<   2017年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
鶴・松 終了、小菅から帰る 2017年6月24日
お気に入りの場所はやはり立ち去り難し。ま、腹も減ってきたので道の駅こすげに降りるか。
次は少し涼しくなってから・・・

d0123571_2255913.jpg
11:33@松姫峠大月側最終ヘアピン手前



d0123571_2262183.jpg
11:40@松姫峠大月側最終ヘアピンワッフル、また来ます



d0123571_2264013.jpg
11:42@松姫峠大月側最終ヘアピンから小金沢連嶺(メリハリなく同定しづらい)



d0123571_2265847.jpg
11:50@松姫峠の同定盤、ご参考まで。この絵もわかりにくいかと



d0123571_2271755.jpg
12:00、小菅側へ下る。第2ヘアピン手前。待ってろ、チャーちゃんまんじゅう



d0123571_2273650.jpg
12:20@道の駅こすげ、大福はお土産。食べ終わって自転車にまたがるとサドルがチンチンになっていた



d0123571_228557.jpg
12:50、小菅を離れ、東京都に入る。あとはオートパイロット(って、柳沢峠の帰り、尻が痛くて中退でしたが)。
上野原から鶴〜松、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-06-29 22:09 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
そしておなじみの鶴・松へ 2017年6月24日
西原で自販機休憩後、あとはただただ登りと向き合うばかりで、淡々と漕いで行く。
いつ来ても鶴峠はしごかれますね。アリバイ撮影後、惜しげもなく稼いだ高度を降りていく。タイヤ痕がすごいな。
で、松姫峠。旧道に入る小永田からハルゼミの合唱のシャワー。
R139旧道小菅側はいつもタイムを取っているのだが、好調と思うわりにそれほどのタイムでもなかった。
サドルの座り心地が良かったのであまり立ち漕ぎを入れなかったからか。
早くも今年3回目の松姫峠

d0123571_2314407.jpg
09:25@西原小学校前。自販機休憩



d0123571_23145686.jpg
09:30@同、靴を脱いで足裏を乾かす。この先は休みどころなし



d0123571_23151849.jpg
10:15@鶴峠。撮り方に変化つけられず



d0123571_2316632.jpg
11:30@松姫峠。ゲートを越えてちょっと大月側にお邪魔する



d0123571_23165138.jpg
11:33@松姫峠大月側最終ヘアピン手前、ハルゼミの合唱が極まって・・・



d0123571_23171472.jpg
11:33@同、例によって拡大



d0123571_23174078.jpg
11:39@松姫峠大月側最終ヘアピンワッフル前



d0123571_2318614.jpg
11:39@同、引き込まれそうになるが、すんでのところでとどまって。つづく

by masashiw2 | 2017-06-28 23:21 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
林道腰掛線で鶴・松へ 2017年6月24日
棡原(ゆずりはら)から県道18号を更に奥へ、
初戸(はど・標高430m)から、西原(さいはら・標高550m)までの区間、
標高610mの田和峠を越えねばならない。平均斜度8.5%の距離1.8km。
まだ先もあるというのに序盤でしごかれるイヤな存在。
林道腰掛線でこの田和峠を迂回できる。今回初めて入ってみた

d0123571_21591144.jpg
08:42@初戸分岐、林道腰掛線(左下の道)入口。右は県道18号。このあたりからすでに西原ではある。時計止まってます



d0123571_21594421.jpg
08:55 最初、ちょっと登り(恵泉女子大裏ショパン坂くらい、アウターで頑張る)・・・、やがて平坦に



d0123571_2202397.jpg
09:03 民有林林道で、管理者は上野原町長(ママ)とのこと。陽が差す部分はあまり多くない



d0123571_2204632.jpg
09:03 何かしら手を合わせねばと思わせる気配



d0123571_221993.jpg
09:10 思ったより人家は少なかった。平野田キャンプ場を過ぎると終わりも近い



d0123571_2213015.jpg
09:17 チト、道に迷ったりしたが、県道18号に戻る。これからは下りも含めて、もう田和峠を通過することはないだろう(笑)

道の脇から、人家一つ一つをうかがい知ることはできなかったが、
林道からそれぞれに小径が伸びていて、その先に暮らしが息づいているような、しみじみとした道だった。
最後は猟犬に吠え立てられて我に帰り、ショートトリップはおしまい。つづく

by masashiw2 | 2017-06-27 22:07 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
上野原から鶴・松へ 2017年6月24日
雛鶴(ひなづる)、秋山方面、犬目(いぬめ)、野田尻(のだじり)、和見方面、
はたまた棡原(ゆずりはら)、西原(さいはら)方面とか、
端っこの方へは出かけたりはしているが、中心部のことはよく知らない上野原

d0123571_22461018.jpg
05:03@Musashino



d0123571_22474694.jpg
07:23@Katsuse-Bashi, Sagamiko



d0123571_2248716.jpg
07:51@Uenohara



d0123571_22483124.jpg
07:56@Uenohara



d0123571_2249197.jpg
08:00@Uenohara



d0123571_22492119.jpg
08:16@Yuzurihara



d0123571_22494029.jpg
08:26@Yuzurihara 明日は林道腰掛線へ、つづく

by masashiw2 | 2017-06-26 22:55 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
ハルゼミ聞き納め? 松姫峠 2017年6月24日
日曜は終日雨、土曜はまだなんとか行動できそう──という予報。
梅雨の合間を縫ってというと、練った計画を実行するというよりは、
状況に応じてというか、雨が降りそうならすぐ戻るつもりで、とりあえず大垂水峠を越えてみる。富士山は見えない。

