タグ:飯能市 ( 103 ) タグの人気記事
引き続き奥武蔵漕ぎ・顔振峠から花立松ノ峠へ 2016年7月10日
先週末土曜日は雨。金曜日までコンを詰める作業をしたので、午前中は完全休養。
日曜日は前の週に引き続き奥武蔵エリア。未踏の黒山三滝(くろやまさんたき)に行ってみる。
酷暑が予想されたので、薄暗いうちから出発。昼過ぎには戻るつもり。
いつもは山王峠で名栗路・県道70号に入るが、今回のお目当は少し東になるので、苅生(かろう)から古瀬戸へ。ほとんど坂なし。
そして林道長尾坂・野口入線に入る。この林道は東吾野から飯能へ山越えする際に何度か通過したことがある。
今回は逆コース。チョロいはずだが、それなりに急。R299を渡って、虎秀(こしゅう)、
参院選埼玉県候補者を見ながら握り飯を食う。ここからグリーンラインに駆け上がる。
林道阿寺(あでら)線、案外楽だった。顔振(こうぶり)峠には7時過ぎに着いてしまう

d0123571_9551020.jpg
@虎秀



d0123571_9554348.jpg
顔振峠から富士山を見たのは初めて。大岳山(左)と御前山が太刀持ちかと



d0123571_9561424.jpg
茶屋は閉まっていて、あてにしていたジュース自販機はシャッターの中(泣)



d0123571_9563530.jpg
向こうの尾根、高圧電線が跨いでいくあたりが、子の権現直下と思われる



d0123571_957165.jpg
@花立松(はなたてまつ)ノ峠。有害鳥獣(イノシシ、シカ、ハクビシン、アライグマ)捕獲実施中とのこと



d0123571_9574786.jpg
猿岩線(右)に入る。こちらの眺望も美しかったのです──!(次回)



先週の刈場坂(かばさか)峠~八徳(やっとこ)の地図に、今週の顔振峠~黒山三滝の地図を重ねてみた。帰路は同じ(R299)
d0123571_9582820.jpg
五日市街道~小平~瑞穂~岩蔵~富岡~苅生~小岩井~県道70号~古瀬戸~[林道長尾坂・野口入線]~
3 東吾野~虎秀~[林道阿寺線]~
4 阿寺~[林道権現堂線]~
5 顔振峠~花立松ノ峠~[林道猿岩線]~
6 黒山三滝往復~[林道笹郷線]~
7 権現堂線笹合線分岐~北向地蔵~[林道中野線]~
8 武蔵横手~国道299号~飯能~五十嵐酒造[天覧山無濾過原酒購入]~所沢~所沢街道~田無
距離110.27km、高度上昇量2359m。少し続きます

※追記 高度上昇量が2359mと出ていたが、どうもそんなにあるはずがない。
区間別で見てみると、武蔵横手に出てからの帰路区間に857mもの高度上昇がある。これは何かの間違いだろう。
家に帰るのに下り基調で目立った坂などないからだ。
この857mを差し引いたおおよそ1500mあたりが妥当なところではなかろうか

by masashiw2 | 2016-07-12 10:05 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
一本桜の葉陰にいっときの涼を得る 2016年7月3日
時間はまだ午前10時前。しかし、日差しがきつい。ラクに30℃を超える予報が出ていた。
刈場坂峠手前の高麗川水源で汲んだ500ccの水もここに来るまでに飲みきってしまっていた

d0123571_21334884.jpg
急斜面の畑ではブルーベリー(?)など栽培している



d0123571_2134112.jpg
近づいてみると、そんなに大きな桜ではないが、ロケーションが絶妙なのだろう



d0123571_21343765.jpg
やさしい葉陰。桜の時期は山側に桟敷席を仮設して、花を楽しむらしい。いい趣向だと思う



d0123571_2135594.jpg
ヤドリギひとつ、杉玉みたいに見えてしまって、お花見気分



d0123571_2135266.jpg
一本桜から降りてきた斜面を振り返る



d0123571_2136293.jpg
かなりの勾配を落ちていく



d0123571_21363040.jpg
集落に最後の一瞥。林地に入ると綺麗な沢、フリーのラチェット音で瀬音を意識できなかったのが残念



d0123571_213747.jpg
高山不動から降りてきた道と合する。ここからは記憶がある

帰路、自販機休憩しまくりスポドリがぶ飲みで、あまり体重減らず。ま、脱水症状になるよりはマシかと。
今回、レーパンを新調。真珠泉3Dパッドはまるで天鵞絨(ビロード)の質感。高級車に乗った気分、安上がりな自転車乗りである。
八徳ポタ、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-07-07 21:40 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
「八徳」と書いて「やっとこ」と読む 2016年7月3日
奥武蔵では以前にも「ユガテ」という、ケッタイな名前の山間の集落を訪ねたことがあった。
その時は自転車ではなく徒歩で、東吾野駅で降りてR299沿いの虎秀(こしゅう)という集落から山道に入って、
ユガテを訪ねたあと、阿寺(あでら)を通って、顔振(こうぶり)峠に着いた。

