お盆ライドは近場自走で 2018年8月14日
7月15日に茅野からあずさで帰ってきたとき(十石峠〜麦草峠ライド)のこと、
えらい混雑のなか、輪行袋を抱えて自由席の通路に押し込まれたままだった・・・。
お盆もUターンが始まるタイミングで、輪行は避けたいと。自走は気が楽といえば気が楽です。
標高があって、木陰が多そうなところを選んでみたつもりでした

d0123571_1453418.jpg
今回は心拍計をつけている。記録は図のようなカタチ。午前4時過ぎに開始、午後3時40分くらいに終了。
青がだいたい120(bpm)、黄緑が130、柿色が140、朱赤が160。
この日の安静時心拍数は69、マックスは166。

最初、調子が上がるまでは、心拍数も多いみたいで。その後はキツい坂があると心拍数が上がる感じ。
トンネル街道を抜け出て古里711以降=午後1時からあとは炎暑の青梅街道漕ぎとなっても
心臓のペースは変わらず、運動を続けることができている。

とはいえ、酷暑はいよいよ厳しく。一体いつまでこのような暑さが続くのか。
檜原街道、戸倉711で氷結したペットボトルを買う。ジャージのポケットに入れて出発。
少しづつ氷を溶かして飲んだり、ボトルを頚動脈に当てて楽しもうと思っていたが、
あっという間に溶けてヌルくなってしまった。悲しい。
都民の森で三頭団子を楽しみにしていたが時間が早過ぎて食せず。悲しい。
補給かなわず、それまでいいペースだったのが、次第にバテ気味


d0123571_1454197.jpg
風張峠は気温23℃


d0123571_1572796.jpg
@月夜見第一駐車場。満々と水をたたえた奥多摩湖


d0123571_14544896.jpg
東京都から離脱します。小菅村へ


d0123571_1455713.jpg
@松姫峠、大月側に少し降りたところ。今回は来た道を戻りました


d0123571_1583096.jpg
松姫峠小菅側第2ヘアピンでは26℃


d0123571_1584569.jpg
@道の駅こすげ


d0123571_145638100.jpg
d0123571_14565336.jpg
小菅名物チャーちゃんまんじゅう3つをお土産に。左上のしゃくしなまんじゅうがとりわけ美味しかった



ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜檜原街道〜戸倉711〜都民の森〜風張峠〜三頭橋〜小菅・小永田〜松姫峠往復〜道の駅こすげ〜
奥多摩湖〜愛宕・城山トンネル〜古里711〜新青梅街道〜東京街道〜小金井街道〜鈴木街道〜五日市街道
[ルートラボ]距離168.4km 獲得標高2384m(Stravaでは3926m、かなり盛りすぎ)

今回もミニマルな装備でした。写真もiPhone、記事もこれっきりで。




【断酒連続16日目】
お盆は結局2回のラン(11日に10km、12日に11km)と、14日の自転車漕ぎで終了。
運動しない日は仕事などしてカラダはひたすら休養。
大きなアクティビティの後、酒を飲まないということは臓器に大きなダメージを与えていないはず。

しかし、暑さのせいもあろうかと思うが、寝覚めは良くなったとは思えない。寝つきも良いとはいえず、
果たして肝心の沈黙の臓器はどれほど改善しているか見当がつかない。

運動して脱水気味になるので、水分を取りすぎるせいか、
体全体がむくんで心臓に負担をかけているかもしれないと思ったり。
しかしながら脈は調子が良いようで、まずこれが第一の条件だから、よしとしなければ。

例年、お盆だと、あれやこれや人の出入りもあったりで、お酒の機会もそれなりにあるものだが、
今年はひっそりとしたお盆であった。夏野菜ばかりひたすらアオムシのように食べていたお盆だった

# by masashiw2 | 2018-08-15 15:10 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
山の日というので、おうちで山のことを思う
例によって古臭い山の写真で恐縮です。

山も行ってみたいと思うのだが、足の裏がワヤになっていて、一度登るとしばらくリカバーできない。
以前も述べたかもしれないが、左拇指球あたりの関節の軟骨がすり減っている件。

