タグ:横瀬町 ( 6 ) タグの人気記事
暑さ慣らし仕上げ・有間峠からGLへ――丸山林道から阿寺へ 2017年7月15日
寺坂の棚田に着いたのが11時。青々とした棚田に和む。
しかし、稲を撫でて暑い空気の塊がこちらに向かってくる。耳の後ろから汗が噴き出してくる。
1時間半くらいの我慢漕ぎで大野峠に着くはず。距離にして9km、勾配7%未満。
木陰の林地に入ると少しずつ涼しくなってきた。たどり着いた県民の森は都民の森と違って茶屋がない。
自販機がない。三頭団子もない。カレーパンもない(──と、前来た時もぼやいた)。
先を急いで刈場坂峠。軽トラの店が出てるが冷たい飲み物はあるのだろうか。
顔振峠まで行けば自販機があったはず。さらに先を急ぐ・・・

d0123571_0492120.jpg
d0123571_0493996.jpg





d0123571_050026.jpg
12時半、大野峠通過、GL(グリーンライン)主稜線を行く


d0123571_0502284.jpg
12時40分、刈場坂峠通過


d0123571_0504288.jpg
涼しい木陰、快適! 時々ハルゼミ、まだ少し鳴いていた


d0123571_0512780.jpg
高山不動分岐、廃茶屋で陽を避ける。ドリンク飲みきる


d0123571_0522391.jpg
13時20分、八徳(やっとこ)分岐通過


d0123571_0524897.jpg
13時30分、平九郎茶屋@顔振峠。吾野鉱山(左)から武甲山まで

阿寺線でR299に下降、東吾野のファミマで大休止。
以下、自販機休憩のあらまし──

下名栗、有間ダム分岐手前の自販機にて、ライチソーダ350cc、あまり美味しくない。
半分なくなったVAAM溶液ボトルに名栗湖右岸の水場で沢水を足し、満タン(500cc)で有間峠へ。
秩父市街、コンビニに入りそびれて、寺坂手前の食堂の自販機にて、マンゴーソーダ350cc、
そしてミネラルウォーターも買い、空になっていたボトルに新しいVAAM溶液をこしらえる。
顔振峠平九郎茶屋の自販機、スプライト500cc。
東吾野のファミマで休憩。モンスターカオスエナジー350cc、モッチリたい焼きとかサンドウィッチとか。
藤沢手前自販機にてリアルゴールド190cc、南アルプス天然水朝摘みオレンジ500ccを空になっていたボトルへ。
所沢街道に入って三たびボトルは空に。東久留米下里の自販機にて、伊藤園炭酸水500cc飲んで余りはボトルへ。

──以上、果実系炭酸ジュース、リアルゴールドみたいなオッサン系栄養炭酸、疲れたらモンスターとかレッドブルとか。
家を出てから、都合3990cc飲んだことになる。それでも帰宅後体重を測ったら、前日より1.4kg減っていたから、
随分と水分の入れ替えをしたものである。
ま、暑さ慣らし仕上げ、なんとか完了か。しかしやっぱり真夏ライド、きついですね。
有間峠からGLへ、ご高覧有り難うございました。ルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-07-22 00:58 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
名栗から秩父にタッチして 20017年7月2日
梅雨真っ最中の週末だが、晴れ間もちらほら。
だが、土曜夜それなりの雨降りで、道も濡れてどうしたものかと、翌朝4時の目覚ましをキャンセル。
とりあえず5時ごろ起きだして、ベランダから確認。雨降りはなさそう。用意はしておいたものだからとりあえず出かける。
気になっている有間峠名栗側は8日の開通らしい。なんとなく奥武蔵へ。
名栗あたりは、先月のオッサン登山以来。やっぱり自転車のほうがいいね。

天気も持ちそうなので山伏峠からグルッとまわるか。
正丸峠ではアオバトが鳴いていた。刈場坂峠までくるとハルゼミがまだ鳴いていた。いいなぁ。
ただ、峠は無線をやる方々が自家発電しながら交信中。ノイズ聞かされて一服なんて。大野峠に退散。
寺坂棚田を見ておきたいので丸山林道を降りる。カエルが鳴いていいものですね。
秩父に降りて、コンビニで補給。定峰・白石を越えて都幾川へ。
アイスモナカとRed Bull、組み合わせが良くなかったか、膨満感をこらえて漕ぐ。
毛呂からは暑さ慣らし、まだまだ順応が足らない。夏はこれから・・・

d0123571_17154356.jpg
@赤沢、名栗


d0123571_1716687.jpg
@正丸峠


d0123571_1716465.jpg
@高麗川源流、林道刈場坂線


d0123571_1717562.jpg
@丸山林道。武甲山が大きく見えてきた


d0123571_17174983.jpg
@寺坂棚田。かがり火まつり、綺麗だったようで
以上、5点ケータイにて撮影。おなじみの行程なので一回こっきりです。





マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~新小平~東大和~瑞穂~岩倉街道~山王峠~名栗~
山伏峠~正丸峠~刈場坂峠~大野峠~丸山林道~寺坂棚田~R11~
定峰峠~白石峠~都幾川~毛呂~高麗川~農水橋~入間~R463~所沢~所沢街道~田無
距離154.7km、獲得標高2028m

