気分はまるで重い鎖 富士山スカイライン 2018年10月8日
腰から下が重い。脈は悪くはないのだが・・・ 出力を上げない方が無難というか、
この日は最初からいっぱいいっぱいな感じが続いていた。

はかどらない一因に、スケールの大きさをよく把握していないことも。
富士山はデカイ。ひとつの行程がそう簡単には終わらない──と来るたびに思い知る。

長丁場ゆえ、勾配を克服する気持ちを強く持ち続けないと、前へ強く進みはしない。
決して弱音を吐くような勾配ではないのだが、気分を奮い立たせるような工夫もしないまま
ダラダラ漕いでしまった。大弛峠の方がずっと楽な気もする

d0123571_18514140.jpg
@料金所跡


d0123571_1852684.jpg
路側の残りkm数ばかり見ながら・・・中略・・・五合目のレストハウスが見えてきた。雲は薄いみたい


d0123571_18593946.jpg
で、定番アリバイ撮影場所。背後は富士山


d0123571_190934.jpg
もしや、晴れてくれるか?


d0123571_1903716.jpg
アリバイ撮影、場所を変えて。背後は来し方、やはり真っ白


d0123571_191866.jpg
晴れてくれ!──と念じてはみたものの・・・


d0123571_1913148.jpg
温かいものでもいただきませうか。ココアで月餅を流し込む


d0123571_1915876.jpg
懐かしい記念メダルもございます


d0123571_1925688.jpg
かの桑子アナがタモリと訪れた宝永火山はこちら


d0123571_1933060.jpg
ネックウォーマーとアームウォーマー付け、ウインブレ着て、震えながらダウンヒル。
雲は薄いはず。そのうち晴れるだろうと思いつつ。しかし、スバルラインに続いてこのたびも結局ダメだった。つづく

by masashiw2 | 2018-10-12 19:07 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/27158388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 321qweqaz0123 at 2018-10-13 10:48
ご無沙汰しています。 ちょうど一日前の7日に富士山の反対側になりますが、
スバルラインを車で五合目まで上がりました。
当日は天気が良くて富士山はずっと姿を見せてくれました。
Commented by masashiw2 at 2018-10-13 13:21 x
こちらこそご無沙汰しています。ニアミスでしたね。好天でよい景色が眺められたのでは。
遠方からのお越しでなによりでした。お写真拝見したいです。
せっかく富士山に行くので、予報をアテにして満を持しておもむくのですが、いつもこんな調子で。
スカイラインも2回目なんですが全滅となります。出直してきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< スカイラインからK71で富士宮... 砲声を聞きながら富士山スカイラ... >>