タグ:甲州市 ( 34 ) タグの人気記事
柳沢峠に溜飲を下げにいく-3 2017年8月6日
2年前の秋にほとんど同じコースを漕いでいる。10月中旬のサイクリング適期。
ちょうど心臓の手術から3ヶ月ほど経って、発作の心配がなかった頃。
その時とタイムを比較してみると、今回の方がやや速い。暑さで調子が出ないとはいいながら、
今回のほうがパフォーマンスがいいわけで、やはり体重が軽くなったことが大きいかと

d0123571_23201046.jpg
今回のシンメトリックなコースプロフィール。ときどきトゲみたいに出てるのがトンネル通過部分。
ちょうど帰路の一之瀬高橋トンネルを示している(地図上の丸と、プロフィールの縦ケイ)。
トゲの部分は、トンネルの上の山越えとして誤測して高度が跳ね上がっている。その分、獲得標高が少なくなるはず



d0123571_23211636.jpg
花魁淵分岐から一之瀬高橋トンネルへ。ワッフルもやはり撮っておく


d0123571_2321379.jpg
d0123571_23215117.jpg
丹波山村に入って、かたなばトンネルも開通間近。かなりの部分が旧道・廃道化することだなあ


d0123571_2322271.jpg
奥多摩町に入って、峰谷橋の手前、箒目モルタル激坂をちょっと寄り道


d0123571_23234256.jpg
馬頭館という温泉旅館がありまして。いつの日かゆっくりお邪魔してみたい


d0123571_2324794.jpg
小高くなっているあたりから峰谷橋。右に行けば小河内ダム、左に行けば峰と奥


青梅市街でとうとう土砂降りに捕まる。実は今回のカメラはケータイ。
ポケットの中で水没しては困るのでチャック付きのビニール袋にしまいこんで雨の様子は撮影せず。
雨雲は真北に進むようなので、雨の中を我慢して東進、小作あたりからまったくのドライ。
シャワーの中を漕いで、トンネルの中で汚れていたフレームもキレイになっていた。
帰宅して体重計測、BMIは21.8843。かろうじて肥満度マイナス。

柳沢峠に溜飲を下げにいく──ご高覧有り難うございました。
今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-08-09 23:33 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
柳沢峠に溜飲を下げにいく-2 2017年8月6日
d0123571_23191175.jpg
クリックで拡大します。1:旧青梅街道から青梅街道に合流  2:古里コンビニ前  3:奥多摩湖・小河内ダム
4:奥多摩湖・深山橋  5:花魁淵  6:柳沢峠  帰路、多摩川南岸道路(愛宕トンネル〜城山トンネル)で古里へ


さて、往路をそのまま戻る。
峠直下のループ橋からドンと見えるはずの笠取山方面は見えず。不穏な雲、雨がざっと降りそうな予感。
あとは下るだけ、できれば雨に降られずに帰りたい。
峠で大福をすべてたいらげて空になったポケットに、「はまやらわ」でわらび餅。看板猫はご不在

d0123571_23205058.jpg
d0123571_2321725.jpg





d0123571_23212437.jpg
そしていつもの“彼”にもご挨拶、赤いビロードのぬいぐるみに見えないか


d0123571_2322329.jpg
「川釣り 料金表 一人釣り 三〇〇〇円 午前六時 午後五時」って書いてある。いろんなものが風化していく


d0123571_23222467.jpg
藤尾橋。やっぱり撮っておく


d0123571_23225032.jpg
一之瀬高橋トンネル(西口)、この辺りがやはり最も険しい




d0123571_23231694.jpg
d0123571_23342340.jpg
花魁淵方面、風が重たい。つづく

by masashiw2 | 2017-08-08 23:27 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
柳沢峠に溜飲を下げにいく 2017年8月6日
先週末もぶすぶすとくすぶっていた。例の台風で何週か潰れている。面白くない。
八ヶ岳あたりに漕ぎに行きたいのだが、好天を得ることができないと、せっかくの輪行もつまらない。
柳沢峠自走でガッツリ漕いでおくか。お金もかからないし。遠望を楽しむコースでもないので雨に降られても腐らなくて済む。
土曜日、仕事をあらかた固めておいて、日曜日夜明けから出かける。
シンプルに往路復路同じにして、シンメトリックなコースプロフィールを描いてみようかと──

