広沢寺弁天岩にたどり着く 2018年6月17日
四半世紀前、飯能の日和田山と並んで、岩登りの練習によく訪れていたのが広沢寺弁天岩。
当時は、小田急に乗り、厚木駅からバスに乗って通っていた。
広沢寺温泉への道、そして弁天岩への道、覚えているようで忘れてしまっていた。
弁天岩の入口のガードがガッチリしすぎているので、別の道に間違えて入ってしまったではないか

d0123571_23121874.jpg
久しぶりのご対面、広沢寺弁天岩。こんなに茂みがあったかな?


d0123571_23124672.jpg
やってますね。このパーティの貸切。私はコンビニで買った大福を食べながら見学


d0123571_23131142.jpg
岩場まで来るのに、こんなに鄙びたところだったのか……なんて


d0123571_23133635.jpg
入口のゲートには鳥獣対策のため電気も流しているらしい。熊の目撃情報、ヤマビルへの注意喚起などものものしい。
クライマー除けではないので一安心、施錠があるわけではなく中に入る

d0123571_23135726.jpg
@広沢寺温泉。なんか面白そうなところですなぁ。しかし、高級旅館のようで縁がない


d0123571_2314432.jpg
@広沢寺温泉。蔵の壁にイノシシが……


d0123571_2315477.jpg
随分と雰囲気のあるところのようで、四半世紀前は気がつかなかったことだなぁ……


d0123571_2315258.jpg
このあたりは石が採れるみたいで、興味深い造形物も

あとはウネウネとスマホを見ながら(ゲームやってるみたいで嫌なんですけど)道を探して尾根幹まで。
裏ヤビツから懐古道中、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-06-22 23:20 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/26932609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 7月に入って 大山参道、今後踏査が必要かと ... >>