タグ:飯能市 ( 108 ) タグの人気記事
暑さ慣らし仕上げ・有間峠からGLへ――蒸し蒸し林道逆川線 2017年7月15日
ゲートオープンってなんか久しぶりな感じで、何の遠慮もなく森の奥にいざなわれる。
路側の砕石は綺麗に除かれている。落ち葉もなし。快適そのもの。
昨年秋には濡れ落ち葉の上をトルクがかけられず、不用意に立ち漕ぎできないいやらしさがあったものだが。
グレーチングの切れ目にも黄色いペンキ印がついていたり、いらぬ心配なしに高度を稼ぐ。
とはいうものの、逆川線の核心部はゲートから大名栗林道分岐まで距離4.6km、平均勾配10.5%。
この急な勾配が緩むわけではない。風はなく、だんだん蒸し暑くなってきた。

実は不整脈の手術からちょうど2年経つ。
痛い思いの割には不整脈は完治せず。道すがら、手術のことを思い出したり、色々な思いが去来する。
ま、こうして真夏に自転車漕ぎなんぞ出来ているから、よしとしなければ――。抗不整脈剤要らずだし。
病があったからこそ、自らを見つめなおし、生活改善出来たんだろうし・・・

d0123571_22172475.jpg
深い森から夏空、蒸し暑くなりそうだ


d0123571_221866.jpg
ゲートオープン、ウェルカム・モード。登坂開始


d0123571_22184786.jpg
大名栗林道は、5月にオートバイ単独の死亡事故があったみたいで、ちょっとピリピリなんだろうか。バイク少なし


d0123571_2220596.jpg
緩傾斜ゾーンへ。1000m近辺からハルゼミが鳴き出した


d0123571_22202528.jpg
有間峠には9時前に到着。いかんせん、遠くの景色が湿気で見えにくい。名栗湖もぼんやり




d0123571_222049100.jpg

d0123571_22265844.jpg
うろこ雲が出て妙な感じだが、やっぱり好きな峠ですね。つづく

by masashiw2 | 2017-07-18 22:22 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
暑さ慣らし仕上げ・有間峠からGLへ——朝まだ涼し名栗路 2017年7月15日
7月に入って、暑さに慣れることがなかなかできずにいた。ランニングのペースも上がらない。疲れもとれない。
過度の運動強度は活性酸素を多く生み出してしまう──らしい。それならペースを落としたLSDで抗酸化体質を高めるか、と
都合よく解釈して、トボトボ駆けながら調子が上がるのを待っている。しかし7月ももう半ば。

さいわい、ウェイトはリバウンドもせず、体脂肪率も増加傾向にならない。
6月初旬から、雑穀(キヌア、アマランサス)を摂るようにしていることが奏効していると思う。
酒量も一度に一定量を越えるようにせず、休肝日も十分とっている。
ぼちぼち、多めに飲めば気持ちが悪くなってブレーキがかかるようになると助かる。タバコもそんな感じでやめたから。

自転車漕ぎはそれなりに調子を落としていない。好調とは言わないまでも、これをテコに体調を整えたい。
6月の初旬から距離150km・獲得標高2000m程度の自転車漕ぎを週末に一回、コンスタントに続けてきている。
梅雨も明けそうだし(とっくに明けているんじゃないのか?)、ここいらで練習走行のまとめとしておきたい。

すでに咋秋に漕いでいる行程をアンコール、夏はどうか。有間峠の名栗側はつい先日、規制が解除されたばかり。
夏を迎えた深い森を大汗をかいて登り降りし、灼熱の秩父盆地をかすめて、武甲山を見ながらもう一山、
グリーンライン(GL)で陽射しを避けながら戻ってくる

d0123571_2317263.jpg
山王峠へ。@上直竹下分の分岐


d0123571_2318456.jpg
@赤沢。今日は朝市はやっていないのかな


d0123571_23183046.jpg
メメント・モリ in 名栗@赤沢


d0123571_231853100.jpg
この日最初の自販機休憩@下名栗


d0123571_23191374.jpg
@下名栗。有間ダム入口。元気な壁絵になんとなくチカラもらいます


d0123571_23195476.jpg
有間峠ダムには7時に到着。水位が低い。湖右岸に水場があるので汲んでいく
勾配の強い坂、できれば早めに片付けて秩父に降りたい。少し続きます




マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~東大和~瑞穂~岩倉街道~山王峠~有馬ダム~大名栗林道分岐~有間峠~
浦山集落~寄国土トンネル~秩父市街~寺坂棚田~県民の森~大野峠~刈場坂峠~顔振峠~阿寺~
虎秀~R299~東吾野コンビニ~飯能~入間~R463~所沢~秋津~田無~
距離151.7km、獲得標高2333m

by masashiw2 | 2017-07-16 23:24 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
名栗から秩父にタッチして 20017年7月2日
梅雨真っ最中の週末だが、晴れ間もちらほら。
だが、土曜夜それなりの雨降りで、道も濡れてどうしたものかと、翌朝4時の目覚ましをキャンセル。
とりあえず5時ごろ起きだして、ベランダから確認。雨降りはなさそう。用意はしておいたものだからとりあえず出かける。
気になっている有間峠名栗側は8日の開通らしい。なんとなく奥武蔵へ。
名栗あたりは、先月のオッサン登山以来。やっぱり自転車のほうがいいね。

天気も持ちそうなので山伏峠からグルッとまわるか。
正丸峠ではアオバトが鳴いていた。刈場坂峠までくるとハルゼミがまだ鳴いていた。いいなぁ。
ただ、峠は無線をやる方々が自家発電しながら交信中。ノイズ聞かされて一服なんて。大野峠に退散。
寺坂棚田を見ておきたいので丸山林道を降りる。カエルが鳴いていいものですね。
秩父に降りて、コンビニで補給。定峰・白石を越えて都幾川へ。
アイスモナカとRed Bull、組み合わせが良くなかったか、膨満感をこらえて漕ぐ。
毛呂からは暑さ慣らし、まだまだ順応が足らない。夏はこれから・・・

d0123571_17154356.jpg
@赤沢、名栗


d0123571_1716687.jpg
@正丸峠


d0123571_1716465.jpg
@高麗川源流、林道刈場坂線


d0123571_1717562.jpg
@丸山林道。武甲山が大きく見えてきた


d0123571_17174983.jpg
@寺坂棚田。かがり火まつり、綺麗だったようで
以上、5点ケータイにて撮影。おなじみの行程なので一回こっきりです。





マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~新小平~東大和~瑞穂~岩倉街道~山王峠~名栗~
山伏峠~正丸峠~刈場坂峠~大野峠~丸山林道~寺坂棚田~R11~
定峰峠~白石峠~都幾川~毛呂~高麗川~農水橋~入間~R463~所沢~所沢街道~田無
距離154.7km、獲得標高2028m

by masashiw2 | 2017-07-03 17:26 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
オッサン登山の会・棒ノ峰の段-2 2017年6月3日
白谷沢をつめて、稜線・権次入峠に出た。あと一投足で棒ノ峰頂上。
リーダー氏が「ここで握り飯を食って待ってるから頂上行って来て」って、あれれ、偏屈サイドに行っちまった。
登攀記好きなのに、最終キャンプまで来て頂上にアタックしないのか・・・。
ま、放っておいて、チャチャっと頂上へ。13時45分着、奥武蔵方面全部見え、素晴らしい

d0123571_21514331.jpg
大名栗林道から稜線に出るまでの穏やかな森から3カット・・・


d0123571_21522972.jpg



d0123571_21524635.jpg



d0123571_2153691.jpg
稜線に出て西進。向かって左・青梅側は林地、右・名栗側は広葉樹林


d0123571_21533377.jpg
棒ノ峰山頂に憩う人々。穏やかな好天、思い思いの楽しい休日


d0123571_2154931.jpg
棒の峰頂上から。大持山、武甲山、武川岳、名郷鉱山、伊豆ヶ岳あたりが見えているかと


d0123571_21544335.jpg
権次入峠に戻って、小沢峠方面に縦走。黒山着14時38分。ヒルクライムコースの常盤林道終了点はすぐ近く


d0123571_2155947.jpg
予想に反して誰にも会わない。なんとなく荒っぽい「日鉄住金ベンチ」。近くに鉱山でもあるのだろうか


d0123571_2157749.jpg
次のピーク・岩茸石山になかなかたどり着けない。もうすぐ午後4時。つづく

by masashiw2 | 2017-06-05 21:59 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
オッサン登山の会・棒ノ峰の段 2017年6月3日
今年初めのオッサン登山の会から少し時間が経って、“リーダー氏”から、初夏の集まりの指令が来た。
今回の目的地は名栗の棒ノ峰(ぼうのみね:標高969m、
「棒ノ折山(ぼうのおれやま)」、「棒ノ嶺(ぼうのれい)」とも)とのこと。
2年前の2月に別の(品のいい)オッサンたちと青梅線・川井から登った(白谷沢下降)ことがある。
棒ノ峰は世のオッサンたちに広く人気のある山なのだろうか。
今回は、その時降りた白谷沢を登って、岩茸石山〜高水山とつなげて青梅線・軍畑に降りる。

