タグ:新潟県魚沼市 ( 61 ) タグの人気記事
最終日は、新しい“おくの湯” 2016年6月4日
日が明けて4日の土曜日。前日は朝30分(したの湯)、朝食後2時間(うえの湯)、夕食前1時間30分(したの湯)、
就寝前2時間(うえの湯~したの湯)・・・と、ぬる湯三昧の一日だった。
4日・最終日も朝から湯浴み。この日、男性は終日おくの湯のみの開放(その場合、女性はうえの湯/したの湯いずれもOK)。
おくの湯は昨秋オープンした新しい浴場。うえの湯の奥に開設されたから、おくの湯かと。
しつらいはしたの湯に似ていて、恐らくは同じ工務店さんなのだろうか。
雰囲気あるしたの湯が、日なたに出てきたような印象。正面の寝湯が広くて長湯派にとっては嬉しい。
チェックアウトギリギリまで楽しむ。それにしても連泊すると立ち去り難し・・・

d0123571_1730298.jpg
@自在館



d0123571_17312494.jpg
おくの湯、寝湯から見た湯口


d0123571_17322521.jpg



d0123571_17324821.jpg
お気に入りの寝湯


d0123571_17333597.jpg
飲用可。ポリタンクで持って帰る人もいた


d0123571_17343273.jpg
さらば、栃尾又温泉。また来ますね──!
今回は時間と予算の関係で、駒の湯山荘さんには行けずじまい。すぐ手前まで来てるのに申し訳ない






d0123571_17353222.jpg
@大湯


d0123571_17355922.jpg
@大湯


d0123571_1736268.jpg
@大湯


d0123571_17365292.jpg
@上折立 昼食はこの日もまた、じねんさんでいただきました


d0123571_17374817.jpg
@上折立 山菜屋さんなど見て宇津野から小出行きバスに乗車

帰路、銘酒「鶴齢」の蔵のある塩沢に途中下車してみた。つづく

by masashiw2 | 2016-06-12 17:43 | 湯之華 | Trackback | Comments(2)
いろりじねんでてんぷらいろいろ 2016年6月3日
大湯から少し降りたところに食事処「いろりじねん」がある。思いもかけない草木が食卓にのぼる興味深い食堂。
この日はツユクサやシャクヤクなどのいろいろな花をてんぷらでいただく。楽し。
食足りて、宝厳堂に戻る道すがら、眼に入ってきたもろもろなどなど・・・

d0123571_23213731.jpg
花々のてんぷら@じねん


d0123571_23222745.jpg
旧湯之谷村 村章入り



d0123571_23231750.jpg



d0123571_23234496.jpg



d0123571_2324310.jpg



d0123571_23242512.jpg



d0123571_23244286.jpg



d0123571_2325853.jpg
朴の大木が多い。風でめくれあがる白い葉が好きだ


d0123571_23254367.jpg
@栃尾又大明神

2016年6月11日
天気がいいので早朝から名栗漕ぎ。有間峠往復自走。暑くなりそうなので、温度が上がる前に片付けたいところ。
浦山側の林道も規制が解除されているので、標高800mくらいまでためしに下降してみる。
1000mを越えるとかなり涼しい。ハルゼミの大合唱。加えて、小鳥のさえずりの宝石箱や〜。
うっとりしていると、アブとかブヨにあちこちかまれる。油断ならないが、楽しかった。名栗に降りると、もう夏。
小平~瑞穂~岩蔵街道~山王峠〜名栗〜有間ダム〜有間釣り堀〜大名栗林道分岐〜有間峠〜
浦山側820m付近〜有間峠〜有間ダム〜名栗〜飯能〜入間〜R463〜所沢街道〜田無 距離133.48km、高度上昇量1817m
d0123571_23262043.jpg

by masashiw2 | 2016-06-11 23:32 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
散歩がてら大湯温泉あたり 2016年6月3日
今年は異常に雪が少なかったもよう。雪解け水も少ないので、利根川源流域のダムの貯水量が心配だそうな。
地下水の多い/少ないは栃尾又温泉にとっても大きな関心事だろう。
地下水が長い時間をかけてラジウム岩盤を伝って温泉として湧出しているから。
雪が少ないと山菜も採れないらしい。自慢の山菜料理にとってナンギなことだ

d0123571_2313350.jpg
振り返ると越後駒ケ岳。やはりちょっと雪が少ないか


d0123571_23134421.jpg



d0123571_2314745.jpg



d0123571_23143010.jpg



d0123571_23145035.jpg



d0123571_23151978.jpg



d0123571_23153610.jpg



d0123571_231601.jpg



d0123571_23162482.jpg



d0123571_2317641.jpg
元防衛大臣だったんだよな〜、今回改選か・・・

by masashiw2 | 2016-06-10 23:17 | ラビリントス | Trackback | Comments(0)
朝食後は“うえの湯” 2016年6月3日
空気がうまいので朝食は完食。ゴロ寝はせず、引き続き勤勉に湯浴み。今度は“うえの湯”へ。
とかく、したの湯に比べて雰囲気が足りないと評されるうえの湯。たしかにタイル張りでなんとなく間延びした浴室だが、
陽がよく入って明るい印象、したの湯と好対照で悪くないと思っている。
うつらうつらと眠ってもいいのだが、水中でストレッチに勤しむ。体幹、腿、膝、ふくらはぎを十分に伸ばしてほぐす。
ぬる湯浴みでストレッチでしょ!──と声を大にしたい今回のプチ湯治である

