タグ:Garmin ( 90 ) タグの人気記事
ソメイヨシノはまた足踏み状態か・・・
土曜日午後には、風もあまりなく、かなり穏やかに思われ、開花状況も一気に進むかと思われたが、
日曜は冷たい雨。雨は終日降り続き、月曜日も雨模様という

d0123571_0194085.jpg
Kami-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017


d0123571_020256.jpg
Kami-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017

2017年3月25日
土曜日は自転車漕ぎ[和田峠~大垂水峠~多磨霊園]
少しは漕げるようになってきたかも──ということで、和田峠に今年最初のアタック。
しかし、沢づたいを離れるまでに時間がかかりすぎる。調子がいいときは勾配が寝て見えるもの。
去年漕げていたころの調子には程遠く、まだまだトレーニングが必要かと



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~小金井街道~R20~日野バイパス~陣馬街道~和田峠~藤野~R20~大垂水峠~
日野バイパス~府中~R20多磨霊園入口~多磨霊園(枝垂れ桜開花状況チェック)~前原交番~農工大通り
距離103.9km、獲得標高1010m

d0123571_020399.jpg
多磨霊園の枝垂れ桜並木は、霊園の北西部、23区と24区の境界に位置します。

d0123571_0264037.jpg
右から左に抜けて右折するあたりの枝垂れ桜。まだ咲き始めで、散った花びらは見当たらなかった

by masashiw2 | 2017-03-27 00:28 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
12月に入って
とにかくめまぐるしいなぁと。気がついたら12月。この調子であっという間に1年が過ぎ去りそう

d0123571_22555857.jpg
Shirako, Wako, November 28, 2016



d0123571_2256187.jpg
Narimasu, Itabashi, November 28, 2016



d0123571_22564145.jpg
Narimasu, Itabashi, November 28, 2016



d0123571_22573160.jpg
ランニング&サイクリングだが、11月は下旬に入ってから、仕事が忙しくなって、失速。
結局、ランニングが12回で総距離118.08km。サイクリングが4回で総距離405.30km(高度上昇量7699m)。
前半に稼いであったので、なんとかノルマを達成したかっこうかと。
24日に降雪があって、気分的に縮こまってしまった。盛り返さねば・・・

by masashiw2 | 2016-12-01 22:58 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
久しぶりの輪行旅・南牧(なんもく)村に行きたい 2016年10月2日
そういえばいわし雲をついぞ見ていないなと思う今年の秋。
気象予報士の皆さん、予測しづらいのは気持ちがわからないでもないが、
「大気の状態が不安定だから、さしあたり雨が降る可能性がある」と告げ続けるのはいかがなものか。
降る降る詐欺の件である。雨マークの付いた10月1日(土曜日)は結局降らなかった。

そういう予報に従順だといつまでたっても出かけられない──ということで、
秋雨前線が一時的に退いた日曜日、様子を見ながら久しぶりに輪行旅。
行く先は西武秩父起点で十石峠から南牧村へ。起きてチェックしてみると秩父市、上野村、南牧村の予報は良くない。
飯能市あたりは大丈夫そうなので、ダメなら奥武蔵を漕いで帰って来る。

ひばりヶ丘まで漕いで駅のコンビニ前で輪行支度をして始発に乗る。
西武秩父着6時24分。秩父は曇り、武甲山ははっきり見えている。
今日はずっと国道299号。荒川を渡ると小雨。しっかり全装備濡れる。
しかし小鹿野に入るとドライ。とりあえず志賀坂峠まで行ってみるか

d0123571_17574872.jpg
吾野の駅で二重の虹を見かけた。吉兆かどうか


d0123571_17581540.jpg
西武秩父駅、仲見世は改装中


d0123571_17583814.jpg
小鹿野・三山(さんやま)の新秩父開閉所。晴れてきた


d0123571_175924.jpg
電線つながりで、志賀坂峠直下から秩父地方。こちらも晴れてきた


d0123571_17592775.jpg
全然大丈夫そうなので、志賀坂峠から先へ。@神流町神ヶ原(かんなまちかがはら)


d0123571_17595313.jpg
@神ヶ原。朝方降ったのかもしれないが、道は乾いてきている


d0123571_1801726.jpg
@神ヶ原。お寺だと思っていた恐竜センター


d0123571_1805290.jpg
西武秩父〜小鹿野〜志賀坂峠〜神ヶ原〜上野村〜十石峠[2]〜古谷(こや)ダム[3]〜
大上(おおがみ)峠[4]〜熊倉〜勧能〜羽沢〜砥沢〜六車〜雨沢〜大日向[5]〜湯の沢トンネル[6]〜塩之沢分岐[7]
上野村〜神ヶ原[8]〜志賀坂峠〜小鹿野〜西武秩父 距離161.9km、獲得標高3077m
ルートラボはこちら。少し続きます

by masashiw2 | 2016-10-03 18:10 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
9月もあっという間・・・
おかしな天気に翻弄され続けた9月もはや終わり。10月も初めからビミョーな天気となりそうで先が思いやられる。
長期予報も10月は雨が多いとか。せめて週末だけでも晴れ間が出てくれるとありがたいのだが……。

