カテゴリ:峠道( 563 )
5月の裏ヤビツ 2019年5月19日
5月9日で、アルコールを摂らなくなって200日。
アルコールを摂るとじんわりと確実に体調が悪くなり、走りや漕ぎに影響が出てしまう。
それなりの意志や工夫で調子を維持しているので、飲酒によってその調子を崩してしまうのが忌々しい。
そういう思いがブレーキをかけてここまで来た感じ。最近は苦にならず、さほど意思も必要としなくなった。
景気も悪いのでべつだん酒を飲みたいとも思わないし。20日で211日。

先々週は奥多摩、先週は道志。今週は新緑の裏ヤビツへ。
地図も見ないで、頭に刻んだ区間々々の目印を追いながら、心を虚しくして渓谷伝いの細い道を漕ぐ。
写真は折り返し地点・菜の花台から帰路で撮ったもの

d0123571_2152165.jpg
@菜の花台展望台から、大山(富士山も)は見えず

d0123571_21523434.jpg
@菜の花台展望台から

d0123571_21525550.jpg
@菜の花台展望台から

d0123571_21531625.jpg
@常世橋。すっかり緑になってミツマタも遠目で判別できず

d0123571_2153358.jpg
@札掛橋。ここから2km下流にキャンプ場があったらしい。廃キャンプ場、一度行ってみるか

d0123571_2154468.jpg
@塩水橋より若干下流。藤の花が映えて見えたのだが、写真には捉えきれず

d0123571_21543012.jpg
@大門橋から上流

d0123571_21544885.jpg
@大門橋から下流

d0123571_21551054.jpg
@青山トンネル東口から宮ヶ瀬ダム。たしかにだいぶ水位が減ってきているか




マップをクリックでルートラボに飛びます。
尾根幹〜町田街道〜新小倉橋〜鳥屋〜宮ヶ瀬〜K70〜ヤビツ〜菜の花台を往復
帰路はオギノパン経由でほぼ往路をたどる
距離140.6km 獲得標高1843m
4月13日とほぼ同じコース、この記事はこれっきり

by masashiw2 | 2019-05-20 21:59 | 峠道 | Comments(0)
雛鶴峠から道志みち 2019年5月12日
道志みち、昨年秋から長く通行が規制されていた青根の崩落の工事箇所がGWから暫定開通に。
近々には通しで道志みちを漕がねばと思い、今回さしあたり雛鶴峠まで行って、
調子が良ければ道坂トンネルからつなげてみようと思った。
道志みちはなんといっても東京五輪のロードレースコース、ところどころ舗装もよくなって走りやすくなっているはず。

このところ、気になっている首〜肩〜腕の痛みが、ハンドルやサドルの微調整でなんとかならないか、
自転車をいじってみたので様子も見たい。長距離が漕げないとこれからの適期、もったいない

d0123571_14244815.jpg
秋山の牛さん、一匹(普通のホルスタイン)が不明に


d0123571_14253386.jpg
K24(都留道志線)に入って。田植えの季節。カエルの鳴き声が楽しい


d0123571_1426815.jpg
家を出る時は肌寒かったので着けていたアームカバーを脱ぐ


d0123571_14264071.jpg
11時前に道坂トンネル着。すごいタイヤ痕、嫌な予感


d0123571_1427243.jpg
道志みちに入ってからは東京五輪のロードレースコースの逆コースを行く


今回のコースはこちら──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

小金井街道〜日野バイパス〜大垂水峠〜勝瀬橋〜雛鶴峠〜戸沢〜玉川橋山崎ストア〜
K24(都留道志線)〜道坂トンネル〜道志みち〜青根工事箇所通過可能〜三ヶ木〜町田街道〜尾根幹〜調布保谷線
距離163.7km 獲得標高2219m

天気にも恵まれ、快適に漕ぐことができた。ギア一枚軽めの印象。
ポジションを少しいじって、ブラケットを近づけたのが奏功したようで痛みが半減した。

しかし、雛鶴峠にしろ道坂にしろ、峠付近はオートバイがたむろして交代に大音響でかっ飛んでいく。
ひと一人が移動するのに周囲に多大のストレスを与えていいはずがないと思うのだが。
オートバイでツーリングを楽しんでいる人もたくさんいる一方で残念なことだなぁ。

