タグ:LatLongLab ( 40 ) タグの人気記事
今年の紅葉は早いかも・奥多摩ガッツリコース 2017年11月12日
土曜には厳しかった冬型が少し緩んで(って、真冬みたい)、日曜は好天かも!──と、輪行支度して出かける。
勝沼の車窓からのモルゲンロートは見事で、聖・赤石~農鳥・北岳~鳳凰・甲斐駒ヶ岳がズラリ。
眼下に広がる甲府盆地、「われ出陣に憂いなし~♪」とばかり、気もはやる。

塩山アクセスの低予算企画。大弛峠はすでに着雪アリとのことでボツ。柳沢峠からあちこち繋げながら東進します。
この時期こんなに冷えるかなぁと思いつつ、9月、10月と漕げなかった分を挽回したい

d0123571_2114546.jpg
勝沼あたりの車窓から。左から聖・赤石~農鳥・北岳~鳳凰、そして甲斐駒ヶ岳(ちょっと隠れ気味)


d0123571_21151970.jpg
@高芝大橋、柳沢峠まであと20分


d0123571_21322817.jpg
柳沢峠から少し先、温度計がありまして。指先の感覚がないなぁと思ったら・・・





マップをクリックでルートラボに飛びます。

塩山まで輪行~R411~柳沢峠~はまやらわ~丹波山~R18~今川峠~小菅~R139~小永田~
松姫峠~ワッフルヘアピン~小永田~R18~鶴峠~腰掛林道~棡原~甲武トンネル~
上川乗~檜原街道~武蔵五日市~睦橋通り~拝島~五日市街道

[ルートラボ]距離133.6km、獲得標高2973m

雪をいただいた富士や奥多摩の紅葉などなど。少し続きます

by masashiw2 | 2017-11-13 21:37 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
久々のロングライド・南相木ダムへ 2017年11月4日
好天の周期が週末にやってきた。何週間ぶりだろうか。
思い切って、明媚な高原漕ぎに出かけても良かったが、気圧の谷の通過が気になり、
いまひとつ踏み切れず、南相木ダムという渋め(?)の目的地設定で出かける。

ちょうど3年前、信濃川上から馬越峠経由で南相木村に入ったことがあって、その時は北相木〜ぶどう峠から上野村へ抜けた。
今回も小海線を利用してもいいのだが、小淵沢からの乗り換えとなると時間も遅くなるし、運賃もかかる。
韮崎から地道に漕いで行ってもいいじゃないの、と試してみる。南相木ダム目的なら距離的に妥当かと。

ダムには特にこだわりはないのだが、電源開発路は道がいいのでついついあちこちのダムを巡り漕ぐことになる。
国内最高所のダムとして「甲信越スポーツサイクリング・コースガイド」にも紹介されている。

韮崎から漕ぎ出すと、南アルプス方面には晴れ間も見え、八ヶ岳方面も早晩晴れてくるのではと期待を抱いた。
増富方面に入ると遠望もきかなくなり、黒森の瑞牆山までおあずけ、我慢で高度を稼ぐ。
しかしだんだん曇ってきた。瑞牆山は遠望できるものの、上空はかなり暗い。やはり普段の行いがかなり悪いのか

d0123571_1710334.jpg
d0123571_17104910.jpg
@黒森。信州峠に向かう登り口から瑞牆山がよく見える


d0123571_17114090.jpg
@南相木ダム堤体と下流のうずまき公園





マップをクリックでルートラボに飛びます。

韮崎駅~R141駒井~R23明野~ラジウムライン〜みずがき湖~黒森~信州峠~
川上~馬越峠~三川〜南相木ダム~犬ころの滝〜小沢志なの入トンネル~R141市場坂~野辺山~
美し森~八ヶ岳高原ライン~小淵沢駅(お土産:ふもとの弁当元気甲斐)
[ルートラボ]距離119.7km、獲得標高2819m