9月は、ランニングが17回で、距離125.16km。極端に遅いタイムがなく、ムラなく粒がそろった感じ。
ロードサイクリングが4回で、距離603.04km、総高度上昇量8679m。
ローラー台が3回で39.3km。以上24アクティヴィティーの距離合計が767.50km。
山歩きもしておきたいと考えていたが、それは遠乗りができてからの話なので、ゼロは仕方あるまい

d0123571_2229397.jpg
この12ヶ月の距離の内訳。ランニング(青)がノルマの100km/月をなんとかクリアして1年経ったことになる。
寒かったり暑かったりで自転車漕ぎ(赤)はあまりしなくなるというのが顕著。
登山(濃赤紫)は苦労(&予算)の割に距離が出ない

by masashiw2 | 2016-09-30 22:33 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
ゴマダラ君大きくなりました 2016年9月25日
前回お伝えしてから9日経って、角を除く体長が40mmほどになりました。終齢なので次の脱皮で蛹化(サナギ)です

d0123571_225573.jpg
寝ていることが多くて・・・


d0123571_2255326.jpg
顔が愛嬌があるというか、ゆるキャラっぽいというか・・・


d0123571_226169.jpg
弟分も順調に生育中(角を除いて体長12mm)



9月24日〜25日
長らく輪行をしていない。5月が最後だったか。輪行の仕方も忘れてしまいそうで。
この週末は遠くに漕ぎに出たいところと考え、西武秩父起点で群馬県上野村から南牧村へ足を延ばす計画を立て、
輪行支度をする。しかし、天気予報が今ひとつで、午後から安定せずよくないという。
山地の奥に踏み込んでから雨というのが危惧するところで、じゃじゃ降りの中、人里離れたところで漕ぎたくない
d0123571_229146.jpg
で、今週末も近場漕ぎとあいなった。せっかくの輪行支度を出発直前にほどく。
自宅の玄関先で輪行解除したのは初めて。で、多摩西部サイクリストの定番トレーニング周回の和田峠[3]〜大垂水峠[6]へ。
帰宅後、武蔵野市はセミが鳴く夏日和。今度は降る降る詐欺か・・・。
9月は近場漕ぎばかりで、南牧や佐久の方に行ってみたく考えていたのだが、とうとう行けずじまい

by masashiw2 | 2016-09-25 22:12 | 小さきものたち | Trackback | Comments(0)
最近のお気に入り補給食 & 近場漕ぎ・奥武蔵 2016年9月17日
自転車漕ぎの補給食の話ですが──
このところ、以前からの補給食を見直し、冷凍食品類(おにぎりやチャーハン)の替わりに、
アンコやジュースのシロップなど、胃の腑に流れやすく吸収の速そうなものを選んでいる。
先月、日帰り山行を何度か行ったが、風の通らない蒸し暑い樹林の中で
飯粒を無理やり押し込もうとして気持ちが悪くなったことが何度となくあったりで・・・

d0123571_21383195.jpg
ヨーグルトにかけるフルーツソースは流し込みやすくカロリーも高い(180kcal/本)。
シロップのたぐいは、裏高尾の茶屋で食べたかき氷のシロップがヒント。
ブラッドオレンジのシロップは適度に苦味があって飲み飽きない。無印のものは適量に小分けされて使いやすい。
梅干しとドライフルーツは適宜、口の中に放り込んだり。サプリ類はプラシーボ効果を狙う。
レトルトぜんざいは腹が減ったなと思ったら一気に全部流し込む(245kcal)。脳の隅々に糖が行き渡るような気分。
もともと腰を下ろしてゆっくり休むということをあまりしないので、サドルの上でゴクゴクやれるのがいい。
もちろんこれらを全部持っていくわけではなく、小分けしてポケットに入れていく。
道すがら、団子などの買い食いはするが、食堂に入ってガッツリ食事することはなく済んでいる。



五日市街道~小平~東大和~瑞穂~岩倉街道~山王峠[2]~名栗農協~
山伏峠[3]~正丸峠[4]~[林道・刈場坂線でGLへ]
刈場坂峠[5]~[林道・奥武蔵支線で下降]~下モ[6]~[県道172号でGLへ]~白石峠[7]~大野峠~刈場坂峠~
顔振峠~阿寺線分岐[8] ~虎秀~国道299号~入間~国道463号~所沢街道~田無 距離144.65km、高度上昇量2265m
d0123571_2139031.jpg
三連休ながら、比較的雨が降らないのは最初の土曜・17日だけというので、近場漕ぎ。
早朝、雲が少ないが、かなりの湿気。信号待ちで止まるとメガネが曇る。大量の湿気が秋雨前線から流れ込んでいるのか。
蒸し暑さに耐えながら、山に近づけば涼しくなるだろうと期待。

