<   2017年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧
武蔵野日赤よ さようなら
当方、武蔵野赤十字病院 循環器科外来にて持病の不整脈の治療をしてもらっています[あらましはこちら]。
5月15日(月)から16日(火)に、ホルター心電図(24時間)をとってもらいました。
その検査結果を受けて、22日(月)に診察を受けました。

残念ながら診断結果はよくなく、24時間慢性的に細動が出ているとのことでした。
期外収縮があるような感じが多少あるものの、細動の自覚はなかっただけに結果にがっかりしました。
抗不整脈剤も効果が上がっていないようです。クスリが効いていない状態。

2015年7月に3度目のカテーテル・アブレーション手術をして、
若干の薬剤を用いながら、大きな発作は出ないような状態を維持してきたのですが・・・。

で、今後どうするか。4回目の手術は、うまく行く可能性があまりないので考えず、
効いていない抗不整脈剤の服用をやめて、抗血液凝固薬のみの治療にしてみるとのこと。
大きな発作はないのでさしあたり大丈夫なのかどうか不安はありますね。頓服的なものがあるといいのかも。

抗血液凝固剤のコントロールはかかりつけの医院にても可能、
居住地に近いかかりつけ医を紹介するのでそちらに転院して治療を続けて欲しいとのこと。

武蔵野日赤循環器科外来を放免ということになる──ということです。
今回の検査で治療の伸びシロがないことがはっきりしたのかもしれないし、
そもそも武蔵野日赤病院は、急性期入院医療に特化している病院なので
急性期でない患者にはかかりつけ医への転院を勧めるということは了解しなくてはいけません。

しかし、15年間もお世話になったわりにはあっけないというか、
テイよく放り出されるような感じもして、なんだかなぁと。
今までに何度か状態が好転している際に転院の提案がなかったのも、なんだか不思議。

さて、かかりつけ医の選択をしなければならないのですが、
紹介係のかたに提案されたのは都の検索HP「ひまわり」を利用したもの。

d0123571_22512774.jpg
紹介係で渡されたプリントアウト。自分とこも選択肢に入っているテキトーぶりで・・・。さてどこで治療を続けようか?


新しい医療機関で診てもらえるのは、展望が変わっていいことかもしれないと気分を変えねば。
クスリ飲まないで済むなら、もとよりそれを望んでいたわけだし。

──とまぁ、そのような状況でして。ジョギングも相変わらず続けています。
クスリは飲んでも飲まなくても調子は変わらない。効いていなかったのか(それなりに高価だったのに)・・・

by masashiw2 | 2017-05-26 23:03 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
飽きずに奥多摩ライド-4 2017年5月21日
R139旧道、小菅側の起点・小永田へ来た道を戻る。お猿さんがたくさん。
往路、林の中でなんとなくガサガサ音がしていたのは彼らだったようだ。

松姫トンネルは楽チン。勾配があってほとんど漕がずに深城湖へ。逆コースは苦しかろう。
新しいトンネルのわりに路側は狭い。センターラインは音の出るやつが
埋めてある(ランブルストリップス)タイプ

d0123571_2219568.jpg
@小永田


d0123571_22192934.jpg
@小永田、新道から。鶴峠へはこの谷を100m下って、そこから200m登り返す


d0123571_2219485.jpg
松姫トンネルは全長3kmほど。途中から3%の勾配(大月側)


d0123571_2220857.jpg
松姫トンネルを終えて、お隣・旧道の奈良倉トンネル。鹿さんのレリーフに一瞥。封鎖区間はここから


d0123571_22204065.jpg
だいぶ前に統廃合で終わってしまったらしい小学校


d0123571_22211548.jpg
葛野川沿いは急峻な地形が多く、治山も大変そう。崩落した箇所を対岸から補修している


d0123571_22214217.jpg
帰路は岩殿山近辺のアップダウンを避けてR505で猿橋へ


d0123571_2222516.jpg
砂漠・R20から岩殿山。ここがR139出合い(R139は都留へ)

