奥武蔵GL(グリーンライン)を通しで~児玉まで 2019年6月16日
朝早い時間は路面ウェットながら雨上がりの爽やかさ、やがて陽が高くなって湿気は霧散し、
気がつけば明るく高い夏空。塞神峠で奥武蔵GLも終わり。風布集落に降りる。
風布と書いて「ふうっぷ」と読ませるらしい。その読ませ方どおり、なにかしら不思議な印象の界隈。
美味しい水を味わえるらしいが、水場に車やオートバイがたかっていたのでまた遠慮してしまった。
また近いうちに訪れたい。

この後、波久礼(はぐれ)から円良田(つぶらだ)湖、R254に出て、最後は児玉から輪行。
毛呂(もろ)で越辺(おっぺ)川を渡って高麗川(こまがわ)で乗り換え・・・ しかし、難読地名が多いことだなぁ

d0123571_225444.jpg
@風布。水場から少し降りたあたりで正午

d0123571_226469.jpg
@風布。ゆっくりすればよかったのだが、気持ちのいい下り坂だったもので

d0123571_226233.jpg
@姥宮(うばみやではなく、とめみや)神社、狛犬ではなく・・・

d0123571_227528.jpg
@円良田湖。どこのどなたか存じませぬが、自転車と一緒に収まっていただきませう

d0123571_2273083.jpg
@円良田湖。小舟には一人ずつ釣り客が収まっている。あまり人の気配がしない

d0123571_2275227.jpg
たくさんの釣り客はあまりお金を落としていかないのだろうか

d0123571_2281613.jpg
空き地の目立つJR八高線・児玉駅前

d0123571_2284064.jpg
@児玉駅(有人駅)で発車を待つ。ディーゼル2輌のワンマン車は無人駅では一番前のドアしか開閉しない

d0123571_229531.jpg
@越生(おごせ)駅。東武も乗り入れている

奥武蔵の小さな旅、ご高覧有り難うございました

# by masashiw2 | 2019-06-19 22:17 | 峠道 | Comments(0)
奥武蔵GL(グリーンライン)を通しで~塞神(さいじん)峠まで 2019年6月16日
定峰峠は車やオートバイが多いのでなんとなく遠慮してきた感あり。
背中に入れていた月餅を胃の腑に流し込んで、粥新田(かゆにた)峠へ、秩父高原線に入る。

5年前にこの秩父高原線を漕いだ。確か一部だが勾配の強い部分があったはず。
思い出しながらトレースしていく。ちょっとダートがあって、神社があって、その先。
林地の中のモルタル舗装、払った枝で滑りながらハンドルにしがみついて越える。

粥新田峠は見通しのない地味な峠。牧草地を越えたりして観光牧場へ。
ここも車やオートバイが多いのでなんとなく遠慮して先を行くうち二本木峠。
なにか買い食いすればよかったなと後悔しながら釜伏(かまふせ)峠。
ご眷属さまとアリバイ写真を撮っているとき、皆野の方からSLの汽笛の音が・・・いいなぁ

d0123571_23471567.jpg
秩父高原線をずーっと行って、八幡神社

d0123571_23473519.jpg
@粥新田峠、少し秩父側に降りて高原牧場方面を望む。特に何か見えるわけでもなく

d0123571_2348730.jpg
秩父高原牧場マップ。クリックで拡大します

d0123571_23482977.jpg
高原牧場から両神山(左)方面

d0123571_23485188.jpg
@二本木峠

d0123571_23491673.jpg
以前にはなかった太陽光発電

d0123571_23494892.jpg
@釜伏峠でご眷属さまと

d0123571_23501463.jpg
??? まだ昼前で時間もあったから、探求すればよかったかも

d0123571_2351289.jpg
未踏だった塞神峠。ここから風布(ふうっぷ)へ。つづく

# by masashiw2 | 2019-06-18 23:53 | 峠道 | Comments(0)
奥武蔵GL(グリーンライン)を通しで〜定峰峠まで 2019年6月16日
帰路輪行キャンペーン(?)で、あまり無理しないプランを漕ぐ。先週行こうとしていたルート。
自走なら寄居から先は考えないが、輪行でならすぐエスケープできる。
小海線みたいなディーゼル車に乗ってのんびり帰ってこようかと。

土曜の夜、FMで大友良英の番組を聴きながら日付を越えたころ、まだ雨がシトシト降っていて、今回もビミョーだったのだが、
空が白み始めた頃には晴天の兆しも見え、走っておかないと後で後悔しそうなので、5時には漕ぎ始める。

