タグ:gourmet ( 32 ) タグの人気記事
飽きずに奥多摩ライド-2 2017年5月21日
奥多摩周遊道路を終えて、R139へ。足に痛みはない。小菅に行ってまんじゅう食いながら行く先を考える。
小菅村は、なんとなく行き止まりの村という感じで、個人的に和んでしまう。
今川峠や松姫トンネルもあるから、決して行き止まりではないのだが、
丹波山村のように街道沿いではなく、多摩川源流域の奥の奥というエリア。

道の駅こすげでしばし憩う。
チャーちゃん(あんこ)まんじゅう、ヨモギまんじゅう、大福2個の軽4個を買う。
まんじゅう2個で昼食、満腹。残りの大福2個は先々のためにとっておく。
松姫峠往復くらいしないとカロリーとりすぎ。そのあと松姫トンネルで大月へ降りるか。
さらに調子が良くて大垂水峠でうちまで帰ると→180km、↑2500mで、足が不調の割には上出来かと。
峠漕ぎ再開、かなりの日射。日向を漕ぐとかなり辛そうだ

d0123571_21492423.jpg
@奥多摩周遊道路・月夜見第一駐車場。ここにも桐の花が


d0123571_21501789.jpg
雲がないからもっとすっきりとしてもいいのだが、遠くはぼんやりと霞んでしまっている


d0123571_21504720.jpg
R139、東京の最果て(最も西)、「庄の指(さす)」。「さす」ってのは焼畑のことらしい


d0123571_21511293.jpg
庄の指バス停のお向かいは定点観測地点


d0123571_21515879.jpg
釣りはたしなまないのだが、こういうところなら釣果はともかくぼんやり日がな釣り糸を垂れていたい


d0123571_21523340.jpg
道の駅の駐車場で昭和のクルマ発見。高校時代、学校の“番犬”の柔道教師がこんなクルマに乗っていた


★★★More 今回のまんじゅう★★★
by masashiw2 | 2017-05-23 21:58 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
桜の終わりと、山菜の恵み
小金井公園・駿河台匂の観桜をもって、今年の桜は終わり。
年々、この匂い桜の老木の行く末が心配になるが、すぐ西隣にどう調達(培養?)したか、駿河台匂の苗が登場。
新旧の匂い桜、今後も見守っていきたい

d0123571_22592183.jpg
Koganei Park, Koganei, April 20, 2017 


d0123571_22593683.jpg



d0123571_225948100.jpg
最近のゆる漕ぎのお供。部屋のすみでホコリをかぶっていたが、ロードのいらなくなった部品を移植して復活




2017年4月23日
遠方のお友達より、季節のお野菜、山菜をお送りいただいた。筍は水煮、ふきはお浸し、たらの芽は天ぷらに。
奥様のご実家で筍が採れるという。やはり旬のものは美味い。気遣いをとても有難く感じる
d0123571_2304240.jpg



d0123571_231022.jpg
で、日本酒も楽しくいただく。それぞれ半合ずつ、 
若駒・雄町70無加圧採り→クラシック仙禽・亀ノ尾→長陽福娘・山廃特別純米→菊鷹「比翼」山廃本醸造
ワラビもいただいていて、アク抜き中。これでまた一献(次回飲酒日は水曜日の予定)

by masashiw2 | 2017-04-23 23:04 | かわうその祭 | Trackback | Comments(0)
ソメイヨシノもそろそろ終わりですね 2017年4月8日
この土曜日は天候が不安定で、せっかくのソメイヨシノを晴天のもとで楽しむことができなかった。
せめてもの慰みに、夕方から近所の上水沿いベンチに出撃。つまみはマーケットで買ったもろもろ。
そして、メーンは「残草(ざるそう)Queeen(ママ)」四合瓶。
あの残草蓬莱の低アルコールの原酒。eが一文字多い注目度123%(蔵元比較)、
度数は12度、しかし不思議な飲みごたえ。軽快ながら酸と旨味を堪能。するすると喉の奥に消え去った。
時刻はいつしか18時を過ぎ、楽しい夜桜見物となった

