山の日ということで未知(でもないのだが)の林道を・4 2019年8月11日
泉水横手山林道では、R411に戻るまでのおおよそ2時間、誰にも会うことなくまさに森閑とした時間を楽しんだ。
クルマもオートバイも来ないというのはやはり魅力的。努めて山の中の清冽な空気をもとめてやってきているのに、
一瞬でも排気ガスにまみれるとそんな気分が台無しになってしまう。あと、野ケモノさんとの出逢いも最小限でよかった。

さて、R411に戻り、実は安全圏に戻ってホッとしたところもあるのだが、
あとは、いつもの道をクルマやオートバイのみなさんの邪魔にならないよう、ひたすら漕ぐだけ。
怪しいキノコ販売店が高校野球の放送を鳴らしていて、真夏であったことを思い出す。道の駅たばやまでジュース休憩。

東京都に入る直前に寄っておきたいところがあった。
丹波山村・鴨沢集落の手前(西)の所畑集落。ジグザグに登ってを尾根を越えて鴨沢に降りてくるコース。
普通にR411を通れば、鴨沢集落の賑わいを左に、右に奥多摩湖の展望がひらけてくるあたり。
最近、実際に行かれたかたの写真を見てその展望に驚いた。
まったくのわざわざ──なのだが、峰や奥といった奥多摩独特の集落に行った身としては一度登っておきたかった

d0123571_242589.jpg
ストラバの画面(https://www.strava.com/activities/2608685014)から。クリックで拡大します。
場所は山梨県丹波山村東端。奥多摩湖西端でもあり。東京都奥多摩町との境界がすぐ近く。
上に行くほど勾配と距離が増し、最後に立ち漕ぎで越えると終わり。尾根を越すあたりを小袖乗越(撮影地点B)と呼ぶらしく、
登山客のための駐車場が設けられている


d0123571_2423444.jpg
諸畑橋からの所畑。6月2日、先だって竹森線からの帰路に撮影。この時は脚が残っていなくて登らず


d0123571_24306.jpg
撮影地点A(標高おおよそ650m)から、まだまだこれから登る先


d0123571_2432140.jpg
撮影地点A(標高おおよそ650m)から諸畑橋方面。この景観を見たかった。遠い山は三頭山あたりか


d0123571_2435532.jpg
撮影地点B(標高おおよそ750m)=小袖乗越から来し方、最後の緩い登り


d0123571_2441777.jpg
撮影地点C(標高おおよそ530m)から鴨沢集落。この小山の後ろをぐるっと越えてきたことになる


d0123571_2444764.jpg
オマケ:いつもの多摩書房@二俣尾、青梅市


d0123571_24589.jpg
オマケ:いつものオッパタさん@宮ノ平、青梅市
東大和まで炎熱の青梅街道を漕ぐ気力がなく、青梅駅から輪行して帰宅。100kmは漕がなくてはと思いつつ、
102kmまで良しとする。山の日の林道漕ぎ、ご高覧有り難うございました

# by masashiw2 | 2019-08-16 02:54 | 峠道 | Comments(0)
山の日ということで未知(でもないのだが)の林道を・3 2019年8月11日
曇っていたせいか、セミも鳴いていない。たまにエゾゼミが申し訳程度に鳴いている。
ときおり鹿が鳴いている。子鹿が道を何度も横切った。茂みに入ってこちらを見つめている。
親が警戒しろと鳴いているのに無防備そうな子。手を振ってやる。
狩の期間かどうか知らないが、散弾銃の薬莢がたまに落ちている。

去年の今頃、大弛峠北の未舗装区間を降った。ダートの難しさに懲りたはず。
しかしそういうところをまた行ってみたいと思うわけで。
今回はあの林道よりも勾配がないみたいだし。ところどころ舗装もされていて楽といえば楽だったのかも