去年秋に八ヶ岳を歩いた時にも痛みが出た。自転車漕ぎではあまり痛まない部位なんだが。
自転車由来の筋肉痛=腿とか、ハムとか、ふくらはぎはすぐにリカバーするのだが、
この足裏はなんともならない。山中で痛みが出るとナンギである。

古くなった山道具も劣化が激しく、装備を買い足したり、そろえたりというのも今さら邪魔臭い。
時刻表を調べたりするのも昔から苦痛だし、そんなこんなで今年も山に向かえていない──

d0123571_11592557.jpg
               1993年8月 魚沼駒ケ岳・センノ沢遡行 下降した手別尾根から佐梨川金山沢


d0123571_1152745.jpg
                1989年3月 八ヶ岳・阿弥陀岳北西稜登攀終了、パートナーのT先輩


d0123571_11523536.jpg
                      1987年8月 北アルプス縦走 烏帽子小屋


d0123571_11525123.jpg
                      1989年5月 穂高岳・滝谷ドーム北壁登攀


d0123571_11531892.jpg
                        1992年8月 剱岳・チンネで一泊


d0123571_11534821.jpg
                    1989年5月 穂高岳・屏風東稜T3手前のトラバース


d0123571_1154934.jpg
                   1994年9月 奥只見・恋ノ岐川遡行、Sさんと焚き火


d0123571_11543113.jpg
                    1992年8月 剱岳・八ツ峰Dフェース(Cフェースから)


d0123571_11545347.jpg
               1990年6月 谷川岳・一ノ倉沢変形チムニールート終了点からの滝沢スラブ


d0123571_11551232.jpg
                1991年11月 甲斐駒ヶ岳・赤石沢Aフランケ赤蜘蛛ルート登攀中のO氏



しかしそれなりに行ってみたいと思うところがいくつかあって、例えば・・・
北アルプス・高天原
黒部川・祖父谷祖母谷
黒部川・阿曽原温泉(再訪)
北アルプス・湯俣温泉噴泉塔( しかし、温泉ばっかり)
黒部川・奥の廊下
谷川岳・湯檜曽川本谷(再訪)
奥只見・恋ノ岐川(再訪)
悪天には耐えられそうにもないので、天気と時間が許せば、遊ばせてもらいたいなぁ──と。

百名山コレクションは意図しなかったものの、34座も登頂していた。
最後の百名山は23年前の会津駒ケ岳(袖沢御神楽沢)。この山が最北。
上記の山行が実現すればもう2~3座増やすことができるかもしれない。
自転車で行けるところもあるので、さらにもう2~3座増やすことができるかもしれない。
それにしたって一生かかって40座越えることが果たしてあるのかどうか(笑)。



【断酒連続12日目】
おかげさまで粛々と断酒を継続しています。
さしあたり10日を越えると、これまで我慢してきたことが惜しくなるので、禁を破るような可能性は次第に減って行きます。

以前、日本酒の代わりに甘酒で節酒をしようとしたことがあり、見事にカロリーオーバーになったことがありました。
現在は炭酸水(サンガリア 伊賀の天然水 炭酸水 SPARKLING)オンリー。
ノンカロリーなので、ぼちぼちウェイトも減ってきてもいい頃なんですが・・・

# by masashiw2 | 2018-08-11 12:10 | 山の日(々) | Trackback | Comments(2)
ガマン大会・奥武蔵GL 2018年8月5日
近いうちの遠出は未定だが、脚は維持しておきたい。少し長めに漕いでおこうと、奥武蔵GL(グリーンライン)へ。
奥武蔵方面は6月末の有間峠以来か。盛夏でも奥武蔵GLは木陰が多く涼しい印象があるのだが、今年はどうか。

今回のReliveはこちら
d0123571_1763930.jpg

いつもの道程に変化をつけたく、アプローチをもろもろ検討したく──
田無から東大和に繋がる東京街道(江戸街道)を使ってみる。なぜ東京(江戸)なのか、由来は不明だが、
小平霊園以西は今は昔、多摩湖通いに使ったこともあるので知らないわけではない。
田無・小平部分も所沢街道より広く、交通量も少なく走りやすい。今後は新青梅へのアクセスに使ってみたい。