深城ダムの事務所、ジュース自販機がなくなっていた。けっこう憩える場所だけになぜ?
しようがないので下ってしまう。しかし、R20に近づくと、炎暑・・・。
上野原まで漕げるだろうか。桂川の河岸段丘のアップダウンはこたえるよな。
相模湖畔だって帰路は意外と登り基調だし、最後、千木良からの標高差200mの登りもダルくて辛そう。
とかなんとかで、うちまで自走しようという気力はしぼんでしまった。大月から輪行、武蔵境まで直通。
飽きずに奥多摩ライド、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-05-25 22:25 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
飽きずに奥多摩ライド-3 2017年5月21日
GW(4月30日)にも訪れている松姫峠。オートバイの爆音に苛まれ続けた奥多摩周遊道路からやってくると、
このR139旧道の静けさがとても有り難く感じる。
いつも旧道入口からタイムを取っている。今回は少し時間がかかってしまった。
不調の左足先をかばったせいか、フォームのバランスが悪かったのかも。右前腿が少し吊りそうな雰囲気。

峠に到着、この日は富士山は見えなかった。人の眼もないので、ゲートをくぐって、
封鎖されている峠の大月側、最終ヘアピンのワッフルまで降りてみる

d0123571_2214239.jpg
ゲート@松姫峠


d0123571_22143359.jpg
松姫峠南壁ワッフル


d0123571_22144625.jpg
これ、やっぱり奥多摩随一の景観かも


d0123571_2215979.jpg
アオバトの声が風に乗って届いた


d0123571_22154744.jpg
最終ヘアピン




d0123571_2216188.jpg

d0123571_22163435.jpg





d0123571_22165077.jpg
さすがに落ち葉やゴミは多いのかもしれないが、取り去ってしまえばそんなに悪くない道かも


d0123571_22171237.jpg
小枝が差してあっただけの穴には頑丈な錠前が。封鎖はもはや容易に解けないのか。つづく

by masashiw2 | 2017-05-24 22:24 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
飽きずに奥多摩ライド-2 2017年5月21日
奥多摩周遊道路を終えて、R139へ。足に痛みはない。小菅に行ってまんじゅう食いながら行く先を考える。
小菅村は、なんとなく行き止まりの村という感じで、個人的に和んでしまう。
今川峠や松姫トンネルもあるから、決して行き止まりではないのだが、
丹波山村のように街道沿いではなく、多摩川源流域の奥の奥というエリア。

道の駅こすげでしばし憩う。
チャーちゃん(あんこ)まんじゅう、ヨモギまんじゅう、大福2個の軽4個を買う。
まんじゅう2個で昼食、満腹。残りの大福2個は先々のためにとっておく。
松姫峠往復くらいしないとカロリーとりすぎ。そのあと松姫トンネルで大月へ降りるか。
さらに調子が良くて大垂水峠でうちまで帰ると→180km、↑2500mで、足が不調の割には上出来かと。
峠漕ぎ再開、かなりの日射。日向を漕ぐとかなり辛そうだ

d0123571_21492423.jpg
@奥多摩周遊道路・月夜見第一駐車場。ここにも桐の花が


d0123571_21501789.jpg
雲がないからもっとすっきりとしてもいいのだが、遠くはぼんやりと霞んでしまっている


d0123571_21504720.jpg
R139、東京の最果て(最も西)、「庄の指(さす)」。「さす」ってのは焼畑のことらしい


d0123571_21511293.jpg
庄の指バス停のお向かいは定点観測地点


d0123571_21515879.jpg
釣りはたしなまないのだが、こういうところなら釣果はともかくぼんやり日がな釣り糸を垂れていたい


d0123571_21523340.jpg
道の駅の駐車場で昭和のクルマ発見。高校時代、学校の“番犬”の柔道教師がこんなクルマに乗っていた


★★★More 今回のまんじゅう★★★
by masashiw2 | 2017-05-23 21:58 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
飽きずに奥多摩ライド 2017年5月21日
先週から左足拇指球付近に違和感。ジョギングで地面を蹴る時にじんわり、鈍く痛む。右足はなんともない。
以前から時々痛んでいて、冷やしたり湿布したり、なだめたりすかしたりしている部位。
疲労が溜まっていたのだろうか、木曜朝から痛み始めた。
形成外科で見てもらったところ、親指の関節の軟骨が減っているらしい。ナンギなことである。