d0123571_231628.jpg




d0123571_23161668.jpg




d0123571_23163192.jpg
銘酒で鼻を効かせていたせいか、山桜の匂いも気になって。雨上がりは土の匂いはもとより、桜がよく香る

by masashiw2 | 2017-04-09 23:19 | Trackback | Comments(0)
今日も冷えて、午後から曇りのち雨
朝方、ウグイスが鳴いているのだが、まだ若くて満足にさえずることができない。
そのうち巣作りで気が立っているカラスなどに蹴散らされてどこかに行ってしまう。開花の進展は止まったまま。

昼から気温が上がると踏んで、小金井公園ジョグ。
公園に入ると、アルトサックスで「My Foolish Heart」を奏でているかたがいらした。ソプラノを吹いているかたと同じかな?
たてもの園前のソメイヨシノはまだまだ。苦手な沈丁花がいまだに臭っていて退散。

冷えるのはゴメンなので手袋をしていたが、途中で脱いだ。
しかし、途中から太陽が隠れてしまい、手袋をし直したが、結局冷え切って帰ってきた

d0123571_22593759.jpg
Shimo-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017 


d0123571_2259596.jpg
Shimo-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017 


d0123571_2302264.jpg
Shimo-Renjaku, Mitaka, March 20, 2017 
20日の夜は、散歩の達人「三鷹・武蔵境・小金井」特集の表紙を飾った定食あさひさんで夕食。
いい雰囲気のお店。このガラス戸の趣味がウチと同じ
鯖焼き定食をいただく。この日は休肝日でお酒はいただかなかったが、惣譽(そうほまれ)などアリ。またお邪魔したい。
定食あさひさんと、最初の薬局さんは何の関連もありません

by masashiw2 | 2017-03-28 23:11 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
飯能へ出たら五十嵐酒造へ 2017年3月18日
南集落から中郷を経て、のどかな道を春の訪れを感じながら下っていく。時々立ち止まってシャッターを切る。
ソメイヨシノが盛りになったら、また訪ねたい

d0123571_23311219.jpg


d0123571_23312541.jpg


d0123571_23313895.jpg


d0123571_23315418.jpg


d0123571_2332950.jpg


d0123571_23322859.jpg


d0123571_23324126.jpg


d0123571_23325537.jpg
帰路、飯能の五十嵐酒造へ。販売所には酒瓶がずらり。
ただ、銘酒居酒屋でたまにお目にかかる「五十嵐・直汲み」はここでは買えないのだった。
ブツブツ不平を申し上げると、酒販店のリストをくださった。
この日、選んだのは「天覧山 生もと仕込み 純米吟醸」。オマケに酒浸しケーキも購入。
例によって小型リュックにこの四合瓶を入れて背負って帰る。

以前、天覧山のワンカップを飲んだことがある。水っぽい胡瓜水といった塩梅で、
醸造用アルコールがブハッという感じで迫ってくるような印象。
今回の「生もと仕込み」も、複雑なニュアンスの胡瓜水という感じで、これはこれで興味深いお酒。
いつも飲んでいるものとは全く傾向が違う。趣向を変えたいとき、少しずついただいています。
子の権現〜五十嵐酒造、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2017-03-24 23:34 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
ちょっと寄っておきたかったところへ・久保田酒造 2017年3月11日
日本酒「相模灘」という銘柄を醸している久保田酒造。海に面したところじゃなくて、津久井の田舎。
オギノパンから圏央道・相模原ICの途中、県道510号の途中にある。

日本酒の記事をいろいろ見ているうちに一度味わっておきたい、気になっている銘柄だった。
蔵はいい雰囲気。販売所に入ると、酒瓶がずらり。酒米や醸し方の違いでいろいろなバリエーションがある。
ラベルデザインが似ているので注意して好みのものを選ぶ。