岩蔵街道の代わりに、八高線沿いの都道218号線(二本木飯能線)はどうか。
茶畑のなかを行くと思いきや、工業団地。金子(入間なんですね)を過ぎて、八高線に沿って山中をダウンヒル。
往路飯能行きには使えるが、逆コース(帰路)はありえない長い坂。

飯能からは入間川に沿う県道70号対岸をたどってみる。気分転換にいいルートかと。
矢颪(やおろし)という難読地名もあって面白い。おろしとは高いところから吹く風のことらしい。
名栗からの帰路、飯能に近づいて混み始めたらこの対岸に移って(岩根橋)飯能市街をスルーできる。
岩蔵に抜ける手もあるが、山越えが少しあって脚が削られた後の帰路には向かない。

d0123571_17311128.jpg

で、大汗かいてGLへ。お山はいつも通りのコース。
エゾゼミというのだろうか、ラジオの雑音みたいに鳴くセミがとにかく耳障りで。とにかくどこでも鳴いている。
標高がそれほどでもないので思ったほど涼しくない。しかし木陰は多いので一息できる箇所には事欠かない。
無理するようなことはせず、若いかたにはどんどん抜いてもらって、刈場坂峠から堂平。
刈場坂峠に戻ってきて、顔振峠、阿寺、一本杉峠、天文岩から登り返して北向地蔵。
下降路は初見参の宿谷(しゅくや)権現堂線。途中に美しい滝があったみたいで惜しいことをした。
早く降りて一刻も早くコンビニに飛び込みたかったものだから。

d0123571_1732190.jpg



d0123571_17322537.jpg



d0123571_1732454.jpg

今年の夏の暑さはやはり質が違う。先般40℃を越えた青梅はこの日37℃だったとか。
帰路は無難に飯能から輪行してもよかったのだが、怖いもの見たさで青梅の岩蔵温泉から瑞穂、新青梅街道を走ってみる。
熱風が吹き付けて角膜が痛いって、路面の1.5m上でも40℃は軽く越えているんだろうなぁ。
口を開けていると喉を焼かれるよう。信号待ちが辛い。ストレッチで気をまぎらわす。
青信号でダッシュ、赤信号でクールダウン。サウナでローラー台とストレッチをしているようなもので、
朝方には苦しかった首や肩甲骨がかなりほぐれて楽になった。

今回の給水(もっぱら自販機)休憩地点は──
飯能赤工(あかだくみ)711~刈場坂線高麗川水源~白石峠移動売車~堂平事務所~平九郎茶屋~
ministop日高南平沢店~飯能駅南口~瑞穂役場近辺~東大和東京街道近辺。
家からのVAAM溶液に加えて、チチヤスソーダ、伊藤園梅ドリンク、モンスターエナジー、強炭酸、力水などなど。
ミネラルウォーターを含めて、軽く5リッターは飲んだかと。補給食はコンビニでサンドウィッチやシュークリームなど。
適宜梅干しを摂り、痙攣なし。帰ってきて体重を測るとかなり減っていた。

途中からは水筒にはジュースを入れず(すぐに温まってしまうので)、ミネラルウォーターを入れ、適宜、首の後ろにかけていた。
ジャージポケットのスマホはチンチンになって(名古屋弁)いた一日だった。
今回からGPSのログをスマホで取るようにした。10時間以内のライドなら途中給電しなくても大丈夫そう。
この暑いのによく正常に動作するものと感心した。

ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

東京街道~瑞穂~金子~県道70号対岸(矢颪)~名栗~山伏峠~刈場坂峠~堂平~刈場坂峠~
顔振峠~林道宿谷権現堂線~ministop日高南平沢店コンビニ休憩~美杉台~岩蔵街道~瑞穂~新青梅街道~東京街道
[ルートラボ]距離157.6km、獲得標高2201m(Stravaでは3072m、かなり盛りすぎ)

