストレッチのちジョギング。しかしどうも温まらなかった。
思ったほど気温が低いわけではなかったみたいだが、どうもいけませんね。着替えをもたついていると風邪をひきそう。
なら、お酒はどうか。買っておいた「山本 うきうき(純吟・酒こまち55%)」を(冷やで)いただいて、やっとひとごこち。
燗酒をたしなめないのがよくないか。お湯をチェイサーにするという手もあるようで、次回試してみたい

by masashiw2 | 2017-03-27 23:13 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
ソメイヨシノはまた足踏み状態か・・・
土曜日午後には、風もあまりなく、かなり穏やかに思われ、開花状況も一気に進むかと思われたが、
日曜は冷たい雨。雨は終日降り続き、月曜日も雨模様という

d0123571_0194085.jpg
Kami-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017


d0123571_020256.jpg
Kami-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017

2017年3月25日
土曜日は自転車漕ぎ[和田峠~大垂水峠~多磨霊園]
少しは漕げるようになってきたかも──ということで、和田峠に今年最初のアタック。
しかし、沢づたいを離れるまでに時間がかかりすぎる。調子がいいときは勾配が寝て見えるもの。
去年漕げていたころの調子には程遠く、まだまだトレーニングが必要かと



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~小金井街道~R20~日野バイパス~陣馬街道~和田峠~藤野~R20~大垂水峠~
日野バイパス~府中~R20多磨霊園入口~多磨霊園(枝垂れ桜開花状況チェック)~前原交番~農工大通り
距離103.9km、獲得標高1010m

d0123571_020399.jpg
多磨霊園の枝垂れ桜並木は、霊園の北西部、23区と24区の境界に位置します。

d0123571_0264037.jpg
右から左に抜けて右折するあたりの枝垂れ桜。まだ咲き始めで、散った花びらは見当たらなかった

by masashiw2 | 2017-03-27 00:28 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
飯能へ出たら五十嵐酒造へ 2017年3月18日
南集落から中郷を経て、のどかな道を春の訪れを感じながら下っていく。時々立ち止まってシャッターを切る。
ソメイヨシノが盛りになったら、また訪ねたい

d0123571_23311219.jpg


d0123571_23312541.jpg


d0123571_23313895.jpg


d0123571_23315418.jpg


d0123571_2332950.jpg


d0123571_23322859.jpg


d0123571_23324126.jpg


d0123571_23325537.jpg
帰路、飯能の五十嵐酒造へ。販売所には酒瓶がずらり。
ただ、銘酒居酒屋でたまにお目にかかる「五十嵐・直汲み」はここでは買えないのだった。
ブツブツ不平を申し上げると、酒販店のリストをくださった。
この日、選んだのは「天覧山 生もと仕込み 純米吟醸」。オマケに酒浸しケーキも購入。
例によって小型リュックにこの四合瓶を入れて背負って帰る。

以前、天覧山のワンカップを飲んだことがある。水っぽい胡瓜水といった塩梅で、
醸造用アルコールがブハッという感じで迫ってくるような印象。
今回の「生もと仕込み」も、複雑なニュアンスの胡瓜水という感じで、これはこれで興味深いお酒。
いつも飲んでいるものとは全く傾向が違う。趣向を変えたいとき、少しずついただいています。
子の権現〜五十嵐酒造、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2017-03-24 23:34 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
子の権現から南集落 2017年3月18日
造林地を降りて勾配が少し緩やかになると南集落。毎年訪れている好みのエリア。
蝋梅と梅と彼岸桜と花桃がいっときに咲いている。花が咲きほこるのはまだまだこれから

d0123571_005096.jpg


d0123571_011580.jpg


d0123571_013675.jpg
ちょろちょろと音がするのはこれだったか

d0123571_015912.jpg


d0123571_02136.jpg


d0123571_022988.jpg


d0123571_02443.jpg


d0123571_025763.jpg
勾配に任せて急ぎ降りてしまうのがもったいない里山景。つづく

by masashiw2 | 2017-03-24 00:08 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
子の権現あれこれ 2017年3月18日
子の権現といえば、金属でできた大ワラジが有名。何度も取り上げているので、何を今さら──という感じ。
他にも面白いものがあるのでいくつかご紹介。続けてザーっといきます

d0123571_22583547.jpg


d0123571_22585386.jpg


d0123571_22591989.jpg


d0123571_22594494.jpg


d0123571_230182.jpg


d0123571_2302351.jpg


d0123571_2304274.jpg


d0123571_2305963.jpg
そして最後は南面の激坂。降りるにも急勾配で恐怖を感じる。つづく

by masashiw2 | 2017-03-22 23:02 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
変わらない雰囲気・子の権現 2017年3月18日
天目指峠を越えて北側から子の権現へ。一旦降りて、3kmの登り返し。最後は急勾配。
先週は痙攣気味だった前腿はなんとか大丈夫そうで、立ち漕ぎを交えて高度を上げて行く。
とは言ってもやはり最後はキツイ。やっぱりかなりナマっているなぁ・・・

d0123571_2355479.jpg
天目指峠から一旦降りてきた。このあたり、ちょっと隠れ里っぽい


d0123571_23561162.jpg
急勾配を登りきった駐車場。吾野鉱山や顔振峠が一望できる


d0123571_23563248.jpg
ペナント ──っ!


d0123571_23565280.jpg
麩菓子 ──っ!


d0123571_23571595.jpg
雰囲気の変わらない参道、境内に安堵


d0123571_23573985.jpg
正しくは、子の権現・天龍寺(天台宗)。武蔵野三十三観音霊場三十二番札所


d0123571_23582356.jpg
灯明を二つ、奉納させていだきました。つづく

by masashiw2 | 2017-03-21 23:58 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
お彼岸は子の権現・今年最初の名栗漕ぎ 2017年3月18日
信心深くもないのだが、シーズン開幕にあたって“足腰守護の仏様”子の権現に行かねばと。
ちょっと出るのが遅くなり、五日市街道から渋滞気味。いつもなら1時間ちょうどで16号を越えているのだが、
なんだかちょっとカラダが重くもあり、思うように進まない

d0123571_22534672.jpg
調子今ふたつで山王峠を越える。ちょこっと武甲山の頭が見えるみたい


d0123571_22541612.jpg
朝市@赤沢。昨秋にはなかったお野菜レリーフのおうち


d0123571_22544228.jpg
くじら君もペンキ塗ってあげねば。年度末で片側通行多し


d0123571_2255474.jpg
急ぐ旅でもなし、小沢から旧道に入る


d0123571_22552253.jpg
花粉はそれほど飛んでいない様子。聞こえるのは鳥の声だけ


d0123571_22554533.jpg
西川材で別荘 or 田舎暮らし、いかがですか

名栗川橋でロケをやっていた。なんのロケなのかわからないが、堺雅人じゃないか? サエモンノスケさま、目が潰れる!
カメラ取り出そうとしたら強面のADが制しに来たので撮らずに立ち去る



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平〜東大和〜瑞穂〜岩蔵街道〜富岡〜山王峠〜名栗(旧道)〜天目指峠〜
子の権現〜小瀬戸〜飯能〜五十嵐酒造〜入間〜R463〜所沢〜所沢街道〜田無
距離104.7km、獲得標高975m。今回も路面は落ち葉・枯れ枝あるものの、あまり問題なし。少し続きます

by masashiw2 | 2017-03-20 23:02 | 峠道 | Trackback | Comments(2)