飯能駅午前10時半発の名栗行きバスで、さわらびの湯へ。帰路、立川あたりの飲み屋に入る時刻から逆算したらしい。
さわらびの湯バス停で準備ののち、出発。あれれ、我がパーティは逆のさわらびの湯の方に向かっていくぞ。
え、そっちじゃないぞー、有間ダム方面だろ。リーダー氏、確信に満ちた顔で間違っているからコワい

d0123571_14265384.jpg
ロックフィルダム・有間ダム堤体と有間峠


d0123571_1428356.jpg
湖面を渡る風、涼し。自転車乗りも多いが、有間峠方面はまだ通行規制中のはず


d0123571_1429263.jpg
沢ルートの登りは木陰で陽が遮られて時間が遅くても爽快


d0123571_14293279.jpg





d0123571_14295222.jpg

d0123571_14301175.jpg
核心部へ。涼味溢れる楽しいコース




d0123571_14314820.jpg
鳥のさえずりを楽しみつつ・・・


d0123571_14321063.jpg
生きとし生きるものをいとおしみつつ・・・


d0123571_14323530.jpg
大名栗林道に出た。Cannondale Slateで駆けたい!


初夏のオッサン登山の会、少しつづきます。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

西武池袋線・飯能駅〜(名栗車庫行きバス)〜さわらびの湯〜有間ダム〜白谷沢〜権次入峠〜棒ノ峰ピストン〜
黒山〜岩茸石山〜高水山〜常福院不動堂〜R193〜青梅線・軍畑駅

距離13.2km、獲得標高902m

by masashiw2 | 2017-06-05 21:48 | Trackback | Comments(0)
汗ばむ立夏・七重峠越え-5 2017年5月5日
刈場坂峠までグリーンライン、正丸峠、山伏峠につないで名栗から帰る。
いつもは登路に使う刈場坂線、降りるのは今回が初めて。あまりにあっという間で驚いた。
正丸峠のユルい登りもあっという間に終わればよかったのだが、こちらはそうもいかず。午後1時に山伏峠着、ここで最後の羊羹。
名郷で「チェーンカッター持ってませんか?」と、自転車乗りに呼び止められる。
山中でお気の毒、リアメカがまるっと脱落していた。カッターをたまたま持っていたので貸してあげたり。
さらに降りて、赤沢の野菜漆喰壁のレストラン「ぽれぽれ」、開店した模様

d0123571_18243435.jpg
正丸峠手前。確かイタリアンレストランもあったはず、ってなくなってたような……


d0123571_1827308.jpg
山伏峠名栗側、一番上のおうち


d0123571_1828176.jpg
一番スピードの出るあたり。今回サイコン不調で記録なし


d0123571_1828245.jpg
@赤沢。口の中は黒く塗ってある──と今回初めて気がついた


d0123571_18303141.jpg



d0123571_18305838.jpg
ランチメニュー平日11時から14時。以下、サラダ・ドリンク(コーヒー等)付き
チキン南蛮自家製タルタルソース添え¥1350、彩り野菜と骨付きチキンのスープカレー¥1100、
海老しんじょと筍の和風オムライス¥1250、ぽれぽれカレー¥1100、などなど

七重峠越え、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-05-10 18:33 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・南川小学校 2017年4月15日
竹寺を出て、林道・栃屋谷線に入る。少し漕ぎだしてから思い出した。この道、キツかったんだ
吾野鉱山の一番上のヘリにひょっこり出る。展望が一気に開けた。こんなに一気に開けたかなぁ。
やっぱり山や森を少しずつ削っているのですね。

で、飛村線で吾野に抜ける。オール飛村線で行けば楽だったか。ここで、小雨。
八徳の一本桜という選択肢もあったのだが、R299をさかのぼる方がなんとなく楽な気がして西吾野・南川小学校へ。
せっかく八徳の急坂を上っても一本桜が葉桜だったら立ち直れないから。

R299、土曜日なので普通に大型が多くコワイ。路側の白線が濡れて嫌だなぁ。八徳の田舎道の方が良かったかなぁ……。
しかし、小学校に着いて、そういった気持ちは吹き飛んでしまった

d0123571_22314750.jpg
竹寺から降りてきて、南集落。このあいだ、子の権現から降りてきた時も通った


d0123571_22322266.jpg
林道・栃屋谷線。吾野鉱山の一番上のヘリかと。向こうは高山不動


d0123571_22324898.jpg
南川小学校に到着


d0123571_2233732.jpg



d0123571_22335068.jpg



d0123571_22341332.jpg



d0123571_22343226.jpg



d0123571_22345220.jpg
R395で名栗へ。それなりの勾配と覚悟して粛々と漕ぐと、わりと楽に感じた

天目指峠から名栗への下り、「名栗の杜」という茶店・ギャラリーがある。こちらのオーナーさんが造形作家で、
あの野菜漆喰壁を施工したらしい。レストラン「ポレポレ」としてこの27日オープンだとか。
次回は上成木から青梅・梅岩寺に向かいます。つづく

by masashiw2 | 2017-04-19 22:43 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・竹寺ご本尊 2017年4月15日
茅の輪くぐりは東伏見稲荷でも親しんでいる。しかしここの茅の輪は常設のようで。
茅の輪のくぐり方とかこだわる人もいるようだが、ここでは特にそういうガイドもないようで、素直に入って本堂にお参り。

