大弛峠~柳沢峠へ再トライ-2 2017年6月10日
高所なので、ニーウォーマー(脛から上のウォーマー)を使ってみた。ジジ臭い装備だが、なかなか快適。
時々、山の上から吹き下ろす風が冷たく、ニーウォーマーで腿から膝下までをカバーしていると
立ち漕ぎの時も膝まわりがポカポカして気持ちがいい。季節を問わず定番装備になりそうだ
(もう少しシニアになると腹巻きも必要になってくるかも)。

なんとか10時台には峠にたどり着く。前回は路面着雪で好調を阻まれたが、今回は好条件。
問題なく前回を上回るタイムで登ることができた。
ま、もう少し早くてもよかったのだが、柳沢峠も控えているのであまり無理はせず

d0123571_224132100.jpg
@大弛峠。ちょっと尻が痛くなってきた。立ち漕ぎ多めなのに尻痛とは。坐骨がダイレクトに痛い


d0123571_2242252.jpg
ダートの川上村側も駐車スペース満員盛況。山梨側も推して知るべし、駐車場峠恐るべし




d0123571_22425488.jpg

d0123571_22431887.jpg
下り、ちょっと写真も撮っていきます。大弛峠ならではの遠近感




d0123571_22434534.jpg
金峰山方面ですかね、厚い胸板のお山って感じです


d0123571_22443425.jpg
白いカンバの木が以前から気になって・・・。私だけのお気に入り


d0123571_2247932.jpg
鳳凰三山~甲斐駒ヶ岳がごく淡く、ほとんどわかんない


d0123571_22473762.jpg
柳平も正午に通過、琴川ダム「ム」地点やや下の水場にあるトチの巨木。ハルゼミの大合唱を耳に刻んで。つづく

# by masashiw2 | 2017-06-12 22:53 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
大弛峠~柳沢峠へ再トライ 2017年6月10日
抗不整脈剤をやめてから(血液抗凝固剤のみ服用)、運動の際、若干調子がいい気がする。
心電図をとると波形のひとつひとつがおそらくは良くないのかもしれないが、とりたてて具合の悪さは感じない。
抗不整脈剤を服用していた時と比べると、アクセルがすぐ効き、疲労回復も早い印象。
以前は調子が悪くなると、レスポンス・回復が鈍くなって、底が抜けたようになってしまったものだが。

飲んでいたクスリには、正常脈に戻す本来の作用の他に、脈が出過ぎないように何かしら抑制をするような作用も
あったのかもしれない。そういったものから自由になっている──と思うと、気分的にも楽になる。

カラダも軽くなっているので、本格的に梅雨になる前(梅雨入りはしてしまったが)に、
大きなルートを漕いでおきたい。昨年の晩秋、大弛峠から家まで漕ぐことを果たせなかった。
力試しにリベンジ、ハルゼミの大合唱を聞きながら標高2365mから自宅を目指す

d0123571_2120940.jpg
まずは2365mまで登らねば。@クリスタルライン入口。ここに来るまでの牧丘の果樹園台地が夏は意外と核心部だったりする


d0123571_212401.jpg
おなじみ「こ」の看板。ここから琴川ダムまで8km。〜と・か・わ・ダ・ム、一文字ずつ数えていきます


d0123571_21252425.jpg
眼前の登るべき林道。左の岬状突端が「ム」のポイント、そこからは緩くなる。標高1400m手前、ハルゼミはすでに賑やか


d0123571_21262293.jpg
初夏の琴川ダム


d0123571_21265814.jpg
@柳平、分校だった場所。ハルゼミの大合唱がしみ入る


d0123571_2127343.jpg
[中略]という感じで、大弛峠まであと3kmポイント。残りは2km、1.5km、1km、0.5kmという親切な刻みになっていいる


d0123571_21284621.jpg
湿気が多いのか、遠くの山々はみな霞んでいた。寒いくらいの高原の空気





マップをクリックでルートラボに飛びます。

中央線普通・初電を乗り継いで、塩山(0621着)まで輪行
塩山~国道140号~牧丘トンネル~牧丘線~柳平~大弛峠~
往路を中牧神社まで、フルーツラインで国道411号へ~裂石~柳沢峠~
はまやらわ[わらび餅購入]~丹波山~奥多摩湖~
奥多摩駅~輪行(1810青梅行)って、うちまでの自走は時間切れで諦めたのでした・・・
距離120.1km、獲得標高3625m(下り3699m)
大弛峠~柳沢峠、少しつづきます