今回のReliveはこちら

by masashiw2 | 2019-05-13 14:35 | 峠道 | Comments(0)
松姫峠大月側降りるついでに松姫湖って 2019年5月5日
道の駅こすげからR139旧道で松姫峠へ。登坂中は首から腕の痛みが引くので少し気分が楽。
松姫峠は先だって4月にも来ており今年2回目。前回は小菅側往復。
今年の春、大月側を降りている人もいるようなので、
去年の台風で思ったほどよりひどい状況にはなっていないかも・・・。今回は大月側を降りる。
落ち葉というのは風で吹き飛ぶものなのだろうか。去年降りた時とそう変わりはないという印象。
砕石が多いのでゆっくりと降りていく

d0123571_291218.jpg
13:22 @松姫峠大月側ワッフルヘアピン。この日最後の富士


d0123571_294762.jpg



d0123571_210566.jpg
一番下の道めがけて降りていく


d0123571_2104127.jpg



d0123571_2105865.jpg



d0123571_21124100.jpg



d0123571_2115631.jpg

この旧道にはトンネルが二つ(上:白草トンネル、下:奈良倉トンネル)あって、
松姫峠から降りていくと白草トンネルの入り口左にもう一つトンネルがあって松姫湖に通じている。
葛野川には、ふかしろ湖(深城ダム)の上流にはもう一つ湖がある。それが松姫湖(葛野川ダム)。
いまだ行ったことがないのでこの際思い出したように立ち寄ってみた

d0123571_2121737.jpg
葛野川ダムに通じるトンネル。左に側道もあったが通行止め


d0123571_2132622.jpg
トンネル内。正面の明るいところが葛野川ダムサイトかと。硬く施錠され、入れそうな隙間も皆無


d0123571_2142769.jpg
トンネル内。正面の左にも入口。揚水発電をしているので地下に坑道がはりめぐらされているかも


d0123571_2153312.jpg
松姫湖あえなく敗退、で、旧R139にもどって白草トンネルへ


d0123571_2161596.jpg
14:20 奈良倉トンネルを出て、R139に合流

あとは猿橋までダウンヒル。痛みが出てきて、GWで混んでいるR20を漕いで帰る気力なし。
100kmに満たないサイクリングとなってしまうが大月から輪行して帰る。
通勤快速が来ていれば、乗り換えなしで楽勝と考えたが、そうでもなく、
乗り込んだすし詰めの高尾行き普通列車は、途中で何度もあずさ待ちを繰り返した。
半年ぶりの輪行、帰路の輪行も大変疲れるということを身に沁みて思い出した次第。
柳沢峠・竹森線〜松姫峠、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2019-05-11 02:21 | 峠道 | Comments(0)
柳沢峠〜竹森線最高点の続き 2019年5月5日
今日は9日、連休があけて納品ラッシュ。そのフォローもあったりでしばらくきびしかった。
実は肩こりがひどく、連休のうちになんとか沈静化できればと思っていたが、そうもいかず。
左腕が肩から肘にかけて芯から脱力するような違和感があり、加えて指が痺れて気色が悪い。
頚椎に不具合があるような診断を受けたこともあり、首筋に湿布が欠かせない。
自転車漕ぎでもでダウンヒルで前傾する際、この違和感が顕著になる。楽しいはずのダウンヒルが苦行。
今回、中途半端な距離で終わったのはこの痛み・違和感がでてきたから。
脚の調子が悪くなかったので、せっかく遠くまで来たのに口惜しい。

前回の続き、連続ドラマのサワリみたいに少し戻ります。
柳沢峠から少し戻って最上部の工事区間、新しいループ橋をこしらえているあたり。
昨年秋に来た時には橋脚を組み上げている段階だった。それから半年、ループ橋ができあがった

d0123571_23261171.jpg



d0123571_23262960.jpg
トンネルからこのループ橋につなげて、さらにその上の新造している最上部のトンネルを
開通させれば、工事はいよいよ完成かと

