砲声を聞きながら富士山スカイライン 2018年10月8日
今回のキモは、もちろん富士の宮口五合目までの登路(1450~2380m)。登路の始まる分岐(1450m)まで20km少し。
御殿場の標高はけっこうあると思っていたが、500mもない。まず自衛隊の演習地を通って比高1000m稼ぐ。

どうも調子が悪い。日照がないならけっこうはかどることが多いのだが、暑いような寒いような。
睡眠不足か、休養不足か。眠くてしようがない。リズミカルに漕ぐことができない。
そこへ散発的に右から左から銃声(小銃?)。そしてときどき大きな砲声。
雷かと思うほどあたりの空気を揺るがす。いったいどんな大砲をぶっ放しているのか。

それにしても景色がないと単調にすぎる。路側に距離表示があるが、それだけが頼りのようになってしまう

今回のReliveはこちら
d0123571_0354818.jpg



d0123571_0364868.jpg
@JR松田駅プラットホーム。松田ってどんな町だろうか


d0123571_0371382.jpg
スタートして13km、高圧電線が唸りを上げていた。そして銃声と砲声、落ち着かない


d0123571_0373467.jpg
御殿場口登山道新五合目入り口。洞門が目印


d0123571_0375332.jpg
ときどき赤茶けた土壌が目に入ってくるようになった


d0123571_0381688.jpg
裾野市に入る。目指す五合目は富士宮市


d0123571_0383941.jpg
左手からサファリパークからの道。東京五輪ロードレースコースの最高点。レースではここから御殿場へ高速ダウンヒル


d0123571_0391100.jpg
やっとこ富士の宮口五合目分岐。右の道に入って行く


d0123571_0395723.jpg
料金所跡でおにぎり一個食す。やはり腹が減っていたのか。砲声が聞こえなくなったら眠くなってきた・・・ つづく

by masashiw2 | 2018-10-11 00:43 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/27155289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 気分はまるで重い鎖 富士山スカ... 小田急で富士山方面に行ってみる... >>