今回はミニマルな装備でした。写真もメモ的、記事はこれっきりで。


【断酒連続8日目】
ここまでわりと順調。サンガリア炭酸水を愛飲中。ビール党ではないので発泡喉越しにアルコールはいらない。
今のところ、不思議と日本酒の誘惑にかられない。暑さもあって、内臓が低調なせいもあるかと。
台風13号が近づいて、さらに調子が下がってくるだろう。肩凝りバキバキとか。注意したい。
今月のランニング総距離28.03km、サイクリング総距離157.6km

# by masashiw2 | 2018-08-07 17:36 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
8月に入って

Sekimae, Musashino, August 2, 2018
d0123571_21572719.jpg
荻窪ルミネに相模原からオギノパンがやってきた。都心からの帰り、中央線沿線にも出店とのことでせっかくなので色々買う。
裏ヤビツがしばらく通行止めなので、オギノパンにはこのところご無沙汰。揚げパンじゃないものも美味しいのです。



6月分のランニング記録をまとめていた時分といえば、W杯グループリーグ終了時くらいでなんだか懐かしい。
ずいぶん時が経ってしまったような、経っていないような。その隔たりの間に分厚い大気の塊だけがデンとあるような。

7月分のランニング総距離は115.15km。カテーテルアブレーション術2ヶ月後から100km越え連続35ヶ月。
3ヵ年連続まであと1ヶ月。この1ヶ月を越えたら、次の目標をどうするか。
40ヶ月連続とか、50ヶ月連続って、だからどうなんだというか・・・。

ポンコツゆえ、運動強度を上げていくということには無理がある。運動を怠ると発作になりやすい不安が常にあるが、
運動しすぎても発作を誘発する。月100kmを気張らず走るという設定は無理のない範囲のつもり。

ただ、いつまでたっても走力は向上せず、玉川上水の縁をぐるぐる回っているだけ。
この先、モチベーションをどう維持していくか、実のところ難しい。ま、発作が出ないならそれでいいのだが・・・。

この酷暑、冷房した部屋にこもって仕事まみれでいると、ひどい肩凝りもあって気分も滅入りがち。
状況を見て、十分に給水しながら短い距離でもコツコツ稼ぐようにしている。
朝、暑くなる前に走ることができれば、朝から代謝も上がって好都合だが、これがなかなかできない。
断酒で寝覚めが良くなって朝ラン──できればそうありたいが、まだまだそんな気分にならない。

走力の向上はないのだが、心臓はポンコツなりに安定してきて、
120bpmを中心にペースを上げ下げできるようになってきた。簡単なようだが、ポンコツにはなかなか難しかった。
自転車漕ぎのおかげでできるようになったのかも。涼しくなったら心拍ゾーンを意識するようにして駆けてみたい。

7月のロードサイクリング総距離は、353.01kmと、短め。獲得標高合計も大したことがない。5500mくらいか。
酷暑で距離を漕ぐことができなかった。輪行もお金がかかるし、
もとより低予算・自走派なので、玄関を出るとすぐ暑さでめげてしまったかのよう。
涼しいところまでクルマで行って、冷涼な部分だけ漕いでくるような稼ぎ方ができれば楽しいのだが。

6月の休肝日は16日、そして7月もほぼ隔日で15日。
今回の健康診査(6月27日受診)で採血する直前、6日ほど休肝していたのだが、数値は悪かった。
休肝日でない日に量を飲むようでは、休肝日を多く設けるということはあまり意味がない。
ポンコツレバーがダメージをリカバーするには一週間では足りない。──ということ。

3年前のカテーテルアブレーション術(2015年7月15日~18日)の前後、断酒をしていた。
数えてみると連続33日(7月9日~8月10日)。術前は飲酒は当然ご法度、
術後は微熱続きで体調悪く、抗生物質の世話になって、飲酒どころではなかった。
それ以降8月もかなり節酒(この月の休肝日は21日)をして、翌9月4日に市の健康診査。γ-GTPは40。

断酒の実績は決してないわけではなく、それなりにあるわけで、
当時のエントリにも断酒の効用を記している。
こういうものも掘り起こして、断酒を続けていければ──とぞ思ふ・・・