d0123571_23274697.jpg
柳沢峠から一段上の竹森線最高点あたりから前述の工事現場を望む


d0123571_23284726.jpg
スマホではできない光学ズームアップ。赤い重機がミニチュアのよう


d0123571_23301764.jpg
峠でウダウダしてもうすぐ10時、丹波山へダウンヒル。チト寒い。寒暖の差に耐えることもしんどくなった今日この頃


d0123571_23303665.jpg
仏様ではないが、いつもの廃車くんにも道中安全祈願


d0123571_23314066.jpg
おいらん渕付近。いつもの視点ではなく、違う視点を得るため一ノ瀬林道を少し遡ってみたが期待したほど視界はなかった


d0123571_23322573.jpg
かたなばトンネルが開通していた。モルタル法面が続く断崖区間がすでに廃道(左)。開通前の昨年秋の頃がこちら


d0123571_234256.jpg
首から肩・腕がやはり痛い。坂を登っている間は痛みも引くので今川峠を越えて小菅へ。
道の駅こすげで休憩、肩をほぐしてまんじゅうを3つ買い、2つ食べて1つは松姫峠越え用にポケットへ。つづく

by masashiw2 | 2019-05-09 23:48 | 峠道 | Comments(0)
久しぶりの輪行〜南アルプス全部見え 2019年5月5日
5日は自転車漕ぎ、半年ぶりの輪行。時間が惜しいので初電・中野発高尾行。
今年はまだまだ足慣らしレベル、走ったことのあるルートをつないで良い展望を得たい。
このところは日ごろのおこないがいいので、天気に期待、コンデジも持っていく。
塩山下車でまずは柳沢峠から竹森線最高点へ

d0123571_2111382.jpg
04:39 あと1分で初電。スカイツリーは消灯

d0123571_211204.jpg
06:24 塩山手前の車窓から甲府盆地。赤石から甲斐駒ヶ岳まで見えた

d0123571_2112192.jpg
07:25 R411裂石手前、石の仏さんじゃないけど、毎度、道中安全祈願

d0123571_21124079.jpg
08:38 ループ橋からこれから登る先々

d0123571_2113372.jpg
08:47 新しいループ橋をこしらえている。勾配が緩くなってきた。9時までに峠に着きたい

d0123571_21134488.jpg
トンネルを抜けてぐるっと回ると柳沢峠から一段上の竹森線最高点(上の左の山直下の林道)が見える


柳沢峠には09:02着。ストラバ画面のスクショを撮ったあと茶屋裏の(開いていた)ゲートから竹森線へ

d0123571_21143076.jpg
09:19 竹森線最高点からの富士山。遮るものがなく素晴らしい。右の三角山は高芝山かと

d0123571_21145832.jpg
眼を右(西)に転じると南アルプスが・・・。こんなに眺めのいい場所だったとは(前回は見えなかった)

d0123571_21152072.jpg
左から、聖、赤石、荒川、農鳥、間ノ岳、北岳、鳳凰、仙丈、甲斐駒。思いもかけずすっきり、しみじみと嬉しい
この写真はクリックで拡大します


今回のルート──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

塩山まで輪行〜R411〜柳沢峠〜竹森線最高点まで往復〜丹波山〜K18〜今川峠〜R139〜道の駅こすげ〜小永田〜松姫峠〜
大月側下降〜葛野川ダム・松姫湖方面に向かうが通行止め〜猿橋〜R20〜大月駅から輪行

距離85.5km 獲得標高2659m。少し続きます

by masashiw2 | 2019-05-06 21:22 | 峠道 | Comments(0)
平成最後のジョグとライド
4月30日でアルコールを摂らなくなって190日。肝機能はマシになっているのかどうか(よくわからない)。
ウエイトのコントロールが難しくなってきており、ジョグやライドも距離が伸びなくなっているのはそのせいかと。

4月のラン総距離は101.52km。28日にようやくノルマを達成、100km/月はこれで連続44ヶ月。
ペースは平均で6分30秒代あたりだろうかと思うが距離が伸びない。カラダが重い。膝に痛みがくる。

4月のロードサイクリング総距離は542.80km。一年前はかなり(裂石往復200kmとか裏有間とか)漕ぐことができていたのだが。
今年のGWはどうも調子が上がらない。
やはりカラダが重く、意欲減退気味。疲労が回復せず登高意欲が続かない。頚椎、二の腕が痛い。