d0123571_0334465.jpg
牛首付近。たまにこのように小広いところもあるが、ほとんどは離合の難しい幅員


d0123571_034755.jpg
@水晶橋。泉水谷(読みは「いずみだに」でOK?)に降りてきた


d0123571_035521.jpg
側壁を削り取った渓の道が続く。こちらも離合困難


d0123571_0352767.jpg
ナメ床があらわれる清冽な区間


d0123571_0355376.jpg
大黒茂谷(たぶん)出合いのナメ床


d0123571_0363682.jpg
降りるにつれて谷はどんどん深くなり・・・


d0123571_037039.jpg
ゲートの横に監視カメラらしきものもあった。挙動不審者として思いっきり写っているかと


d0123571_0372226.jpg
最後に丹波川本流を渡る。ここから上流がおいらん渕まで厳しいゴルジュが続く沢登りの好ルート。
計画をたてたことがあったが台風で流れてそれっきり

d0123571_038916.jpg
R411合流地点でほっと一息。尾崎行雄の碑、かたなばトンネル東端もこの先(西)。

で、結局、黒川鶏冠山に関してなにか記憶を辿れるようなものはなかったのでした。
しかし、山中には金山跡坑道や精錬の遺構があるらしい。機会を見つけて歩いてみたい。
次回はオプションツアーの丹波山・所畑。つづく

# by masashiw2 | 2019-08-15 00:50 | 峠道 | Comments(0)
山の日ということで未知(でもないのだが)の林道を・2 2019年8月11日
上日川峠の後に柳沢峠クライム。上日川峠を順調にこなせたので、
柳沢峠も裂石から1時間ほど我慢すれば終わっているはず。自動人形よろしく心を虚しくして漕いでいく。

柳沢峠に着いた前後から曇りだしてきた。雨雲レーダーでは雲はなかったはずだが、
時折小雨もパラついたり。峠から富士も見えない。竹森線に入って富士を眺める必要もなくなった。
峠の自販機でコカコーラエナジーを飲んで予定通り泉水横手山林道へさっさと向かう。

柳沢峠の標高が1472m、R411を少し降りて泉水横手山林道入口がおおよそ1340m、
林道に入ってその最高地点・新横手山峠がおおよそ1560m。この登り返しの平均勾配が6.5%ほど。
そして林道終点(R411、東京市長・尾崎行雄の碑のすぐ東)の標高はおおよそ750m。下りの平均勾配は8%。

水源監視や釣り師も入っているので露払いはされているかと。熊鈴は耳障りなので使用しない。
前照灯と後照灯は一番せわしないチカチカするモードにしておく

d0123571_22512575.jpg
柳沢峠へ。新しいループ橋がほぼ完成。右曲がりのこのトンネルを抜ければループ橋につながっていく


d0123571_22523246.jpg
新しいループ橋に繋がる部分。ここを走れるかと期待して来たが、次回のお楽しみ。背後の山は竹森線最高地点


d0123571_22525934.jpg
柳沢峠は展望なしで割愛。ここが泉水横手山林道入り口。東京都水道局の立て札


d0123571_22532942.jpg
荒れたダートを降りて押して新横手山峠着。37年前、この峠を通過しているはずなのだが、まったく記憶にない。
鶏冠山頂上まで2km、金山跡まで4kmとのこと。泉水谷方面へ降りる

d0123571_22544376.jpg
先を行くと、鶏冠山の頂上部が見えてきた。鶏冠(トサカ)といえば鶏冠か。印象に残るような山容でもなし。
林道を進むうちになにか憶い出すかとも思ったのだが・・・

d0123571_22551488.jpg
割ときれいな部類のモルタル舗装。吹き溜まりには落ち葉や砕石が溜まっていることが多い


d0123571_22553248.jpg
こちらはきれいなダート。雨で掘れていなければ問題なく乗っていける


d0123571_22555992.jpg
グレーチングがワイルド、目印に感謝。だいたいこれで半分くらい過ぎたろうか。
沢筋に降りていくと、きれいなナメ床があらわれた。つづく

# by masashiw2 | 2019-08-13 23:02 | 峠道 | Comments(0)
山の日ということで未知(でもないのだが)の林道を・1 2019年8月11日
今を遡ること37年前の秋だったか、さるかたに連れられて、山梨県の柳沢峠や大菩薩連嶺近辺にある
黒川鶏冠山(くろかわけいかんざん)に登った。幼い頃に家族で登ったハイキングを別にすれば、
恐らくこれが自分にとって最初の登山になるかもしれない。

