カテゴリ:峠道( 476 )
春の奥多摩漕ぎ・眩しい新緑を里へ 2018年4月21日
この季節、紫外線が多いのか、夏とも違った漂白したような眩しさがあるような。
そんな中、新緑の鮮やかさが際立って滲みてくる。
思い出したように山桜などもあったりで、他の季節では味わえないような風情がある

d0123571_1223693.jpg



d0123571_1225571.jpg



d0123571_1232811.jpg



d0123571_1234846.jpg
バイクの排気音が去っていくと、鳥の声のみ、うんと高いところから落ちてくる


d0123571_124692.jpg
背景に溶け込みそうな藤尾橋


d0123571_1243545.jpg
おいらん渕のワッフルにもパヤパヤと新緑


d0123571_1245834.jpg
鴨沢集落も柔らかい雰囲気。県境の橋を工事中


d0123571_1253263.jpg
@二俣尾。いくつものトンネルをすっ飛んで古里セブンで一服、軍畑から二俣尾のダラ坂をこなせばもう登りはない


d0123571_126446.jpg
@宮ノ平。こちらも定点観測物件、青梅市街はもうすぐ

春の奥多摩漕ぎ、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-04-26 12:08 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
春の奥多摩漕ぎ・柳沢峠登り返し〜高原のダウンヒル 2018年4月21日
柳沢峠までの登り返しは、距離8.5km、勾配6.5%、標高差560m。
蛇行しながら沢奥に向かって挑んでいくようなラインかと。
崩落した廃道がそこかしこ、自然と人工構築物のせめぎ合い。つねに工事をやっている。

無我の境地で少しでも前へ。ここで出るのか、睡魔・・・。苦し紛れに立ち漕ぎを交えると眠気が紛れた。
高芝ループ橋を登り返しているころ、正午を過ぎただろうか

d0123571_2228377.jpg
@高芝ループ橋


d0123571_2230117.jpg
最上部に新しいループ橋を作ろうとしている


d0123571_22303167.jpg
峠はあっさり通過、奥多摩側の長いダウンヒルへ


d0123571_22305680.jpg
奥秩父ということになりましょうか


d0123571_22313739.jpg



d0123571_22315887.jpg



d0123571_22321790.jpg
1400mを越える標高で20℃。青梅市街では30℃近いかも


d0123571_22324623.jpg
最高速が出るあたり、ニュータイヤだとついつい・・・、自重して進む。つづく

by masashiw2 | 2018-04-25 22:37 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
春の奥多摩漕ぎ・悲報「仲よし」閉店 2018年4月21日
R411を、どこらあたりから「大菩薩ライン」と呼ぶのだろうか。
県境を越えて丹波山村に入ってから、そういう表示が道脇に出てくるような。
この表示を見ると山深さが倍加する印象がある。
丹波山のはずれの怪しいきのこ売店を過ぎるといよいよ人家がなくなり、
甲州市に入ってすぐおいらん淵、このあたりが山深さの絶頂かと。
その後、さらに標高を上げ、不思議と明るく拓けた落合集落。そして柳沢峠へ

d0123571_1344348.jpg
悲報:丹波山のメーンストリートの御食事処「仲よし」が閉店。2階の窓の手すりが素敵


d0123571_13443716.jpg
かたなばトンネルは内部舗装中(~5月末日)らしい。この日は休工


d0123571_13445964.jpg
@おいらん淵ヘアピン、甲州市に入るとブヨ多し


d0123571_13453176.jpg
お馴染み・藤尾橋も新緑に彩られて


d0123571_13455545.jpg
お馴染み・イーグル号、「あと25分!」と、声援をもらうようで。ここまでくると峠も近い


d0123571_134771.jpg
@柳沢峠、アリバイ富士。冠雪の具合は今が一番いい塩梅かと


d0123571_13484647.jpg
つねに富士を見ながらの塩山側ダウンヒル、裂石まで15分かからない


d0123571_13495033.jpg
@裂石・大菩薩峠登山口バス停前。反対側にある茶屋はまだ営業時間前だった(泣)。
飯場の格安自販機ドリンクで一服。さて、降りてきた道を柳沢峠へ登り返します。つづく

by masashiw2 | 2018-04-25 13:53 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
春の奥多摩漕ぎ・東京都最西、鏡面加工 2018年4月21日
赤い橋=峰谷橋のあたりは水面が近い。この周辺でことのほか美しい景観を見ることができた。
時間は午前7時50分くらいか、自転車から降りて橋の上からあれこれ撮り歩く

