下諏訪の街、よろずおさまりました 2012年10月13日
万治の石仏を参拝。正面で一礼して「よろずおさまりますように」と念じ、石仏のまわりを時計回りに三周。
最後に「よろずおさまりました」と唱えて一礼。雑念をおさめたら、腹が減ってきたので、山猫亭本店にてとろろ蕎麦。
「そばちち」というオリジナルのスイーツにも舌鼓。秋宮にも参拝、神前結婚式や七五三参拝でまこと賑やかな秋の日

d0123571_21583797.jpg




d0123571_21585016.jpg
map of Gebabashi



d0123571_21591226.jpg
下馬橋



d0123571_21594361.jpg




d0123571_2201213.jpg
旧中仙道



d0123571_2203665.jpg




d0123571_2205439.jpg




d0123571_2217100.jpg
諏訪大社秋宮

旅は上諏訪へ。湖面に浮かぶ巨大“おまる”と、ひなびの片倉館へ


by masashiw2 | 2012-10-23 22:03 | ラビリントス | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/17043731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uturohimoyou at 2012-10-24 06:48
家族旅行で行った諏訪大社春宮 秋宮、万冶の石仏を思い出しています。
諏訪の町をゆっくり撮影したかったなぁ。
Commented by masashiw2 at 2012-10-24 10:25
石仏さんのまわりは三周されましたか。
私はわりとまじめにそういったこと(神社の茅の輪くぐりとか)をやってみるほうでして、
この日も美味しいものや好みの被写体にめぐりあうことができました。また訪れてみたいと強く思う街でした。
観光協会のHPに99分まちあるきマップという絵地図があってわかりやすいです。
当麻撮り歩き、今か今かと待っております!
Commented by a-path at 2012-10-27 17:55
秋の日に照らされて… 被写体に事欠かないですね。
石仏さん、訪ねたいです。
↓の道端のレリーフ風の小さな仏様もいいですね。
ゆっくり歩いてみたい所です。
Commented by masashiw2 at 2012-10-27 18:50
石仏さんはいかにも岡本太郎好みのプリミティブなオブジェ。
みやげ物屋のはり紙にある「心が豊かになる」と、声高に言わなくても、充分豊かになります。
神社に入ると、まず大きな神楽殿があって、
そこで繰り広げられるであろう大祭のスケールもしのばれます。
この街は、古式ゆかしいものと、そこに住む人の日々の暮らしとのブレンド具合がいいのですね。
今回は駆け足でしたが、再訪は連泊してみたくなりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 諏訪湖・いるか号、ひたすらいと... そこここに神のおわす下諏訪の街... >>