タグ:飯能市 ( 118 ) タグの人気記事
奥武蔵グリーンラインを楽しむ 2012年9月29日
木立の中を緩やかにアップダウンする奥武蔵グリーンライン。さわやかな遠景などお届けしなければいけないのだけれど、
いつもながら些末な小景にばかり眼がいってしまい、あらためて自分のサガに反省。
展望台は散在するみたいなのだが、わざわざ自転車を施錠する手間を考えると、ついつい通り過ぎてしまって……

d0123571_22551350.jpg








d0123571_22553160.jpg
農作物の被害を防止するためイノシシ・シカ・ハクビシン・アライグマの捕獲を実施しております







d0123571_22555325.jpg
途中の茶屋から、飯能方面をのぞむ







d0123571_22571738.jpg
野鳥の密猟は犯罪です 違反者を目撃された方は、下記まで御連絡ください。 埼玉県西部環境管理事務所







d0123571_2257471.jpg
次回、ラストです


by masashiw2 | 2012-10-02 22:59 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
刈場坂(かばさか)峠までが“核心部” 2012年9月29日
正丸峠からひんやりとした木立の中の林道を降りて行く。まだ昼前だが、あたりは薄暗い。
夜なら真っ暗であろう林道に、民家がぽつりぽつり……暮らしが息づいているようだ。
正丸トンネル入り口あたりが最低鞍部で標高が380メートル。そこから刈場坂峠まで一本調子の登り。
途中、高麗川源流となる登山道を分けるあたりまで行くと、勾配は緩くなり、虚空蔵峠を越えると一投足で刈場坂峠着

d0123571_23103263.jpg








d0123571_2311050.jpg








d0123571_2311922.jpg
最低鞍部近くからみる刈場坂峠







d0123571_23112784.jpg








d0123571_23115161.jpg








d0123571_23121899.jpg
で、やっとこさ奥武蔵グリーンラインに入ります


by masashiw2 | 2012-10-01 23:16 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
山伏峠、そして正丸峠へ 2012年9月29日
何台ものロードバイクに抜かれながら、山伏峠へ。完全になめていた。遠い

d0123571_2291526.jpg








d0123571_2293999.jpg
民家多くあり、畑も多し







d0123571_2295472.jpg
山伏峠は一直線の道の一通過点







d0123571_2210973.jpg
秩父に至る道を分けて、正丸峠へ







d0123571_22105870.jpg
立派な茶屋の反対側







d0123571_22113677.jpg
正丸峠からの飯能方面の眺望。次回は刈場坂(かばさか)峠へ


by masashiw2 | 2012-09-30 22:19 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
秋の名栗路へ 2012年9月29日
夏の間サボっていた、名栗サイクリング。今回は帰路輪行の身仕度で出かける。
正丸峠から刈場坂(かばさか)峠を経て、奥武蔵グリーンラインに入ってみる予定。
朝7時に出発、武蔵大和〜瑞穂〜岩倉街道〜山王峠〜問題なく名栗に入る。しかし、山伏峠までが長かった……

d0123571_21371444.jpg
Iwakura Spa, Oume







d0123571_4103976.jpg
Naguri







d0123571_411226.jpg
Wakaba!!







d0123571_21363898.jpg








d0123571_21383414.jpg








d0123571_21374796.jpg

岩倉街道に入って、16号を越える時、横田の方から地鳴りと高周波の騒音が同時にして、
今まで見たこともない大きな灰色の飛行機(C-5 ギャラクシー?)が離陸して行った。北西に向かった機体はなかなか小さくならない。
いったい何を積んで、どこに行くのだろうか? どうも気色が悪い

奥武蔵の小さい旅、少し続きます


by masashiw2 | 2012-09-30 04:19 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
天目指峠から国道299号へ 2012年5月20日
山間の小径、ぽつんぽつんと人家・暮らしがあって好ましい。のんびり漕いでいたのもつかの間、国道299号に入ると交通量が増え、
道が狭いうえに路側、ワダチが悪い。オートバイがブンブン走るところはやはりイヤだな。
カーブには中央分離がもうけてあり、路側の白線も細かいバンプがあって、いやらしい。次回こちら方面は輪行の方がいいだろう

d0123571_23183357.jpg








d0123571_2318482.jpg








d0123571_2319548.jpg








d0123571_23192456.jpg








d0123571_23194355.jpg
天目指峠、ご高覧有り難うございました。

2012年5月26日
イエノモノをつれて多摩湖へポタリング。遅い朝食というか早い昼食=小平ふるさと村の「糧(かて)うどん」
イカルや春ゼミの声を聞きながらゆっくり多摩湖2周して、
帰路、遅い昼食というか早い夕食=小平指田屋(さしたや)の「冷やしうどん」を食べ、
お土産に買った生うどんを自宅で遅い夕食として食べた。
いったい何食連続でうどんを食い続けることができるんだろう……?


