<   2008年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
たてもの園 すでに木陰が恋しい 2003年4月
4月ももう終わり。暑いくらいだ。家の近くの公園の藤棚で藤見をしたが、首の後ろがかなり焼けた
d0123571_22543950.jpg
d0123571_2255496.jpg
d0123571_22552247.jpg
d0123571_225532100.jpg
フリードランダーの写真集「桜狩」を寝る前に見ている。この写真集はすごい。
全体の印象がパッと見でグラビア印刷みたくボワっとしているのだが、よくよく見ると、精緻で諧調に富んでいる。
線数が細かく、300線くらいか(通常は175線)、しかも、おそらくはダブルトーンではなく、トリプルかなぁ。
ルーペで見てもアミ点が細かくてよく見えない(ただし、FMスクリーニングではない)。
じっと見つめていると、不思議な錯覚に陥る。PhotoshopでRGBのカラー画像の鮮度を限りなく減じていくと
現れてくるような不思議な絵というか……。うまくいえないが、微妙に色さえついている……
もちろん、モノクロだが……


★★★More〜オマケ★★★
by masashiw2 | 2008-04-30 23:03 | 拾遺 | Comments(2)
暗箱夜話一周年 いいとこどりをどうぞ!!
毎度ようこそのお運びで厚く御礼申し上げます。
おかげさまで拙ブログ「暗箱夜話」も開始から一周年を迎えました。
微々たる歩みですが、水滴石を穿つの例えもあります(何を穿つのかよくわかりませんが……)。
今後とも「暗箱夜話」を宜しくお願いいたします。
   *    *    *
写真は三鷹下連雀から上連雀、そして武蔵境へ……お決まりの散歩道です
d0123571_1633838.jpg
d0123571_1633187.jpg
d0123571_16333248.jpg
d0123571_16335025.jpg
d0123571_1634069.jpg


★★★More〜オマケ★★★
by masashiw2 | 2008-04-29 16:42 | ラビリントス | Comments(8)
豪徳寺 猫兒さまをお迎えにあがらねば 2006年4月
毎年、招福猫兒(招き猫)とお札をいただき、菩薩様にお参りをしている。去年はお参りをさぼってしまった。
写真を撮った2年前には立派な新しい塔が創建され、牡丹の美しい境内に檜の香りが漂っていた。
塔のまわりには可愛い十二支の木像。ねずみ年はなんと猫が主役。さすがに招き猫の寺である。
牡丹が散らないうちにお参りにでかけて、猫兒さまをお迎えにあがらねば……
d0123571_22372338.jpg
d0123571_22373718.jpg
d0123571_22374975.jpg
d0123571_132460.jpg
この年はこの猫兒さま(高さ30センチ)に我が家に来ていただきました
by masashiw2 | 2008-04-28 22:42 | 小さきものたち | Comments(0)
行きましたとも、不忍ブックストリート一箱古本市 2008年4月27日
昼前に根津に到着、釜竹へ急ぐ。しかし、なんと本日は休業。
あの徳利のタレでうどんが喰えないなんて……予想しない展開に動揺が隠せない。
しかし、気を取り直し、午後4時までの時間内になんとかまわりきる(オリエンテーリングかいっ!!)
d0123571_22264789.jpg
d0123571_22265918.jpg
d0123571_2227914.jpg
d0123571_2227219.jpg


★★★More〜本日の戦利品★★★
by masashiw2 | 2008-04-27 22:31 | ラビリントス | Comments(6)
不忍ブックストリート 掘り出し物があるといいなぁ 2007年4月29日
昨日に引き続き、昨年の今頃の谷根千の写真。
去年の春の不忍ブックストリート一箱古本市は、けっこう夏の日差しだった
d0123571_2225039.jpg
d0123571_22161097.jpg
d0123571_22162174.jpg
d0123571_22163461.jpg
d0123571_22165148.jpg
d0123571_2217473.jpg
明日は一箱古本市。雨なら店を出される方々も辛かろうと、明日の天気の心配をしたが、
なんとか大丈夫そう。だんだん晴れてきそうだ。
例年、不忍通りの某古書店でも、そこそこのものをゲットしたので期待している

by masashiw2 | 2008-04-26 22:27 | ラビリントス | Comments(6)
谷中・根津・千駄木 干し物を撮るのが好き 2007年4月29日
昨年、春の不忍ブックストリートで谷根千に出かけたときの写真。
空気が澄んで、ガラスに映り込む街もきれい。ちょっとほこりっぽそうな街で干し物を見ると、
日向くさい感じがたまらなく、思わず暗箱を向けてしまう。
鬼海弘雄のように干し物を撮れたならどんなに素晴らしいことだろう。
今年の春の不忍ブックストリートは4月27日と5月3日。
今度の日曜は私も行きたい。例によって釜竹でうどんを食べてから一箱古本市を巡り歩く予定
d0123571_22401948.jpg
d0123571_22522429.jpg
d0123571_22524044.jpg
d0123571_2241768.jpg
d0123571_22411953.jpg

