タグ:秦野市 ( 10 ) タグの人気記事
初ライド、痙攣出てきた 2018年1月7日
初めて試す貼る懐炉。早朝の冷気の中、ほとんど効果なし。つま先がかろうじて効いているが、手指は感覚がない。
脈は悪くないが、低温と着膨れで尾根幹はたいしてはかどらない。
町田街道を西進しているうちにやっと温まってきた。
しかし、宮ヶ瀬へ向かって高度を徐々にあげると、また体温を奪われていく。

タイム的には12月と比べるとそれなりに速い。R70に入ってから、ツギハギの隘路の緩い登り。
舗装が悪く今まで避けてきたところもトラクションが効いてガシガシいける。尻も痛くならない。かなり速い。

秦野市境を越えて勾配が増す。立ち漕ぎで稼げば速いはずだが・・・。
ちょっと痙攣が出てきた。まだ軽いものの左右の内腿を駆け巡る。ギアを軽くするしかない。
宮ヶ瀬園地で甘草芍薬湯を飲んでおいたのだが(夏場、これを飲んでおけばまず発症しなかった)。

前回、前々回の試走でポジション的な不具合は特になかった。ハンドル周りはピッタリで気持ちがいいくらい。
痙攣が出るということは自転車が要求するアルバイトに乗り手が応えきれないということもあろうかと──

d0123571_22533781.jpg



d0123571_22182746.jpg
d0123571_22184516.jpg



d0123571_2219629.jpg



d0123571_22192456.jpg
通りすがりの、私ではない人


d0123571_22203510.jpg
私には過ぎたアルミの馬なのか? つづく

by masashiw2 | 2018-01-09 22:25 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
わりと満を持して初ライド 2018年1月7日
この年越しは、大晦日に新政・エクリュ2016を、元旦には春霞・赤ラベル──と、
NEXT5系微発泡を夫婦で四合瓶1本/日ずつあけた。
明けて2日、カラダがダルい思いつつ仕事始め。やっぱり肝機能が落ちているなぁ。
休肝日を設けて、連チャンを避けないと回復しない。ウェイトも減らないので2、3、4日と休肝したことは前回申し上げた。

5日にもろもろ納品を片付け、気分も楽になって、菊鷹新酒おりがらみ「菊花雪」を少々。
6日はよく休んで、ジョグで調整、体調も元に戻る手応えを感じながら休肝。

だもんで、7日の初ライドは、わりと満を持してのぞんだ格好。
年末に2回ほど50km程度のライドを済ませた新車で、距離120〜30kmを越えた慣らしライドをしたかった。
勝手知ったる道で旧車と比較をしたい。ということで昨年5回ほど通った裏ヤビツへ

d0123571_2301839.jpg



d0123571_2303758.jpg
通りすがりの、私ではない人


d0123571_231644.jpg



d0123571_2312815.jpg



d0123571_2315027.jpg

しかしこの日も寒かった。貼る懐炉を靴に入れたり、袖口に忍ばせたりして午前7時に出発。
調子が良ければヤビツを越えて名古木まで降りて登り返してもOK、と考えていたが・・・




マップをクリックでルートラボに飛びます。

是政~連光寺坂~尾根幹~町田街道~R413~R48~新小倉橋~旧道~長竹~鳥屋~宮ヶ瀬湖畔園地~
ヤビツ峠~往路と同じ~久保田酒造~往路と同じ~是政
[ルートラボ]距離132.1km、獲得標高1395m 

実は、今までにない、しつこい痙攣が出まして。あえなくヤビツにタッチで降りてきました。
で、なんとなく宮ヶ瀬湖左岸の長いトンネルも降りる気がしなかった(濡れているとイヤ)ので、オギノパンもパス。
久保田酒造は新酒が欲しかったのでちゃんと寄ってきました。