d0123571_2281234.jpg
自在館渡り廊下と温泉棟(正面 うえの湯/おくの湯)


d0123571_2284010.jpg



d0123571_228573.jpg



d0123571_2291643.jpg



d0123571_2293617.jpg



d0123571_22101830.jpg



d0123571_22104260.jpg



d0123571_2211348.jpg
湯からあがって、腹が減ってくるのだった・・・


d0123571_22115862.jpg
昼食を食べに散歩がてら大湯温泉に降ります

湯治を終えて帰宅し、尾根幹を2回ほど漕いだり、井の頭池を走ったりしたが、
それまでの疲れがとれていて、リフレッシュしている実感がある。好調へもっていければいいと願っている

by masashiw2 | 2016-06-09 22:12 | 湯之華 | Trackback | Comments(0)
朝風呂は“したの湯” 2016年6月3日
温泉に着いた夜、日も暮れて、ホトトギスに混じって夜鷹の声を聴く。
闇に消え入るような声を聴いているうちに、ふぅーっと気が遠くなってしまう。空には大きな火星と土星。
明日明後日と十分湯浴みできるのでこの日の湯はほどほどにしておく。

あくる朝、快晴。キビタキなど鳴いている。したの湯で朝風呂。今の時期、新緑がみなもに溶け出している。
まずはこの栃尾又温泉定番の湯をご紹介しませう

d0123571_232289.jpg
薬師堂からのしたの湯


d0123571_2324581.jpg
階段を下って・・・


d0123571_2341722.jpg



d0123571_2351992.jpg



d0123571_2354477.jpg



d0123571_236769.jpg



d0123571_2362958.jpg



d0123571_2372664.jpg
階段を上がって、部屋に戻ります


d0123571_2391065.jpg
@神風館 朝食のあとは“うえの湯”へ

今回は一眼レフは持たずコンデジだけ。それなりの素材を得ることができれば、あとはフォトショでなんとかする算段・・・

by masashiw2 | 2016-06-08 23:13 | 湯之華 | Trackback | Comments(0)
15時46分、栃尾又温泉着 2016年6月2日
今回も宝厳堂さんに2泊ご厄介になる。東の窓から大きなブナの幹が見える。
出された作務衣に着替えたら、温泉場あたりを久しぶりに歩いてみる

d0123571_23305555.jpg



d0123571_23312338.jpg



d0123571_23314663.jpg
@宝厳堂


d0123571_23322383.jpg
@宝厳堂


d0123571_23325516.jpg
@宝厳堂


d0123571_23472069.jpg
@自在館


d0123571_23332478.jpg
そこに行けばそのようなものがたしかに残っていて──ということがだんだんと不確実になりつつあるものだが・・・
ここは空き地が広がったりしているようなことはなくて。何度か訪ねるうちに懐かしさを感じるようになった。
私のように新しいものをあまり望まないものにとってはとてもありがたいと感じている

by masashiw2 | 2016-06-07 23:34 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
小出・2DK賃貸5万2千円から 2016年6月2日
駅舎は新しくなったけれど、基本的にあまり変わりがないような小出駅周辺。
それでも少し空き地が増えてきたような印象も。時間は午後3時過ぎ

d0123571_2345141.jpg



d0123571_23453446.jpg
2DK賃貸5万2千円から、一戸建て350万円(!)から


d0123571_23455959.jpg



d0123571_23463075.jpg



d0123571_2346502.jpg



d0123571_23471676.jpg



d0123571_23473385.jpg



d0123571_23475093.jpg
駅前にある観光マップ。クリックで拡大します。

なかなか進みませんが、次回はやっと栃尾又温泉へ

by masashiw2 | 2016-06-06 23:51 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
毎度おなじみ湯沢から小出へ 2016年6月2日
朝、余裕を持って家を出る。久しぶりに東京駅ぶらぶら。駅ナカの本屋がカフェになっていたり、田舎モノはなかなかビックリ。
お昼ちょうどに湯沢に着いて、駅のお土産やさんの充実ぶりにも目をみはる。
いつものようにへぎそばを食べたり、日本酒を仕込んだり(緑川「霞しぼり」なんてレアな生酒もゲット)。
長岡行き普通電車の車掌は声優さんのような女子だった

d0123571_21382620.jpg



d0123571_21384298.jpg



d0123571_21385758.jpg



d0123571_21391590.jpg



d0123571_21394727.jpg



d0123571_21401985.jpg
車窓から緑川酒造。八海山がバックとはこれいかに


d0123571_21405041.jpg
14時55分小出着。小出駅は2011年改築。魚沼市名誉市民渡辺謙揮毫。少し続きます

by masashiw2 | 2016-06-05 21:44 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
栃尾又温泉に行ってきました 2016年6月2日
新潟県魚沼市は栃尾又温泉に行ってまいりました。何度も訪れているこの温泉ですが、ここ最近はご無沙汰。
久しぶりの温泉行、4年ぶりの滞在です。変わらぬ歓待に感謝、いい骨休みになりました。次回からご紹介します

d0123571_2344990.jpg
うえの湯@栃尾又温泉

by masashiw2 | 2016-06-04 23:45 | 湯之華 | Trackback | Comments(2)
もう7月じゃないの
岩渕真奈はウチの隣の公園でボールを蹴っていたらしい……
それって10年も前のことではないだろうからねぇ

d0123571_23403026.jpg
Ooyu, Uonuma, Niigata, June 7, 2012  温泉も行かなくなって久しいな

by masashiw2 | 2015-06-30 23:41 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)