by masashiw2 | 2017-07-03 17:26 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
有間峠からGLへ~顔振までサクッと、のつもり 2016年11月20日
秩父市街に下りると、昼飯前であちこちの丼屋に行列が。行列並び目的でドライブするのも楽しかろう。
R299から丸山林道に入る。グループライドのかたがたにあっさりと抜かれる。脚がまだまだフレッシュそう。
当方は飯能からの帰路の脚も残しておかねばならず、残り少ない脚を出し惜しみながら比高650mを登り返す。
その前にまず腹ごしらえ、武甲山と棚田を前にレトルトぜんざいなど流し込む

d0123571_224525.jpg
@横瀬の棚田。武甲山も、まぁ人工美なんだろうけど。三菱マテリアル工場といい、秩父ならではの景観。いい眺めです


d0123571_2255063.jpg
丸山林道はほとんど写真撮らず。いい道で、快適さゆえに印象に残らない? 県民の森では売店はおろか自販機もなく・・・


d0123571_226221.jpg
刈場坂峠から堂平。勝負平の方は広葉樹を残してあるのがわかりやすい


d0123571_2292628.jpg
高山不動分岐から吾野方面。少し先の八徳を下降してもいい光線だったかもしれない


d0123571_2295922.jpg
@顔振峠、平九郎茶屋駐車場。この日もずっと富士山に見守られていたことだなぁ


d0123571_22254875.jpg
阿寺から下ります。ここまで、サクッとのつもりだったが、なかなかどうして・・・


d0123571_2226889.jpg
@虎秀。ここからR299。東吾野には大きなコンビニがあるので、しっかり買い食い休憩。

都合12時間くらい漕いでいたか。輪行装備を持っていたなら、迷わず電車に乗ったことだろう。
所沢手前で日没、ナイトランになってしまった。今年のロングはこれで終わりかと。
有間峠からGLへ、ご高覧有り難うございました。ルートラボはこちら

by masashiw2 | 2016-11-25 22:40 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
今週は自分の足で・武川岳から芦ケ久保へ 2014年12月6日
長い急登があっても気持ちを紛らわして登り続ける。紛らわしかたは少し上手くなったかも。
少しずつ開けてくる展望を糧に、歩を進める。この日の最高点・武川岳へ

d0123571_23252682.jpg
@武川岳頂上。大持山への道、落葉しきってカサカサに乾燥している



d0123571_23252257.jpg
@武川岳頂上。火のもとには充分注意



d0123571_23253990.jpg
少し降りて武川岳を降り返る。落葉しきった広葉樹林、美しい初冬



d0123571_23252543.jpg
造成中の林道から武甲山と秩父盆地が見えてきた



d0123571_23253971.jpg
さらに降りるとさえぎるものなく武甲山が!



d0123571_23265888.jpg
秩父盆地。このあとも急な下りが続き、懐中電灯を点けて芦ケ久保に無事到着

by masashiw2 | 2014-12-08 23:29 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
定峰峠から横瀬の棚田へ 2013年5月18日
小川町の渋い街並は帰路のお楽しみ、さしあたっては山へ、峠へ。東秩父村に入る。白石集落から永峰峠へ。
この日も頻脈傾向で馬力が出ない。いかんなぁ。ダンシングの若いもんにどんどん抜かれる。
峠はいつものにぎわい。バイクの空ぶかしがうるさいので、即、降りる。秩父盆地を遠望しながらダウンヒル、気分よし。
横瀬に入るとダンプ多し。イヤだけど、ちょっとだけ国道299号。素敵な木造の小学校から田舎道に入る。
棚田があって、そのむこうには武甲山がその身を削られながらも峻立していた

d0123571_2351155.jpg








d0123571_2352148.jpg
なぜか仏舎利塔







d0123571_23646100.jpg
なぜかゴミ屋敷







d0123571_2362238.jpg
なぜか悦楽苑







d0123571_2374512.jpg


by masashiw2 | 2013-05-20 23:09 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
秩父・定峰峠へ-2 国道299号であおられて 2013年3月10日
山伏峠から秩父側に降りる。国道299号に合するところが正丸トンネルの西端。
ちなみに正丸トンネルを自転車が通行するのはチト難しい。大型車のスリップストリームに入って抜けるという荒技もあるようだが……。
で、この299号を秩父方面にダウンヒル。狭い。カーブには中央分離ポール有り。路側の白線に凹凸があるのがいやらしい。
「坂氷」という、穏やかならない名前の交差点で、県道11号に入る。ほっとする。縁日などもあり、のどかな田舎道

d0123571_21325669.jpg








d0123571_2133849.jpg
悪名高き正丸トンネル







d0123571_21331969.jpg
もうひとつ小さいトンネルがあるのだが、おっかないので側道へ迂回。渋めの景観がころがっていた







d0123571_21333762.jpg
県道11号に入る







d0123571_21335276.jpg








d0123571_2134456.jpg
次回は定峰峠へ


by masashiw2 | 2013-03-14 21:40 | 峠道 | Trackback | Comments(2)