好天ではなかったけれど、それなりにコマが進みました。少し続きます

by masashiw2 | 2017-11-05 17:19 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
裏ヤビツ、飽きずに今年7回目 2017年9月24日
八ヶ岳から降りてきて、実は左足指の調子が悪かった(軟骨が減っていて)。
ちょうど仕事が立て込んで、ケアが後手になったせいもありまして。今は良くなって違和感も忘れてしまっているが、
一時はランニング総距離100km/月のノルマが今月は果たせないか、
連続24ヶ月で頓挫かと、がっかりしていた。その後、チマチマと稼ぎ直し、なんとかノルマ完済に漕ぎ着けそう。

おかげさまで仕事が絶えず、忙しさが続いている。9月の道楽は八ヶ岳登山がハイライトだったなと。
自転車漕ぎは脚が鈍らぬように裏ヤビツ程度。飽きもせず今年すでに7度目。
宮ヶ瀬ダム左岸、70km/hでダウンヒル後に食べるオギノパンの美味しさがそうさせるのか、
はたまた帰路、蔵元・久保田酒造で求める限定相模灘がそうさせるのか。
今回から尾根幹からの帰路、乞田に出て聖蹟の小山商店に寄ってみた。魅惑のオプションがまた増えた

d0123571_22441797.jpg


d0123571_22443269.jpg


d0123571_22445382.jpg
県道70号から宮ヶ瀬湖。水没していた林道が干上がったまま




マップをクリックでルートラボに飛びます。
是政〜尾根幹〜町田街道〜新小倉橋〜旧道〜長竹〜鳥屋〜宮ヶ瀬湖畔園地〜ヤビツ峠〜
宮ヶ瀬ダム左岸〜オギノパン[休憩]〜新小倉橋〜川尻〜町田街道〜尾根幹〜
鎌倉街道〜行幸橋・小山商店[買い物]〜関戸橋〜是政

小山商店は初見参。噂には聞いていたが、日本酒のワンダーランドっぷりに驚く。
インカムをつけた店員さんが忙しく行き来する酒屋なんて初めて。ディレクトリ覚えるのがたいへんそう。
王禄無濾過本生、花垣ひやおろし生詰の四合瓶2本を購入、背負って帰る

[ルートラボ]距離137.2km、獲得標高1599m

by masashiw2 | 2017-09-25 22:50 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
八ヶ岳、今回は登山です 2017年9月10〜11日
気圧配置見て、お彼岸前に軽装で行くなら今でしょ──と、わりと満を持して決行。
今回のルールは、トレラン用のワンデイザック(ZOZOUSED ¥3000税込)に、ミニマムな装備で幕営するというお題。
もはや重い荷は背負えないし、手持ちの装備は簡便なものばかり。バスもないので歩くか、元気なら駆けるというスタイル

d0123571_23114573.jpg
編笠山頂上から。青煌@武の井も、7賢も、白州ディスティラリー@サントリーも写っています


d0123571_2313216.jpg
懐かしい山に久しぶりに戻ってきました。後ろは阿弥陀岳


d0123571_23133966.jpg
下降路は初めてトレースした御小屋尾根。なにやらこじれたらしきモノがあちこちに・・・





マップをクリックでルートラボに飛びます。
2日目は天候悪化のため、前回のエントリでご説明したルートを一部変更しました。
赤岳からは主脈を北上する計画でしたが、風が強まり展望もないので、西進するルートに変更しています。

10日(日)
武蔵境初電0441発〜鈍行乗り継いで小淵沢、駅から徒歩〜防火帯直上〜ヒカリゴケ〜観音平[登山届提出]〜
雲海展望台〜押手川〜編笠山1221着〜青年小屋[休憩]〜権現岳〜ツルネ〜キレット小屋1600着、幕営

11日(月)
起床0400〜キレット小屋天幕場出発0528発〜赤岳0710着〜中岳〜阿弥陀岳〜御小屋山〜美濃戸口1155着、徒歩〜
県道484号〜県道190号〜富士見駅1450着〜小淵沢へ鈍行で1536発〜小淵沢〜久保酒店にて買い物、
あずさ26号1635発〜立川〜武蔵境