次回、冬の宮ヶ瀬の景観をもう少々、つづく

by masashiw2 | 2018-01-08 23:07 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
宮ヶ瀬の紅葉と相模灘(湾)-3 2017年12月2日 sanpo
ヤビツ峠への登り返し、なんとなく調子がでてきて、これならナガヌキあたりまで降りて登り返してもよかったかも。
薄曇りになって、かなり冷える。峠を通過、ひんやりした森を宮ヶ瀬へ。
写真を撮る場所はいつも似たりよったりなのだが、赤く染まって美しい

d0123571_23314240.jpg



d0123571_23315944.jpg
ミツマタハウス──と勝手に呼んでいるのだが、ミツマタにはすでに大きな花芽がついていた


d0123571_23321474.jpg



d0123571_23331972.jpg



d0123571_2333361.jpg



d0123571_23335354.jpg
トンネルのこちら側に戻ってきました


d0123571_23341319.jpg
堰堤は滝とはいえないと思うが、場所によってはそれなりに滝のような風情もあったりで。
オギノパンに急ぎます。つづく

by masashiw2 | 2017-12-07 23:36 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
宮ヶ瀬の紅葉と相模灘(湾)-2 2017年12月2日
渓谷沿いの隘路、R70はお気に入りの道。しかし路傍にこんなにモミジがあるとは知らなかった。
土曜日は相変わらず法面工事やっているので、たまに工事車両、離合が厳しい

d0123571_18213957.jpg
トンネル抜けたらモミジ3連発です(実際にはだいぶ先ですが・・・)


d0123571_1822057.jpg



d0123571_18221539.jpg



d0123571_18223367.jpg
Adobe RGBで撮っているのですが、ブログ用にsRGBに落とすのが残念


d0123571_1823957.jpg
@ヤビツ峠。根が生えるといけないので、ただちに菜の花台へ


d0123571_18233383.jpg
@菜の花台。期待した富士は見えず(泣)


d0123571_18241456.jpg
秦野の先だから二宮あたりですかね


d0123571_18243539.jpg
なんとなく神々しいのでトリミング。相模湾の先が相模灘ということみたいで


d0123571_1825852.jpg
地方出身者にわかるのは江ノ島くらいか。来た道を戻って宮ヶ瀬へ、つづく

by masashiw2 | 2017-12-05 18:27 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
アルチンボルド展お土産などなど
前回のエントリから続き──楽しかったアルチンボルド展、お土産も一風変わったガジェットがあるのではと期待していた。
事前に芸術新潮(アルチンボルド特集)を買っていたので、図録はもとめなかった。
代わりに買ってきたグラフィックなどなど。

レンチキュラーハガキ2種
その昔よくありましたよね。一枚の絵が、見る角度によって違う絵柄が現れる不思議シート。
今となっては懐かしい。友人に便りを出そうと思って買ってきたが、綺麗なので惜しくなってしまう。
まず一枚、『四季』の《夏》──夏野菜の貴人から、『四季』の《冬》──古木の老人へ変わっていく
d0123571_1735416.jpg



d0123571_17322495.jpg
もう一つは、『四大元素』の《火》──頭が燃えている男から、『四大元素』の《水》──魚臭い男へ変わっていく
なかなか興味深い中間形状が現れてくると思いませんか? 原初的な驚き、まさに眼の快楽。いずれもオーストリア製


トランプ
ハートとダイヤが『四季』の《春》、スペードとクローバーが『四季』の《夏》のトランプ。
ジョーカーは《春》の白ユリと、《夏》のアーティチョーク
d0123571_1733739.jpg
願わくば《春》《夏》だけでなく、《秋》《冬》も欲しいところ。トランプの裏の絵柄は中央の箱絵。

アルチンボルド展のお土産にお菓子が多かったのが意外。あまり食欲をそそる絵画とは思えないのだが。
最近は、展覧会に行く時、事前にその展覧会のHPでお土産をチェックしてしまう。
東博の「タイ展」がお土産が充実していそう、そのうち出かけてみたい



2017年7月9日
梅雨の間は安上がりに脚の状態を維持しておきたい。
毎週末距離150km、獲得標高2000mくらいをキープできればいいかと。

土曜日は朝寝したかったので、昼から暑さ慣らしのジョギングだけ。
日曜日は裏ヤビツ。気温30℃はゆうに超えそうなので涼しそうな川伝い漕ぎ。しかし暑い時は暑かった。
調子は悪くなく、飛ばせた気もしたが、タイム的には前回と同じくらい。
秦野側、菜の花展望台まで降りるが湿気で富士はあまり見えず。浅間神社も行ってみたが立派な社があるでもなし
d0123571_174007.jpg
ど真ん中に富士山があるのです。菜の花展望台から

d0123571_17403549.jpg
浅間神社からの眺め。夜景の隠れスポットと言われているらしいが・・・

来た道を登り返すが、ジリジリ焼かれる。峠を今一度通過して、オギノパンまで一気に降りる。
久保田酒造には寄らず(冷蔵庫満杯なので)。久保田酒造の横を通過時、正午の時報の村内(村じゃないが)放送。

