久々のロングライド・南相木ダムへ~馬越峠を越えて 2017年11月4日
いったん川上村の県道68号=標高1200m以下に降りて、馬越峠=標高1600mまで登り返す。
日照がなくなってきて風もなし。音もなく漂うように顔に当たるのは落葉松の葉。
馬越峠を越える頃には、落葉松の葉だと思っていたのは雨粒。もう青空を見ることはなかった

d0123571_2315571.jpg
信州峠から川上村に降りるとセザンヌが描いたような山が立ちふさがる。この天狗山のすぐ東(右)が馬越峠


d0123571_2315457.jpg
峠手前からの川上村(南)。雲が出てきて、とうとう晴れ間がなくなってしまった


d0123571_23161070.jpg
峠から見える天狗山の岩場


d0123571_23164412.jpg
白い息を吐きながらダウンヒル。落葉松の林が続く。この佐久側もほどなくかき消えてしまった


d0123571_23172540.jpg
山中を彷徨っているような錯覚さえも・・・、心もとなくなってきた


d0123571_23174652.jpg
ひょっこりとしっかりした道に出た。山の神と馬頭尊、右を折れて南相木ダム・奥三川湖へ。つづく

# by masashiw2 | 2017-11-08 23:24 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
久々のロングライド・南相木ダムへ~川上村まで 2017年11月4日
みずがき湖から少し登って小尾あたり。以前、みずがき自然公園から降りて清里に抜けようとして、
このあたりで迷ったことがある。林道・高須線の入り口がわかりづらかったのだ

d0123571_23281435.jpg
ましか・くしし、なんじゃそら。ヨコ組3行、熊猪鹿か。出没するのか、食えるのか


d0123571_23283864.jpg
やっぱり食えるほうか、なんて言ってると、ひょっこり瑞牆山が。ジビエな食べ物は森のラーメン屋さんで出してもらえるかも


d0123571_2329697.jpg
この作り物の鹿さんも見覚えアリ


d0123571_23293756.jpg
みずがき自然公園からの瑞牆山も圧倒的でいいけれど、ここ黒森からの瑞牆山もあたりを睥睨する秀峰という趣き


d0123571_23301846.jpg
ズームアップしてトリミング。また登りたくなってきた


d0123571_23311786.jpg
@信州峠。特に「信州峠」と記されたものはないのだが、切り通しの上に碑があった。ウインブレ着てダウンヒル


d0123571_2332885.jpg
川上村へ降りる。振り返ると、レタス畑の先にヤスリ岩が屹立していた。高速ダウンヒルを期待していたが、
巨大トラクター行き交う農道は土くれが路面に張り付いてオソロシ。ゆっくり降りて川上村。つづく

# by masashiw2 | 2017-11-07 23:36 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
久々のロングライド・南相木ダムへ〜みずがき湖まで 2017年11月4日
家を出る前からウインブレを着ていて、そのまま着っぱなしでR141を漕ぎ出した。
韮崎高校を過ぎてから、ネックウォーマーとアームウォーマーを追加。寒い。
中央道潜ったところでハッピードリンクショップ(自販機)があったので、100円水で(粉末vaam)ドリンクを作る。
明野の集落をのんびりと漕ぎ出す。調子は今ひとつ

d0123571_23441671.jpg
サイクリストのオアシス(?)、ハッピードリンクショップ


d0123571_23443532.jpg
旧明野村は、お世話になったかたが隠居されていて、どこかでばったりお会いできそうな感じ・・・


d0123571_2345347.jpg
甲斐駒ヶ岳、懐かしい黒戸尾根


d0123571_23452278.jpg
八ヶ岳は御隠れになったまま。編笠岳の下の方だけ見えている


d0123571_23454355.jpg
ラジウムライン、比志の手前でウインブレを脱ぐ。少し調子が出てきた


d0123571_2346424.jpg
@比志。このあたりから勾配が増してくる


d0123571_23465794.jpg
みずがき湖・塩川ダムで一服


d0123571_23481115.jpg
銭湯のペンキ絵のようなみずがき湖。トーンカーブのレッドチャンネル、少し盛っておきます
次回、信州峠から川上村へ。つづく

# by masashiw2 | 2017-11-06 23:50 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
久々のロングライド・南相木ダムへ 2017年11月4日
好天の周期が週末にやってきた。何週間ぶりだろうか。
思い切って、明媚な高原漕ぎに出かけても良かったが、気圧の谷の通過が気になり、
いまひとつ踏み切れず、南相木ダムという渋め(?)の目的地設定で出かける。

ちょうど3年前、信濃川上から馬越峠経由で南相木村に入ったことがあって、その時は北相木〜ぶどう峠から上野村へ抜けた。
今回も小海線を利用してもいいのだが、小淵沢からの乗り換えとなると時間も遅くなるし、運賃もかかる。
韮崎から地道に漕いで行ってもいいじゃないの、と試してみる。南相木ダム目的なら距離的に妥当かと。

ダムには特にこだわりはないのだが、電源開発路は道がいいのでついついあちこちのダムを巡り漕ぐことになる。
国内最高所のダムとして「甲信越スポーツサイクリング・コースガイド」にも紹介されている。

