ドングリの影を踏みしめて 2008年11月1日
芋煮会の日は、陽がこれでもかというほど斜めから射していた。野菜って美しい……
d0123571_053335.jpg
d0123571_054849.jpg
d0123571_055856.jpg
d0123571_061590.jpg
睡眠時間が不順な今日この頃、早朝から仕事をすると、夕方に猛烈な眠気に襲われる。
20分ほど横になったが、自分のいびきでびっくりして起きてしまった。それ以来、神経が昂り続けている

by masashiw2 | 2008-11-05 00:08 | 拾遺 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://anbakoyawa.exblog.jp/tb/8873173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by monopod at 2008-11-05 02:12
薄桃色の布団、秋の野菜、アスファルトに落ちた団栗、、、、
たしかに秋の日差しが綺麗ですね。
少し冷たくなった空気感を上手く描写されています(^^)
Commented by uturohimoyou at 2008-11-05 07:24 x
秋の斜光の捉え方が素晴らしいですね。
monopodさんと同意見です。
道端にしゃがんでいるおじさんは何を見でいるんでしょう、何を待っているんでしょう。
Commented by masashiw2 at 2008-11-05 08:37
>monopodさま キャベツの葉が燃えるようで。
記憶色的にはもっとペパーミントグリーンのような
不思議な色だったのですが、もう少し粘って、
モノにすべきだったと反省しています。

Commented by masashiw2 at 2008-11-05 08:44
>uturohimoyouさま 芋煮鍋を食べた後なので、
気持ちが満ち足りていて、落ち着いて光に向かえたのかもしれません。
おじさんは不思議なかたでしたね。なぜかは知らねど、
超然・泰然とされていらっしゃいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 早稲田・寅書房「本日は終了しま... レトロカーブ早稲田小学校、校章... >>