<   2017年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧
うっかりすると、もう4月も終わってしまう
GWを前にして、バタバタと忙しい。月が明けてすぐの締め切りがいくつか。
桜の開花を浮ついて楽しんでいた月始めが今や懐かしい

d0123571_23355144.jpg

お昼休みに小平の喜平橋まで往復上水ジョグ、今月も100km越え(19ヶ月連続)。
暖かい日が増えて、調子を上げていこうと目論んでいたが、それほどでもなく、やっとの事でノルマ達成。

今月の休肝日は今のところ、ほぼ隔日で12日。
一度に飲む酒量を減らす事には難しさを感じたまま。やはり2合くらい飲んでしまいますね。

自分の家系は、酒で命を削ってきている。
メチルで命を落した母方の祖父、ラリったような表情しか覚えのない父方の祖父、成人病のデパートの父・・・
遺伝的な宿痾のように思っていたフシがあるのだが、要は生活習慣がルーズなだけ。

2年前、不整脈の手術前後、何十日か飲酒を避けて暮らすことができていた。
体調がすぐれなかったこともあるのだが、今から思えば不思議なくらい節制できていた。
その頃の心持ちをもう少し思い出してみたい。

ダイエットというほどではないのだが、多少は意識すると、このところウェイトも減ってきた。
BMIが22台になってきたので、この調子でさらに減らしていきたい

by masashiw2 | 2017-04-26 23:37 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
桜の終わりと、山菜の恵み
小金井公園・駿河台匂の観桜をもって、今年の桜は終わり。
年々、この匂い桜の老木の行く末が心配になるが、すぐ西隣にどう調達(培養?)したか、駿河台匂の苗が登場。
新旧の匂い桜、今後も見守っていきたい

d0123571_22592183.jpg
Koganei Park, Koganei, April 20, 2017 


d0123571_22593683.jpg



d0123571_225948100.jpg
最近のゆる漕ぎのお供。部屋のすみでホコリをかぶっていたが、ロードのいらなくなった部品を移植して復活




2017年4月23日
遠方のお友達より、季節のお野菜、山菜をお送りいただいた。筍は水煮、ふきはお浸し、たらの芽は天ぷらに。
奥様のご実家で筍が採れるという。やはり旬のものは美味い。気遣いをとても有難く感じる
d0123571_2304240.jpg



d0123571_231022.jpg
で、日本酒も楽しくいただく。それぞれ半合ずつ、 
若駒・雄町70無加圧採り→クラシック仙禽・亀ノ尾→長陽福娘・山廃特別純米→菊鷹「比翼」山廃本醸造
ワラビもいただいていて、アク抜き中。これでまた一献(次回飲酒日は水曜日の予定)

by masashiw2 | 2017-04-23 23:04 | かわうその祭 | Trackback | Comments(0)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・圧巻の梅岩寺枝垂れ 2017年4月15日
青梅・梅岩寺の枝垂れ桜を初めて眼にしたのは2005年4月のこと
そのあと幾度となく、花の時期に訪れてはパワーをもらっている。今年もいい時期に来ることができた

d0123571_23111028.jpg
これは本堂前、東の枝垂れ



そしてこちらがお目あての西の枝垂れ
d0123571_23113335.jpg

d0123571_23115854.jpg
この日は午後3時をまわった頃で、西陽の塩梅が良い感じ



d0123571_23121996.jpg
こんな桜のすぐ下で暮らしてみたい


d0123571_23124654.jpg
真下から見てもほとばしるようで


d0123571_2313919.jpg
花のひとつひとつはこんな感じで、つぼみもまだたくさん


d0123571_23133921.jpg



d0123571_2313527.jpg
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ、ご高覧有り難うございました。ルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-04-21 23:17 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・久しぶりの榎峠越え 2017年4月15日
小沢トンネル抜けたところから見下ろす上成木、あいかわらずいい雰囲気。
東青梅には下りず、松ノ木トンネルから榎峠、軍畑へ降りる。
こちらの方が大型が少ないだろうし、R411でのんびりと青梅市外に入ることができる。
しかし、「国立奥多摩美術館」は初めて眼にした。確か以前は製材所だったような……。
二俣尾あたりから定点観測物件もあるので。これらもあいかわらずいい味を出している

d0123571_230232.jpg



d0123571_2303679.jpg
閉館中。二年に一回開館するらしい


d0123571_231950.jpg
階下(崖)に秘宝館も併設とか


d0123571_2315070.jpg
この日は営業中


d0123571_2321074.jpg
定点観測に新しく加えたい


d0123571_2322927.jpg
静態保存中(?)


