この時期、やはり大弛峠に行っておかないと-4 2018年6月2日
柳沢峠経由で帰宅──お日様が出ている時間が長い今の時期なら、
仮に柳沢峠を午後3時ごろ通過でも、自宅までナイトランにずれこまず帰れるはず。

このコースは昨年今頃に試みたが、尻痛と眠気で頓挫、奥多摩駅から輪行した。
今回は尻痛もなく、眠気もない。痙攣も梅干しで沈黙。ポンコツエンジンもなんとか正常脈。
また、明るさ十分の前照灯(モバイル電源内臓)も用意していて先々安心

d0123571_21453061.jpg
柳沢峠着。裂石まで30℃を越えていたみたいで、ここまでかなり消耗したかも。富士山なし


d0123571_2145524.jpg
さてダウンヒル、こちらも栃の花が満開、エゾハルゼミも少々


d0123571_21461226.jpg
やはり惹かれるイーグル号(左)。頭隠して尻出している白いコも。倉庫の中も廃車ザクザク?


d0123571_21465366.jpg
せっかく作ったかたなばトンネル、放置されたまま


d0123571_21473267.jpg
@丹波山、お祭り(という地名)手前。ポツンと高所の集落。後で調べると、鴨沢から七ツ石に向かう道から派生している


d0123571_21501968.jpg
@お祭りバス停。ここまでくれば、登り返しはあと2箇所、
城山トンネル抜けて将門あたり、軍畑から多摩書房へのダラ坂くらい。
さしあたり城山トンネルを抜けるまであまり漕がずとも下れてしまう。

新車にして、おおよそ半年ちょっと、それなりのメリットは多々。
巡航速度の向上、距離150kmを越えてからの快適性向上、疲れていても漕ぎ出しがいい・・・などなど。
しっかりこしらえてもらったので、納車当時からポジションは1mmもいじっていない。
所詮理論値だから実際はどうか──とも思ったが、上手くハマっているかと。

「大弛峠に行っておかないと」、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-06-06 21:55 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/26876559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 夏前はやっぱり谷川だったか~山... この時期、やはり大弛峠に行って... >>