d0123571_2334325.jpg
日向和田・へそまん駐車場で一本立てる。このところ燃費悪し。ヘモグロビンA1cは正常値なので代謝が上がったものと思いたい。
いなげやの豆大福(5個入り)、三代目茂蔵の甘酒(小3袋)、井村屋のスポーツようかん(3本)を用意

d0123571_23351181.jpg
多摩川南岸道路に入りそびれて、スルーするはずだった奥多摩駅前


d0123571_23353255.jpg
熱海@奥多摩湖。なんだ、けっこう晴れている。大丈夫と思いたい


d0123571_23355597.jpg
丹波山キノコ売店から少し先、しばらく人家なし。3個目の大福を食べる。調子まずまずだが涼しくならない


d0123571_23361739.jpg
「こんにちは〜!」若者たちに爽やかにちぎられる。あんな軽やかなダンシング、できない・・・。峠まであと高度400m


d0123571_23364629.jpg
@柳沢峠。塩山側に夏雲湧く。まだ午前10時半、すでにかなりの上昇気流。スモーキングライダー皆無


d0123571_23371184.jpg
@峠の茶屋。暑い、標高1472mなんだけど。リアルゴールド補給して降りる

勾配 ave.7%もないのだが、冷涼でないので調子が落ちてきた。3回ほど続きます




マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平~東大和〜瑞穂〜青梅〜奥多摩湖〜丹波山〜柳沢峠〜
はまやらわ[わらび餅購入]〜道の駅たばやま[休憩]〜峰谷橋〜大麦代トンネル〜
多摩川南岸道路〜二俣尾711[トイレ]〜青梅市街[雨宿り]〜
瑞穂〜東大和〜小平〜鈴木街道〜五日市街道
距離177.4km、獲得標高2425m

by masashiw2 | 2017-08-07 23:44 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
大弛峠~柳沢峠へ再トライ-4 2017年6月10日
日射もそれほどでなく、路面もドライ、申し分ない。あとはひたすら下るだけなのだが・・・。
坐骨が痛くなってきて、爽快であるはずのダウンヒルが楽しくなくなってきた。
この日はまだ100km越えていないのに尻をかじられたみたいに痛む。

問題はどうもサドル(いわゆる前開き、坐骨の接触面が少ない?)。今までもこういう傾向があったのだが、
今回どういうわけか症状が出るのがいやに早い。半年ばかり我慢して使ってきたが、もはや潮時(最近なんでも潮時にする)。
下りはまだいいのだが、ちょっとした登り返しが苦しい。

加えて、眠い。前夜、前々夜と、この日を余暇とするためにちょっと無理をした。
木陰でちょっと居眠りをしようかとも思ったが、以前、犬を放しているのを見たことがあったのでやめておく。
睡魔と戦うことはたまにあるが、尻をかじられながら戦うことはあまりなかった

d0123571_2341010.jpg
お尻だけ出している廃車くん発見


d0123571_2342852.jpg
頭だけ出している廃車くんはおなじみ。おかわりないようで何より




d0123571_2345046.jpg

d0123571_2351218.jpg
おなじみ藤尾橋も定点観測物件




d0123571_2355573.jpg
そして、おいらん淵ヘアピンを落ちていく


d0123571_2361528.jpg
おいらん淵旧道入口、16時ちょうど。このあたり夜になったら漆黒だろうかと


d0123571_237178.jpg
新しいトンネルを掘っていた。「かたなばトンネル」ってどんな名前か!


d0123571_238041.jpg
[中略]で氷川。寝ちゃいそうになりながら降りてきた。奥多摩駅久しぶり

このまま輪行せず漕いで行けば、おそらくは青梅市街前後で日没となろう。
青梅まで渋滞になって車の横をすり抜けていくのも嫌だし、夜間はもともとほとんど漕がないのでやっぱりやめておこうかと。
で、奥多摩駅から輪行。タイミングよく青梅行きが来た。先週、軍畑から乗った電車の次の便。二週続けて青梅線の旅か。
尻が痛いので、車中、椅子にも座らず、つり革にぶら下がって居眠り、膝をガクッと折って我に帰ること何度か。

