諏訪湖・いるか号、ひたすらいとおしく 2012年10月13日
上諏訪に移動したのは、千人風呂で有名な片倉館がお目当て。駐車場に自転車を施錠しようとしていると、
湖のほうに気になるシルエットが……。ひとっ風呂あびるまえに、こちらをチェックしておきたい。
巨大“おまる”のみならず、いるか号──この心底ほっこりするフォルムはどうだろう。どんな乗り物よりもいとおしい

d0123571_2340228.jpg




d0123571_23404032.jpg




d0123571_23405734.jpg




d0123571_23411887.jpg
乗船券売り場には、いるか号の出発予定は明記されていなかった。これに乗って幼少期の夢の王国へ航行したい……



d0123571_23414350.jpg




d0123571_2342129.jpg
和装の女性の彫像。由来が刻まれている碑文は旧仮名使い、字送りと行送りが同じで読みにくいことこのうえない。
で、結局なんだかよくわからない。うしろには大きな亀のかたちをした遊覧船が……


by masashiw2 | 2012-10-24 23:46 | ラビリントス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/17050811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< くたびれ方が魅力の片倉館 20... 下諏訪の街、よろずおさまりまし... >>