[ルートラボ]距離32.5km、獲得標高2488m

思いのほか、写真をたくさん撮りることができました。やはり両手があいているのがいい。
天気が悪くなったらなったで、雲の表情にも飽きがきません。
山の写真、少し続きます

by masashiw2 | 2017-09-12 23:20 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
明日から出かけてきます(一泊) 2017年9月9日
やっと好天循環に時間を見つけることができ、出かけてきます。一泊して八ヶ岳・赤岳。
初電乗り継いでで小渕沢、歩いて編笠山、10日(日)はキレット小屋天幕場で幕営。翌11日(月)は赤岳へ。
かつて親しんだあたりをふらりとめぐって、富士見まで降りてくる予定。
昔通っていた頃と比べるとバスの便がなくて、これはもう駅へ駆けるしかないのかもと。
天気が良くて写真がいろいろ撮れるといいのですが・・・

d0123571_22255447.jpg
ミニマムな装備で行けるのも、お彼岸までですから。甘味系中心の補給食で、熱源はナシ





マップをクリックでルートラボに飛びます。
8月の中旬に自転車で八ヶ岳を一周したのですが、やはり自分の足でピークを踏んでみたい気になりました。  
今回は、距離37.7km・獲得標高2571mということなんですが、もちろんロードバイクでトレースできない道ですし、
自分の足だと自転車とはまた違ったものになりそうです。
降りてきたらレポートいたします

by masashiw2 | 2017-09-09 22:30 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
久しぶりに八ヶ岳見参 2017年8月13日
天気予報を見ると、雨マークがついていない日がない。一日くらいはなんとか曇天でもいいから降雨なしで漕げないものか。
日曜日なら比較的安定しそうな気圧配置、ただ午後から崩れそうなので、短めのルートでどうよ。
八ヶ岳高原ライン~R141~R299・麦草峠~八ヶ岳エコーラインをつないでの南八ヶ岳一周は定番のコース。
距離は短いが、獲得標高的にはガッツリ、漕いだ気になるだろう

d0123571_2182540.jpg
クリックで拡大します。小渕沢駅〜高原ライン(1 観音平分岐、3 赤い橋駐車場)、5 海ノ口別荘地入り口(R141離脱) 〜
R141〜R480(7 松原湖入り口〜レストハウスふるさと)〜R299(9 麦草峠)〜エコーライン〜小淵沢駅

予報は好転せず。ただ予報を気にしていてはどこにも出かけられないので、ともかく初電で出かける。
悪ければ手前で降りて、上日川か笹子か御坂で帰ってくるか。
勝沼あたりで甲府盆地の展望が一気に開けるはず。今回はどうか。何も見えない。がっかり。
どうしたもんじゃろのう・・・。雨が降っているわけではないので、とりあえず赤い橋まで行って見るか。
ダメなら清里から野辺山、佐久に出て酒蔵(佐久の花とか亀の海とか)に寄ってみるとか・・・

d0123571_21103071.jpg
勝沼あたりの車窓。晴れなら白根三山が見える


d0123571_21111478.jpg
@日野春駅。晴れなら鳳凰三山が見える


d0123571_2116363.jpg
@小渕沢駅。晴れなら甲斐駒が見える。旧駅舎から少し西にできた新駅舎から。丸裸の街は恥ずかしそう


d0123571_21172277.jpg
噂には聞いていたが(武蔵境駅にもチラシが配布)、駅がキレイになっている〜!