今回は好んで苦行に行くような自転車漕ぎであったことだなぁ。
ガッツリ漕ぐなら漕ぐで、もうちょっと快適な工夫をしないことには。
大弛峠~柳沢峠、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-06-14 23:13 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
大弛峠~柳沢峠へ再トライ-3 2017年6月10日
体重が減っているからもっと前に進んでいいと思うのだが、使っているギアは以前と同じ。
予定ではもう少し早く柳沢峠の到着するはず。どうも期待したほどの調子でもなくなってきた。
いったん降りて標高1000m以下の区間は蒸し暑く、少しバテてしまった。

柳沢峠、遠い。ループ橋をいくつ越えたろう。カメラを出す気にもならない。
奥にトンネルを掘っていた。どうせなら峠をパスして「はまやらわ」まで抜けるトンネルを作って欲しい。

ウェイトバランスが変わったのか、尻の肉が削げたのか、坐骨が痛い。
それに、どうも最近、燃費が悪く感じる。味覚の嗜好が甘いもの好きになって、餡子ばかり食べている。
それって、ひょっとしてHbA1c値に異変が!? それは困ります、不整脈 + γ-GTP高めだけで十分・・・

d0123571_22114968.jpg
柳平から牧丘の果樹園台地までの下りは30分弱。あっけない


d0123571_22121083.jpg
巨峰の里、葡萄はまだこんな状態


d0123571_22124663.jpg
牧丘の台地。美味しい葡萄がたくさん採れますよう


d0123571_2213814.jpg
[中略]で柳沢峠。富士山は見えない。ここ3、4年、2回/年でだいたい勝率5割か


d0123571_22141341.jpg
行き先が八王子というのも意外な気がするが、R411は青梅で多摩川を渡って八王子に向かうのでOK


d0123571_22144332.jpg
うっとりするようなトチの花繚乱。峠の北のループ橋からの山座同定(笠取山?)ができない。右の岩峰(?)が気になって




d0123571_2215168.jpg

d0123571_22152926.jpg
はまやらわでわらび餅2個(柚子&黒糖)購入。看板猫をなでまわしてから帰路に就く。つづく

by masashiw2 | 2017-06-13 22:21 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
大弛峠~柳沢峠へ再トライ-2 2017年6月10日
高所なので、ニーウォーマー(脛から上のウォーマー)を使ってみた。ジジ臭い装備だが、なかなか快適。
時々、山の上から吹き下ろす風が冷たく、ニーウォーマーで腿から膝下までをカバーしていると
立ち漕ぎの時も膝まわりがポカポカして気持ちがいい。季節を問わず定番装備になりそうだ
(もう少しシニアになると腹巻きも必要になってくるかも)。

なんとか10時台には峠にたどり着く。前回は路面着雪で好調を阻まれたが、今回は好条件。
問題なく前回を上回るタイムで登ることができた。
ま、もう少し早くてもよかったのだが、柳沢峠も控えているのであまり無理はせず

d0123571_224132100.jpg
@大弛峠。ちょっと尻が痛くなってきた。立ち漕ぎ多めなのに尻痛とは。坐骨がダイレクトに痛い


d0123571_2242252.jpg
ダートの川上村側も駐車スペース満員盛況。山梨側も推して知るべし、駐車場峠恐るべし




d0123571_22425488.jpg

d0123571_22431887.jpg
下り、ちょっと写真も撮っていきます。大弛峠ならではの遠近感




d0123571_22434534.jpg
金峰山方面ですかね、厚い胸板のお山って感じです


d0123571_22443425.jpg
白いカンバの木が以前から気になって・・・。私だけのお気に入り


d0123571_2247932.jpg
鳳凰三山~甲斐駒ヶ岳がごく淡く、ほとんどわかんない


d0123571_22473762.jpg
柳平も正午に通過、琴川ダム「ム」地点やや下の水場にあるトチの巨木。ハルゼミの大合唱を耳に刻んで。つづく

by masashiw2 | 2017-06-12 22:53 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
大弛峠~柳沢峠へ再トライ 2017年6月10日
抗不整脈剤をやめてから(血液抗凝固剤のみ服用)、運動の際、若干調子がいい気がする。
心電図をとると波形のひとつひとつがおそらくは良くないのかもしれないが、とりたてて具合の悪さは感じない。
抗不整脈剤を服用していた時と比べると、アクセルがすぐ効き、疲労回復も早い印象。
以前は調子が悪くなると、レスポンス・回復が鈍くなって、底が抜けたようになってしまったものだが。