by masashiw2 | 2008-04-25 22:43 | ラビリントス | Comments(0)
たてもの園「ヨーイッ!!」という声がこだまして 2008年4月21日
今週の月曜日のたてもの園。月曜は休館で一般の人は入れないけれど、映画やドラマのロケをやっていた。
この日はトヨエースや、写真ではちょっと見えないが、丹頂電話ボックスやダイハツオート三輪を用意して、
昭和30年代とおぼしきドラマの撮影。「ヨーイッ!!」という声が思い出したようにこだましていた。
   *    *    *
一葉、普賢象、駿河台匂、駒繋など遅咲きの桜の見分け方をイエノモノに教わる。
なかなか覚えきれない。来年今頃もまた、同じことを一から教わりそうだ
d0123571_22225949.jpg
d0123571_22232169.jpg
d0123571_22235238.jpg
d0123571_2224322.jpg

by masashiw2 | 2008-04-24 22:30 | 拾遺 | Comments(0)
新宿御苑 ボタっとしたおかしみ 2008年4月22日
天気がいいので、仕事の後、新宿御苑へ。八重桜を楽しむ。
ソメイヨシノと比べると、透過光でキラキラ……という絵は撮れないけれど、
桜餅が木になっているようなボタっとしたおかしみは八重ならではのもの。
   *    *    *
御苑から蒼穹舎へ。小畑雄嗣「二月 wintertale」(蒼穹舎刊、装幀:木村裕治・川崎洋子)を買う。
蒼穹舎の写真集を木村裕治が装幀するという、かなり意外な取合わせ。
厳冬の北海道・中標津のスピードスケート少年団、奔馬、雪の結晶……
総扉の前や、奥付の後にも写真を展開している違和感が楽しい。
小口の銀の加工がスケートのブレードを模しているのか、角も直角がすこし減ったような何とも言えない形状。
少し鈍角になっているのに指を切りそうな錯覚を覚える。美しい造本だ
d0123571_2134786.jpg
d0123571_21341879.jpg
d0123571_21343348.jpg
d0123571_21344213.jpg
その後、友人に誘われて新井薬師「四文屋」へ。マッコルリで焼きとん、旨し。
「二月」を見ながら飲んでいたので、この端正な写真集も焼きとん臭くなってしまった。
   *    *    *
昨夜、チンタラしている間にメンテ時間に入ってしまい、アップできないまま、何となく時間が過ぎてしまった。
いつも日付が変わったあたりに更新していたけれど、ちょっと気分を変えて、
しばらくは日付が変わらないうちに更新してみます(連休で元に戻るかもしれませんが)……

by masashiw2 | 2008-04-23 21:45 | 拾遺 | Comments(0)
桜堤 背脂も一気に飲みたかったけど我慢 2008年4月21日
懐かし団地の跡地はどうなっているか。最近ご無沙汰だったので散歩してみた。
というか、新しく出来たラーメン屋「麺や 純氣」も気になっていて……。
豚骨のわりにさっぱりしていて、スープに浮いている背脂も一気に飲みたかったけど、我慢する。
まだ咲いている八重桜をつないで歩く。奥の方では巨大マンションがすでに完成して、大きく様変わりしたが、
手前のエリアは空き地のまま。今どきの子供はフェンスをかいくぐって、この広大な空き地で遊んだりしないようだ
d0123571_074063.jpg
d0123571_08730.jpg
d0123571_075822.jpg
d0123571_081963.jpg
d0123571_083381.jpg

by masashiw2 | 2008-04-22 00:12 | 拾遺 | Comments(8)
虫干し めくるめくエディトリアル体験 「陽炎座」
「陽炎座 TAISHO 1926 TOKYO」
(1981年シネマ・プラセット・群雄社出版刊 装幀:羽良田平吉 スチール:山田脩二)
鈴木清順監督作品「陽炎座」のメモリアル・ブック。段ボールの箱から取り出すと、
二つの分冊が角背の上製本にガンダレ風にくっついている(伝説の超観音開き!!)。
ぱたぱたと開いていくと、さらにそのスリーブにも写真が展開する。
右の分冊は種村季弘「水中花變幻」、完成台本、撮影スナップ。
左の分冊がスチール集と各界著名人の鈴木清順讃・陽炎座讃。
贅を尽くした造本、めくるめくエディトリアル体験……
d0123571_055063.jpg
d0123571_061353.jpg
d0123571_062246.jpg
d0123571_063163.jpg
d0123571_064352.jpg


★★★More〜陽炎座★★★
by masashiw2 | 2008-04-21 00:13 | かわうその祭 | Comments(0)