ガッツリ裏有間・峠から名栗湖へ 2018年4月29日
林道の浦山側の最後は勾配が緩んで水平道っぽくなる。
コーナーのたびに、まだ先かと落胆しながら、やっと最後に名栗の空が見え、有間峠着。
お約束のアリバイ撮影、名栗湖も見える。
山深い林道を長駆したのち、展望を得ることができるのは格別な喜び。

さて、下降。名栗側は掃除したて、有難い。快適に降りる。
今回は風もなく天候に恵まれた。新緑の有間峠・広河原逆川線、堪能しました

d0123571_21554265.jpg
静寂を楽しみたかったが、叶わず。無線の雑音が・・・。撮影してすぐ降りる


d0123571_21571192.jpg



d0123571_21573184.jpg
名栗湖! 下降路が問題なければあの堤体まであっという間のはず


d0123571_2158035.jpg
クリーンな名栗側。掃除してくださるかたに感謝


d0123571_21584057.jpg
金網ベタ張りの断崖林道、ここもまた自然と人工物のせめぎ合い


d0123571_2159211.jpg



d0123571_221222.jpg
大名栗林道入口のゲートは頑丈になってしまったような


d0123571_2213022.jpg
かなり下の部分に一部ダートが。特に問題なしかと


d0123571_222464.jpg
名栗湖から、スカイラインの最低鞍部が有間峠


d0123571_2223364.jpg
ご存知ですか、R70で飯能の街に入るところ、お寺に白い象さんがいるのです。
ガッツリ裏有間、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-05-02 22:07 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/26741986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< GW後半戦終了 ガッツリ裏有間・寺坂から浦山へ... >>