残念ながら写真も記録も何も残っておらず、ただただ曖昧な記憶があるばかり。
駅の切符売り場で塩山を「シオヤマ」と言って切符をもとめた。装備なんて、キャラバンシューズとポンチョくらいか。
塩山からタクシーで(たぶん)落合まで行って歩き始め、登頂。山頂にて、さるかたに山座同定していただいたような。
そのあと、(たぶん)丸川峠から裂石に降りて一風呂浴びたような。
塩山の中華料理店で夕食、餃子を食べたことも覚えている。

山の近辺にかつて武田の金山があった。その金山が、かのおいらん淵の悲劇や、
藤尾橋みたいな鉱山道が走っていることに関連しているなんてことは、後になってから知った。

自転車漕ぎをするようになって、柳沢峠を中心とするエリアには親しみがあってよく訪れる。
R411・大菩薩ラインに合する林道がいくつもあって、竹森線なども面白く漕いだ。
泉水横手山林道の存在を知ったのは、ランドナーに乗っているかたのブログ。
柳沢峠から見て、はまやらわ手前のゲートから入って、東京市長尾崎行雄の碑のすぐ先に出てくる。
R411は黒川鶏冠山の北を行くのだが、泉水横手山林道は黒川鶏冠山の南を行く格好。
ラインとしては魅力的なのだが、ダートが多いせいか、自転車乗りにはあまり馴染みがないかもしれない。
走りにくようならR411にすぐ戻ってこようと。

せっかくなので、泉水横手山林道の前に上日川峠を、後に丹波山・所畑の小袖乗越越えを
付けてみた真夏の日帰り輪行旅です

d0123571_14595979.jpg
武田氏終焉の地、なんとなくもの悲しい甲斐大和駅前(旧・初鹿野駅)。勝頼さまの御前で輪行解除


d0123571_1503113.jpg
K218をかなり遡っても暮らしがある。木賊の集落


d0123571_1505249.jpg
ダムの堤体まで来ると登りはほとんど終了。ここまで涼しい木陰の道で助かった


d0123571_1511223.jpg
標高1486m。立派に高原の湖。右は大菩薩嶺


d0123571_1593720.jpg
この写真はクリックで拡大します。上日川ダム・大菩薩湖は、葛野川ダム・松姫湖と揚水発電をやっている


d0123571_152263.jpg
峠は異国からの観光客でごったがえしており、少し裂石側に降りたところで休憩。
遠景は雲がかかって見えないのだが、自転車の上にこれから行くループ橋(高芝大橋)が小指の爪ほどに見えている

d0123571_1525145.jpg
もうすぐ裂石。この下降路の逆コースは登りごたえがあるらしい





マップをクリックでルートラボに飛びます。

初電で甲斐大和まで輪行〜K218〜上日川峠〜K201~裂石〜R411〜柳沢峠~泉水横手山林道~
新横手山峠〜丹波山~道の駅たばやま〜所畑~小袖乗越〜奥多摩湖~愛宕トンネル・城山トンネル〜青梅から輪行
距離102.3km 獲得標高2638m
少し続きます

# by masashiw2 | 2019-08-12 15:14 | 峠道 | Comments(0)
麦草峠から田口峠へ・下り基調で群馬藤岡へ 2019年8月3日
アブに刺されて一日経った日曜日、膝の裏〜スネ〜くるぶしにかけてむくんでパンパンになってしまった。
たぶんカラダの中で、アブのもたらした害毒との闘いが繰り広げられていたのだろう。CRPが高くなっていたかと。
ここ2〜3日でやっと腫れも引いてきた。増してきた痒みで掻き壊さぬようにせねば。

南牧村はなんどか通ったことのある道、安心しきって下仁田へ降りる。
高度を減じると蒸し暑さが増してきたが、軽い夕立が適度なお湿りを運んできて、多少濡れはするものの爽快。
時間が遅くなってしまったが、下仁田、富岡を通過し、藤岡に到着することができた

d0123571_0134537.jpg
@南牧村羽沢


d0123571_014688.jpg
@南牧村羽沢


d0123571_01421100.jpg
@南牧村羽沢


d0123571_0143770.jpg
@南牧村砥沢。このあたりは浅川さんだらけか。たしか海瀬あたりにも?