平成最後のライドは奥武蔵へ。日曜に出かけようかとも思ったが、なんとなく朝が辛そうで。
カメラも持たず、サイコンも付けず、装備もシンプル・軽量化、タイヤもチェーンも新品に交換。
ただ自分のウエイトのみ増えており・・・。調子は悪くとも、お山は優しく迎えてくれました

d0123571_1435352.jpg
正丸峠から刈場坂峠へ。正丸峠からの下り、ハナダイコンがさかり

d0123571_1436334.jpg
刈場坂峠への登り、「お参りの方はくぐってお入りください」

d0123571_14385771.jpg
定番の看板は混んでおり・・・

d0123571_14393212.jpg
高山不動分岐辺りから曇ってきました

d0123571_14402587.jpg
せっかくなのでここでも一枚

d0123571_14412122.jpg
顔振峠、まだ桜が・・・

d0123571_14424630.jpg
下降路は風影(ふかげ)線で。不思議なことにあまり使ったことがなくまだ2回目くらいか




マップをクリックでルートラボに飛びます。

新青梅〜岩蔵街道〜山王峠〜山伏峠〜正丸峠〜刈場坂峠〜GL〜顔振峠〜
風影線〜吾野〜R299〜入間〜R463〜所沢〜田無

GW前半、27日(土曜)には、いつも美味しくいただいている
田野畑山地酪農牛乳の吉塚さんを追ったドキュメンタリー映画「山懐に抱かれて」をポレポレ東中野で鑑賞。
詳しくはこちら

今年のGWは思い出したように仕事や雑事をしながら外泊・遠出もせず(多少ジョグやライドはして)在宅予定。
はやくも4日目途中、時代の変わり目らしいからちょっとはTVも観ておこうか。

ところで、時代が変わって[新しい元号]初の〜という書き出しはナシで行きたいと思います。
[新しい元号]おじさんが跳梁跋扈しそう(いよいよ世も末)なので・・・

by masashiw2 | 2019-04-30 14:55 | 峠道 | Comments(0)
小菅からほぼ来た道を 2019年4月21日
一旦、踵を返せば、あっという間で道の駅こすげ。軒下をツバメが飛び交って営巣に忙しい。
まんじゅうを2個流し込んで、大福をポケットに入れて奥多摩湖に下る。

のんびりした春の美しい山肌を楽しんだのち、
奥多摩湖の大麦代トンネルから鳩ノ巣の城山トンネルまで、高速隧道ダウンヒル。
どうしたわけかトンネルに入ると、どのトンネルもすごい逆風。
トンネルを出ても逆風やまず、新青梅街道も首痛にさいなまれながらようやく帰宅。

このところ、特にカメラを持たず、写真撮影はスマホで済ませているのだが、
淡くベールのかかった春独特の雰囲気をうつしとることができなかった。
撮ってきたものをPhotoshopでいじくりまわしてもどうにもならない。
イヤならちゃんとしたカメラを用いるほかはない

d0123571_22282735.jpg
かぼちゃ、桜、大福。小菅ならではのホッとする味


d0123571_22285166.jpg
@小菅。美しき水源の村


d0123571_2229214.jpg
@小菅・池尻


d0123571_2229383.jpg
@小菅・井沢


d0123571_2230156.jpg
@小菅・余沢


d0123571_22301668.jpg
@東京都境、定点観測物件


d0123571_22303849.jpg
@深山橋、大福を食べながら


d0123571_2231317.jpg
@川野


d0123571_22312735.jpg
あずまい


この日のルートは──



マップをクリックでルートラボに飛びます。
東大和~新青梅~秋川街道~吉野街道~古里~愛宕トンネル~奥多摩湖~深山橋~
原始村~小永田~松姫峠往復~道の駅こすげ~深山橋~大麦代トンネル~
愛宕トンネル~城山トンネル~古里~R411~新青梅~東京街道~鈴木街道
距離157.4km 獲得標高1890m

