タグ「Recommended」追加をサボってましたので・・・
途中で恐縮ですが、拙ブログで割と鑑賞に耐えそうなエントリをセレクトした、いいとこ取り「Recommended」。
このところタグ付け追加をサボってましたので、久々に追加しました。ご高覧宜しくお願いいたします

# by masashiw2 | 2017-05-09 10:14 | ご覧のみなさまへ | Trackback | Comments(0)
汗ばむ立夏・七重峠越え-3 2017年5月5日
あらかた高度を稼いで、張り出した林道から眼下を望む。
遠く小川町のほうが見えている。その先は熊谷あたりだろうがさすがにそこまでは苦しいか。
飛行機雲が引かれていくが、飛行機の音はもう聞こえなかった


上を見て
d0123571_22403023.jpg


下を見て
d0123571_2241396.jpg


左から
d0123571_22502051.jpg


右へ
d0123571_22421726.jpg


さらに右奥、小川町方面
d0123571_22423829.jpg
実はかなりくたびれて、ここからさらに20分ほどかかってやっと七重峠。つづく

# by masashiw2 | 2017-05-08 22:46 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
汗ばむ立夏・七重峠越え-2 2017年5月5日
当たり前の話だが、展望の良い峠というものは切り立っているから勾配がきつい。
腰越の集落を過ぎて馬頭観音、林道・栗山線に入るといきなり急勾配が始まる。
人家のあるあたりからも休みどころがない。庭先を飾る美しい花々を見る余裕もない

d0123571_11225016.jpg
ダムというか大きな堰堤、館川ダム


d0123571_11231799.jpg



d0123571_11234619.jpg
“ぬくもり”さんがここにも


d0123571_11241612.jpg
栗山線分岐の目印・馬頭観音


d0123571_11243659.jpg
おおでまりの里


d0123571_1125563.jpg
(左上の)ひょっとしてあの高み(拡大して下の写真)まで登るのか……、でなきゃ向こう側に越えられない


d0123571_11252720.jpg
この張り出した林道が比企郡を俯瞰できる展望台、七重峠はさらにこの左奥


d0123571_1126744.jpg
まこと美しい里山景、心和む


d0123571_11263664.jpg
福島家のマキ、小川町の天然記念物という樹齢200年以上の古木


d0123571_1128580.jpg
おいしい水場、なにげに熊出没注意、次回は大展望、つづく

# by masashiw2 | 2017-05-08 11:31 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
汗ばむ立夏・七重峠越え-1 2017年5月5日
連休後半は奥武蔵に出没。吾野周辺のグリーンラインはおなじみすぎて新鮮味がないので、
趣向を変えて、ときがわ町の奥の方、未踏の七重峠を目指してみる。労苦に見合った展望の良い峠らしい。
未踏の林道4本[赤木七重線~林道・栗山線~萩殿線〜笠山線]をつないで七重峠を越えます。

出発しておおよそ1時間で16号を越えるのはどこに行くにもだいたい同じ。
入間川を渡り、高麗川、越生を通過、午前8時頃、ときがわ町都幾川中学校前を通過。
クラブ活動で登校する中学生たちは知らないオジさんにも挨拶をしてくれる。
県道172号で白石峠入口、ここまではいつもと同じで、入口から少し先、赤木七重線に入る

d0123571_161366.jpg
赤木七重線入口


d0123571_162273.jpg
人家もまばらにある林道


d0123571_1623675.jpg
労せず町境を越えてすでに小川町に入っている


d0123571_1625595.jpg
@腰越。樹林の開ける感じが吾野のユガテみたいな


d0123571_1631672.jpg



d0123571_163311.jpg
赤版が抜けちゃってます


d0123571_1635384.jpg
小さな祠もあったりでいい感じ。七重峠ライド、少しつづきます。





マップをクリックでルートラボに飛びます。

田無〜所沢街道〜R463〜農水橋〜高麗川〜R30〜ときがわ〜R172〜
白石入口〜林道・赤木七重線〜館川ダム〜林道・栗山線〜栗山集落〜七重峠〜R11〜
定峰峠〜奥武蔵GL〜白石峠〜大野峠〜刈場坂峠〜林道・刈場坂線〜正丸峠〜山伏峠〜
飯能〜入間〜R463〜所沢街道〜田無
距離147.3km、獲得標高1986m