帰路、尾根幹はフライパン。水分が急速に失われていくのを実感。何度か前腿が痙攣。
自販機休憩しすぎ、腹を冷やしてしまった




マップをクリックでルートラボに飛びます。

多磨〜是政〜尾根幹〜町田街道〜相原〜川尻〜新小倉橋〜長竹〜鳥屋〜宮ヶ瀬湖畔園地〜ヤビツ峠〜
菜の花展望台〜浅間神社〜ヤビツ峠〜宮ヶ瀬園地〜宮ヶ瀬ダム右岸〜オギノパン〜
新小倉橋〜川尻〜町田街道〜尾根幹〜是政〜多磨〜
距離142.2km、獲得標高2113m

by masashiw2 | 2017-07-10 17:45 | かわうその祭 | Trackback | Comments(0)
裏ヤビツからグルッと 2017年6月18日
先週がっつり漕いだので、筋力的にブランクをあけるともったいない。それなりに漕いでおきたいので、裏ヤビツへ。
特別な行程でもないので、ご報告は一回こっきりです。

尾根幹・南野の711でパンや大福を買う。天気予報はあまり良くない。早く切り上げたほうがよさそう。
曇天で涼しいくらい、漕ぎやすかった。カジカガエル、アカショウビン鳴く森の県道70号。
河原でテント泊の人々が煮炊きをしている。名栗もそうだが、川遊び天幕生活少々うらやまし。

今日も快調、午前9時半に峠を越え、秦野に降りる。思いがけず、富士山が綺麗に見えた。
R246~伊勢原〜清川村を通って、宮ヶ瀬園地に戻って正午。オギノパンに降りるとメシ時で大混雑。
うちに帰着後、湿気を含んだ冷たくいとすさまじ風が吹いて、まとまった吹降りになった。
ギリギリセーフというか、このところの普段のおこないが良いことの証左かと

d0123571_22321030.jpg
@宮ヶ瀬園地。白足袋くん、スポーツようかんには興味がないみたい、美味しいのにねぇ


d0123571_22324695.jpg
@ヤビツ秦野側。期待していなかったので儲けた気分


相変わらず燃費悪し。スポーツようかん3本を携帯し、尾根幹のコンビニでサンドウィッチ、
宮ヶ瀬園地でようかん1本、ヤビツ峠でまた1本、清川村・道の駅で大福1個、オギノパンでカレーパン、あんドーナツ。
久保田酒造には寄らず。最近、冷蔵庫一杯なので。生酒でなくともいいのだが、これらも増殖中でそのうちお咎めあるやも知れず・・・




マップをクリックでルートラボに飛びます。

尾根幹~連光寺坂~橋本~R413~川尻~新小倉橋~津久井広域道路~長竹~鳥屋~
宮ヶ瀬湖畔園地~ヤビツ峠~名古木~R246~伊勢原板戸~
清川村役場~土山峠~やまびこ大橋~宮ヶ瀬ダム右岸~オギノパン~
川尻~橋本~鑓中~多摩ニュータウン通り~関戸橋~中川原~府中~小金井街道
距離147.7km、獲得標高1826m(もうちょっとあるかもと思いましたが)

by masashiw2 | 2017-06-19 22:40 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
もう初夏・裏ヤビツで久保田酒造-3 2017年5月27日
沢床に近い疎林を覗くと、落ち葉の積もった地肌に陽が差し込んで微妙な陰影をつけている。
植林地だってきれいに下刈りされていて、斜面にミツマタなどが上品(?)に植わっていてホッとする。
ズボラに伸びている藤すらもアクセントになっている

d0123571_2244194.jpg



d0123571_22444263.jpg



d0123571_22451049.jpg



d0123571_22452778.jpg



d0123571_2245504.jpg



d0123571_2246897.jpg



d0123571_2246247.jpg
秦野市境を越えて清川村に戻ると、造林地が多くなって森の表情が乏しくなってしまう。
立ち止まることもせずに、スピードを上げて下る。つづく

by masashiw2 | 2017-05-31 22:47 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
もう初夏・裏ヤビツで久保田酒造-2 2017年5月27日
10時前にヤビツ峠着。景色のよいところまで向こう側に降りてみる。
遠く平塚あたりが見えているのだろうか。近所の半原越から相模湾が見えてびっくりしたことがあるが、
この日はそれほどの空気の澄み方ではなかったようだ。