安静にしていろと言われるとそれはそれで辛い。日曜日、痛みも引いてきたので自転車漕ぎをしてみる。
つま先を締めあげず、トルクをかけないでクルクル回せば、そんなに痛まないだろう。エスケープできるよう輪行装備も持つ。

ユルく細長く漕ぐ感じで、五日市街道をひたすら真西へ。
今年最初の都民の森に午前9時過ぎ着。名物のお団子「三頭団子」も問題なく焼き上がっている時間。
1本確か300円じゃなかったか。いつの間にか50円も値上がりか、美味いけど

d0123571_22365627.jpg
人里(へんぼり)に入って、勾配が増してくる


d0123571_2237346.jpg
人里枝垂れ、今はもう立派な葉桜


d0123571_22375841.jpg
奥多摩周遊道路、ヘアピンの少し上から料金所跡。都民の森はずいぶん先(奥のモルタル法面のあたり)


d0123571_22382353.jpg
都民の森手前、桐の花が咲いている


d0123571_22385115.jpg
アリバイ写真@風張峠。他に撮りようのない峠であることだなぁ。クルマひっきりなしでコワイ


d0123571_22395566.jpg
御前山方面


d0123571_22401996.jpg
川苔山方面

飽きずに奥多摩ライド、少しつづきます。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜拝島〜睦橋通り〜武蔵五日市〜檜原街道〜奥多摩周遊道路〜都民の森〜風張峠〜三頭橋〜
R139〜道の駅こすげ〜小永田〜R139旧道松姫峠ピストン(ワッフルまで)〜小永田〜R139新道松姫トンネル〜
深城ダム〜猿橋〜R20〜大月〜輪行(大月発1521東京行き快速)
距離119.3km、獲得標高2181m

by masashiw2 | 2017-05-22 22:45 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
田植前、雛鶴峠~道志みち-5 2017年5月14日
道坂トンネルを越えて、道志村。畦ヶ丸や檜洞丸などの東丹沢の山々が見えるはずだが霧の中。
1000mを越える標高だからハルゼミの鳴き声を期待していたが、まだ早かったか。
それでも耳をすますとフクロウの声が聞こえるので損をした気分ではない。
ラチェット音を出さぬようペダルを軽く回しながらR413へ降りる。降りたところで正午の村内放送

d0123571_1136450.jpg




d0123571_11361842.jpg
オイデ、オイデ──と。道坂トンネル道志側西に雰囲気のある林道起点。この道も地図にないかも


d0123571_11374761.jpg
トンネル脇には白い鳥居と祠があり、古道の雰囲気アリ。ドリフト族をも見守っていらっしゃる


d0123571_113889.jpg
ホウ、ホウ、ホウ・・・とフクロウ、さえずりとは言わないか


d0123571_11383210.jpg
R413、もうすぐ相模原市緑区

相模原市緑区に入ったあたりで疲れてしまった。青野原のコンビニで大休止。
田植えが終われば爽やかなハルゼミの季節になろうかと。
雛鶴峠~道志みち、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-05-20 11:43 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
田植前、雛鶴峠~道志みち-4 2017年5月14日
都留に向かう道から分かれてR24(山梨県道都留道志線)へ。標高にしておおよそ500m上がれば道坂トンネル。
田舎道から次第に山あいの道に。曇天のせいか、クルマやオートバイは少ない

d0123571_2132588.jpg
景色は見えないものの、静かな峠漕ぎを楽しむ。なんとなくR299志賀坂峠神流町側みたい


d0123571_21322694.jpg
道坂トンネル都留側右手の林道入口。地図にない林道?


