タグ:青梅市 ( 83 ) タグの人気記事
オッサン登山の会・棒ノ峰の段-5 2017年6月3日
里に下りてきた。最寄り駅は軍畑なのに、このあたりは二俣尾なのか。二俣尾の駅からはかなり離れているのに。
さらに下ると、4月に青梅の梅岩寺に行くときに通ったR193。そしてご存知国立奥多摩美術館
テクテク降りて、軍畑駅から電車に乗ると18時をまわっていた

d0123571_2139229.jpg
登山口にて


d0123571_21394491.jpg



d0123571_21395849.jpg



d0123571_21401179.jpg
二俣尾といえば、あの多摩書房ではありますが、ここもまた二俣尾


d0123571_21405085.jpg
R193に出るところ


d0123571_21412125.jpg
二年に一回の開館だと寂れちまう


d0123571_21413915.jpg



d0123571_2141542.jpg
さらば軍畑、自転車漕ぎだと見ることのできない角度

で、立川で飲み会。リーダー氏、Hットペッパーで食べ放題店を予約したとのこと。
あぁぁ・・・放っておくと学生相手の一気飲み屋に行きたがる。駅北口・ビックカメラ前雑居ビル内の居酒屋。
クズ野菜鍋と揚げ物のオンパレード(泣)。「ナントカ水産」のほうがまだ居酒屋のテイをなしている。
正直、肝臓がしんどいので、ノンアルコールビールで休肝モードにさせてもらう。
でもって、酒がまずくなるような話をシラフで聞かされ・・・。これじゃ法事みたいで、早くおうちに帰りたく。

オッサン登山の会は夏場はお休み、次回は秋らしいが、どうしたものか。こういった飲み会が主体なら、
ここらで潮時ですかね・・・。どうも愚痴が多くなりました。オッサン登山の会、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2017-06-08 21:50 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
オッサン登山の会・棒ノ峰の段-4 2017年6月3日
高水山(たかみずさん)には、ほどなく到着。小さな(カエル)祠とお稲荷さんがあって和む。いいですね、素朴で。
のんびりしていると17時、青梅線・軍畑に急がねば。途中、山頂直下のお寺を通らせていただきます。
常福院不動堂。地図の上で知ってはいたが、こんなに立派なお堂とは。
さすが御岳の反対側、御眷属さまがお出迎え

d0123571_20431960.jpg
山頂のアンテナ。月が出ている


d0123571_20434754.jpg



d0123571_2044175.jpg



d0123571_20441690.jpg



d0123571_2044418.jpg
ここから常福院不動堂


d0123571_20454232.jpg
なんと愛嬌のある御眷属さま。頭を撫でさせていただきました


d0123571_204661.jpg
麓の成木からダート混じりの激坂林道(なちゃぎり線:由来不詳)の先にあることはなんとなく知っていた


d0123571_20462769.jpg
思いがけず、立派なお寺さんで、なにか得をした気分。お賽銭も多少はずんで、厚かましいお願いもしてみたり。
次は何時来れるかわかりませんから。つづく

by masashiw2 | 2017-06-07 20:48 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
オッサン登山の会・棒ノ峰の段-3 2017年6月3日
岩茸石山頂上に着いたのは16時過ぎ。ここからの眺めも素晴らしかった。
川苔山から日向沢の頭、棒ノ峰から奥武蔵、さいたま中心部から遠く新宿あたりまで。
何より、ド正面にはこの日の来し方が一望できる。オッサンたちに素敵なご褒美

d0123571_21113069.jpg
かなり下ってかなり上がる。下り基調のはずだが・・・


d0123571_21115348.jpg
16時10分、岩茸石山頂上着。茂みがあって展望がきかないのは西南方面


d0123571_21122765.jpg
北方面、左の高い台形の山が棒ノ峰。そのすぐ左手前が黒山、少し左から手前に伸びる尾根をたどってきた


d0123571_21132685.jpg
東方向、成木の鉱山が見えている


d0123571_2113563.jpg
南東方向、西武球場が顕著。自分ちはこちらかな


d0123571_21142034.jpg
指差し見ているうちに時間が経ってしまった。スポーツようかんも食べきって、あとは降りるだけ。
次回、最後のいただき・高見山へ。高見山直下の常福院不動堂、なかなか雰囲気がありました。つづく