来た道を戻って往路をダウンヒル。道すがら、今、美しいのはミズキの花だろう。
小滝がなだらかに連続するような形状で咲き誇っている。
花がなくなると何の植物かわからなくなってしまうのだが・・・

d0123571_2336822.jpg



d0123571_23362517.jpg
戻ってきてアリバイ撮影


d0123571_233646100.jpg
往路を下ります




d0123571_23374840.jpg

d0123571_2338252.jpg





d0123571_23382793.jpg



d0123571_23384695.jpg



d0123571_2339067.jpg
いい道。舗装もいいので飛ばすのも楽しいが、ちょっと立ち止まると林の中から涼風。つづく

by masashiw2 | 2017-05-30 23:41 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
もう初夏・裏ヤビツで久保田酒造 2017年5月27日
春先から毎週コンスタントにロングライドを続けている。
先のエントリで申し上げた通り、心電図をとってみたら、細動が出ているという結果が出たのだが、
自転車漕ぎをしている時、苦しくなるような自覚症状はない。

仕事が混んでいるが、天気がいいので、時間を作って出かけておきたい。
この時期、有間峠を漕ぎに行きたかったが、名栗側の規制が法面工事で解けていない。
さて、どこへ行くか。気温高めみたいなので沢沿い・日陰で涼しい裏ヤビツかな。チャチャっと済ませようかと。
今回から抗不整脈剤の服用なし。心臓の調子はいかに・・・

d0123571_22204390.jpg
宮ヶ瀬園地でトイレ休憩。尾根幹でウォームアップしてきたので快調


d0123571_22211754.jpg
宮ヶ瀬湖、なんだか空気が湿っぽくて重い


d0123571_22213847.jpg
まだまだ緩い。法面がきれいになったところ


d0123571_22215554.jpg
工事箇所はだんだん少なくなってきたかと。この日は休工中


d0123571_22222597.jpg
今日は調子がいいぞ──! もう直ぐ秦野市境


d0123571_22223867.jpg
自分から気まぐれというのはいかがなものか。この上、チト勾配が急。ここだけインナー使います


初夏の裏ヤビツ、少しつづきます。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

是政〜連光寺坂〜尾根幹〜橋本〜R413〜川尻〜新小倉橋〜津久井広域道路〜長竹〜鳥屋〜宮ヶ瀬湖畔園地〜
ヤビツ峠〜宮ヶ瀬園地〜宮ヶ瀬ダム左岸〜オギノパン〜久保田酒造〜小倉橋〜川尻〜
橋本〜鑓中〜多摩ニュータウン通り〜関戸橋〜府中〜小金井街道

距離131.4km、獲得標高1554m。オギノパンで揚げパン食い過ぎ、帰路ずっと胸焼け

by masashiw2 | 2017-05-29 22:44 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
紛らわしてなんとか峠着・裏ヤビツへ 2017年3月11日
立ち漕ぎすると痙攣が出そうなので、ギアを軽くして、前腿に大きな負荷がかからないようにして登る。
勾配が増してくる区間、シッティングのみ。下ハンにしがみついて紛らわしてなんとか峠着。
立ち漕ぎを多用できるように上半身を鍛えてきたのに、なんともなことで・・・

d0123571_11454.jpg
アリバイ石碑写真


d0123571_121151.jpg
南側は雲に隠れてなにも見えなかった。クライマーの喘ぎ声が近づいてきたので退散


d0123571_13104.jpg
帰路、いつも気になる造林小屋跡。ミツマタが咲いたらきれいなことだろう


d0123571_133561.jpg
ロゴがかっこいい林業関連車両。「やまモ」だろうか。新政のお酒みたいですね


d0123571_1122742.jpg
ところどころ登山道とも交差。古道めいた重みを感じる。つづく

by masashiw2 | 2017-03-15 01:13 | 峠道 | Trackback | Comments(0)