名栗に入ったあたりから涼しくなる。緑の農協で一本立てる。ブラッドオレンジのシロップと梅干し摂取。
来週(9月25日)に催される「星宮神社の獅子舞」の看板があちこちに立っていた。

山伏峠~正丸峠をこなし、刈場坂線に入る前にパインのシロップと梅干し。高麗川源頭の碑で水を汲んでサプリを溶かす。
大汗をかいて刈場坂峠、奥武蔵支線のダウンヒルの前にぜんざいを流し込む。
奥武蔵支線は登ってくる人多く、また人家も多くあって、思っていたより走りやすい。
白石・高篠と合わせてトレーニング周回になっている模様。

刈場坂峠をこなした後、どれだけ脚が残っているか、白石峠の登りで試してみる。
白石は日向で暑かった。こちらも大汗をかいて這い上がる。この周回は鍛えられますね。
さすがに気力も失せてきて、尾根通し・下り基調でおうちに帰ろうかと。高山不動分岐で補給食を食べ尽くす。
帰路は炎天下、R299バイパス上り坂で突如両前腿痙攣、路側で悶絶・・・



今まで、ブラウザ「Safari」上で描画が不安定だったりしてルートラボの採用を見送ってきたのですが、
OSをアップデートしたりで、やっと動作が上手くいき、かつての自転車漕ぎを少しずつ整理しています。
さしあたり2013年秋から翌2014年7月までの遠乗りをこちらにまとめました。
よろしければご高覧くださいませ

by masashiw2 | 2016-09-19 21:49 | かわうその祭 | Trackback | Comments(0)
ゴマダラチョウ生育中 2016年9月11日
先日、宮田酒店に向かう道すがら、上水沿いの榎のひこばえに産み付けられたゴマダラチョウの卵。
8日に生まれて、本日1回目の脱皮。黒いお面を脱ぎ捨てたら、2本の角が生えていた

d0123571_1615980.jpg
角を除いて体長5mm。左の黒く丸いモノは脱ぎ捨てた頭の殻



今週土曜日も奥多摩漕ぎ 2016年9月10日
天候が安定していないと、八ヶ岳くらいの遠乗りは交通費がもったいないので、
秋雨前線が顕著なうちは近場・自走の安上がりな自転車漕ぎ。勝手知ったルートをつなげてのロングライド。
雛鶴峠から松姫峠、風張峠をつなげた。4時起床、4時44分出発(先週とまったく同時刻) 

地図上の番号は──1 八王子署(最初の1時間の目安) 2 大垂水峠 3 雛鶴峠 4 鈴掛峠 
5 国道139号旧道・奈良倉トンネル入り口(松姫トンネル分岐) 6 松姫峠 7 都民の森(風張峠で押し忘れ)
d0123571_1634662.jpg
五日市街道〜小金井街道〜R20〜日野バイパス〜R20〜大垂水峠〜勝瀬橋〜秋山〜雛鶴峠〜鈴掛峠〜
猿橋〜国道139号〜深城ダム〜松姫峠〜原始村〜[チャーちゃんまんじゅう]〜三頭橋〜
月夜見第一駐車場〜風張峠〜都民の森[三頭団子]〜檜原街道〜武蔵五日市〜睦橋通り〜拝島〜五日市街道
総距離196.68km、高度上昇量3094m

晴れ、今日一日は持ちそう。稲刈りはこれから。ムギワラトンボがよくぶつかってきた。
標高を稼いでも日向はかなり暑い。早いうちに松姫峠の登りにかかりたいところ。

このつなげ方、やったことなかったと思ってたのだが、去年すでに走破済み(残念)。
国道139号線松姫峠大月側が改修が完了して、一時的に開通していた時にやっていた。
一時的というのは、その後すぐ閉鎖されてしまったから。現在も閉鎖中。
照明を外した屈曲トンネル、落石、砕石、落枝に気をつければ、オートバイが来ないので静かなヒルクライムが楽しめる。
それにしても、去年と全く同じルートなのに、距離は誤差の範囲内として、今回の高度上昇量が90mほど低いのはなぜ?

