新宿御苑・千駄ヶ谷門から 2011年7月7日 vol.1
曇ったり、ところによっては雨が降るという予報だったが、昼前に用事を済ませて千駄ヶ谷で降りると、干涸びそうな日差しだった。
植物の伸びぐあいが気になってやってきた。曇りなら多少は気温も上がらず、楽に歩けるかと思ったが、そうもいかないようだ。
いつもは蒼穹舎経由で大木戸門から入場するが、千駄ヶ谷門からの入場は初めてだ

d0123571_04138.jpg








d0123571_042538.jpg








d0123571_044995.jpg








d0123571_052892.jpg








d0123571_054946.jpg
池の端でぶつぶつ独りごちているおじさんの目線の先を追うと、泥水の中から巨大なスッポンが浮き上がってきた

by masashiw2 | 2011-07-09 00:08 | 拾遺 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/14031303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by n-ao2007 at 2011-07-09 23:26
亀には詳しくないですが
コレがスッポンだという事はわかりました^^
鼈←こんな漢字だと言う事は今初めて知りました。
梅雨明けましたね。
温い空気も実は嫌いじゃないです。
空も気持いいです。
Commented by masashiw2 at 2011-07-10 00:53
ワニガメかと思いました。鼻先から甲羅のお尻まで50センチはあるかと。
新宿御苑は巨大生物の宝庫です。
都心の自然、少し続きます。宜しくご高覧お願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 新宿御苑・千駄ヶ谷門から 20... 飯田橋西口地区再開発計画・千代... >>