# by masashiw2 | 2017-06-11 21:39 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
オッサン登山の会・棒ノ峰の段-5 2017年6月3日
里に下りてきた。最寄り駅は軍畑なのに、このあたりは二俣尾なのか。二俣尾の駅からはかなり離れているのに。
さらに下ると、4月に青梅の梅岩寺に行くときに通ったR193。そしてご存知国立奥多摩美術館
テクテク降りて、軍畑駅から電車に乗ると18時をまわっていた

d0123571_2139229.jpg
登山口にて


d0123571_21394491.jpg



d0123571_21395849.jpg



d0123571_21401179.jpg
二俣尾といえば、あの多摩書房ではありますが、ここもまた二俣尾


d0123571_21405085.jpg
R193に出るところ


d0123571_21412125.jpg
二年に一回の開館だと寂れちまう


d0123571_21413915.jpg



d0123571_2141542.jpg
さらば軍畑、自転車漕ぎだと見ることのできない角度

で、立川で飲み会。リーダー氏、Hットペッパーで食べ放題店を予約したとのこと。
あぁぁ・・・放っておくと学生相手の一気飲み屋に行きたがる。駅北口・ビックカメラ前雑居ビル内の居酒屋。
クズ野菜鍋と揚げ物のオンパレード(泣)。「ナントカ水産」のほうがまだ居酒屋のテイをなしている。
正直、肝臓がしんどいので、ノンアルコールビールで休肝モードにさせてもらう。
でもって、酒がまずくなるような話をシラフで聞かされ・・・。これじゃ法事みたいで、早くおうちに帰りたく。

オッサン登山の会は夏場はお休み、次回は秋らしいが、どうしたものか。こういった飲み会が主体なら、
ここらで潮時ですかね・・・。どうも愚痴が多くなりました。オッサン登山の会、ご高覧有り難うございました

# by masashiw2 | 2017-06-08 21:50 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
オッサン登山の会・棒ノ峰の段-4 2017年6月3日
高水山(たかみずさん)には、ほどなく到着。小さな(カエル)祠とお稲荷さんがあって和む。いいですね、素朴で。
のんびりしていると17時、青梅線・軍畑に急がねば。途中、山頂直下のお寺を通らせていただきます。
常福院不動堂。地図の上で知ってはいたが、こんなに立派なお堂とは。
さすが御岳の反対側、御眷属さまがお出迎え

d0123571_20431960.jpg
山頂のアンテナ。月が出ている


d0123571_20434754.jpg



d0123571_2044175.jpg



d0123571_20441690.jpg



d0123571_2044418.jpg
ここから常福院不動堂


d0123571_20454232.jpg
なんと愛嬌のある御眷属さま。頭を撫でさせていただきました


d0123571_204661.jpg
麓の成木からダート混じりの激坂林道(なちゃぎり線:由来不詳)の先にあることはなんとなく知っていた


d0123571_20462769.jpg
思いがけず、立派なお寺さんで、なにか得をした気分。お賽銭も多少はずんで、厚かましいお願いもしてみたり。
次は何時来れるかわかりませんから。つづく

# by masashiw2 | 2017-06-07 20:48 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
オッサン登山の会・棒ノ峰の段-3 2017年6月3日
岩茸石山頂上に着いたのは16時過ぎ。ここからの眺めも素晴らしかった。
川苔山から日向沢の頭、棒ノ峰から奥武蔵、さいたま中心部から遠く新宿あたりまで。
何より、ド正面にはこの日の来し方が一望できる。オッサンたちに素敵なご褒美

d0123571_21113069.jpg
かなり下ってかなり上がる。下り基調のはずだが・・・


d0123571_21115348.jpg
16時10分、岩茸石山頂上着。茂みがあって展望がきかないのは西南方面


d0123571_21122765.jpg
北方面、左の高い台形の山が棒ノ峰。そのすぐ左手前が黒山、少し左から手前に伸びる尾根をたどってきた


d0123571_21132685.jpg
東方向、成木の鉱山が見えている


d0123571_2113563.jpg
南東方向、西武球場が顕著。自分ちはこちらかな


d0123571_21142034.jpg
指差し見ているうちに時間が経ってしまった。スポーツようかんも食べきって、あとは降りるだけ。
次回、最後のいただき・高見山へ。高見山直下の常福院不動堂、なかなか雰囲気がありました。つづく