護摩を焚いてくださるようで、一本の護摩木に厚かましくいろいろお願い事を書いてお納めした。
周囲はなかなかに雰囲気のあるところで、ツツジやミツマタが咲き乱れ、いつまでもぼ〜っとしたいところ。
庭の池で、鴨が鳴いているのかと思いきや、ヒキガエルの乱痴気パーティー会場となっていたのだった

d0123571_22541151.jpg



d0123571_22543099.jpg



d0123571_22545982.jpg
牛頭天王社。本尊のご開帳は丑年とのこと。護摩木をお納めした


d0123571_22554738.jpg



d0123571_22561179.jpg



d0123571_22563274.jpg
こちらが牛頭天王さまとのこと


d0123571_22564922.jpg
GW頃にはオタマだらけになるのだろう


d0123571_2257176.jpg
次回、南峠経由でR299に出て、西吾野・南川小学校の桜を訪ねます。つづく

by masashiw2 | 2017-04-18 23:04 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・竹寺へ 2017年4月15日
医王山 薬寿院 八王寺 ── はちおうじとは言わず、通称「竹寺」。
際立った桜があるわけではないと思うが、近くまで来たので立ち寄ってみる。
何回か立ち寄ったことがあるが、あいにくカメラがなかったりで、ブログでご紹介するのは初めてのはず。

この寺も、子の権現や高山不動と同じく急峻な立地条件で、参道に急坂がある。
隘路・しかも舗装が荒れていて片側通行。自動の信号機が2分間隔で切り替わる。前に来た時にはなかった。
青信号、スタートをミスってクリートをキャッチし損なう。坂の途中でようやくキャッチ、汗みどろでゴールイン。
竹でできたバイクスタンドに駐車させていただき、参拝。あちこちにツツジが咲いて美しい

d0123571_2311420.jpg
寺なのに鳥居とはこれいかに。新仏習合って、気になりますね


d0123571_2325145.jpg
沿革はこれをお読みください


d0123571_233855.jpg
味のあるブリキ絵であることだなぁ、「医」は旧字がお約束


d0123571_2333640.jpg
ヌエ的な感じもしそうだが、いたってフレンドリーそう


d0123571_2342053.jpg
お蕎麦もいただけます。精進料理もアリ。竹筒入りのお酒は天覧山とのこと


d0123571_2345171.jpg



d0123571_2351633.jpg
松ぼっくりがいいですね。次回はご本尊へ、つづく

by masashiw2 | 2017-04-17 23:08 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・まずはコア山 2017年4月15日
恒例、春の名栗観桜漕ぎ。色々と見て回りたいのだが、どこから見て回るか迷ってしまう。
今回はまず一番眺めのいいところから入ってみようかと。
山王峠から名栗に入り、名栗湖分岐を過ぎ、仁田山峠へ。コア山のソメイヨシノの並木を駆け上がる。

「コア山」って妙な名前、なんでまた──
ロックフィルダムである名栗湖の有馬ダムのコア石材をここから採取したらしい。
石碑のあるあたりからの景観が名栗観音もブレンドされて最も素晴らしい。

で、次は引き続き林道・原市場名栗線を辿り、奥の山桜へ。これを見ないとおさまらない。
しかし、時すでに遅く、葉っぱばかりになりつつあった(泣)

d0123571_1244524.jpg
@諏訪神社


d0123571_1244232.jpg



d0123571_12444119.jpg
コア山のソメイヨシノ並木


d0123571_1245272.jpg
石碑のあるあたりから。思わず観音様に合掌


d0123571_12454024.jpg
盛りはとっくに過ぎて・・・


d0123571_1246289.jpg
葉桜になってしまったが、こういう春山の息吹も悪くない


d0123571_12462093.jpg



d0123571_12463445.jpg



d0123571_12464782.jpg
眺めのいいところで一服、チョコボールは溶けてドロドロ


名栗〜青梅の観桜周遊漕ぎ、少しつづきます。次回は竹寺へ



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平〜東大和〜瑞穂〜岩蔵街道〜山王峠〜名栗〜コア山・仁田山峠〜
竹寺〜南峠〜吾野〜R299・西吾野〜南川小学校〜R395・天目指峠〜R53〜R193〜
小沢峠〜上成木〜榎峠〜軍畑〜青梅街道〜梅岩寺〜青梅〜瑞穂〜東大和〜小平〜五日市街道
距離123.3km、獲得標高1559m

by masashiw2 | 2017-04-16 12:51 | 峠道 | Trackback | Comments(2)