d0123571_21185478.jpg
小洒落た新駅舎。なんとなく京王高尾山口駅・隈研吾風。小海線のホームの向こうに丸政が見えています


d0123571_21191678.jpg
漕ぎ始めて1時間くらい、高原ライン1330m高点。調子が出てきた


d0123571_21202529.jpg
まきば公園で小休止


d0123571_21205039.jpg
今回は豆大福(5個)と、どら焼き(2枚)


d0123571_21211387.jpg
落ちていた鳥の羽をかざしてみる。少し晴れ間が出てきたかも


d0123571_21214267.jpg
赤い橋から赤岳は見えなかった。よくよく考えてみれば1勝6敗くらいか。現在耐震工事中



高原では寒いかもと、アーム/ニーウォーマーも用意してきたが、出番なさそう。蒸し暑いのだ。少し続きます



マップをクリックでルートラボに飛びます。

小渕沢まで/から輪行
小淵沢駅出発0756~中央道小渕沢IC~八ヶ岳高原ライン~まきば公園~赤い橋~R141~野辺山~
海ノ口別荘方面でR141迂回~南牧中学校~R141合流~海尻~松原湖駅前~松原湖~ふるさと~R299~
白樺湖駐車場~麦草峠~芹ヶ沢南でエコーラインへ~R17~小淵沢駅(買い物元気甲斐2個)~ビューやまなし1617~立川1825

距離109.1km、獲得標高2236m

by masashiw2 | 2017-08-14 21:33 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
柳沢峠に溜飲を下げにいく 2017年8月6日
先週末もぶすぶすとくすぶっていた。例の台風で何週か潰れている。面白くない。
八ヶ岳あたりに漕ぎに行きたいのだが、好天を得ることができないと、せっかくの輪行もつまらない。
柳沢峠自走でガッツリ漕いでおくか。お金もかからないし。遠望を楽しむコースでもないので雨に降られても腐らなくて済む。
土曜日、仕事をあらかた固めておいて、日曜日夜明けから出かける。
シンプルに往路復路同じにして、シンメトリックなコースプロフィールを描いてみようかと──

d0123571_2334325.jpg
日向和田・へそまん駐車場で一本立てる。このところ燃費悪し。ヘモグロビンA1cは正常値なので代謝が上がったものと思いたい。
いなげやの豆大福(5個入り)、三代目茂蔵の甘酒(小3袋)、井村屋のスポーツようかん(3本)を用意

d0123571_23351181.jpg
多摩川南岸道路に入りそびれて、スルーするはずだった奥多摩駅前


d0123571_23353255.jpg
熱海@奥多摩湖。なんだ、けっこう晴れている。大丈夫と思いたい


d0123571_23355597.jpg
丹波山キノコ売店から少し先、しばらく人家なし。3個目の大福を食べる。調子まずまずだが涼しくならない


d0123571_23361739.jpg
「こんにちは〜!」若者たちに爽やかにちぎられる。あんな軽やかなダンシング、できない・・・。峠まであと高度400m


d0123571_23364629.jpg
@柳沢峠。塩山側に夏雲湧く。まだ午前10時半、すでにかなりの上昇気流。スモーキングライダー皆無


d0123571_23371184.jpg
@峠の茶屋。暑い、標高1472mなんだけど。リアルゴールド補給して降りる

勾配 ave.7%もないのだが、冷涼でないので調子が落ちてきた。3回ほど続きます




マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平~東大和〜瑞穂〜青梅〜奥多摩湖〜丹波山〜柳沢峠〜
はまやらわ[わらび餅購入]〜道の駅たばやま[休憩]〜峰谷橋〜大麦代トンネル〜
多摩川南岸道路〜二俣尾711[トイレ]〜青梅市街[雨宿り]〜
瑞穂〜東大和〜小平〜鈴木街道〜五日市街道
距離177.4km、獲得標高2425m