今回はカメラも輪行装備も持たず補給食も最低限の買い食い頼み。
小菅・余沢のチャーちゃんまんじゅう2個(餡子&高菜)を頼んだら、有難いことにミョウガの紫蘇漬けをおまけしてくださった。
最後の風張峠は、都民の森・栃の実売店の三頭団子を楽しみにして単調な坂を稼いでいった。

奥多摩周遊道路に入ると、急にオートバイも自転車も増える。
都民の森のバイクラックにかかった高級カーボン自転車、どこから湧いてくるのだろう。クルマに乗せてくるのだろうか。
オートバイの事故があったみたいで、救急車両が出入りしてものものしい。
団子のおじさん「気をつけておかえりください」と声をかけてくださり、気を引き締めて、なおかつ無理せず五日市に下った

by masashiw2 | 2016-09-11 16:09 | 小さきものたち | Trackback | Comments(0)
いつまでたっても涼しくならず 2016年9月7日
夜間の気温が高く、寝苦しくてよく休めない。昨年の今頃の記事を見ると、秋布団を使っていたのだが。
昨夜もエアコンをかけてフローリングにじかに寝て、なんだか節々が痛いような。
早起きして朝の涼しい時間帯に仕事をしてみようと努力したり。しかし、頭の芯がなんとなくぼやけているような・・・。
やけくそで昼間に井の頭池まで走ってみる。帰ってきたら、どっと疲れてしまったりでうまくいかない

d0123571_22461779.jpg

by masashiw2 | 2016-09-07 22:47 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
9月に入って 2016年9月4日
昨年の夏は手術の直後で休肝を続けていたのだが、今年は回復、調子こいて生酒にハマっている。
6月に新潟に旅した時に、湯沢の蕎麦屋で「鶴齢濁り本醸造」を飲んで以来。
以前は淡麗で辛口が好みだったが、最近はやや好みが変わって、酸味というファクターが気になってしまい・・・

d0123571_14401526.jpg



d0123571_144027100.jpg
この日のお買い物:「三重錦 雄山錦・三号タンク・うすにごり」(←鳳凰三山に持っていった酒をアンコール)&
「鶴齢特別純米ひやおろし」ひやおろしの季節となりました。今シーズンはどんな味と出会えるか?

d0123571_14404985.jpg


で、3日(土曜)は自転車漕ぎ再開。和田峠を越えて、鶴峠を通って小菅に至り、今川峠を越えて丹波山へ。
5時前に出発して、五日市街道〜小金井街道〜甲州街道~日野バイパス~陣馬街道~和田峠~
佐野川~棡原~田和峠~西原~鶴峠~小菅~今川峠~丹波山~留浦~
小河内ダム~愛宕トンネル~城山トンネル~青梅~瑞穂~東大和~小平~鈴木街道
強い坂を3つ継続するとお腹いっぱい、奥多摩湖に降りる。帰路、東青梅から瑞穂までの青梅街道(砂漠!)が一番きつかった。
台風12号が来ていたので早めに切り上げて帰宅・休養。距離161.28km、高度上昇量2270m
d0123571_1441212.jpg
山登りのおかげで下肢全般がタフになった気がする。何より、ペダルを“踏める”感じが増して、勾配があってもぐいと前に進む。
とはいうものの、夕食後、山登りでは出なかった部位に筋肉痛(体幹、横隔膜)。どうしたもんじゃろのうと困惑。
バランスよく鍛えねば。キホン自転車漕ぎとしても、山行きも適宜混ぜてタフネスの維持を図るようにしたい。

8月は山行5日間で、山行総距離74.61km、累積標高合計6239m。
ランニングは15回、総距離112.06kmと、なんとか100km越え。
ロードサイクリングは少なくて2回(尾根幹2回)で総距離109.92km(ローラー台は6回、77.4km)。今月はどうなりますやら

by masashiw2 | 2016-09-04 14:47 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
裏高尾に登ってみる 2016年8月6日
思い立って登山の真似事。少し荷物を背負ってどれくらい歩けるか。手頃なところで裏高尾を登ってみる。
高尾山口駅に降り立ったのは午前7時半。稲荷山コースで登り始める。暑い・・・

d0123571_18314729.jpg
高尾山頂から。湿気で八王子の街は見えない


d0123571_18321212.jpg
裏高尾に入る。もみじ台、茶店をつなぐ旧街道歩きみたいで楽しくなってきた。ただ、なめこ汁という気分ではない


d0123571_18324489.jpg
相模湖の遊園地から津久井あたりも見えたり


d0123571_18331241.jpg
国道20号・大垂水峠へは意外と心細い道だったりして


d0123571_18333891.jpg
小仏城山で大休止、かき氷をいただく。これで300円とは感涙モノ


d0123571_18335796.jpg
抹茶シロップのかき氷を注文した外人トレッカーに、店の人が抹茶シロップのなんたるかを説明している


d0123571_18342078.jpg
高尾山口駅~稲荷山~高尾山~一丁平園地~小仏城山~小仏峠~
景信山~明王峠~陣馬山~和田峠~陣馬高原バス停 距離18.86km、高度上昇量1349m。少し続きます

by masashiw2 | 2016-08-07 18:36 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)