今回は刈場坂峠からグリーンラインを東進、飯盛峠、関八州見晴台分岐、高山不動分岐、傘杉峠と漕いできて、
顔振峠の手前・八徳分岐から林道八徳入線(やつとくいりせん)に入る。
林道の表記にブレがあるし、「入」ってのがよくわからない。ま、楽しみながら降りてみる

d0123571_23105784.jpg
傘杉峠を過ぎたら、すぐ八徳分岐。この日は高温になる予報だったからか、トレイルランナー少なし



d0123571_23121143.jpg
降り始めてすぐ、墓所があって、草の間から吾野鉱山が見えた



d0123571_23123054.jpg
庚申さまでせうか



d0123571_23135788.jpg
開けた南斜面、九十九折の林道沿いにおウチが点々と・・・



d0123571_23142311.jpg
年季の入った石組み、いつ頃できあがったのだろうか



d0123571_23151956.jpg
コーナーの先からおじさんおばさんの笑い声が聞こえた



d0123571_23161621.jpg
やがて何もさえぎるものがなくなり、下に眼をやると・・・



d0123571_2317830.jpg
やっとこ、夏の一本(葉)桜──!

by masashiw2 | 2016-07-05 23:29 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
暑さ馴らし、グリーンライン漕ぎ 2016年7月3日
暑くなりそうな日曜日。今年の梅雨は週末は好天、もったいないので夏向けのカラダ作り(?)、名栗漕ぎ。
昼過ぎには帰宅を目指して、明け方に家を出る。グリーンラインに絡んで120kmくらい走っておきたい。
山王峠から名栗に入って、正丸峠を8時前に通過、刈場坂峠には9時前に着く。
今回は高山不動と顔振峠の間の八徳(やっとこ)という集落を降りてみる

d0123571_233221.jpg
正丸峠の茶屋から



d0123571_24011.jpg
まったり刈場坂峠。この日は無線マニアが多かった



d0123571_242371.jpg
雑木が茂って堂平方面の展望がだんだん利かなくなってきた



d0123571_245185.jpg
グリーンライン、緑のトンネル。やや涼しい。まだハルゼミも鳴いている



d0123571_254179.jpg
高山不動分岐から吾野方面



d0123571_261797.jpg
五日市街道~小平~瑞穂~岩蔵~富岡~山王峠~名栗~
山伏峠~正丸峠~刈場坂峠~傘杉峠〜グリーンライン八徳分岐~八徳〜一本桜~吾野~
R299(バイパス)~R463(バイパス)~所沢~所沢街道〜田無
距離127.42km 高度上昇量1637m 少し続きます

by masashiw2 | 2016-07-04 02:09 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
名栗湖から蕎麦粒山が見えるんですね 2016年6月11日
西武ドームが見えるあたりで写真を撮って、あとは下ハン握って釣り堀めがけて落ちていく。
釣り堀の自販機でドリンクを飲んでいると、ブヨに噛まれる。長居は無用

d0123571_02720.jpg




d0123571_02237.jpg




d0123571_024372.jpg
西武ドームだけなんとなくわかります。右上の山は棒ノ嶺あたりかと



d0123571_033072.jpg
帰る前に有間ダムから有間峠を望む。
市境稜線上を高圧電線がまたいでいる。
日向沢ノ頭(1356m)の直下あたりに鉄塔が認められるでせう。
よく見るともう一つ鉄塔が右に見えていて、蕎麦粒山(1473m)と思われるピークに重なっている。
鉄塔の下まで伸びている林道日向沢線はダート。
高圧電線は、浦山ダムからつながっているのかと思ったがそうではなく、航空地図で確認してみると
小鹿野にある開閉所から奥多摩を経て川井、日の出を経て八王子につながっている模様

d0123571_041943.jpg
お休み処やませみから、名栗武州世直し一揆の壁画が一望できる



d0123571_044635.jpg
下名栗も一望。たまにはのんびり川遊びもいいかも



d0123571_051468.jpg
名栗路、またちょいちょい参ります。有間峠、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-06-16 00:05 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
ハルゼミ鳴く有間峠を漕ぐ 2016年6月11日
天気は良さそうだが暑くなりそうな土曜日。5時に家を出る。
昨年初冬には閉ざされたゲートをくぐって漕いだ林道広河原逆川線。今回はゲートが開いていてウェルカム。
路側の砕石も少ない。ワイルドな林道、整備してくださるかたに感謝。