選んだのは、純米吟醸・雄町・槽場詰め。3月に出る限定品だというので狙っていた。
四合瓶を大事にリュックに詰め帰路へ。なんてことをしているうちに、痙攣気味の前腿の事など忘れてしまっていた

d0123571_102845.jpg
県道510号を下りて、川を渡る


d0123571_105510.jpg
勘亭流、なんとかしませんか。ラベルデザイン、やらせて欲しい


d0123571_111891.jpg
販売処入り口


d0123571_113945.jpg



d0123571_115872.jpg



d0123571_122158.jpg
なんだかいい感じ


d0123571_12366.jpg
持ち帰ったお酒は12日に開栓。ふくよかな匂い、薄い緑色、日本酒度2度のちょうどいい甘みにキリッとした酸。
品のいい、じっくり出てくる米の旨み・コク。少しガス感もあって我が家では人気銘柄になりそう。
久保田酒造は、このエリアの遠乗りでは、「残草蓬莱」の大矢孝酒造と合わせて、外せない立ち寄り酒蔵となりました。
裏ヤビツ、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2017-03-17 01:08 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
甘酒をいろいろと試している 2019年3月8日
写真はあまり関係ないか・・・

d0123571_23544399.jpg
Iidabashi, Chiyoda, March 5, 2015



d0123571_2355135.jpg
Iidabashi, Chiyoda, March 5, 2015


甘みがしつこくべったりしている甘酒はそもそも苦手。
加糖せず甘みの自然な、米糀から作ったものが口に合うようで、
豆乳に混ぜたり、難消化デキストリンを混ぜたりして楽しみながら飲んでいる。

とりわけ炭酸水で割る飲み方(甘酒1:炭酸水2程度)が気に入っている。
仙禽雪だるまには遠く及ばないが、活性にごりモドキとしては上出来。

食前にこのにごりモドキを半合くらい飲んでおくと、血糖値が上がって、食欲が抑制できるかも。
にごり酒を半合飲んだつもりにしておいて、酒量を1合くらいに抑えることもできると考えた。
さしあたりなんとなくうまくいったが、これを継続できるかどうか。
甘酒自体が加糖なしといえどもかなりの熱量を持っているので、カロリーの摂りすぎに注意したい。

活性にごりモドキのあとはしっかりしたお酒を少々。
わりとドスンとしたものをいただいてみたり。酒量を減らし、ウェイトも減らせていければと・・・

このところ気に入ったものは・・・
七田・雄町・無濾過生[佐賀/天山/雄町]天野@三鷹
花垣・亀の尾・第4弾[福井/南部/亀の尾]天野@三鷹
玉川・山廃・雄町[京都/木下/雄町]大塚屋@武蔵関

ちょっと傾向ちがえて・・・
一白水成 plus[秋田/福禄寿/吟の精]鈴伝@四谷
モダン仙禽・初槽直汲みあらばしり[栃木/せんきん/山田錦×ひとごこち]碇@三鷹
長陽福娘・純米辛口直汲み[山口/岩崎/山田錦]宮田@三鷹
澤の花・さら雪[長野/伴野/五百万石]碇@三鷹

※[産地/酒蔵/酒米〜掛米]購入店@最寄駅

by masashiw2 | 2017-03-08 23:57 | 拾遺 | Trackback | Comments(2)
冬にでてくる独特のコク・田野畑山地酪農牛乳
なんだかPRのページみたいで恐縮ですが──、
愛飲してい田野畑山地酪農牛乳のコクの件。
山に放されている乳牛たちは、冬の間はサイロの干し草(サイロ内で発酵)も食べている。
夏はさっぱりした味の牛乳が、冬になると独特のコクがでてくる。

冷えた牛乳を常温に近くなるのを待って、
濃いめのブラックコーヒー(酸味少なめ・少し苦め)と交互に飲むと、
この牛乳のコクが際立ってきて、うっとりしてしまう。
喉に落ちる前、べったりせずキレていく感じがたまらない。