何度も上り下りしている鶴峠、県道18号は上野原から通しで漕いだことがなかったので、下(上野原)から行ってみるか。
R18ではいつもしごかれる田和峠。この田和峠省略のコース=林道腰掛線も確認しておきたかった。

ジョギングでぐずらせている左足指関節がちょっと調子よくない。テーピングして出発。
結局関節痛の心配は杞憂、天気も遠望は効かないものの雨に降られることもなく、
鶴峠から松姫峠まで足を伸ばし、ハルゼミの聞き納めもできて、奥多摩湖経由で帰着。

d0123571_13412374.jpg
今まで動画を載せたことがなかったのですが、試しに載せてみます→こちら
場所は松姫峠大月側最終ヘアピン付近、断崖峠に響くハルゼミの合唱をどうぞ。




マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小金井街道〜R20〜大垂水峠〜上野原〜R33〜棡原〜R18〜腰越林道〜西原〜
鶴峠〜小永田〜松姫峠〜道の駅こすげ〜奥多摩湖(大麦代トンネル)〜愛宕トンネル〜城山トンネル〜古里〜
青梅〜瑞穂〜東大和〜新小平〜鈴木街道〜五日市街道
距離164km、獲得標高2747m、実はこんなに登った実感はない。Garmin計測だと2201m。
よく見るとルートラボでは新しい城山トンネルで山の上を通過したことになっている。今回は“甘め”のGarminに軍配か?

by masashiw2 | 2017-06-25 13:51 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
ヘチマサボテンの花 2017年6月23日
ベランダのサボテンの花が咲いた。普段はヘチマのような、ぼんやりとしたサボテンなのだが、
ごくたまにこのような美しい、凝縮したような花を咲かせていじらしい。
夕刻からは閉じてしまったが、明日は再び花開くのだろうか

d0123571_238445.jpg

d0123571_2322015.jpg





d0123571_2323416.jpg

by masashiw2 | 2017-06-23 23:08 | 小さきものたち | Trackback | Comments(0)
ちょっと経ちましたが、Shimo-Kitazawa, Setagaya, May 19, 2017
この日は観劇の後、「こうぜん」にて、長珍、奈良萬、カネナカなどいただく。具沢山のお味噌汁よかったです

d0123571_18325547.jpg



d0123571_18331317.jpg



d0123571_18333536.jpg



d0123571_18335359.jpg



d0123571_1834937.jpg

早いもので6月も下旬に。今年も遠方に出ることはないものの、それなりに近場で遊んでいます。
足どり=ルートラボのアーカイブもそれなりにたまってきた。

昨年の秋は、日帰り輪行旅を連続できて、次シーズンにつながる良い傾向だったが、
冬場は降雪がなかった割には不思議なくらい漕がず。寒いと、ホント漕ぐ気がしないということか。

春先はなかなか調子が上がらなかった。それでも名栗や奥多摩をめぐるうち、野の花や山の生命力に触れ、
梅雨前にはなんとか脚が出来上がってきたみたいな印象。

ここいらで八ヶ岳や、群馬(妙義か、榛名か。はたまた赤城か)へ出かけたいところ。
昨年8月は夏山月間(アルプス山行とそのための準備山行)にして、自転車漕ぎが疎かになってしまった。
後から考えると後悔もあったりで、やはり自転車漕ぎ主体にしようかと。
それなりの対策をして暑くても漕ぐ。


2017年6月21日
市の健康診査を受診。まず、身長体重測定。BMIが21.95。
ごく微々たるものだが肥満度がマイナス方向に。何十年ぶりか……!
低気圧が接近し、体調があまり良くなかったので、心電図とレントゲンは、いつものことで引っかかりそう。
気になる肝機能等、採血の分析結果は1ヶ月後。
オプションの眼科検診も受診。視力少し落ちたかも。白内障、網膜血管も年齢相応の経年状態とのこと。
ま、今日は飲酒日に。義侠[特A山田錦純米]@愛知・山忠本家、開栓です

by masashiw2 | 2017-06-21 18:42 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
ちょっと経ちましたが、Shimo-Kitazawa, Setagaya, May 19, 2017

d0123571_20102493.jpg





d0123571_20111452.jpg





d0123571_2011314.jpg

FACEBOOKページで、装幀した作品をご紹介しています。どうぞご高覧ください。
そして、その写真一覧はこちら

25年ほどこのような装幀を中心としたデザインの仕事をしており、
古い装幀作品なども含め、ランダムに一日一作品をアップしています。
昨年秋からのアップなので、現在、280点くらいになります。
これらはみんな角度と光源を統一して一眼レフで撮影しています。
既撮があと2か月分、未撮が3か月分くらいあるので当分ネタには困らない感じです。