by masashiw2 | 2017-08-07 23:44 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
梅雨はホントにあけたのか? 2017年7月23日
先週末、土曜は仕事の残りを片付けたりで、在宅。日曜は輪行で遠出をしようと考えていたが・・・。
せっかくの日曜は午後から雨とのこと。梅雨はあけたのではなかったのか?
輪行装備を用意していたが、急遽、近場漕ぎに変更。昼前から天候悪化したらすぐ戻れるようなところで脚を維持する。
いちおう早起き。まだ薄暗くヒグラシが鳴いている。五日市街道ひたすら西へ。
とりあえず都民の森から風張峠へ、周遊道路巡って、鶴〜上野原〜大垂水と流そうかと。
陽にさらされなかったので漕ぎやすかった。自分にしてはまぁまぁのペースか。
しかし、風張峠に着いた時点で小雨模様。そんでは風張林道で帰宅。
今回はいなげやで買った豆大福5個を補給食として持参。これけっこういいかも。甘いものガンガンいきます

d0123571_2343020.jpg
風張峠 another side。雨降りそうだし


d0123571_23442780.jpg
展望いいとこですが、ポツポツきてます



以下、藤倉バス停3連発
d0123571_23454587.jpg

d0123571_2346348.jpg

d0123571_23461775.jpg
この世界観がいいんだな

払沢の滝入り口のちとせ屋の豆乳ソフトクリームもうまかった。記事は一回きりです




マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道~拝島~睦橋通り~檜原街道~都民の森~風張峠~風張林道~
倉掛~北秋川~檜原街道~睦橋通り~拝島~五日市街道
距離115.4km、獲得標高1310m

by masashiw2 | 2017-07-24 23:49 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
暑さ慣らし仕上げ・有間峠からGLへ――丸山林道から阿寺へ 2017年7月15日
寺坂の棚田に着いたのが11時。青々とした棚田に和む。
しかし、稲を撫でて暑い空気の塊がこちらに向かってくる。耳の後ろから汗が噴き出してくる。
1時間半くらいの我慢漕ぎで大野峠に着くはず。距離にして9km、勾配7%未満。
木陰の林地に入ると少しずつ涼しくなってきた。たどり着いた県民の森は都民の森と違って茶屋がない。
自販機がない。三頭団子もない。カレーパンもない(──と、前来た時もぼやいた)。
先を急いで刈場坂峠。軽トラの店が出てるが冷たい飲み物はあるのだろうか。
顔振峠まで行けば自販機があったはず。さらに先を急ぐ・・・

d0123571_0492120.jpg
d0123571_0493996.jpg





d0123571_050026.jpg
12時半、大野峠通過、GL(グリーンライン)主稜線を行く


d0123571_0502284.jpg
12時40分、刈場坂峠通過


d0123571_0504288.jpg
涼しい木陰、快適! 時々ハルゼミ、まだ少し鳴いていた


d0123571_0512780.jpg
高山不動分岐、廃茶屋で陽を避ける。ドリンク飲みきる


d0123571_0522391.jpg
13時20分、八徳(やっとこ)分岐通過


d0123571_0524897.jpg
13時30分、平九郎茶屋@顔振峠。吾野鉱山(左)から武甲山まで

阿寺線でR299に下降、東吾野のファミマで大休止。
以下、自販機休憩のあらまし──

下名栗、有間ダム分岐手前の自販機にて、ライチソーダ350cc、あまり美味しくない。
半分なくなったVAAM溶液ボトルに名栗湖右岸の水場で沢水を足し、満タン(500cc)で有間峠へ。
秩父市街、コンビニに入りそびれて、寺坂手前の食堂の自販機にて、マンゴーソーダ350cc、
そしてミネラルウォーターも買い、空になっていたボトルに新しいVAAM溶液をこしらえる。
顔振峠平九郎茶屋の自販機、スプライト500cc。
東吾野のファミマで休憩。モンスターカオスエナジー350cc、モッチリたい焼きとかサンドウィッチとか。
藤沢手前自販機にてリアルゴールド190cc、南アルプス天然水朝摘みオレンジ500ccを空になっていたボトルへ。
所沢街道に入って三たびボトルは空に。東久留米下里の自販機にて、伊藤園炭酸水500cc飲んで余りはボトルへ。