9時には一旦、峠(1149m)を越す。湿気が多く、展望は今二つ。まだハルゼミは鳴いていない。
浦山側を少し降りてみる。ハルゼミが鳴き出した。いいなぁ。聞いたことのない鳥のさえずりにも驚嘆する。
標高800mくらいまで降りて、来た道を登り返す
(秩父まで降りてもよかったのだが、R299~山伏峠を登り返すのがチト辛そうで)

d0123571_13183661.jpg




d0123571_13185730.jpg




d0123571_13201587.jpg
有間ダムの先にさわらびの湯まで見えている



d0123571_13213430.jpg
浦山側に降りるとさらに深い森。サルなどもあらわれて・・・



d0123571_13243367.jpg
ふたたび有間峠を越えて名栗側へ



d0123571_13251881.jpg
名栗側も少し遅れてハルゼミの大合唱

Garmin地図、ルートなどはこちらの記事末尾

by masashiw2 | 2016-06-15 13:29 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
GL漕ぎ・顔振峠から阿寺あたり 2016年4月16日
お昼をまわって、顔振峠。茶屋では山菜のてんぷらを食べている人も。いいなぁ。
わたしの場合、運動中にてんぷらなんぞ食べると強烈な胸焼けに襲われてしまうので、とてもうらやましい。
ちなみに運動中のアルコール摂取は、かなりの確率で心房細動が出るのでNG

d0123571_11232816.jpg
平九郎茶屋からの正午景



d0123571_11304870.jpg
@阿寺



d0123571_11244399.jpg
@阿寺



d0123571_1125781.jpg
天文岩って、なにかといわれがあるようなことを看板に書いてあるのだが、いまひとつよくわからない。
モルタルでいろいろ細工してあるのはボルダリングされるのをきらっているためだろうか
次回、北向地蔵から林道清流線に入ります

by masashiw2 | 2016-04-19 11:26 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
GL漕ぎ・高山不動分岐あたり 2016年4月16日 sanpo
飽きもせず奥武蔵グリーンライン(GL)。まだまだところどころに桜が咲いており、眼を楽しませてくれる。
GLに前回訪れたのはは昨年の秋、その時は徒歩、関八州見晴台に立ってみたけれど、雑木が茂っていてイマイチ。
今回は自転車なので、見晴台には立ち寄らずその基部を通過。高山不動に至る分岐の廃茶屋で一服

d0123571_11332791.jpg




d0123571_11335260.jpg




d0123571_1134819.jpg
ここは来るたびに撮ってしまう……



d0123571_11343048.jpg
こういうのがいいんですね



d0123571_11344764.jpg
こういうのも……



d0123571_1135574.jpg
モルタルリング舗装は高山不動へ。すぐ下に民家あり

by masashiw2 | 2016-04-18 11:42 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
今週も名栗漕ぎ・刈場坂峠へ 2016年4月16日
この週は締め切り・納品が色々と重なって、かなりキツかった。
土曜日は朝寝・休養にしようかとも思ったが、日曜日が荒天の予報だったので、もったいないから早起きして漕ぎだす。
体調も今ひとつなので先週の延長線上を無理しないでいく方針。できれば未踏の林道を下りてこようかと

d0123571_1382449.jpg
なぜか住宅が見えてきたら刈場坂峠。11時ごろ着。気温も上がって調子よくなってきた



d0123571_1384982.jpg
今日はこれに乗ってきた(ウソ、免許も単車もないので)



d0123571_1393427.jpg
売店のおじさんのギターものどかな刈場坂峠



d0123571_1310256.jpg
関八州見晴台・高山不動分岐



d0123571_13104985.jpg
分岐の廃茶屋から、吾野側を望む



d0123571_13243496.jpg
五日市街道〜小平~岩蔵街道~山王峠~名栗〜山伏峠~正丸峠~刈場坂峠~顔振峠~
北向地蔵~林道清流線〜高麗〜国道299号(飯能狭山バイパス)~入間市街〜所沢~花小金井
今回は顔振峠からの下降路を高麗方面に取る。林道清流線に入ったが、人家に近い割になかなかワイルドな道だった。
まだ少し肌寒く、出がけにきたウインブレを着っぱなし。手袋もフルフィンガーでよかった。
距離129.37km、高度上昇量1925m 少し続きます

by masashiw2 | 2016-04-17 13:27 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
春の名栗漕ぎ-4 2016年4月9日
林道原市場名栗線に入ってしばらく、なかなかくだんの山桜に出会わない。
はかどらないのは足がなまっているのか。野猿の群れにで遭ったらどうしようなどと、いらぬ心配もして。
いくつかのコーナーを越えて2年ぶりにその威容にやっとあいみまえる。
山桜はずっとそこにあり続けて、今年も咲き誇っていた。やはり美しい

d0123571_23242963.jpg




d0123571_2325149.jpg




d0123571_23253086.jpg
下りになって、おなじみの「コア山」のソメイヨシノ。観桜会などをやっている。楽しそう。

帰路、85km越えて入間手前で内腿痙攣。まだまだ100kmを越えるカラダになっていない。
なんとかせねば。春の名栗漕ぎ、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-04-13 23:33 | 峠道 | Trackback | Comments(2)