FBですので「いいね」をいただいたりして有り難く感じています。
見ず知らずのかたに意表をつくコメントをいただくのも新鮮味があります。

「いいね」で感じることなんですが、あれこれこねくり回して作り込んだものよりも、
シンプルでストレートなものに、どちらかというと評価をいただくようです。
こういう傾向って、かなり複雑な気分になります。「これって安牌だったんだよな」とかブツブツ……

by masashiw2 | 2017-06-20 20:17 | ご覧のみなさまへ | Trackback | Comments(0)
裏ヤビツからグルッと 2017年6月18日
先週がっつり漕いだので、筋力的にブランクをあけるともったいない。それなりに漕いでおきたいので、裏ヤビツへ。
特別な行程でもないので、ご報告は一回こっきりです。

尾根幹・南野の711でパンや大福を買う。天気予報はあまり良くない。早く切り上げたほうがよさそう。
曇天で涼しいくらい、漕ぎやすかった。カジカガエル、アカショウビン鳴く森の県道70号。
河原でテント泊の人々が煮炊きをしている。名栗もそうだが、川遊び天幕生活少々うらやまし。

今日も快調、午前9時半に峠を越え、秦野に降りる。思いがけず、富士山が綺麗に見えた。
R246~伊勢原〜清川村を通って、宮ヶ瀬園地に戻って正午。オギノパンに降りるとメシ時で大混雑。
うちに帰着後、湿気を含んだ冷たくいとすさまじ風が吹いて、まとまった吹降りになった。
ギリギリセーフというか、このところの普段のおこないが良いことの証左かと

d0123571_22321030.jpg
@宮ヶ瀬園地。白足袋くん、スポーツようかんには興味がないみたい、美味しいのにねぇ


d0123571_22324695.jpg
@ヤビツ秦野側。期待していなかったので儲けた気分


相変わらず燃費悪し。スポーツようかん3本を携帯し、尾根幹のコンビニでサンドウィッチ、
宮ヶ瀬園地でようかん1本、ヤビツ峠でまた1本、清川村・道の駅で大福1個、オギノパンでカレーパン、あんドーナツ。
久保田酒造には寄らず。最近、冷蔵庫一杯なので。生酒でなくともいいのだが、これらも増殖中でそのうちお咎めあるやも知れず・・・




マップをクリックでルートラボに飛びます。

尾根幹~連光寺坂~橋本~R413~川尻~新小倉橋~津久井広域道路~長竹~鳥屋~
宮ヶ瀬湖畔園地~ヤビツ峠~名古木~R246~伊勢原板戸~
清川村役場~土山峠~やまびこ大橋~宮ヶ瀬ダム右岸~オギノパン~
川尻~橋本~鑓中~多摩ニュータウン通り~関戸橋~中川原~府中~小金井街道
距離147.7km、獲得標高1826m(もうちょっとあるかもと思いましたが)

by masashiw2 | 2017-06-19 22:40 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
ちょっと経ちましたが、Shimo-Kitazawa, Setagaya, May 19, 2017

d0123571_22531615.jpg





d0123571_2253318.jpg





d0123571_22534514.jpg

2017年6月17日
今週はもろもろの納期をかいくぐりきつかった。
さすがに、この土曜は一息つきたく、久しぶりに朝寝。ゆっくり起き出して、「ひよっこ」の見てない回を見たり、
「みをつくし料理帖」録画を見たり。藤本有紀脚本は、みなチェックしておきたい。清水靖晃の音楽もいいですね。

そのあと、上水沿いを小平あたりまで行って帰って10kmジョグ。陽射しがきつくなってきたので、木陰を選ぶ。
ダートにもなるがそれもまた楽し。給水充分にしてカラダの中の水分が一通り入れ替わるようにできたかも

d0123571_22554567.jpg

心拍計をつけると、計測値が気になって、景色を楽しんだりすることが疎かになり、運動が楽しめない。
心拍数が高くなりすぎてしまう傾向があるので、一度気になると心拍計から目が離せなくなってしまう。
上がってきた記録を見ても、跳ね上がった数値などが記録され、果たして参考になるのかどうか。
電極乳バンド(Garmin純正が壊れてしまってPolar製を使用)も、特に夏場はうっとおしい。
そんなこんなで、とうとう付けなくなってしまった。LSDの最適なペースを知るにはつけた方がいいんですんけどね。
電気式の乳バンドではなく、光学式のセンサーがだんだん一般化してきたので、
価格がこなれてきたら導入を考えてみたい

by masashiw2 | 2017-06-17 22:57 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)