d0123571_2062367.jpg
湖畔に降りて佇んでいる人たち。眼前の水面はさらに美しいのかも・・・


d0123571_2065126.jpg



d0123571_207655.jpg



d0123571_2014526.jpg
赤い橋=峰谷橋


d0123571_208911.jpg
@小留浦(ことづら)から、深山(みやま)橋を振り返る


d0123571_2091187.jpg
@小留浦。ここはまだ東京都(西多摩郡奥多摩町)


d0123571_2093319.jpg
@留浦(とづら)、こちらもまだ東京都


d0123571_2095840.jpg
@お祭りバス停(丹波山村)、山笑う。無数の鳥がさえずっている。次回、やっと柳沢峠へ、つづく

by masashiw2 | 2018-04-23 20:15 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
春の奥多摩漕ぎ・R411を西へ 2018年4月21日
GWも近づいて、自転車漕ぎ適期。奥多摩あたり、ちょっと遠目で、新緑チェック。
輪行もしておかねばと思っているが、あれこれ細かい装備を持たねばならず、どうも邪魔くさい。
柳沢峠でどうだろう。100km圏内で、輪行というほどでもない。身軽にいきたい。

折り返し地点を柳沢峠を下った先の裂石(さけいし)としてみると、自宅からここまでがちょうど距離100kmと出た。
キリがいいのでここにタッチして戻ってくる。
裂石・大菩薩峠登山口バス停は茶屋があって買い食いもできるだろうし──

d0123571_18331890.jpg
ツバメに寛容な古里セブン。大福食って和む


d0123571_18335694.jpg



d0123571_18341011.jpg
早起きのご褒美、美しい奥多摩湖


d0123571_18342922.jpg
ダムの反対側、斜光でヴェールをかぶったような集落


d0123571_18354282.jpg



d0123571_1836949.jpg



d0123571_18362446.jpg
@峰谷。ことのほか美しかったのがこのあたり、次回はこの峰谷から



今回のルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平〜東大和〜新青梅〜青梅〜R411〜愛宕トンネル〜奥多摩湖〜丹波山〜柳沢峠〜
裂石・大菩薩峠登山口バス停〜柳沢峠〜道の駅たばやま〜往路 
[ルートラボ]距離201.1km 獲得標高3079m

春の奥多摩漕ぎ、少しつづきます

by masashiw2 | 2018-04-22 18:39 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
成木から、久しぶりの小曾木街道・・・ 2018年4月8日
この日は高水山常福院の獅子舞の日だった模様。
ツツジも満開で華やいだ印象の成木から松ノ木・吹上の2つのトンネルを経て、黒沢へ。
聞修院も何度かお邪魔しているが、変わらぬ雰囲気が嬉しい。
本堂からは、大勢のかたがたの唱和というか、節のついたお経の合唱というか、
鈴や鉦も混じってなんとも言えない典雅な旋律が流れていたのでした

d0123571_22161934.jpg


d0123571_22163540.jpg


d0123571_22165146.jpg


d0123571_22171680.jpg


d0123571_22174050.jpg


d0123571_22175615.jpg


d0123571_22181227.jpg
次回、青梅にぬけて梅岩寺、持て余して住江町ブラブラ・・・、つづく

by masashiw2 | 2018-04-12 22:20 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
名栗湖に慰めていただきます・・・ 2018年4月8日
時間的に持て余した時によく訪れる名栗湖。それでもそこそこの景観を見せて癒してくれる有り難い存在。
左回りにぐるっと周遊してみる。カヌー工房では工作ノコギリの音がこだましていた

d0123571_18404216.jpg


d0123571_18405994.jpg
有間ダム堤体。コア山の石が積み上げられています

d0123571_18412238.jpg
白谷沢にハイカーさん達が吸い込まれていった

d0123571_18414267.jpg
白谷沢上部、前の写真の拡大。棒ノ峰はこの上かと

d0123571_18422799.jpg
ただ事でない砲列、対岸に何かいるらしい

d0123571_18425682.jpg


d0123571_18431835.jpg
有間峠方面。この写真はクリックで大きくなります。林道が開通したらまた来ます。
次回、成木から小曾木街道で黒沢・聞修院〜青梅へ、つづく

by masashiw2 | 2018-04-11 18:45 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
葉桜ツアーも悪くないかも・・・ 2018年4月8日
お目当の桜はタイミングを逃したが、そこここに気を吐いている花たち・・・