帰ってからあちこちブログを見てみると、この日、松姫峠大月側を下ったかたもいらしたようで。
気候条件は良かったので降りてみてもよかった感がムクムクと。また別の機会に・・・

by masashiw2 | 2019-04-23 22:35 | 峠道 | Comments(0)
平成最後の松姫峠 2019年4月21日
日曜日は奥多摩へ。やはり桜が山肌を彩っている間に一度は行っておきたい。
オフ会なのか、ハコスカ、ケンメリ、ヨタハチ……私でも知っているクラシックカーが
小河内ダムへ連なって駆け上がっていく。楽しそうだな。

とりあえず松姫峠まで上がって、調子が良ければ、足の向くままと考えていたが、
どうも脈の具合が不安定で。小菅村に入ってから進捗がはかばかしくない

d0123571_2224243.jpg
@小河内ダム


d0123571_2231125.jpg
@小河内ダム


d0123571_2243612.jpg
@峰谷橋


d0123571_2251619.jpg
@原始村


d0123571_2255972.jpg
@松姫峠。ゲートの先の大月側は去年の台風でかなり荒れてしまっていたはず。昨年晩秋の状況がこちら
手が入っているようなら、ここから先、どこまで掃除されているのだろう

d0123571_2272176.jpg
@松姫峠大月側


d0123571_2281434.jpg
@松姫峠大月側


d0123571_229798.jpg
松姫富士


d0123571_22254869.jpg
降りてみる気持ちの余裕は、ない・・・。ところどころの桜が面白い


d0123571_22111425.jpg
@最終ヘアピン。つづく

by masashiw2 | 2019-04-22 22:20 | 峠道 | Comments(0)
まだちょっと寒かったけど裏ヤビツ 2019年4月13日
桜の時期だというのに雪が降ったりで、いつまでたっても春の身支度で出かけることができない。
ぼちぼち標高の高い奥多摩あたりへ出撃しようかと考えていたが、もう少し先延ばし。

奥武蔵が3週続いたので、裏ヤビツへ。先の土曜日も穏やかだという予報の割に早朝は冷え込み、
尾根幹の先に見える丹沢は真っ白で、雪などあったらどうしたものかと多少不安になった。

渓谷伝いのK70、気温低めだったが、そのうち暖かくなり、心配した雪もなく、
道路の状態も良く、快適に登高。トレイルランナーやロードバイクで賑やかになってきた

d0123571_2234041.jpg
@菜の花台、展望台から。大山も少し白い

d0123571_22342957.jpg
@菜の花台、展望台から。箱根とか富士山とか

d0123571_22344667.jpg
@菜の花台、展望台から

d0123571_2235512.jpg
@常世橋

d0123571_22352292.jpg
@常世橋

d0123571_22353676.jpg
@塩水橋近くの小さな隧道

d0123571_22355443.jpg
@宮ヶ瀬ダム

d0123571_22361514.jpg
@長竹

今回のコースは以下のとおり



マップをクリックでルートラボに飛びます。
尾根幹〜町田街道〜新小倉橋〜鳥屋〜宮ヶ瀬〜K70〜ヤビツ〜菜の花台を往復
帰路はオギノパン経由でほぼ往路をたどる
距離140.4km 獲得標高1838m

by masashiw2 | 2019-04-15 22:39 | 峠道 | Comments(0)
小山を跨いでコア山へ 2019年4月7日
平坂飛村線までは先週と同じ、原市場名栗線は先々週と同じ。
同じ道でも桜が咲いてみれば輝いているかのよう。
期待していた原市場名栗線の奥(最高地点付近)の山桜はまだ少し時間がかかる様子。
気を取り直してコア山。マイクロバスが2台、大賑わいで、まぁこれも仕方がないのか、
遠く観音様に黙礼して立ち去る

d0123571_23134522.jpg
@長沢

d0123571_2314396.jpg
@吾野

d0123571_23144150.jpg
@中藤上郷

d0123571_2315416.jpg
@中藤上郷

d0123571_23151998.jpg
@田中製材所

d0123571_2316422.jpg
@原市場名栗線

d0123571_23163515.jpg
@コア山

d0123571_2317633.jpg
@コア山、観音様を望む

d0123571_23174063.jpg
@コア山

d0123571_23175656.jpg
@お休み処やませみから名栗を望む、小沢峠から青梅に出て梅岩寺に向かいます

by masashiw2 | 2019-04-10 23:23 | 峠道 | Comments(0)