山地酪農牛乳は「牛乳界の大吟醸」と、密かに思っているのだが、
生産者の吉塚さんは「焼酎割りが美味いよ」とおっしゃる(笑)。
もったいないのでそのまま、何も足さず・何も引かずいただいています

d0123571_10465384.jpg

by masashiw2 | 2017-02-18 10:49 | かわうその祭 | Trackback | Comments(0)
今年もチョコをいただきました
イエノモノの人間関係のおかげで、今年も美味しいチョコレートをいただいた。
こちらはMeijiの56種類のティスティングチョコレート。まるで吟醸酒のティスティング気分でチョコを楽しめた。有難し

d0123571_21445725.jpg



d0123571_21451719.jpg
能書き付き。初心者にも親切


★★★ガッツリ系★★★
by masashiw2 | 2017-02-17 21:50 | かわうその祭 | Trackback | Comments(0)
新春玉川上水景などなど-4 2017年1月2日

d0123571_1573687.jpg
Kiheicho, Kodaira, January 2, 2017



d0123571_1575981.jpg
Meguritacho, Kodaira, January 2, 2017 壊れゆく家・定点観測 進展はそんなにはない模様



d0123571_1583558.jpg
Miyukicho, Kodaira, January 2, 2017 石屋さんがあったあたりも一度更地になっていた



d0123571_1585656.jpg
Kaiganji, Miyukicho, Kodaira, January 2, 2017



d0123571_1591518.jpg
Kaiganji, Miyukicho, Kodaira, January 2, 2017


一日おきの休肝日が守れている。
例年、正月といえば、ずっと休肝できず、七草の日にやっとブレークしたりとか。
そういったことを思えば、なんとレバーに優しい正月であったことか。すぐにでも採血して、数値をチェックしたいところ。

昨年来、休肝日を増やし、レバーをいたわろうと考えたが、飲酒時に量を飲んでしまい、
返って数値が悪くなってしまった。秋頃から、休肝日をきっかり一日おきにして、節酒(max2合)もするようにした。

定番酒をおかず、四合瓶で買ってきた好みの日本酒をあれこれ飲む。
昨年来、気に入ったものを10ほどあげてみる。

菊鷹・純米・無濾過生・菊花雪[愛知/藤市/若水]なかがわ@武蔵境
菊鷹・純米・無濾過生・ハミングバード[愛知/藤市/夢吟香〜雄町]なかがわ@武蔵境
紀土・純吟・しぼりたて[和歌山/平和/山田錦?]宮田@三鷹
豊盃「ん」おりがらみ生[青森/三浦/華吹雪]碇@三鷹
屋守・純米無調整生・火入れ1回(ひやおろし)[東京/豊島屋/八反錦]甲子屋@神保町
屋守・純米無調整生・おりがらみ(新酒)[東京/豊島屋/八反錦]柳瀬@阿佐ヶ谷
風の森・純米・無濾過生 雄町80%[奈良/油長/雄町]なかがわ@武蔵境
三重錦・雄山錦・うすにごり[三重/中井仁平/雄山錦]宮田@三鷹
一喜・純吟生酒・直汲み[千葉/飯沼本家/五百万石]天野@三鷹
大信州・別囲い純吟・番外品[長野/大信州/ひとごこち]大阪屋@吉祥寺

※[産地/酒蔵/酒米〜掛米]購入店@最寄駅  菊鷹は一升瓶のみの販売

これまで飲んでいた淡麗辛口の傾向は影を潜め、フルーティで要冷蔵の銘柄が多くなってしまった。
買う時もネットで事前に調べてから買うことが多い。

ビールや焼酎割りはまったくと言っていいほど飲まなくなってしまった。
要は、節酒しているので、好みの日本酒で気に入ったものの他のアルコールは
飲まなくなってしまった──ということか

by masashiw2 | 2017-01-08 15:13 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)