# by masashiw2 | 2017-05-06 16:08 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
山笑う・奥多摩ライド-4 2017年4月30日
最近、ロングライドの補給食は羊羹が主体。どうも甘いものが好みになってきて。
胃がもたれやすくなって、冷凍チャーハン(消化悪そう)などは苦しくなってきた。すぐにエネルギーにはならないだろうし。
何より味覚の志向が甘い方にシフトしてきたことが大きい。
百貨店の地下食を気ままに歩いていると、つい和菓子舗に足が向く。以前には考えられなかったこと。

で、自転車乗り定番の「井村屋のスポーツようかん」。「スポーツ」って「スポーツ大佐」みたいな。
細長いビニールパック(40g入り)の腹を押すと、端から中身がプリッと出てきて、手が汚れない工夫が素晴らしい。
練り加減も絶妙で、少しずつ食べても細かく折りたためばポケットが汚れない。
ただ、出方がどうもカブトムシの幼虫のプリプリを連想してしまう点のみマイナス0.5星

d0123571_17532060.jpg
鶴峠。この地味なバス停峠も花々で飾ってもらえる時節がある


d0123571_17534487.jpg
モミジと桜の遠近


d0123571_17541272.jpg



d0123571_17542619.jpg
新設されたループ橋からの飯尾の集落


d0123571_17545040.jpg
山笑う


d0123571_17551189.jpg
竹藪も笑うのです


d0123571_1755326.jpg
三頭山荘は二つ(東京都檜原村数馬と山梨県上野原市西原)あるのです


d0123571_17555329.jpg
鶴峠からの下り、R18長作~西原(さいはら)~棡原(ゆずりはら)間は、アップダウンが多く、消耗する。
最後の登り・甲武トンネルまではかなりしょっぱかった。なかなか終わらない。
多摩に戻るにはこの甲武トンネル越え or 裏和田峠越え or 大垂水峠越え、いずれが楽なのだろうか。
連休後半、遠出はちょっとしんどいが、もう一回これくらいの自転車漕ぎをしておきたいところ、どこへ行くか?
山笑う・奥多摩ライド、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

# by masashiw2 | 2017-05-04 18:01 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
山笑う・奥多摩ライド-3 2017年4月30日
松姫峠、貸切だった。富士急バスが止まっていたが、運ちゃんは昼寝中?
ハルゼミの大合唱そして、ミソサザイが爆鳴きするのはまだまだ先、今はひたすら無音。
雲ひとつなく富士がちらり。何度も来ている割にこの奥ゆかしい富士山が見えることはあまりないような

d0123571_1137989.jpg
この桜の色が出ない。葉桜だけど


d0123571_11375276.jpg
お昼前に松姫峠着。よもぎ大福で至福タイム


d0123571_11381971.jpg
見晴らし台付近の雑木が多くて見えなかったような気もする。刈ってくださったのかも


d0123571_11384153.jpg
峠のゲートから大月側、降りたい誘惑に駆られたが、清掃されていない模様。荒れるままとはただただ惜しい、舗装したのに


d0123571_1139512.jpg
帰路、小菅側第2ヘアピンちょい上あたりから来し方。三頭山方面かと。次回、西原(さいはら)あたり、つづく

# by masashiw2 | 2017-05-03 11:41 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
山笑う・奥多摩ライド-2 2017年4月30日
ソメイヨシノの頃の奥多摩はまだ冬枯れ、ちょっと遅れた今頃に来てこそ、
「山笑う」状態を見ることができるのかもしれない。

広葉樹林の中にまばらに咲いている桜の色は、見えているほどにはうまく撮れないのが口惜しい。
まず、緑がやっぱり違うなぁとつくづく思う。嘘くさくベタッと写ってしまうのだ。
渋いモスグリーンの中から細かく立ち上ってくるような真新しい緑でなければ。
フォトショで鮮度のスライダを単純にあげても出てくる色じゃない。

小菅の多摩源流祭りは5月4日。名物の鯉のぼりが山峡に泳いでいる。
R139を漕いで行くと真下から見え、小菅の湯・道の駅こすげに向かう道すがら真横に見える。
薫風の中を泳ぐさまを飽きることなく眺めてしまう

d0123571_22225498.jpg
定点観測(前回は昨年6月19日)。裏山の新緑も“微笑んで”います


d0123571_2224571.jpg



d0123571_22251229.jpg
玉川キャンプ村@小菅


d0123571_22254966.jpg



d0123571_2226129.jpg



d0123571_22262625.jpg



d0123571_22265429.jpg
次回は春の松姫峠へ


★★★More チャーちゃんまんじゅう★★★
# by masashiw2 | 2017-05-02 22:32 | 峠道 | Trackback | Comments(0)