しばしお別れ有間峠・逆川広河原線漕ぎ 2018年6月30日
7月2日から来年4月末日まで閉鎖される奥武蔵の有間峠・逆川広河原線。
紅葉の時期も楽しいルートなのだが、長いメンテ期間に入ってしまう。
しばしの別れ、浦山ダムまで往復して有間峠を表/裏と2度踏み、存分に楽しんでおきたい。

ルートラボのコースプロフィールを見ると、まったくシンメトリックなプロフィール。
これを(峠の)往復ビンタともいうらしいが、聞こえが穏やかでないのであまり使わないでおきたい言葉かと。

d0123571_21284157.jpg

峠の東・名栗側が急峻(ave.10%)、西・秩父・浦山側がなだらか(ave.7%)だと往復するとその印象が一様ではない。
名栗側の休みどころのない急勾配を終えて、浦山側の広葉樹のトンネルをひたすら降りる。
浦山ダムにタッチして、降りてきた道を峠へ登り返すと、今度は穏やかな登高となる。

木漏れ日の中、心安らかなこの「裏有間」はこのGWに登って以来お気に入りのコースの一つ。
1000mを越えてしばらく、切り通しから名栗側の空が唐突に現れて2度目の峠着。
一つの峠を行き来しながらまるで異なる二つの峠を越えて旅するようなお得感というべきか・・・

d0123571_21304869.jpg
名栗湖はかなり渇水気味


d0123571_21311972.jpg
名栗側ゲートの告知


d0123571_21313984.jpg
ゲートの施錠が2日(月)から、とのこと


d0123571_21321159.jpg
法面工事箇所はかなり上の勾配の緩くなってきたあたり


d0123571_21323393.jpg
この箇所は10月31日までの工期


d0123571_21331169.jpg
工事箇所の図面、左が有間峠、右上が名栗方面


d0123571_21334583.jpg
峠着。なぜかリラックマ、浦山から戻ってきたらいなくなっていた。つづく

by masashiw2 | 2018-07-02 21:39 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/26960792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< しばしお別れ有間峠・逆川広河原... 7月に入って >>