by masashiw2 | 2017-06-06 21:30 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・圧巻の梅岩寺枝垂れ 2017年4月15日
青梅・梅岩寺の枝垂れ桜を初めて眼にしたのは2005年4月のこと
そのあと幾度となく、花の時期に訪れてはパワーをもらっている。今年もいい時期に来ることができた

d0123571_23111028.jpg
これは本堂前、東の枝垂れ



そしてこちらがお目あての西の枝垂れ
d0123571_23113335.jpg

d0123571_23115854.jpg
この日は午後3時をまわった頃で、西陽の塩梅が良い感じ



d0123571_23121996.jpg
こんな桜のすぐ下で暮らしてみたい


d0123571_23124654.jpg
真下から見てもほとばしるようで


d0123571_2313919.jpg
花のひとつひとつはこんな感じで、つぼみもまだたくさん


d0123571_23133921.jpg



d0123571_2313527.jpg
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ、ご高覧有り難うございました。ルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-04-21 23:17 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・久しぶりの榎峠越え 2017年4月15日
小沢トンネル抜けたところから見下ろす上成木、あいかわらずいい雰囲気。
東青梅には下りず、松ノ木トンネルから榎峠、軍畑へ降りる。
こちらの方が大型が少ないだろうし、R411でのんびりと青梅市外に入ることができる。
しかし、「国立奥多摩美術館」は初めて眼にした。確か以前は製材所だったような……。
二俣尾あたりから定点観測物件もあるので。これらもあいかわらずいい味を出している

d0123571_230232.jpg



d0123571_2303679.jpg
閉館中。二年に一回開館するらしい


d0123571_231950.jpg
階下(崖)に秘宝館も併設とか


d0123571_2315070.jpg
この日は営業中


d0123571_2321074.jpg
定点観測に新しく加えたい


d0123571_2322927.jpg
静態保存中(?)


d0123571_2324967.jpg
そして青梅市街。梅岩寺枝垂れ、どうやら間に合ったらしい。つづく

by masashiw2 | 2017-04-20 23:05 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
有間峠からGLへ〜濃霧 2016年11月20日
19日(土曜)は雨降り、翌20日(日曜)は晴れて暖かくなるというから、出かけないわけにいかない。
紅葉も終盤だから、広葉樹林の美しいエリアがいい。先月オヤジ遠足会で行った浦山エリアの紅葉が見たい。
で、名栗湖から入って有間峠。浦山の紅葉を愛でて、秩父にタッチ、GL(奥武蔵グリーンライン)の紅葉もチェックしたい。

午前5時、夜も明けぬうちから出発。ガスが立ちこめている。五日市街道を西進するが、メガネがたちまち水滴だらけ。
ガスが立ちこめているのは玉川上水伝いだけかと思いきや、進めども一向に収まる気配がない

d0123571_142213100.jpg
@岩蔵街道、国道16号越えたあたり。家からだいたい1時間くらいの距離、この日は余計に10分かかった


d0123571_14223560.jpg
水滴を払っても油膜が残る。視界悪し。ブレーキの効きも悪い。ブレーキシューの削り汁でリムもドロドロ


d0123571_14225686.jpg
@岩蔵。小曾木街道沿いは霧の中に沈んでしまっている?


d0123571_14231242.jpg
@富岡。本当に晴れるのだろうか


d0123571_14232718.jpg
@山王峠手前。いつも時計を見て時間チェックする場所。時計は曇って見えない


d0123571_14234561.jpg
@山王峠。ようやく朝日が差してきた


d0123571_1424293.jpg
@名栗。赤沢あたり。霧が引いていくように感じられた。そこの朝日が当たって面白い塩梅。名栗湖へ!





マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜東大和〜瑞穂〜岩倉街道〜山王峠〜有馬ダム〜[林道・広河原逆川線]〜有間峠〜
浦山〜[国道140号]〜秩父市街〜[国道299号]~横瀬棚田~[丸山林道]~県民の森〜大野峠〜
刈場坂峠〜顔振峠〜阿寺〜虎秀〜[国道299号]〜飯能〜入間〜[国道463号]〜所沢〜秋津〜[所沢街道]〜田無 
距離157.3km、獲得標高2432m
少し続きます

by masashiw2 | 2016-11-21 14:29 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
日の出山自体が参道であるらしい 2016年8月14日
この山は登ったことがないのでトレースしておく。実は金比羅尾根縦走、五日市駅の裏に出るルートを目指したのだが、
気がついたらつるつる温泉に出るルートを下りてしまっていた。登り返すのも面倒臭いのでそのまま降りると、
ほとんど待ち時間なしで五日市駅行きのバスがやってきたので、あっさり終了

d0123571_18121789.jpg
3年前にお世話になった宿坊。美味しい料理に舌鼓を打った。この日は大勢のお客様のようで何より


d0123571_18125251.jpg
登山道=参道でありました。ここから日の出山の登りにかかる


d0123571_18131985.jpg
干物を焼いていた人もいた。思い思いの楽しい休日の山頂。山座同定盤、我が家にも欲しい逸品


d0123571_18135659.jpg
山道の終わりの小橋にオブジェが。心和む


d0123571_18143119.jpg



d0123571_18144916.jpg



d0123571_1815757.jpg



d0123571_18152243.jpg
車掌さんが綺麗なお姉さんでした。鋸、大岳、御岳、日の出ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-08-19 18:17 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
たのしい御嶽神社、ふたたび 2016年8月14日
ロックガーデンはパスしてきたが、神社には割とお参りしていくタチなので、
至近距離まで来ながら御嶽神社に立ち寄らないわけにいかない。
確か参道の石段に小さな邪神(?)が刻まれていたのを思い出し、楽しみながら登る。
本殿は改修中、お参りを済まして急ぎ降りる。天気は相変わらずで、日の出山まで早く片付けておきたい

d0123571_17241683.jpg



d0123571_17244177.jpg



d0123571_17245761.jpg
御嶽神社本殿の狛犬は、北村西望の作品とか


d0123571_17252376.jpg



d0123571_17261289.jpg
犬はまだわかるが、なぜに河童までが山奥に連れてこられて責め苦を受けるのか


d0123571_17264186.jpg
参拝客の歩みもユルくなるレトロ街。どうしてもここを通らないと日の出山に行けない


d0123571_17273755.jpg
ちょうどめし時、茶店のお婆さんが私の顔を見て、執拗にカレーをすすめた


d0123571_1729414.jpg
山上集落をかすめて歩く。ゆっくりしたいところだが、また別の機会に

by masashiw2 | 2016-08-17 17:34 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
大岳山、ガスでもよし 2016年8月14日
大岳山に近づいても天候は回復のきざしなく、雨が降りそうで降らない感じ。
道は乾いていて歩きやすいが、路傍の草をはらうと露で濡れてしまう。
天気が悪いなりの楽しみもあって、ガスの中にかき消えてしまう樹々のおぼろなさまも面白く。
湿気があると音の伝わりかたが違うせいか、空間の広がりかたも晴れている時のそれとは違う

d0123571_142605.jpg



d0123571_14261630.jpg
うちから見える山々の中で とても分かりやすいピークだけに、展望を期待しないわけではなかった


d0123571_14274682.jpg



d0123571_142865.jpg
@大岳神社


d0123571_14283194.jpg
このあたりでは オオカミが狛犬がわり だったり。それにしてもこれもオオカミ?


d0123571_14292222.jpg
@大岳山荘


d0123571_14294622.jpg
ロックガーデンには行かず御岳へ


d0123571_1430696.jpg
御嶽神社が近づいてきた

by masashiw2 | 2016-08-16 14:31 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
風張峠から藤倉、大ダワへ-5[オマケ★青梅の街へ] 2016年5月15日
青梅市境を越えて、のんびりと下っていく。いつもそのなりゆきが気になっているところが二、三あって。
最後の映画看板師・久保板観の作品を眺めながら青梅市街に入る。
バイパスでスルーするとこれら久保板観作品を見ることはできない

d0123571_23415187.jpg




d0123571_2342834.jpg




d0123571_23422710.jpg




d0123571_2342449.jpg




d0123571_234317.jpg




d0123571_23432329.jpg




d0123571_23434189.jpg




d0123571_23435956.jpg




d0123571_2344184.jpg




d0123571_23443548.jpg
ちょっと似てるような、似てないような不可思議な味わいがあるのですね。たまにはゆっくり歩いてみなくては・・・ 
風張峠から大ダワへ、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-05-21 23:45 | ラビリントス | Trackback | Comments(2)