# by masashiw2 | 2017-06-06 21:30 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
オッサン登山の会・棒ノ峰の段-2 2017年6月3日
白谷沢をつめて、稜線・権次入峠に出た。あと一投足で棒ノ峰頂上。
リーダー氏が「ここで握り飯を食って待ってるから頂上行って来て」って、あれれ、偏屈サイドに行っちまった。
登攀記好きなのに、最終キャンプまで来て頂上にアタックしないのか・・・。
ま、放っておいて、チャチャっと頂上へ。13時45分着、奥武蔵方面全部見え、素晴らしい

d0123571_21514331.jpg
大名栗林道から稜線に出るまでの穏やかな森から3カット・・・


d0123571_21522972.jpg



d0123571_21524635.jpg



d0123571_2153691.jpg
稜線に出て西進。向かって左・青梅側は林地、右・名栗側は広葉樹林


d0123571_21533377.jpg
棒ノ峰山頂に憩う人々。穏やかな好天、思い思いの楽しい休日


d0123571_2154931.jpg
棒の峰頂上から。大持山、武甲山、武川岳、名郷鉱山、伊豆ヶ岳あたりが見えているかと


d0123571_21544335.jpg
権次入峠に戻って、小沢峠方面に縦走。黒山着14時38分。ヒルクライムコースの常盤林道終了点はすぐ近く


d0123571_2155947.jpg
予想に反して誰にも会わない。なんとなく荒っぽい「日鉄住金ベンチ」。近くに鉱山でもあるのだろうか


d0123571_2157749.jpg
次のピーク・岩茸石山になかなかたどり着けない。もうすぐ午後4時。つづく

# by masashiw2 | 2017-06-05 21:59 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
オッサン登山の会・棒ノ峰の段 2017年6月3日
今年初めのオッサン登山の会から少し時間が経って、“リーダー氏”から、初夏の集まりの指令が来た。
今回の目的地は名栗の棒ノ峰(ぼうのみね:標高969m、
「棒ノ折山(ぼうのおれやま)」、「棒ノ嶺(ぼうのれい)」とも)とのこと。
2年前の2月に別の(品のいい)オッサンたちと青梅線・川井から登った(白谷沢下降)ことがある。
棒ノ峰は世のオッサンたちに広く人気のある山なのだろうか。
今回は、その時降りた白谷沢を登って、岩茸石山〜高水山とつなげて青梅線・軍畑に降りる。

飯能駅午前10時半発の名栗行きバスで、さわらびの湯へ。帰路、立川あたりの飲み屋に入る時刻から逆算したらしい。
さわらびの湯バス停で準備ののち、出発。あれれ、我がパーティは逆のさわらびの湯の方に向かっていくぞ。
え、そっちじゃないぞー、有間ダム方面だろ。リーダー氏、確信に満ちた顔で間違っているからコワい

d0123571_14265384.jpg
ロックフィルダム・有間ダム堤体と有間峠


d0123571_1428356.jpg
湖面を渡る風、涼し。自転車乗りも多いが、有間峠方面はまだ通行規制中のはず


d0123571_1429263.jpg
沢ルートの登りは木陰で陽が遮られて時間が遅くても爽快


d0123571_14293279.jpg





d0123571_14295222.jpg

d0123571_14301175.jpg
核心部へ。涼味溢れる楽しいコース




d0123571_14314820.jpg
鳥のさえずりを楽しみつつ・・・


d0123571_14321063.jpg
生きとし生きるものをいとおしみつつ・・・


d0123571_14323530.jpg
大名栗林道に出た。Cannondale Slateで駆けたい!


初夏のオッサン登山の会、少しつづきます。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

西武池袋線・飯能駅〜(名栗車庫行きバス)〜さわらびの湯〜有間ダム〜白谷沢〜権次入峠〜棒ノ峰ピストン〜
黒山〜岩茸石山〜高水山〜常福院不動堂〜R193〜青梅線・軍畑駅

距離13.2km、獲得標高902m

# by masashiw2 | 2017-06-05 21:48 | Trackback | Comments(0)