キャンペーンに合わせて、輪行の装備もシンプルなものにしている。エンド金具を使わない横置きタイプで、
もはや新車でもないので養生器具を省いて輪行袋に収める時間/組み立てる時間を短縮。
余計なものを持たないようにしてかなりスッキリ

d0123571_223624.jpg
入間川を渡る農水橋で家から1時間、まずまず。川上に奥武蔵がずらり

d0123571_22365991.jpg
@宿谷公会堂前

d0123571_22371810.jpg
@宿谷線から清流線を見上げる

d0123571_22374533.jpg
@一本杉峠。まだまだ道はウェット、グレーチングに注意

d0123571_2251248.jpg
@顔振峠。先週冠雪した富士もよく見えた

d0123571_22522738.jpg
@高山不動分岐

d0123571_22525089.jpg
@刈場坂峠

d0123571_22533032.jpg
@定峰峠。この界隈は久しぶり




マップをクリックでルートラボに飛びます。
田無〜所沢街道〜R463〜農水橋〜高麗川〜R30バイパス〜宿谷線〜GL〜定峰峠〜
秩父高原線〜粥新田峠〜二本木峠〜塞神峠〜波久礼〜円良田湖〜八高線・児玉駅から輪行 高麗川行1428に乗車
距離99.4km、獲得標高1910m 少し続きます

# by masashiw2 | 2019-06-17 22:59 | 峠道 | Comments(2)
引き続きApple Music逍遥 2019年6月14日
まだ無料で利用させていただいているApple Music。
インターフェイスが通常のネットブラウザではなく、iTune上での操作となる。

通常のブラウザなら、複数のタブやウインドウを開きながらあれこれ操作できる。
単一のウインドウしか開かないiTuneはとても使いにくい。検索がしづらい。用のないオススメも要らない。

また、ウインドウ上のテキストをコピー・クリップできないので、
ちょっとしたメモや、ネットで検索したい場合はiTune画面を見ながら手入力が必要となる。
──とかなんとか言いながらも気分よく聴いている

d0123571_2219422.jpg

検索でいうと、例えば──「ギル・エヴァンス」で検索するか、「Gil Evans」で検索するか、
「ギル・エヴァンス・オーケストラ」で検索するか、「Gil Evans Orchestra」で検索するか、
いずれもビミョーに検索結果が違って、そのつど拾いものがあったりで。
気分的に余裕のあるときはそれなりに楽しい。輸入盤屋でエサ箱を漁っていて、
違うエサ箱を探してみたらアタリが見つかったような楽しみというか。
こういう楽しみって、データベースがしっかり整理されていけば逆に無くなっていってしまうのかも

# by masashiw2 | 2019-06-14 22:25 | かわうその祭 | Comments(0)
行ったきり帰路輪行でいくつかルートラボを引いてみる 2019年6月12日
今週末は雨模様らしい。先週も漕げなかったのでがっかり。どうか金曜日以降に予報がくつがえりますよう。

もともと、輪行せず自走で行って帰ってくることをよしとしてきたようなところがあって、
輪行にはなんとなく邪魔くさいという印象を抱いている。

しかし最近では、炎天下疲労困憊しながら青梅街道などを漕ぎ帰ってくるのもどうかと思うようになってきた。
自転車の分際で大きなことは言えないのだが、コワい運転の車も無くは無し、
交通量の多い道を漕ぐ機会をなるべく減らす意味でも輪行を活用しなければと思ったりする。

自走の帰路のために、往路を体力セーブしながら走るのもなんだかつまらないような。
で、行ったきりで帰路輪行というのが気楽でよさそう。いくつか考えてみる。
いずれも計画は長め、都合で中退ももちろんアリ・・・



雛鶴峠から笹子峠、甲斐大和に出て上日川峠まで



マップをクリックでルートラボに飛びます。
R20〜大垂水峠〜雛鶴峠〜都留〜初狩〜笹子峠〜甲斐大和〜上日川峠〜塩山から輪行
距離146.1km、獲得標高2983m(甲斐大和までだと距離110km、獲得標高はマイナス1000m)
フルバージョンはチトきついかも。逆コースもおもしろそう。



裏ヤビツから丹沢をウロウロ、新松田まで



マップをクリックでルートラボに飛びます。
尾根幹〜町田街道〜長竹〜裏ヤビツ〜表丹沢〜大倉〜ミロク山荘〜新松田から輪行、狛江で降りて自走
距離100.9km、獲得標高1666m
帰路オギノパンに行けないのは残念だが、その昔、沢登りで歩いたあたりを思い出しながら漕ぎたい。



有間峠から大血川林道で三峯神社へ、仕上げに雷電廿六木(らいでんとどろき)橋も見たい



マップをクリックでルートラボに飛びます。
青梅街道〜岩蔵街道〜山王峠〜名栗〜有間峠〜浦山〜R140〜大血川林道〜三峯神社〜
二瀬ダム〜滝沢ダム下〜雷電廿六木橋下〜R140〜西武秩父から輪行、花小金井で降りて自走
距離145.1km、獲得標高2771m

