調布保谷線はどうなっているかというと……その3 2012年7月1日
その昔、境から中島飛行機工場に続く軌道があったそうで、戦後はその工場が野球場になり、
軍需物資にかわって観客を運んだらしい。軌道跡は堀合遊歩道という小径となっている。
調布保谷線は、みずき通りから浄水所の北までの区間、この遊歩道に隣接している

d0123571_23453795.jpg









d0123571_23454049.jpg
みずき通りから北。重機や資材がこちらからどんどん運ばれる。右の緑がくだんの遊歩道







d0123571_23471527.jpg








d0123571_2347376.jpg








d0123571_23475510.jpg








d0123571_23481954.jpg

2012年7月4日
わが国の宗主国の独立記念日。アゲハが一羽、羽化した。
ポカリスエットを綿にしみこませて用意したが、興味のない風。青い空に元気に飛んでいった。
イエノモノが森達也「首都圏生きもの記」を面白く読んだという。この本で言及されているプラナリアを飼いたいと言い出す始末


by masashiw2 | 2012-07-04 23:49 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/16239705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 調布保谷線はどうなっているかと... 調布保谷線はどうなっているかと... >>