エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日
御射鹿池を過ぎて湯みち街道をさらに下ると湖東(こひがし)笹原という地域に出る。
茅野駅からバスに乗って渋の湯に向かったときだったか、
この笹原あたりを通過したことを憶えている。渋の湯行きのバスは湯みち街道を遡っていくのだが、
この集落を抜けるとあとは人家もなく急勾配の林道を粛々と登るのみだった。

パンクしたことで、鉢巻道路をやめてエコーラインにコースを変更したのだが、
晴れるでもなく曇ることもなく、南八ヶ岳や南アルプスが遠望できた。
罪滅ぼし的にご開帳いただいているような感じで、それなりに楽しみながら南進する。
収穫の時期の田んぼを前景にして少しずつ見え方の変わる峰々に飽きがこない

エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日_d0123571_17442176.jpg
@湖東笹原


エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日_d0123571_17451736.jpg
@湖東笹原


エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日_d0123571_17454200.jpg
@湖東笹原


エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日_d0123571_17463177.jpg
湖東から見える蓼科山と北八ヶ岳。左から蓼科山〜北横岳〜縞枯山・茶臼山ときて、広い鞍部=麦草峠かと


エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日_d0123571_17472608.jpg
エコーラインに入る。正面は南アルプス。右は入笠山かと


エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日_d0123571_17480982.jpg
左手にスッキリと南八ヶ岳。1/700 ウォーターライン八ツとでも申しませうか。横岳西壁と赤岳も見えます


エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日_d0123571_17493914.jpg
収穫の終わった田んぼも美しい。わらぼっちが楽しい


エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日_d0123571_17510526.jpg
南アルプスもいい。左にうっすらと富士も。甲斐駒・黒戸尾根も久しぶりに登ってみたい


エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日_d0123571_17573107.jpg
富士見あたりからの八ヶ岳、昨年秋登った西岳を意識すると、余計に親しみが湧いてくる

小渕沢にはかなり余裕を持って着いた。しかし、楽しみにしていた駅弁「元気甲斐」はすでに売り切れだった。
唯一無二の弁当であるがゆえ、困ったことにこの駅弁に代る商品はない(手ぶらで帰るわけにもいかず、
代替え品を買って帰ったが、やはりいまふたつだった)。がっかりだ

エコーラインで小淵沢へ 2020年10月3日_d0123571_17514074.jpg
16:16 小淵沢始発のホリデー快速ビューやまなしはガラ空きで快適だった。大月の次は相模湖って特急に乗った気分。
秋の麦草峠〜湯みち街道〜エコーライン、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2020-10-07 18:00 | 旅の空 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 台風14号が近づいてきた 20... 麦草峠から湯みち街道へ 202... >>