水道のお勉強・境浄水場見学会-1 2011年10月1日
この日は「都民の日」で、毎年、東京都水道局境浄水場は見学会を催す。簡単なレクチャー受講と施設見学ができる。
境浄水場は、大正13年に通水した国内最大規模の緩速ろ過方式の浄水場。
緩速ろ過とは砂を敷いた広大なろ過池で水を浄化するしくみ。ろ過砂に繁殖する微生物の働きで水を浄化する。
奥多摩湖から多摩川を流れた水は中流の小作と羽村で取水され、多摩湖と狭山湖へ貯められる。
水は東村山浄水場をへてこの境浄水場におくられる。2メートル径のパイプが多摩湖自転車道の下を通っているという。
高低差を利用してポンプ要らずで流れてきた水は、浄化されたあと、ポンプ要らずで和田堀給水所へ送られる。
作られた水は渋谷区などで使われる(浄水場が位置する武蔵野市内へは武蔵野市が水道を供給)

d0123571_21482518.jpg




d0123571_21484891.jpg
正門を入ったところの噴水塔。カエルの置き物がある



d0123571_21501338.jpg
敷地面積は東京ドーム約4.5個分。周囲は2キロメートル



d0123571_2152462.jpg
濾過地の断面模型



d0123571_21535030.jpg
創建時に使われていた送水管



d0123571_21543395.jpg
ろ過池に敷く砂

ちょっと社会見学気分、赤煉瓦作りのクラシックな施設もアリ……、明日に続きます

by masashiw2 | 2011-10-02 22:00 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/14679352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 水道のお勉強・境浄水場見学会-... Joy of Walking ... >>