by masashiw2 | 2012-05-26 23:30 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
天目指峠へ・天は望めず 2012年5月20日
林間を漕いでいくと、やがて天目指(あまめざし)峠。峠の看板によると、その名の由来は──
「天目指峠の由来は、天目はアマメと読み、これはこの付近の方言で豆柿を意味しています。
豆柿というのは、山地に自生する親指頭大の熟すると紫色になる柿の一種で、このあたりは柿が非常に豊富であったということです。
また「指(ざし)」とは、山地で行われる原始的耕作法で、山を焼いてそのあとに種をまく焼畑のことです。──環境庁埼玉県」
……思わせぶりな名のわりに、その意は逐語的で面白くない。で、展望はなく、登ってきた甲斐もない。すぐに下る

d0123571_23244847.jpg








d0123571_2325353.jpg








d0123571_23251791.jpg
北に登れば伊豆ヶ岳、南を登れば子の権現、林道をそのまま進めば西吾野駅







d0123571_23253555.jpg








d0123571_23261973.jpg








d0123571_23263734.jpg


by masashiw2 | 2012-05-25 23:29 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
天目指峠へ・名栗で和む 2012年5月20日
名栗への道も穏やか。観音様が大きく見えてきた。あたりひと山でちょっとした伽藍を形成しているようだ(概念図はこちら)。
天目指峠に入る入り口が少しわかりにくい。スマホのナビがきかない。なんでもないところをゆるく入っていくようだ。
茶店があったり、山峡に寄り添うような暮らしがあったり……。やがて勾配が増していく

d0123571_2341632.jpg








d0123571_2343068.jpg








d0123571_235976.jpg








d0123571_2351441.jpg








d0123571_2354927.jpg


by masashiw2 | 2012-05-24 23:05 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
天目指(あまめざし)峠へ・まずは山王峠 2012年5月20日
奥武蔵エリアというのは、奥多摩と比べると、ほとんど歩いておらず、地形を把握していない。
まずは伊豆ヶ岳周辺あたりから、漕ぎながら大地のシワを覚え込まそうと、名栗あたりに出没。
さしあたって輪行ではなく、全走でまとまった距離も走りたい。
名栗に出る時は、成木から小沢トンネルを使っていたが、今回は趣向をかえてすこし東の山王峠を越えるコースをとった。
岩倉からちょっと東にもどり加減、いったん飯能市に入って、再び青梅市に入ったあたりから北西にだらっと登っていく。
人家もあって、茶畑があったり、のどかな道を気分よく進む。だらっと下りるダウンヒル、岩倉手前よりもさらにスピードが出た

d0123571_23171161.jpg








d0123571_2317257.jpg








d0123571_23181436.jpg








d0123571_23174817.jpg








d0123571_23183812.jpg

観音様が見えてきたら、もう名栗。天目指峠、少し続きます


by masashiw2 | 2012-05-23 23:20 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
中藤上郷、中藤中郷、中藤下郷をおりていく 2012年4月21日
県道70号に出る手前で、自転車の子供たちに挨拶されたような気が……。
まさか見ず知らずの人間に挨拶などしないだろうと、一べつもせず通り過ぎてしまった。ごめんなさい、反省しています

d0123571_230064.jpg








d0123571_2301587.jpg








d0123571_2303625.jpg








d0123571_2313563.jpg
崑ちゃんのオロナミンCかと……







d0123571_2324346.jpg








d0123571_2331315.jpg
名栗といえば、大久保まさる。また撮ってしまった。名栗ポタ、またそのうち。ご高覧有り難うございました


by masashiw2 | 2012-04-24 23:09 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
新佛習合竹寺民宿ヒラヌマ 2012年4月21日
温かな日であれば、奥のお寺なんぞにも行ってもよかったかも。民宿ヒラヌマは休業中との表示があった。
しかし息が白くなるほど寒いので、ウインドブレーカーを羽織ってさっさと降りる。
大きな製材所、人影は見られないが、しきりに大きなのこぎりの音がしていた

d0123571_23154426.jpg








d0123571_23155911.jpg








d0123571_23161772.jpg








d0123571_23163946.jpg








d0123571_2317292.jpg








d0123571_23172481.jpg


by masashiw2 | 2012-04-23 23:19 | 峠道 | Trackback | Comments(0)