飲んでいたクスリには、正常脈に戻す本来の作用の他に、脈が出過ぎないように何かしら抑制をするような作用も
あったのかもしれない。そういったものから自由になっている──と思うと、気分的にも楽になる。

カラダも軽くなっているので、本格的に梅雨になる前(梅雨入りはしてしまったが)に、
大きなルートを漕いでおきたい。昨年の晩秋、大弛峠から家まで漕ぐことを果たせなかった。
力試しにリベンジ、ハルゼミの大合唱を聞きながら標高2365mから自宅を目指す

d0123571_2120940.jpg
まずは2365mまで登らねば。@クリスタルライン入口。ここに来るまでの牧丘の果樹園台地が夏は意外と核心部だったりする


d0123571_212401.jpg
おなじみ「こ」の看板。ここから琴川ダムまで8km。〜と・か・わ・ダ・ム、一文字ずつ数えていきます


d0123571_21252425.jpg
眼前の登るべき林道。左の岬状突端が「ム」のポイント、そこからは緩くなる。標高1400m手前、ハルゼミはすでに賑やか


d0123571_21262293.jpg
初夏の琴川ダム


d0123571_21265814.jpg
@柳平、分校だった場所。ハルゼミの大合唱がしみ入る


d0123571_2127343.jpg
[中略]という感じで、大弛峠まであと3kmポイント。残りは2km、1.5km、1km、0.5kmという親切な刻みになっていいる


d0123571_21284621.jpg
湿気が多いのか、遠くの山々はみな霞んでいた。寒いくらいの高原の空気





マップをクリックでルートラボに飛びます。

中央線普通・初電を乗り継いで、塩山(0621着)まで輪行
塩山~国道140号~牧丘トンネル~牧丘線~柳平~大弛峠~
往路を中牧神社まで、フルーツラインで国道411号へ~裂石~柳沢峠~
はまやらわ[わらび餅購入]~丹波山~奥多摩湖~
奥多摩駅~輪行(1810青梅行)って、うちまでの自走は時間切れで諦めたのでした・・・
距離120.1km、獲得標高3625m(下り3699m)
大弛峠~柳沢峠、少しつづきます

by masashiw2 | 2017-06-11 21:39 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
ちゃっちゃと柳沢峠往復 2016年11月13日
国道411号に入って、レトルトぜんざい投入、体力回復を図ったが、今ひとつ。
さすがに大弛峠の後はつらいものがある。ひたすら我慢で漕いでいく。
目の前のループ橋をこなしても、次のループ橋が現れる。さすがにゲンナリ。
さらにその先、あんな上まで上がるんだっけ、上がるのです。トンネルが新設されて
合理的なラインになっても峠の位置そのものは変わらない

