春の奥多摩漕ぎ・悲報「仲よし」閉店 2018年4月21日
R411を、どこらあたりから「大菩薩ライン」と呼ぶのだろうか。
県境を越えて丹波山村に入ってから、そういう表示が道脇に出てくるような。
この表示を見ると山深さが倍加する印象がある。
丹波山のはずれの怪しいきのこ売店を過ぎるといよいよ人家がなくなり、
甲州市に入ってすぐおいらん淵、このあたりが山深さの絶頂かと。
その後、さらに標高を上げ、不思議と明るく拓けた落合集落。そして柳沢峠へ

d0123571_1344348.jpg
悲報:丹波山のメーンストリートの御食事処「仲よし」が閉店。2階の窓の手すりが素敵


d0123571_13443716.jpg
かたなばトンネルは内部舗装中(~5月末日)らしい。この日は休工


d0123571_13445964.jpg
@おいらん淵ヘアピン、甲州市に入るとブヨ多し


d0123571_13453176.jpg
お馴染み・藤尾橋も新緑に彩られて


d0123571_13455545.jpg
お馴染み・イーグル号、「あと25分!」と、声援をもらうようで。ここまでくると峠も近い


d0123571_134771.jpg
@柳沢峠、アリバイ富士。冠雪の具合は今が一番いい塩梅かと


d0123571_13484647.jpg
つねに富士を見ながらの塩山側ダウンヒル、裂石まで15分かからない


d0123571_13495033.jpg
@裂石・大菩薩峠登山口バス停前。反対側にある茶屋はまだ営業時間前だった(泣)。
飯場の格安自販機ドリンクで一服。さて、降りてきた道を柳沢峠へ登り返します。つづく

by masashiw2 | 2018-04-25 13:53 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/26705826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nandakadays at 2018-04-25 19:26
同感です…丹波山のはずれの怪しいきのこ売店(笑)
Commented by masashiw2 at 2018-04-25 22:49
マージナルな領域に入るみたいな。
怪しいきのこ売店、写真を撮ろうとしたら制されたことがあって。
犬切峠の猟犬の放し飼いの件など、ちょっと緊張して通過するあたりですね。
実はいまだに一の瀬高原には行ったことがありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 春の奥多摩漕ぎ・柳沢峠登り返し... 春の奥多摩漕ぎ・東京都最西、鏡... >>