d0123571_2324967.jpg
そして青梅市街。梅岩寺枝垂れ、どうやら間に合ったらしい。つづく

by masashiw2 | 2017-04-20 23:05 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・南川小学校 2017年4月15日
竹寺を出て、林道・栃屋谷線に入る。少し漕ぎだしてから思い出した。この道、キツかったんだ
吾野鉱山の一番上のヘリにひょっこり出る。展望が一気に開けた。こんなに一気に開けたかなぁ。
やっぱり山や森を少しずつ削っているのですね。

で、飛村線で吾野に抜ける。オール飛村線で行けば楽だったか。ここで、小雨。
八徳の一本桜という選択肢もあったのだが、R299をさかのぼる方がなんとなく楽な気がして西吾野・南川小学校へ。
せっかく八徳の急坂を上っても一本桜が葉桜だったら立ち直れないから。

R299、土曜日なので普通に大型が多くコワイ。路側の白線が濡れて嫌だなぁ。八徳の田舎道の方が良かったかなぁ……。
しかし、小学校に着いて、そういった気持ちは吹き飛んでしまった

d0123571_22314750.jpg
竹寺から降りてきて、南集落。このあいだ、子の権現から降りてきた時も通った


d0123571_22322266.jpg
林道・栃屋谷線。吾野鉱山の一番上のヘリかと。向こうは高山不動


d0123571_22324898.jpg
南川小学校に到着


d0123571_2233732.jpg



d0123571_22335068.jpg



d0123571_22341332.jpg



d0123571_22343226.jpg



d0123571_22345220.jpg
R395で名栗へ。それなりの勾配と覚悟して粛々と漕ぐと、わりと楽に感じた

天目指峠から名栗への下り、「名栗の杜」という茶店・ギャラリーがある。こちらのオーナーさんが造形作家で、
あの野菜漆喰壁を施工したらしい。レストラン「ポレポレ」としてこの27日オープンだとか。
次回は上成木から青梅・梅岩寺に向かいます。つづく

by masashiw2 | 2017-04-19 22:43 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・竹寺ご本尊 2017年4月15日
茅の輪くぐりは東伏見稲荷でも親しんでいる。しかしここの茅の輪は常設のようで。
茅の輪のくぐり方とかこだわる人もいるようだが、ここでは特にそういうガイドもないようで、素直に入って本堂にお参り。

護摩を焚いてくださるようで、一本の護摩木に厚かましくいろいろお願い事を書いてお納めした。
周囲はなかなかに雰囲気のあるところで、ツツジやミツマタが咲き乱れ、いつまでもぼ〜っとしたいところ。
庭の池で、鴨が鳴いているのかと思いきや、ヒキガエルの乱痴気パーティー会場となっていたのだった

d0123571_22541151.jpg



d0123571_22543099.jpg



d0123571_22545982.jpg
牛頭天王社。本尊のご開帳は丑年とのこと。護摩木をお納めした


d0123571_22554738.jpg



d0123571_22561179.jpg



d0123571_22563274.jpg
こちらが牛頭天王さまとのこと


d0123571_22564922.jpg
GW頃にはオタマだらけになるのだろう


d0123571_2257176.jpg
次回、南峠経由でR299に出て、西吾野・南川小学校の桜を訪ねます。つづく

by masashiw2 | 2017-04-18 23:04 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・竹寺へ 2017年4月15日
医王山 薬寿院 八王寺 ── はちおうじとは言わず、通称「竹寺」。
際立った桜があるわけではないと思うが、近くまで来たので立ち寄ってみる。
何回か立ち寄ったことがあるが、あいにくカメラがなかったりで、ブログでご紹介するのは初めてのはず。