──以上、果実系炭酸ジュース、リアルゴールドみたいなオッサン系栄養炭酸、疲れたらモンスターとかレッドブルとか。
家を出てから、都合3990cc飲んだことになる。それでも帰宅後体重を測ったら、前日より1.4kg減っていたから、
随分と水分の入れ替えをしたものである。
ま、暑さ慣らし仕上げ、なんとか完了か。しかしやっぱり真夏ライド、きついですね。
有間峠からGLへ、ご高覧有り難うございました。ルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-07-22 00:58 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
アルチンボルド展お土産などなど
前回のエントリから続き──楽しかったアルチンボルド展、お土産も一風変わったガジェットがあるのではと期待していた。
事前に芸術新潮(アルチンボルド特集)を買っていたので、図録はもとめなかった。
代わりに買ってきたグラフィックなどなど。

レンチキュラーハガキ2種
その昔よくありましたよね。一枚の絵が、見る角度によって違う絵柄が現れる不思議シート。
今となっては懐かしい。友人に便りを出そうと思って買ってきたが、綺麗なので惜しくなってしまう。
まず一枚、『四季』の《夏》──夏野菜の貴人から、『四季』の《冬》──古木の老人へ変わっていく
d0123571_1735416.jpg



d0123571_17322495.jpg
もう一つは、『四大元素』の《火》──頭が燃えている男から、『四大元素』の《水》──魚臭い男へ変わっていく
なかなか興味深い中間形状が現れてくると思いませんか? 原初的な驚き、まさに眼の快楽。いずれもオーストリア製


トランプ
ハートとダイヤが『四季』の《春》、スペードとクローバーが『四季』の《夏》のトランプ。
ジョーカーは《春》の白ユリと、《夏》のアーティチョーク
d0123571_1733739.jpg
願わくば《春》《夏》だけでなく、《秋》《冬》も欲しいところ。トランプの裏の絵柄は中央の箱絵。

アルチンボルド展のお土産にお菓子が多かったのが意外。あまり食欲をそそる絵画とは思えないのだが。
最近は、展覧会に行く時、事前にその展覧会のHPでお土産をチェックしてしまう。
東博の「タイ展」がお土産が充実していそう、そのうち出かけてみたい



2017年7月9日
梅雨の間は安上がりに脚の状態を維持しておきたい。
毎週末距離150km、獲得標高2000mくらいをキープできればいいかと。

土曜日は朝寝したかったので、昼から暑さ慣らしのジョギングだけ。
日曜日は裏ヤビツ。気温30℃はゆうに超えそうなので涼しそうな川伝い漕ぎ。しかし暑い時は暑かった。
調子は悪くなく、飛ばせた気もしたが、タイム的には前回と同じくらい。
秦野側、菜の花展望台まで降りるが湿気で富士はあまり見えず。浅間神社も行ってみたが立派な社があるでもなし
d0123571_174007.jpg
ど真ん中に富士山があるのです。菜の花展望台から

d0123571_17403549.jpg
浅間神社からの眺め。夜景の隠れスポットと言われているらしいが・・・

来た道を登り返すが、ジリジリ焼かれる。峠を今一度通過して、オギノパンまで一気に降りる。
久保田酒造には寄らず(冷蔵庫満杯なので)。久保田酒造の横を通過時、正午の時報の村内(村じゃないが)放送。

帰路、尾根幹はフライパン。水分が急速に失われていくのを実感。何度か前腿が痙攣。
自販機休憩しすぎ、腹を冷やしてしまった




マップをクリックでルートラボに飛びます。

多磨〜是政〜尾根幹〜町田街道〜相原〜川尻〜新小倉橋〜長竹〜鳥屋〜宮ヶ瀬湖畔園地〜ヤビツ峠〜
菜の花展望台〜浅間神社〜ヤビツ峠〜宮ヶ瀬園地〜宮ヶ瀬ダム右岸〜オギノパン〜
新小倉橋〜川尻〜町田街道〜尾根幹〜是政〜多磨〜
距離142.2km、獲得標高2113m

by masashiw2 | 2017-07-10 17:45 | かわうその祭 | Trackback | Comments(0)