d0123571_21435191.jpg
いつもの山王峠越えではなく、苅生から名栗入り

d0123571_21441010.jpg
@中郷・白鬚神社

d0123571_21444370.jpg
@中郷の先、田中製材所。樹皮を剥きまくっています

d0123571_2145298.jpg
原市場名栗線、奥の山桜の別アングル、しつこいけれど

d0123571_21452288.jpg
少し先、こういう桜の花びらが飛んでくる

d0123571_21454337.jpg
林地の境目に広葉樹が残されて彩りとなっている

d0123571_2146355.jpg
仁田山峠すぐ西側にも山桜があって迎えてくれる

d0123571_21462828.jpg
@コア山、山笑う時期の名栗観音様界隈

d0123571_21464853.jpg
@コア山、道祖神に和む

d0123571_21471385.jpg
@コア山、まだコア石が残っている。次回は名栗湖へ、つづく

by masashiw2 | 2018-04-10 21:48 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
葉桜ツアー(泣) 2018年4月8日
この日曜は、先週末のつづきというか、諦め切れない桜をつなげてもう一度名栗漕ぎ。
原市場名栗線の奥の山桜、まだ葉が出たところで花はこれからだったはず・・・。

R70・小瀬戸から中郷経由で原市場名栗線に入る。ハラハラとどこからか桜の花びらが舞い散る道すがら。
最高点を越えたあたり、貯木場/仕事場のコーナーを曲がる。あれれ、いつの間にか咲き終わってしまっていた(泣)。
ガックリ。コア山の桜はすでに終わっているという事前情報はあったが、奥の山桜も終わっていたとは。
気を取り直して名栗川に降りる。すっかり葉桜になったコア山桜。もうツツジの季節。また来年・・・

名栗湖も周遊、山桜を楽しむには、棒ノ峰くらいまで登らないといけないのかも。
この日は温暖な予報だったが、湖面を渡る風は冷たく、写真を撮ってさっさと降りる。

青梅梅岩寺の枝垂れに一縷の望みをかけて、小沢峠を越え、松の木トンネル・吹上トンネルを登り返し、
小曾木街道・青梅坂をダウンヒル。しかしこちらも見事な葉桜・・・

d0123571_23164772.jpg
花びらに満ちた林道を巡る旅(泣)

d0123571_23172195.jpg
原市場名栗線の奥の山桜。見頃から二、三日経っているか

d0123571_23192357.jpg
コア山桜、葉桜になったばかりだと、ヤドリギが寄生しているのがよくわかる

d0123571_23201027.jpg
コア山並木、ありがとう。また来年

d0123571_2321772.jpg
@名栗湖。それなりに彩りがあります

d0123571_23215085.jpg
@名栗湖。かのオッサン登山の会が挑んだ棒ノ峰・白谷沢ルート

d0123571_23223851.jpg
@梅岩寺。こんなに青々とした梅岩寺枝垂れは初めてかも(泣)


外しまくった印象の今シーズン。今回の葉桜ツアー、ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平〜瑞穂〜岩蔵街道〜苅生〜小瀬戸〜中郷〜原市場名栗線〜
名栗湖〜小沢峠〜松ノ木トンネル〜吹上トンネル〜黒沢〜聞修院〜青梅坂〜梅岩寺〜住江町〜
青梅街道〜新青梅街道〜小川〜新小平〜五日市街道
[ルートラボ]距離104.9km 獲得標高969m

すでに“山笑う”ステージですね。明日も写真をご紹介したく、引き続きご高覧宜しくお願いいたします

by masashiw2 | 2018-04-09 23:27 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
奥武蔵、桜を追って・南川小学校から子の権現 2018年3月31日
吾野に降りてR299。幅員のない曲がりくねった国道。その狭いところに中央分離ポールが立ち、
路側の白線には凸凹が・・・。大型もコワイが、もみじマークもコワイ。
R395に逃げ込んでホッとする。南川小学校着。
去年の春に訪れた時はソメイヨシノが盛りで、鯉のぼりも“垂れて”いた。
この時点(3月31日)で少し早かったか。3日後の今頃がちょうどいい感じかもしれない。

原市場名栗線に繋ぎたいので、特に桜の名所ではないが子の権現を経由する。
距離3kmで標高300m、青息吐息で子の権現の駐車場にたどり着くと、八徳の集落が遠望できた

d0123571_21573755.jpg


d0123571_2158829.jpg


d0123571_21582378.jpg


d0123571_21585625.jpg


d0123571_21584572.jpg


d0123571_21593998.jpg
子の権現駐車場から八徳。中央に桜が2本、右が一本桜かと。1時間半前の夢のような時間を懐かしむ

d0123571_2202659.jpg


d0123571_221529.jpg
いつものように1本お灯明をあげて家内安全商売繁盛足腰守護等々と厚かましくお願い事をいたしました

d0123571_2212638.jpg


d0123571_2215172.jpg
子魚が群れる沢伝いに一旦下山します。次回、原市場名栗線でコア山方面へ。つづく

by masashiw2 | 2018-04-03 22:05 | 峠道 | Trackback | Comments(0)