この寺も、子の権現や高山不動と同じく急峻な立地条件で、参道に急坂がある。
隘路・しかも舗装が荒れていて片側通行。自動の信号機が2分間隔で切り替わる。前に来た時にはなかった。
青信号、スタートをミスってクリートをキャッチし損なう。坂の途中でようやくキャッチ、汗みどろでゴールイン。
竹でできたバイクスタンドに駐車させていただき、参拝。あちこちにツツジが咲いて美しい

d0123571_2311420.jpg
寺なのに鳥居とはこれいかに。新仏習合って、気になりますね


d0123571_2325145.jpg
沿革はこれをお読みください


d0123571_233855.jpg
味のあるブリキ絵であることだなぁ、「医」は旧字がお約束


d0123571_2333640.jpg
ヌエ的な感じもしそうだが、いたってフレンドリーそう


d0123571_2342053.jpg
お蕎麦もいただけます。精進料理もアリ。竹筒入りのお酒は天覧山とのこと


d0123571_2345171.jpg



d0123571_2351633.jpg
松ぼっくりがいいですね。次回はご本尊へ、つづく

by masashiw2 | 2017-04-17 23:08 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・まずはコア山 2017年4月15日
恒例、春の名栗観桜漕ぎ。色々と見て回りたいのだが、どこから見て回るか迷ってしまう。
今回はまず一番眺めのいいところから入ってみようかと。
山王峠から名栗に入り、名栗湖分岐を過ぎ、仁田山峠へ。コア山のソメイヨシノの並木を駆け上がる。

「コア山」って妙な名前、なんでまた──
ロックフィルダムである名栗湖の有馬ダムのコア石材をここから採取したらしい。
石碑のあるあたりからの景観が名栗観音もブレンドされて最も素晴らしい。

で、次は引き続き林道・原市場名栗線を辿り、奥の山桜へ。これを見ないとおさまらない。
しかし、時すでに遅く、葉っぱばかりになりつつあった(泣)

d0123571_1244524.jpg
@諏訪神社


d0123571_1244232.jpg



d0123571_12444119.jpg
コア山のソメイヨシノ並木


d0123571_1245272.jpg
石碑のあるあたりから。思わず観音様に合掌


d0123571_12454024.jpg
盛りはとっくに過ぎて・・・


d0123571_1246289.jpg
葉桜になってしまったが、こういう春山の息吹も悪くない


d0123571_12462093.jpg



d0123571_12463445.jpg



d0123571_12464782.jpg
眺めのいいところで一服、チョコボールは溶けてドロドロ


名栗〜青梅の観桜周遊漕ぎ、少しつづきます。次回は竹寺へ



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平〜東大和〜瑞穂〜岩蔵街道〜山王峠〜名栗〜コア山・仁田山峠〜
竹寺〜南峠〜吾野〜R299・西吾野〜南川小学校〜R395・天目指峠〜R53〜R193〜
小沢峠〜上成木〜榎峠〜軍畑〜青梅街道〜梅岩寺〜青梅〜瑞穂〜東大和〜小平〜五日市街道
距離123.3km、獲得標高1559m

by masashiw2 | 2017-04-16 12:51 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
まだまだお花見・野川公園彩り深く 2017年4月12日
西武多摩川線を越えて東に入ると、より人の手の入っていない自然な感じへ。
林の中に本来あるような山桜の姿を愛でているうちに陽が暮れそうに

d0123571_2353581.jpg




d0123571_23531948.jpg




d0123571_23533850.jpg




d0123571_23535428.jpg




d0123571_2354728.jpg




d0123571_23543164.jpg




d0123571_2354431.jpg
野川公園、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2017-04-14 23:55 | 拾遺 | Trackback | Comments(2)
まだまだお花見・くじら山とか 2017年4月12日
この日はいつになく艦載機の行き来が多かったような。珍しく早期警戒機も見た。
あとから知ったことだが、千葉沖にツポレフが接近したという話で、自衛隊機のスクランブル発進もあったとか。
呑気そうな小金井の公園なのだが、横田からは20km圏内。どうか穏やかな日々がこのまま続いていきますように

d0123571_2320215.jpg




d0123571_23203573.jpg




d0123571_2321716.jpg




d0123571_23212294.jpg




d0123571_23214551.jpg




d0123571_2322130.jpg
飛んでいるのは、調布から大島や三宅島に向かうミニミニ旅客機。つづく

by masashiw2 | 2017-04-13 23:22 | 拾遺 | Trackback | Comments(4)