引いたルートラボはスマホで読む。mapの左下の(i)マークをクリックしてGPXファイルをGeographicaで開く。
現場ではこのGeographicaに読み込んだGPXを参考に漕いでいる

# by masashiw2 | 2019-06-13 00:24 | 峠道 | Comments(0)
雨降りだからルートラボでも引こう & 大友良英etc. 2019年6月10日
空梅雨かもという予報もあったりしたが、しっかり雨模様。自転車漕ぎできず。梅雨時は悶々として好天を待つしかない。
思いついた道程をメモしながらルートラボでも引いてみるか。天候の変化によっていくつかの代案も用意しておきたく。

スッキリ晴れれば八ヶ岳あたりを漕いでみたい。
昨年なら、5月のぶどう峠から平沢峠、7月の十石峠から麦草峠、天候も体調もよかった。
このようなライドにいつでも行けるよう準備しておきたい──


手始めに茅野から群馬方向、茅野まで輪行。逆コースより楽。麦草峠から田口峠でどうか



マップをクリックでルートラボに飛びます。
麦草峠〜田口峠〜下仁田〜寄居 距離154.7km(児玉まで143km)獲得標高1974m



獲得標高をプラスするなら麦草峠からぶどう峠、神流湖経由で



マップをクリックでルートラボに飛びます。
麦草峠〜小海〜ぶどう峠〜神流湖〜寄居 距離152.5km(児玉まで140km)獲得標高2599m



大友良英がパーソナリテイをやっているNHK FMのジャズ番組があるというので聴いてみた。
「ジャズ・トゥナイト」、土曜日の夜11時から2時間。時間帯がいいですね。
高校生時代の週末の夜更かしを思い出し、なんだか懐かしい。
大阪だったので周波数は85.1MHz、午前零時から、ブラバス臭い「渡辺貞夫マイディアライフ」とか。
渡辺貞夫の良きリスナーではなかったので、むしろ小林克也の美声にうっとりし、
そのあとの「SONYビッグスペシャル」を聴いて3時まで(中波なんて聴かずに)過ごしていた。

で、「ジャズ・トゥナイト」。8日(土)の特集は「クセ球スタンダード」、一味違ったスタンダードを紹介。
Ornette Coleman 「Embraceable You」、Fred Hersch & Bill Frisell「Someday My Prince Will Come」、
Jaco Pastorius「Donna Lee」とか。
真面目に語ってるなぁ。この人に静かに「聴いてみてください!」っていわれると素直に聴き入ってしまう。
そもそもFM聴くなんて平成以降なかったかも。「ジャズ・トゥナイト」恐るべし。

大友良英といえば「いだてん」の音楽。ドラマともども音楽にもハマっている。
どうもCharlie Haden「Liberation Music Orchestra」を想起してしまって、けっこうグッときてしまう。
「あまちゃん」のテーマもGil EvansのJimi Hendrix=「Stone Free」みたいでしょう。
次回は関東大震災を描く回なので、音楽がどんな役割を担うか興味津々。ノイズなのかフルオーケストラなのか・・・

# by masashiw2 | 2019-06-10 17:26 | 拾遺 | Comments(0)
梅雨入りで漕がず 2019年6月9日
土曜は仕事や片づけなど、日曜は自転車漕ぎをと思い、支度をして床についた。
梅雨入りし、好天にも望めないであろうから、近場で行きっぱなし帰路輪行で計画。


[計画]奥武蔵グリーンラインを通しで



マップをクリックでルートラボに飛びます。

宿谷権現堂線〜顔振峠〜刈場坂峠〜粥新田峠〜塞神峠〜円良田湖〜児玉から輪行
距離99.2km、獲得標高1910m
児玉(八高線)から輪行というのは、八高線での帰路輪行のリハーサルをやっておきたいから。
八ヶ岳や佐久から群馬の峠(内山、田口、十石、ぶどうなど)を越えて八高線方面に帰路を求める場合、
消耗した状況でもスムースに輪行したいので。

──とかなんとか考えて床についたが、雨がシトシト。
4時ごろ、ベランダに立って様子を見てみたが、小雨は変わらず。路面はオールウェット。
しっとりした雨季の匂いが上水伝いに満ちている。とても晴れ間が出るとは望めないようで朝寝と決めた。

昼近くなると路面も乾き、雨雲も離れたようなので、ストレッチ・筋トレなどしてジョグに出かける。
土曜日は小金井公園に7kmジョグしたので、日曜は井の頭方面に10km。
この土日、スマホを操作しながら歩く年配の方々がやたら眼についた。皆さん一心不乱にスマホをたたいていた……


Reliveはこちら
d0123571_21424897.jpg
井の頭池は藻が繁殖して、水面の反射具合が「モネ」化しているという。今月これでラン総距離はやくも44.05km

# by masashiw2 | 2019-06-09 21:52 | 拾遺 | Comments(0)