d0123571_015170.jpg
@南牧村砥沢。酒蔵跡かと思われる


d0123571_0152311.jpg
@蝉の渓谷


d0123571_0154386.jpg
@蝉の渓谷


d0123571_0162363.jpg
群馬藤岡の駅舎は昔の小淵沢駅のそれに似ていて、思わずステビ(駅寝)したくなる可愛さ。
ディーゼル車も小海線とよく似ている。冷房もよく効いていて高麗川までまるで高原列車の旅。
麦草峠から田口峠へ──ご高覧有り難うございました

# by masashiw2 | 2019-08-09 00:19 | 峠道 | Comments(0)
麦草峠から田口峠へ・アブに追われて南牧(なんもく)村へ 2019年8月3日
臼田から東進するK93[長野県道93号下仁田臼田線]は、勾配はそれほどではなく、
標高1120mの田口峠にむかってゆるりと高度をあげていく。
木陰もしだいに増えていき、ゆったりした気分で漕いでいける区間だと考えていた。
しかし、そうもいかず──アブに追われた。

雨川ダムの手前あたりから、たかられはじめ、峠を越えて羊腸カーブを降りるあたりまでしつこく追われた。
柱が立つほどの数ではないのだが刺されていやらしい。痛い。漕ぎながら何匹も叩き落とした。

狙われるのは柔らかい部位:スネの裏、膝の裏、肘の上。
速度を緩めると肌の上に止まって刺そうとしている。スピードを出して、手足を常に動かしていないとダメ。
ときどきプスリとばかり痛みが走り、叩き潰すと血が。バランスを崩しそうでおっかないし。

昔、沢登りをしていた時に、大量のアブにたかられたことがあった。アブ柱が立つというやつである。
カッパを着て防いだが、袖口から侵入して刺してきた。いくら叩き潰しても次から次から襲ってくる。
極端な体験だった。アブが刺す痛みはこの時の恐怖を想い起させる。

アリバイ写真を撮る間も刺され続け、結局、落ち着かない峠越えだった。雰囲気のあるいい峠なのに・・・

d0123571_23302966.jpg
雨川ダム湖。高原という感じではなく。それなりの美しさの湖面。すでにアブにたかられており・・・


d0123571_23305495.jpg
トンネルは田口峠のこれ1個だけだと記憶していたが、短いものがあと2〜3個ある


d0123571_23314267.jpg
アリバイ撮影で後ろの岩峰を入れたかったのでアングルを探しているうちまた刺された


d0123571_23321138.jpg
やっと人里へ、馬坂集落。アブもいなくなった。このおうちはまだ南牧村ではなくて佐久市というのがややこしい


d0123571_23323238.jpg
馬坂集落をあとに。道路は南牧村、川の対岸は佐久市


d0123571_23325426.jpg
南牧村・勧能に降りてきた。右を辿れば大上峠、左を降りれば下仁田から富岡、藤岡へ
次回、南牧村中心部から藤岡へ。つづく

# by masashiw2 | 2019-08-07 23:45 | 峠道 | Comments(0)
麦草峠から田口峠へ・海瀬でジリジリ 2019年8月3日
R299をまたいで、さらに北進、海瀬(かいぜ)の街に入る。
佐久穂町の役場もある、このあたりの中心地、というか、かつては賑やかだったという印象。
ジリジリと陽が照りつけ、風もないが、人々はイエに潜んでおり、その息遣いをなんとなく感じるような・・・

d0123571_2326467.jpg
@海瀬。かつてはこちらでも佐久の酒が醸されていたのでせう


d0123571_23263821.jpg
@海瀬


d0123571_23272995.jpg
@海瀬


d0123571_2328995.jpg
チト街道から離れて「さかえはし」からK2海瀬方面。足下は千曲川


d0123571_23282944.jpg
街道に戻る。無風、暑い空気の中を漕ぐ


d0123571_23285412.jpg
小海線をまたぐ。羽黒下駅が見えている


d0123571_23291778.jpg
まっすぐな農道を北上すると稲荷山公園コスモタワー(左)が。もう臼田、田口峠へ東進

佐久の酒蔵で一番気になるのが「佐久の花」の佐久の花酒造。時間があったなら、購買部でクール宅急便を
仕立てたいところだったが、雲行きも穏当でなく時間も押してきたので今回は割愛。
K93[長野県道93号下仁田臼田線]に進路をとる。つづく

# by masashiw2 | 2019-08-06 23:31 | 旅の空 | Comments(0)