【断酒連続まだ3日】

# by masashiw2 | 2018-08-02 22:03 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
8月から断酒すべし
今月は酷暑が本当にこたえますね。少し更新が滞ってしまいました。

W杯が終わって、テレビも何も見るものがない。「チコちゃんに叱られる」が、つまらない地方番組のはずみで
休みだったりすると本当に何も見るものがない。受信料金を払う甲斐がまったくない

d0123571_15231636.jpg
Sekimae, Musashino, July 13, 2018


幸いW杯ロスになる余裕もないくらいに仕事が立て込んで、締め切りに追われた7月後半。
最近はネット納品が増えて、冷房入れっぱなしで在宅ブロイラー状態。
ふう〜っと一息いれて、腰に手をやって肩を回すと、首あたりでバキバキゴリゴリと音がする。
肩こりがひどい状態になってしまった。就寝時、寝返りが打てない。左手親指が始終痺れて細かい作業ができない。

手指の痺れは、15日のロングライドで麦草峠から茅野へのダウンヒルのブレーキ操作の影響かと考えていた。
しかしこのライドの始まりから左腕・肩がダル痛いという不具合を自覚していた。原因はさらに遡らねば。
心当たりがないわけではない。最近は眠りが浅く、日中PCに向かいながら、急な眠気に頭が後ろにカックリ倒れ、
我に返って頭をグギッと無理に起こしたことが何回か。軽い鞭打ちみたいな・・・。

逆走台風12号が近づいた27日(先週の金曜)、気温がグッと下がり(やっと平年並か)、
これは気持ちよく走れるかも──と駆け出すと、案の定久しぶりにタイムがいい。
走る分にはあまり肩こりの影響はない(フォームは悪くなっているかとは思うが)。

その足でお世話になっている近所のクリニックに行って、先月受診した市の健康診査の結果を受け取る。
ポンコツ心臓も特に問題なかった。どこも問題になる箇所はなかった。γ-GTPの数値以外は。

具体的に数値をお伝えする気にとてもならない。心臓がポンコツなのは仕方がないとしても、
そのほかの項目はできるだけみっともない数値にならぬよう努力してきた。
このγ-GTPの数値にのみ、だらしなさや意地汚さがにじみ出てしまっているような気がしてしまう。

以前にも申し上げたことがあるのだが、自分の家系は、酒で命を削ってきている。
メチルで命を落した母方の祖父、ラリったような表情しか覚えのない父方の祖父、成人病のデパートの父・・・
アルコール依存は遺伝的な宿痾のように思っていたフシがあるのだが、要は生活習慣がルーズなだけ。ああ恥ずかしい。

クリニックのお医者さまのいうことには、「断酒しませう!」とのことで、もう、これは仰せの通りにするほかはない。
肩こりもどうやら頸椎を少し痛めているようで、姿勢と生活を正してしばらく様子を見ることになった。

先の週末は、台風12号の通過で、冷房に当たりすぎの日々から解放された
(それにしても迷走の元凶・寒冷渦って、結局わけわかんなかった)。
久しぶりの快眠が取れたと思ったのは、二度寝した時に深い眠りの淵に落ちて行くような感覚があったから。
酒を絶って行くと、どのような変化が現れて行くのか、まず寝起き・寝覚めが良くなるはずなのだが。
ウェイトも軽くなるはずなんだが(この点は大いに期待したい)。

このブログも断酒日記のおもむきとなりますが、もろもろ備忘録的に記して行きたいと思います。
今後もご高覧宜しくお願いいたします

# by masashiw2 | 2018-07-30 15:32 | ご覧のみなさまへ | Trackback | Comments(0)
My (petit)Attack! 299-5 2018年7月15日
ただ心を虚しくして峠まで、しかし干からびてペースも上がらず・・・。峠で日没も覚悟か?
あるいは途中から松原湖へ下るか。峠に着けば茅野に降りるだけだが、標高が高いなりのリスクがある。

八千穂自然園あたりから一天にわかにかき曇り、遠くで雷鳴がしたと思ったら大粒の雨が降り出した。
スマホとカメラと財布をチャック付きのビニール袋にしまう。
ウインブレを着るとありえない蒸し暑さ。どうせ汗だくなので、着ないで行くか。

