玉川上水側道往来 2011年9月3日
台風12号が四国に上陸しようかというころ、武蔵野は風が強いものの、晴れ間が見えていた。
玉川上水沿いの自転車の往来も普段どおり。三々五々、ジョギングのひとに混じって自転車が流れていく。
この道は幅が中途半端にあって路上駐車が多いため、右側通行する自転車がかなりある。
恐ろしいのは、川上の保育園へ右側を逆走する鉄仮面バイザー・電動アシスト3人乗り。
運動エネルギーたるや、原チャリ以上かと。とにかくコワイ

d0123571_013549.jpg




d0123571_015230.jpg




d0123571_021147.jpg




d0123571_023216.jpg




d0123571_025550.jpg




d0123571_031522.jpg

この道を“唄の小径”とひそかに呼ばせてもらっている。武蔵境通りから左折してこの道に入ると、
街灯がまばらになって急に暗くなるせいもあって、カラオケ帰りのかたがたが急に唄いだす。
尾崎豊風絶叫するお兄さん、オペラを唄うお兄さん、美声の「みんなの唄」系の自転車お姉さん……多彩である。
朝だっていらっしゃる。きまって8時半ごろ、ビートルズ・レディマドンナのバックコーラス(?)を唄って三鷹に漕いでいくおじさん。
ヘッドホンつけているとついつい大音声になってしまうのか。でも五感のうちのひとつをふさいでの運転はやはりコワイ。
ちょっと昔には、ハモニカを吹きながら漕いでくるおじいさんがいた。
牧歌的で好きだったが、いつしかこのおじいさんもいなくなり、やたらと高歌放吟する人が増えたように思う

by masashiw2 | 2011-09-04 00:10 | 拾遺 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/14486253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by K島 at 2011-09-04 11:44 x
ウチは唄の坂道ですね。ウチは坂ノ下で、坂の途中は人家がない林のため、歌ってくる方が結構います。若い人が多いです。直接、見たことはありませんが、耳にイヤホンをしてんじゃないかと想像します(偏見かなー)。いつも、深夜に「ふざけんじゃねー」とシャウトしながら下りてくるおじさんもいます。でも、この方は、坂の上からシャウトしているので単なる酔っ払いですね。
Commented by masashiw2 at 2011-09-04 12:21
あの激坂もそうでしたか。自転車ならダウンヒルの爽快感でシャウトしてしまうのでしょうね。
おそらくはヘッドホンで乱暴な運転かと思われます。無灯火かもしれないし、ご注意下さい。
うちのほうも武蔵境通りから上水を渡る時に坂を上がり切り、
そのあと飛ばして降りてくるのでコワイです。もちろん歩道ですよ。
もうちょっと何とかならんかいなと思っています。
Commented by snap.com at 2011-09-04 21:31 x
みなさん飛ばしてますねー。
定点で撮ると同じ場所にそれぞれのいろんな事情が垣間見える感じがします。
駆け足で過ぎた今年の夏のようなスピードを感じます。
Commented by masashiw2 at 2011-09-04 23:07
土曜日だったから、ヘルメットかぶった通勤系スポーツバイク派は少なかったです。
台風が四国に上陸した時間でしたが、こちらは雨支度でチャリに乗るひとも少なく……。
snapさんのあたりは雨はかなり降ったのでしょうか。
またもや仮借ない自然の仕打ちとなってしまいました。穏やかな秋になってほしいものです。
X100、快調ですね。さらにX10というのが海外発表、気になっています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< “芋虫ランド”続報 2011年... なぜか本が集まってくる 201... >>