d0123571_21312365.jpg
お約束の柳沢峠アリバイ富士。この日は富士山には好かれていた


d0123571_21324889.jpg
峠に着いたのは15時37分。標高は1485mと、少し多めに表示している。茶屋前で自販機休憩、芯から冷えてきた


d0123571_21331939.jpg
帰路、峠直下のアリバイ富士。ススキがあってこちらの方がいい感じ


d0123571_21334779.jpg
人工的な構造物が美しいと思ったのも、ちょっと疲れていたからか。普段はあまりそういう風に思わない


d0123571_21355648.jpg
塩山発17時05分のホリデー快速ビューやまなし号に間に合うように飛ばす。16時40分塩山駅着

どうも余裕のない旅となってしまった。大弛峠から帰宅するコースはまた来年、陽が長くなって、
暑くならないうちにリベンジしたい。ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-11-17 21:38 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
奥多摩に向かうかどうするか、大弛峠から柳沢峠へ 2016年11月13日
麓は汗ばむ陽気、クリスタルラインを下りてきた。同じ道でも往路とは違って見える。
結局、予定より1時間くらいロスしてしまったか。牧丘に戻ると、もうすぐ13時という時間。
ここから柳沢峠へは2時間30分くらいかかると見ていた。奥多摩に向かったとして、
柳沢峠から奥多摩湖・小河内ダムまでさらに2時間くらいか。真っ暗になってしまう。
1400mの高所、日陰で凍結箇所もあるかも。高速のダウンヒルでコケたくない。
なので、柳沢峠にタッチしたら往路を塩山に降りることにした。もう慌てないでゆっくり行きます

d0123571_2130587.jpg
クリスタルライン、往路では気がつかなかったが、大きなトチノキがあったり、地蔵さんがあったり


d0123571_21314179.jpg
クリスタルラインの入り口あたり。このあたりは植林地。ところどころ残った広葉樹がアクセント


d0123571_2132068.jpg
牧丘のぶどう園台地に戻ってきた


d0123571_2132268.jpg
勾配10%が続き、夏に大弛峠に登る時は炎熱の関門、核心部でさえある


d0123571_21325733.jpg
焦る気持ちも次第に緩んできた。ゆっくり行くか


d0123571_21333894.jpg
巨峰の里・牧丘方面を振り返る。フルーツラインに入って、国道411号に向かう


d0123571_2134365.jpg
基本、下り勾配だったフルーツライン。しかし、急勾配の道があちこちに派生している。
もうすぐ国道411号、1800mほど降りた事になる。ここから900m登り返す。つづく

by masashiw2 | 2016-11-16 21:38 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
遅くなったけど今年も麦草峠へ 2016年11月6日
最近、群馬方面に食指が動いて、高崎起点であちらこちら輪行旅を検討していた。榛名とか、碓氷峠とか、沼田あたりとか。
しかし、八ヶ岳あたり、気がすむまで行っておきたいという気持ちも抑えきれず。
毎年行っている麦草峠、しばれる前に行っておきたい。今行けば、落葉松の紅葉も美しかろう。
佐久に降りたあとどうするか。ぶどう、十国、大上、田口ときて、内山峠だけが未踏。んじゃ、これで行きますか。
で、今日も今日とて中央線普通初電で甲信地方へ。夜は白々と明け、雲はない。
駅や車中で不思議と自転車乗りを見かけなかった。サイクルモードが開催中だったから? こんなに天気がいいのにねぇ

d0123571_20571238.jpg
勝沼あたりの車窓も大好きだ。冠雪した白根三山のみならず荒川岳まで(南アルプス全部見え?)見える


d0123571_20573481.jpg
サッカー少年たちも乗ってこず、空いている。温風が出るところに陣取り、かなり眠れた


d0123571_20575474.jpg
茅野駅東口で輪行解除。垢抜けしないビーナス連中がお見送り


d0123571_20594166.jpg
南八ヶ岳もよく見えたが、この日はここらでお別れ


d0123571_210399.jpg
紅葉はいい感じの模様。ビーナスライン分岐のGS。別荘地のGSって、こんな感じ。勝手に給油していいのかな


d0123571_2102715.jpg
カーブを生真面目に数える長野県人。R299・11号カーブは絶景


d0123571_2104937.jpg
左から、ちょこっと北岳、甲斐駒ヶ岳、鋸。仙丈も見えているかも


d0123571_2111153.jpg
比高100m/10分と念じながら峠到着。寒くて歯の根が合わない。チョコパン食って退散





マップをクリックでルートラボに飛びます。

中央線普通・初電を乗り継いで、茅野(0746着)まで輪行
茅野(0820)〜R299〜麦草峠〜八千穂〜R141〜R254〜中込〜内山峠(旧道)〜下仁田〜高崎
高崎から輪行(1814高崎発国府津行き、新宿2004着)
距離139.6km、獲得標高1987m(下り2615m)
少し続きます

by masashiw2 | 2016-11-07 21:10 | 峠道 | Trackback | Comments(0)