雷が遠く、晴れ間もあったりするので、雨粒が大きくても楽観。諏訪側が晴れている局所的な雨だろう。
ずぶ濡れだが、冷涼になって息を吹き返す

d0123571_17594034.jpg
八千穂自然園あたりから雲行きが・・・、大粒の雨と雷鳴。かなとこ雲の真下だったか


d0123571_180735.jpg
@麦草峠。路面に湯気? 雨が降らなければもっと時間がかかっていた。しまっていたカメラを取り出してアリバイ撮影


d0123571_1803474.jpg
茅野へダウンヒル。いつも休憩する諏訪側11号カーブ。湿気で遠望はないが、虹が出ていた


d0123571_1811392.jpg
茅野へ、最後は滑らかな国道299号。着干ししながらダウンヒル


d0123571_1813878.jpg
振り返ると八ヶ岳、天狗(左)から権現まで見えている。最後の最後で眼前に


d0123571_189448.jpg
ズームアップで南八ヶ岳、左・横岳、赤岳・阿弥陀岳、右・権現


今回はサイコン(Garmin)の不具合でログが取れず。モバイル電源を継ぎ足したり配慮したつもりだったが
データが不完全で読み込めなかった。きちんと記録しておきたいライドだっただけに残念。
早い段階で不具合があった。矢弓沢林道の急勾配で超低速、自動ポーズを繰り返す始末。
これはおかしいなと、センサーのペアリングも問題か。実は何度か修理に出している。
今までそれなりに予算を割いてきたのだが、こういった計器にストレスを感じながら漕ぐのはもうやめにするべきだろう。
スマホ(Strava)で取れば十分なのかもしれない(Garminとうとう退場かも?)。

帰宅して、W杯決勝戦。クロアチア、もしかしたら?──途中まで、酔いしれる。
それにしても、今大会はかなりの試合を見てしまった。2002以来かも。
へそ曲がりなロシアの神さまに感謝(一番興奮したのは日本vs.コロンビアですけど・・・)

My (petit)Attack! 299、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

# by masashiw2 | 2018-07-22 18:09 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
My (petit)Attack! 299-4 2018年7月15日
電気の通っていない十石峠、ジュース自販機があるわけはなく、早々に立ち去る。
R141の海瀬まで自販機が少ないことは知っていて、とにかく飛ばして降りる。
途中、余地方面への入り口付近に自販機を見つけ、大休止。
R141に出てもコンビニをハシゴして補給を続け、八千穂から“メルヘン街道”R299をつなげていく。

しかし、砂漠。ジリジリ焼かれる。前腿が痙攣になりそうで、すかざず梅干しを補給。
口の中で転がしながら漕ぎ続ける。痙攣は収まるようだから梅干しが効いているようだ。
眠気が出れば無水カフェインのドロップを舐める。暗示にかかりやすいタチではある。
標高1000mを越えても日陰なし・・・

d0123571_1894966.jpg
峠を越えて佐久側へ。いつも気になる廃屋、ここにも「キリストの・・・」


d0123571_18101029.jpg
古谷ダムすぐ下の大上峠入り口。今は支障なく通過できそうな雰囲気


d0123571_18103456.jpg
麦草峠へ。メルヘン街道900m地点、まだまだ序盤、1000mを越えても日陰がなかった


d0123571_18112787.jpg
カーブを律儀に数える佐久の人。麦草峠はここから数えます


d0123571_18114886.jpg
キャベツ畑から、遠く御座山(おぐらさん)。錦州の頃、美しく見える佐久の山


d0123571_18122597.jpg
1200m、まだまだ六号目くらい

伊藤園の梅ドリンクやらカオスモンスターやらポカリスエットやら、
飲みきれないとボトルに入れておくから、いろんなドリンクが混じり合って、
しかもぬるくなって、えも言われぬフレーバーを放っていた。次回、麦草峠へ、つづく

# by masashiw2 | 2018-07-21 18:15 | 峠道 | Trackback | Comments(0)