d0123571_21325946.jpg
トンネルはおおよそ新雛鶴トンネルに規模の似たもの。路側は狭いのですばやく抜けたい


d0123571_21333758.jpg
トンネル内ウェット注意


d0123571_2134097.jpg
道志村へ。それにしてもタイヤ痕が激しいなぁ。つづく

by masashiw2 | 2017-05-18 21:35 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
田植前、雛鶴峠~道志みち-3 2017年5月14日
田園地帯、田植えにはチト早いが、すでに田んぼには水が張られ、トノサマカエルがにぎやかに鳴いている。
戸沢の小さな山越えはそれなりの勾配。青梅のバーディ坂みたいな。乗り越してまた別の山里へ。
初見の道、都留の裏道も楽しい

d0123571_2219251.jpg
R711(戸沢谷村線)に入る。今頃だと桐の花もキレイなんですね


d0123571_22195719.jpg
新緑の頃というのに赤いカエデ


d0123571_22201558.jpg



d0123571_22203049.jpg



d0123571_22204549.jpg
で、R139都留バイパスの裏道などなど


d0123571_22211068.jpg
都留へはこちら、加冶屋坂トンネル。味のあるレリーフ。道坂、道志へは手前を左折。つづく

by masashiw2 | 2017-05-17 22:23 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
田植前、雛鶴峠~道志みち-2 2017年5月14日
R35(山梨・神奈川県道35号=四日市場上野原線)は、のどかで漕ぎごたえのあるいいルート。
立ち漕ぎをまじえて進んでいくうち、カラダもいい感じになってきた。
新雛鶴トンネルを越え、猿橋や大月、河口湖、山中湖……、どこへ行こうか。今回は未踏の道坂トンネルへ

d0123571_215158100.jpg
新雛鶴トンネルを越えて都留市。トンネルのすぐ下の沢からはアカガエルの声


d0123571_21523818.jpg
路面はドライ、かなりスピードが出てしまうが、人家が増えてきたのでやや減速


d0123571_2153396.jpg
猿橋に出て松姫~奥多摩周遊とつなげば、→200kmで↑3000m越え。さすがにそこまではナシ


d0123571_2154758.jpg
カキツバタに導かれ、戸沢越え。まっすぐ行けば富士急の禾生(かせい)駅まで一気のダウンヒルだが、
手前の戸沢で小さな山越えをして一本南のR711(戸沢谷村線)に。都留バイパスの長いトンネルを回避したい

d0123571_21545443.jpg
戸沢越えの最高点=標高560mくらい。ここから標高100mくらい下って、道坂トンネルのR24に入る。つづく

by masashiw2 | 2017-05-16 21:58 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
田植前、雛鶴峠~道志みち 2017年5月14日
先週末は天気が今ふたつ。土曜日は終日雨で片付けなど。不要になった資料など断捨離してスッキリ。
日曜日、どの程度、天気が回復するか。昼間には晴れ間も出るかもしれない。
金曜日の肝機能検査、γ-GTPが良くないからといって、おうちでじっとしていても何も始まらない。
一日しっかり漕いで全身の血を肝細胞のすみずみまでめぐらせ、リフレッシュしたい。
月曜日からは心機能の検査で24時間心電計をつけるので、無理がかかる勾配のある坂は避けておきたい。
雛鶴峠(上野原市)から道坂トンネル(都留市)を抜けて道志みち(道志村)で帰ってくるコースで新緑の中を漕ぐ。
気温が上がらなければ、稼ぎやすいかもしれない。6時前に出発、小金井街道からR20〜日野バイパス。
高尾山口からはまだ道は乾いておらず、大垂水峠まで濡れた路側をじっと我慢で漕ぐ。
千木良小学校へもウェット。タイヤが減っているのでスピードを出さずゆっくり降りる

d0123571_20544833.jpg
時々、道が谷筋に近くなると、カジカガエルの鳴き声がする。そういう季節になった


d0123571_20552011.jpg
Aは秋山のA


d0123571_20554617.jpg



d0123571_20561923.jpg
こちらは定点観測


d0123571_20565214.jpg



d0123571_20572335.jpg
@雛鶴神社。姫さま、少しご無沙汰していました。おトイレ借ります

雛鶴峠~道志みちライド、少しつづきます。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~小金井街道~R20~日野バイパス~大垂水峠~勝瀬橋~R35~秋山~雛鶴峠~
戸沢~R711~鶴峠バイパス裏道~R24~道坂トンネル~R413~道志~三ヶ木~
橋本~鑓中~多摩ニュータウン~関戸橋~中河原~府中~小金井街道~農工大通り
距離158.8km、獲得標高2036m

by masashiw2 | 2017-05-15 21:04 | 峠道 | Trackback | Comments(0)