韮崎から漕ぎ出すと、南アルプス方面には晴れ間も見え、八ヶ岳方面も早晩晴れてくるのではと期待を抱いた。
増富方面に入ると遠望もきかなくなり、黒森の瑞牆山までおあずけ、我慢で高度を稼ぐ。
しかしだんだん曇ってきた。瑞牆山は遠望できるものの、上空はかなり暗い。やはり普段の行いがかなり悪いのか

d0123571_1710334.jpg
d0123571_17104910.jpg
@黒森。信州峠に向かう登り口から瑞牆山がよく見える


d0123571_17114090.jpg
@南相木ダム堤体と下流のうずまき公園





マップをクリックでルートラボに飛びます。

韮崎駅~R141駒井~R23明野~ラジウムライン〜みずがき湖~黒森~信州峠~
川上~馬越峠~三川〜南相木ダム~犬ころの滝〜小沢志なの入トンネル~R141市場坂~野辺山~
美し森~八ヶ岳高原ライン~小淵沢駅(お土産:ふもとの弁当元気甲斐)
[ルートラボ]距離119.7km、獲得標高2819m

好天ではなかったけれど、それなりにコマが進みました。少し続きます

# by masashiw2 | 2017-11-05 17:19 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
材木座海岸にて 2017年10月26日
帰路、鎌倉で下車、材木座海岸まで散歩。台風が近づいているわりに雲もなく、ひとときの好天を楽しむ

d0123571_23572578.jpg
d0123571_23574378.jpg




d0123571_23581231.jpg



d0123571_23582781.jpg



d0123571_23585054.jpg

10月は仕事が混んでいて、週末も雨がちで今ふたつの印象。
休肝日15日、ほぼ隔日。日本酒のみ、max250cc/日。とは言いつつ、あまり酒量をセーブできていない。

ランニング総距離は112.48km。これで100km越えは連続26ヶ月。
ただ、ランニング適期になっても、LSDペースを脱することができず、すっきりしない。もっと気持ちよく飛ばしたい。

サイクリング総距離462.59km、インドアの75kmを足してやっとこの数値。
週末が悪天でどうしようもない。ヤビツ漕ぎ、尾根幹漕ぎで溜飲を下げている。

武蔵野日赤循環器科から逆紹介された件、その後、先月末から地元のクリニックにご厄介になっている。
月1回、採血してPT-INRをチェック、血液凝固剤のみの治療を継続。
不整脈がひどくなるようなことがあれば、日赤に戻されてしまうということで、そのようにならないよう、
適度な運動を継続しながら、規則正しい生活を維持せねば・・・

# by masashiw2 | 2017-11-01 23:59 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
神奈川県立近代美術館〈葉山館〉へ 2017年10月26日
最近、海を見たのはヤビツ・菜の花台から相模湾を遠望したくらいで、浜に近づいたのは本当に久しぶり。
7年も前、いつも山漕ぎなのに何を思ったか、湘南くらい漕いでおかねばと、逗子から江ノ島まで漕いだことがある。
多分、浜まで近づいたのはそれっきりかも

d0123571_22532266.jpg


d0123571_22534944.jpg


d0123571_225481.jpg


d0123571_22543724.jpg


d0123571_22545688.jpg


d0123571_22551012.jpg


d0123571_22553649.jpg


d0123571_22555733.jpg


d0123571_22562050.jpg

逗子駅から神奈川県立近代美術館〈葉山館〉にバスで15分くらい。「マックス・クリンガー版画展」を観にきた。
このところ忙しかったので、旅というほどのことでもないが、ごくごく短い転地療法といった趣き。
実際、美術館の少し先には、心臓病専門の病院もあり、先進的な不整脈治療を受けることができるらしい。

バスを降りて美術館の中庭に立ち、波音を飽かず聞いていると、気分が和らいできた。

マックス・クリンガーは19世紀末から20世紀にかけて活躍したドイツの版画家。
寓意に満ちた、幻想的な独特の作風で知られ、のちのシュルレアリスト達に影響を与えた──。

以前から、版画の世界が好みで、連作「手袋」を見たかった。
クリンガーの銅版画の技法は主にエッチング。で、陰影のこしらえ方が超絶的に精密。
優れた画力に裏付けられているので、小さな作品にもかかわらず驚くべき奥行きがある。

連作の展開は謎めいたものが多く、わかったようなわからないような、
異教徒にとっては分別不能の消化不良を起こさせるシロモノだが、気分を変えて何度も作品の前に臨みたくなる。
年代が古いものの方が、シンプルでわかりやすいという気もする(というか自分の集中力がもたない?)。

版画家の柄澤齋展を神奈川県立近代美術館〈鎌倉館〉でやっていたことがあって、
その時も至近距離で版画作品を眺めることができた。
柄澤齋の木口木版の世界も、クリンガーの銅版画の世界に通底するものがかなりありそうで興味深い。
都心の美術館ではなく、海辺の贅沢な展示空間で観る版画作品。オススメです

# by masashiw2 | 2017-10-31 22:59 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
Zushi, Kanagawa, October 26, 2017 vol.2

d0123571_231237.jpg




d0123571_2312024.jpg




d0123571_2314095.jpg




d0123571_2315752.jpg

今度の衆院選でも現政権が引き続き国民の皆さまの付託を得る結果となってしまった。
それでなくても何かとストレスになることがらが多いというのに、ますます生き辛くなるのは必定かと。
気になることも気にならないようなふりをして、
人さまに迷惑をかけず穏やかに生きていくにはどうすればいいのか……。

幸いというべきか、武蔵野市にあっては、先の市長選から保守系が退潮で、
このたびめでたく“土菅戦争”に終止符が打たれたことはわずかながら光明と思いたい。

なぜか逗子、葉山あたりに出没。
神奈川県立美術館〈葉山館〉に「マックス・クリンガー版画展」を観にきたのでした。続きます

# by masashiw2 | 2017-10-28 23:04 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)